2020年05月21日

日本語崩壊の危機

カテゴリ:カテゴリ未分類
パソコンの調子が悪いので、会員になっているショップへ。

スタッフが



「症状のチェックをしてきますので、5分ほどお待ちください」



と言ってパソコンをワゴンに乗せて作業場に消えた。

店内をウロウロしていると、ホントに5分ほどで名前を呼ばれてカウンターに行くと、先ほどのスタッフが状況を説明してくれた。



「どうやらバッテリーが充電されていらっしゃらない形です」



びっくり

何に対する敬語なのか、何の形なのかわからないが、バッテリーに人格が備わっていた。

充電されない原因を特定するには、半日ほど預ける必要があるというので、提案にしたがうことにして店を出た。

夕方、パソコンを受け取りに行くと、バッテリーの脱着をしただけで充電できるようになったとのことで一件落着。




「ほとぼりが冷めたらまたご来店ください」



次もこのスタッフに当たってほしい。








TWITTER

最終更新日  2020年05月21日 14時02分34秒