000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

直子の直筆

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

アトピー情報

2009年09月02日
XML
カテゴリ:アトピー情報
アトピーは体質だから、何かをきっかけにすっかり治ってしまうことはないのかもしれません。

でも、体調を管理していれば、悪化を最小限にくいとめる手段はあると思います。



◆まずは、便通を良くしましょう。

アトピーの人は、腸に問題があって、余分なもの(排泄されるべきもの)も吸収してしまうために、その毒素が血液を介して体の表面に出てしまうと考えられます。


”お通じはいいほうだと思うけど・・・”


と思っていても、湿疹が出ているのなら、まだ不十分な証拠。

なるべく、腸に滞留する時間を短くするために、回転を早める必要があります。

かと言って、むやみに下剤やセンナなどを飲むのは、さらに腸を傷つけるので、なるべく副作用の少ないもので改善する必要があります。

今、私が飲んでいるのは「モリモリスリム」。

まだ、人体実験中で、確証はありませんが、お腹がキューッと痛くなることもなく、3日に4回くらい出ます。

それと同時に、湿疹が改善してきたように思います。







最終更新日  2009年09月02日 18時50分52秒


2009年05月18日
カテゴリ:アトピー情報
そう考え続けて、マジで20年以上たつ。

最近、THD(トータルヘルスデザイン)の雑誌で、


首の湿疹は、シャンプーの影響が・・・



という記事を読んで、早速シャンプーをやめてみた。(ヘアクリームもやめた)

すると、たまたま軽快する時期と重なっただけかもしれないが、風呂上がり~夜中にかけて続いていた痒みがおさまった。

ついでに、THDで売っていた「ザ・シャンプー」を買って使ってみたが、これも痒くならない。

泡立ちが恐ろしく悪いが、スポンジを使うとなんとかなります。









最終更新日  2009年05月18日 15時35分27秒
2009年01月24日
カテゴリ:アトピー情報
『腸を直すとアトピーが治る!なぜ?』を読んで、目からウロコ・・・の新事実。



乳酸菌は、死んでいても役に立つ



テレビでも、”生きた乳酸菌が腸まで届く”という謳い文句を聞きますが、”死んでも大丈夫!!”だったわけです。

この本に書かれている、オススメの乳酸菌が、どこで手に入るかなどは、(儲けの関係なのか?)書かれていませんでしたが、できればビフィズス菌だけでなく、複数の乳酸菌を摂取するのがいいようです。



ケフィアヨーグルト







最終更新日  2009年01月24日 08時12分30秒
2009年01月19日
カテゴリ:アトピー情報
きょうの読売新聞(朝刊一面)の書籍広告にもありました。

題名は「腸を直すとアトピーが治る!なぜ?」

これから買って読んでみようと思います。

乳酸菌が、アトピーひいてはステロイド皮膚症(ステロイド軟膏の塗りすぎによる皮膚の硬化)に効くのでは・・・と思ったのはほんの数カ月前。

この本の題名ですと、”腸が直らないと皮膚も改善しない”という印象ですが、乳酸菌には、皮膚の代謝を促進する働きがあると聞いたことがあるので(それって、コミック『もやしもん』だったりします)、まずは積極的に摂取してみることをおすすめします。

実は、つい先日から、ある乳酸菌を取り寄せて飲み始めました。


その名はBRMS(腸さわやか)
(商品ページのリンクができなかったので、ホームから検索してください)


最初に飲んだ日の印象は、慢性的に重苦しかった横行結腸が軽くなった感じ


値段が高いのがネックですが、しばらく続けてみようと思います。

実は、乳酸菌を積極的に取り始めてから、手の湿疹と首のガサガサ(カサカサ・・・ではありません。アトピーの方ならこの表現がわかっていただけるかと)が、驚くほど良くなりました。

乳酸菌だけの効果ではないのかもしれませが(夫と別居したことにより、ストレスから解放されたことも挙げられますし・・・)出すだけでは十分でないことが、アトピーをかかえる人にはあるのではないかというのが、現在の見解です。







最終更新日  2009年01月21日 09時12分50秒
2007年08月11日
カテゴリ:アトピー情報
最近、SMAPの香取クンがCMやってますね。

汗をかいたら、水分と一緒に塩分もイオンも失われる・・・だからポカリスエットを飲もう。



これかも!!



