718736 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

直子の直筆

2020年08月19日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
在宅ワークの次女(20歳)、夏休みの三女(高3)と暮らしていると、「ひとり時間」というものがない。

ないからノイローゼになりそうだというほどでもないが、娘たちもたまには”お母さんがいない夜”を堪能したいと思い、ひとりでホテル滞在へ。

場所はいつものフォレスト・イン昭和館。

本来なら15時チェックインのところ、その日はホテルの計らいで14時チェックインが可能に。

部屋に荷物を置くと、さっそく大浴場専用の部屋着(作務衣みたいなデザイン)を着てGo!

脱衣室に入ると、お風呂から上がった人が髪を乾かしている他、浴室には誰もいなさそうだ。

横幅10mくらいあるお風呂にひとり。

前面の大きなガラス窓からは強い日差しが差し込んで、揺れる水面を通過して伸ばした両足に・・・って肌白!(日焼けするヒマがないので当たり前)

コロナの影響で、サウナが閉鎖していたのが玉にキズだけど、水風呂には水が張ってあったので、温泉→水風呂→温泉→水風呂・・・を5回くらい繰り返していると、脱衣室から声が聞こえてきたので、その人たちと入れ替わるように風呂を出た。

部屋に戻って着替えて、夕食のために最上階のバーラウンジに行くと、すでにお客が2組入っていた。

一番端の席をリクエストして、料理が来るまで眼下の森を眺めながら、遠くに走る西武拝島線の電車を目で追う時間を堪能。

こんな時間を与えてくれるのは、いったい誰なんだろうと、多くの人達の顔を思い浮かべる。


フォレスト・イン昭和館









最終更新日  2020年08月19日 11時26分21秒


PR

X

プロフィール


Dragon net

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月

カテゴリ

お気に入りブログ

The story of Japane… SouEtoさん

© Rakuten Group, Inc.