433972 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

似顔絵でご紹介!久留米 男女混合ソフトボールチーム【アクトレス】&【体育館レク部】

全46件 (46件中 41-46件目)

< 1 2 3 4 5

ばば選手の歴史

2007.06.30
XML
カテゴリ:ばば選手の歴史
昨日の記事であまりに凄惨な“アクトレスの自爆テロ”ばばせいいち選手のこの1ヶ月の出来事を紹介しました。
「本当にこんなことが1ヶ月で起こり得るのか?!」
そうお感じになった方も多々おられると思いますが、それは私たちアクトレスの面々が誰よりも痛感しています。本当に実在するだけにこのばば選手の波乱に満ちた人生を大らかに見守ってあげてください(苦笑)

ついにフィリピン国籍の奥さんの不貞(逮捕可能な違法行為)が発覚し、さらに仲介業者への多額の借金がそのままばば選手に跳ね返ってくるというとんでもない事態に追い込まれ、とうとう「戸籍目当て」の【偽装結婚】に気づいたばば選手。
これまでこまめにこのばば選手の記事を読んでいた方ならとっくの昔に気がついていたことに、いよいよ当の本人も気がつきました。
そしてこれより、新章となるばば選手の逆襲が始まります。

自分はただ「戸籍のために利用されただけ・・・」
怒りに燃えるばば選手は行政の連絡先を調べ、なんと「弁護士へ相談させてほしい」と依頼します。すると行政からは「無料で相談できる弁護士相談会」というものの存在を告げられ、ばば選手はさっそく申し込み、数日後の相談会にうまく予約が取れたそうです。
ちなみにこの相談会は担当弁護士と1対1で話し合いの場を持ち、所要時間は25分と決まっているそうです。
そして当日、25分では話しきれないであろう今回の一大事をばば選手は要約し、「なぜこんなに多額の借金を背負うことになったのか」から「偽装結婚」までのいきさつを接見した弁護士さんになんとか話したとのこと。
すると、弁護士さんからは「この件は明らかに脱法行為であり、借金の返済は支払う必要はない。そして偽装結婚については残念ながら戸籍目当てと言わざるをえない」という回答を頂いたそうです。
「やはり戸籍目当てだったのか。」そう落ち込むばば選手に弁護士さんは続けてこう告げます。「今は多いんですよ。日本の1ヶ月の収入があちらの2~3年分の年収になるんですから。」ぐぅの根も出ないばば選手でしたが、「借金を支払わなくていいはず」という件に関しては大きな朗報でしょう。なんせそれが一番の大問題なのですから。
そして今回、ボクも初めて聞いたのですが「以前、誓約書に念書を書かされたのですが、それは結婚後に書かされた」とのこと。
つまり、ばば選手は仲介業者に国際結婚の申し込みして、マニラに足を運んで、集団お見合いをして、現地でそのまま結婚式をして、日本に帰ってきてから誓約書を書かされたそうなのです。
「・・・て言うか、事前にお金がいくら掛かるか調べろよ!それに帰国してから多額の借金を背負わされることを聞いてあっさり念書なんか書くな!」という声が飛び交いそうなんですが、それがこのばば選手の転落人生たる由縁なのです(苦笑)
しかし、弁護士さんいわく、この『事後誓約』がそもそも無効なのだそうです。
「断れないようにしてから多額の借金を提示する」ということなのでしょう。それが違法ということらしく、ばば選手はこれよりの借金の返済をしないと決意。接見していただいた弁護士さんの名刺を受け取ると深々と頭を下げ、最終手段に向けて準備を始めていきます。

それから数日後、ばば選手はボクにこう告げました。
「わたし、失踪します。」

面白すぎでしょう(笑) どこの世界に『失踪予告』する人がいるのでしょうか(笑)
そしてばば選手は続けてこうボクに言い放ちます。
「あさってに夜逃げしますので。」

なんと荷物もまとめ始めているとのことで、その数は段ボール8箱分とのこと。多いのか少ないのか微妙な数字に思わず苦笑いが出ましたが、続けたボクの質問に驚愕の答えが返ってきたのです。
「ばばくん、そんな夜逃げとかして行くトコあると?」
当然の質問をしたボクにばば選手はこう言ったのです。

「えぇ。向かいのアパートに移動します。空き部屋があったので。」

えぇーーーーー!!うそぉぉぉぉぉぉぉん!!!むっちゃ見つかるではないですかっ☆(笑)
ばば選手のことですから、きっと普通にベランダに出たりして「あっ!アイツあんなトコおるでぇ!!」と簡単に見つかってしまうではないですかっ!
しかもそれが果たして「失踪」というのか、笑い転げるボクにばば選手は自信たっぷりに続けてこう言い放ちました。

「“灯台もと暗し”というヤツです。」

いやいやいやっ!“もと暗し”ではなく“射程距離”でしょう。だって、もとの部屋から窓を開けたらばば選手が見えるんです(笑)
しかもしかも今の新聞配達は続け、奥さんには居所を教えるとのこと。

「失踪」と言うにはあまりに足跡を残しすぎでしょう(笑) おそらく3日以内に所在がバレて「引っ越すなら事前に言ってね。」なんて言われるのではないでしょうか。
とにかく、もはや一般の人間には届かないところへ行ってしまいそうなばば選手。ボクがどんなにアドバイスしても、どんなに救いの手を差し伸べても、彼はそれに耳を貸さず、己の道を突き進んでいくのでしょう。