皮膚の代謝には、血液中の塩分濃度が関係しているという話を、どこかで聞いたような聞かないような。

で、飲んでみました、1日2リットル。

すると、汗をかくたびに痒かった腕や首の湿疹が引いてきたような気がするんです。


”夏になると悪化するアトピー”


その原因は、”塩分不足”かもしれないと思うきょうこの頃。



注)腎臓などに問題のあるかたにはおすすめできません。







最終更新日  2007年08月11日 07時05分41秒
2007年04月09日
カテゴリ:アトピー情報
皮膚疾患を抱えている人は、体内にビタミンB2を取り入れる力(合成する力?)が弱い・・・みたいなことを知った。

それならば、「朝夕1錠ずつ」を「朝昼晩2錠ずつ」飲んだらどうなるかやってみた。

かれこれ1ヶ月近くたったが、調子がいい。

口内炎も治ったし、唇が荒れなくなった。



いいのかな、こんなレポート書いて。









最終更新日  2007年04月09日 22時46分02秒
2007年03月06日
カテゴリ:アトピー情報
抗酸化力が強い(活性酸素除去能力が高い)らしい。

アトピーにしろ、ステロイド皮膚症にしても、血液の質に問題があると思うので、積極的にいい水を飲んで新陳代謝を促したり、血液の成分(?)を向上させていく必要があるんだと思う。

あとは、あまり深刻に悩まないことかも。

私もかつて、お岩さんのような顔になってしまったことが数回あるけど、それだって幸いなことに一生続くわけじゃない。

体の中から不要な物が出る過程でのことだから、”時間が解決する”と開き直るのがストレスを溜めないコツだったりね。



今回はオチなし。







最終更新日  2007年03月06日 10時11分05秒
2006年11月21日
カテゴリ:アトピー情報
前回の「アトピーにはプラセンタか?(1)」から、やく2ヶ月たちました。

結論から言うと


いいみたい!!


です。

じわじわと、皮膚の真皮から再生しているような・・・勝手な思い込みか?・・・でも、確かに皮膚の状態は向上しています。

それに、なにより手足の「冷え」が軽くなったこと。

これは、うれしいオマケでした。

毎日、カプセルを飲んでいますが、体力が落ちていたり、「今夜は飲み会だー!!」というときには、ドリンクがおすすめです。








最終更新日  2006年11月23日 09時29分16秒
2006年09月28日
カテゴリ:アトピー情報
アトピーの原因はいろいろあると思うが、成人になっても皮膚炎に苦しんでいる人の大半は、子供の頃から塗り続けたステロイド軟膏による、「ステロイド皮膚症」だという説が、経験者としては一番納得がいく。

そして、その完治が困難な理由のひとつに、長年のステロイドの塗布によって、皮膚の代謝を司る「副腎」の機能が低下したことが挙げられる。

その機能を高める(正常に戻す)ことができれば・・・。

先日行ったエステのお姉さんも

「アトピーには、プラセンタがいいって話ですよ」

と言ってたので、早速入手してみた。

まだ、飲み始めて一週間だが、確かに、皮膚の状態が日に日に変わる。

どう表現したらいいかわからないが、”引き潮”のように、寄せて(悪化)は返す(治癒)・・・を繰り返しながら、少しずつ湿疹が引いている感じ。

とは言っても、まだ人体実験半ばなので、しばらくしたらまたレポートします。








最終更新日  2006年09月28日 15時48分38秒
2005年05月13日
カテゴリ:アトピー情報
「成人アトピー」の原因は、長年のステロイド使用による副作用「ステロイド皮膚症」だという本を読んだことがある。

”そうだったのか!!”と、ステロイドを断って、もう20年が立つ。

この間、幾度とない「ステロイド離脱症状」で、全身がボロ剥けになった。

「かゆみ」との闘い、そのあとの「痛み」との闘い、そして・・・醜いかさぶたで覆われた己の姿との闘い。

今までの経験では、ステロイドをやめて、体をあたため(※1)、肉食・甘い物の摂取をやめ、浄水された水を飲み、”腹六分目”を守り、便通を整え、皮膚を鍛える(※2)・・・これだけでも、3ヶ月くらいで、一応の決着が着く。

決着とは言っても、”きれいな肌”とまではいかないが、離脱の前より、明らかに皮膚が正常に近づいていることがわかる。


そんなことが、何年かごとに訪れたが、今では、春先に首の周辺がカサつく程度になった。

”カサつく程度”と言えども、正直なところ「快適」とは言えず、もちろん人目も気になるので、外出するのが億劫になる。

すると、”このチャンスに・・・”とばかりに、買いだめしておいた本を、じっくり読んだり、ネットサーフィンに没頭したりする。

こんな時は、「アトピーがくれた時間だな~・・・」と感じる。



(※1)おススメは、手軽に体を温められる、電気足湯器『冷え取り君』

(※2)「裸療法」・・・室内で、裸になったり、毛布をかぶったり、を何度も繰り返す(体をこすらない)

    「温冷浴」・・・水浴と温浴を1分間ずつ繰り返す

   もし、実行される場合は、甲田 光雄『アトピーは必ず克服できる』を一読の上、なにぶん無理をしないようにしてくださいね。




























最終更新日  2005年05月15日 17時26分35秒

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.