アクトレス所属選手・ばばせいいち。「波乱万丈」という言葉がよく似合うただただ物凄い男です☆






Last updated  2007.06.30 14:18:15
コメント(0) | コメントを書く


2007.06.29
カテゴリ:ばば選手の歴史
今、アクトレス公式HPで「もっとも数字をとれる男」として君臨している“アクトレスの怪奇男”ばばせいいち選手。
これまで、たくさんの逸脱したストーリーをご覧いただいていましたが、その続報が入りましたので今回もまた皆さんにご覧いただこうと思います☆
ただし、この記事をご覧いただいた方は、本当に実在するばば選手を捜さないであげてください(笑)

フィリピン国籍の女性との結婚のために数百万円の借金を背負い、入籍から半年後に奥方が来日。そして来日2ヶ月で妊娠3ヶ月になるという恐るべき離れ業を演じ、結局はその子を授かることができないまま、挙句に奥さんに他に男性を作られて、さらには勝手に家を飛び出していかれて月々の返済額が倍増したばば選手・・・。

前回まではここまでを紹介していました。
そしてここからもばば選手の波乱に満ちた人生は迷路に迷いこんでいきます。

家を飛び出して勝手にひとり暮らしを始めたばば選手の奥さん・アナリザさん。
その後、某仲介業者さんとの間で話し合いをもち、その業者さんづてにとうとうトドメの一撃がばば選手に見舞われます。
「アナリザはおまえと別れたがっているようだ。」
この致命的な一言に、ばば選手は観念していたのでしょう。それを受諾するとともに、借金の返済額について相談したそうです。
これには回収する側の業者さんも「こいつにそんな支払い能力はない」と察知したのでしょう。結局、月々の借金の返済額だけはこれまでどおりの額でよいということになったそうです。
しかし、これからもばば選手の転落人生は加速していきます。

それから数日後、突然、奥さんから「離婚シナイワヨ」と言われたとのこと。散々に好き放題やって自ら別れを切り出したのに今度は「別れない」・・・。
一体どういうことなのか、混乱するばば選手をよそに奥さんのアナリザさんは着飾って身なりが良くなっていたそうです。さらにさらに痛恨の一撃を見舞われます。
「マタ貴方ノ子ヲ妊娠シテルノヨ」
前回の妊娠はほんの1ヶ月前に流れたばかりでそんなはずはないのですが、すっかり信用しきっている様子のばば選手。「こればっかりは見捨てられません・・・」と搾り出すように口を開きます。
そもそも、奥さんが家を飛び出していった経緯はこんなやりとりがあったそうです。
週末になると外泊を繰り返す奥さんに「一体どこに行っているのか」と問い詰めるばば選手。
しかしウソにウソを重ねてのらりくらりとする奥さんに、ばば選手はこうカマを掛けたそうです。
「実はおまえの跡をつけていたんだ。あの男は誰だ!」
突然のカマ掛けに奥さんは明らかに表情が曇ったとのこと。間髪入れずばば選手は連続攻撃を仕掛けます。
「あの週とこの週の男は別人だっただろう。一体、何人の男がいるんだ!」
機転の利いたこの問いかけに奥さんは予想を上回る答えを口にします。
「5人ヨ!」

・・・。あまりの衝撃に絶句するばば選手。しかも、どうやらお金をいただく日本では禁じられた仕事をされているとのこと。みすぼらしくなっていく一方のばば選手とは対照的に、マンションを借りたり着飾ったりと、ここのところ羽振りの良い奥さんとの生活のちがいにもこれで合点がつきます。

そして「離婚したい」から「離婚しない」に変わった奥さんの謀略がこれで改めて浮き彫りになりました。
つまり、完全な『偽装結婚』だったのです。いわゆる『日本人の配偶者という戸籍』が狙いだったのでしょう。・・・て言うか、おそらくこの記事をご覧いただいている方の9割の方はすぐに気がつかれたでしょうが(苦笑)

自分がただ利用されていただけ。自分が日本人だから結婚してもらえただけ・・・。
とうとうと言うか、ようやくと言うか、今更と言うかは人それぞれでしょうが、ついにここからばば選手の反撃が始まります。

これまで散々にお金を騙し取られ、奥さんと業者に利用され続けていたばば選手。
新章【ばば選手反撃編】は明日も当ブログにて公開します☆






Last updated  2007.06.29 12:27:15
コメント(2) | コメントを書く
2007.06.14
カテゴリ:ばば選手の歴史
アクトレスには強烈な男がいます。
その強烈さは只者ではありません。常軌を逸している…とでも申しましょうか、本当に実話なのか?と疑いたくなるようなことを次々と巻き起こすのです。
その名は“アクトレスの波乱万丈”ばばせいいち選手。彼のここ数日の生き様を心してご覧ください☆

仲介業者を通してフィリピン国籍の女性と結婚し、数百万円の借金を背負ったばば選手。前回の記事では奥さんが来日2ヶ月で妊娠3ヶ月になるという離れ業を演じたところまでお知らせしました。
しかし、諸事情によりその子は授かることが出来なかったそうで、少々気が引けたのでこちらのブログ記事では告知できませんでした。

そんな嵐のような日から1ヶ月。またもばば選手のもとに悲劇が舞い降ります。
なんと3週連続で週末になると奥さんが深夜の仕事から帰ってこないのです。こういうことには一応はするどいばば選手。事実を確認しようとしますが、如何せん日本語はカタコトでしか通じない夫婦。奥さんは都合の悪いことは「日本語むずかしい」でのらりくらりとかわします。
ただ、賢明なアクトレス・メンバーならきづいているでしょうが、この奥さんの「日本語むずかしい」はあくまでフリでしょう。案の定、次第にウソをつくようになられたそうで、「友達と会っていた」~「前の主人と会っていた」と次々に言っていることを変えてきたそうです。
そして大方の予想どおり、実は他に男性がいらっしゃったそうで、そのことを問い詰めると、挙句の果てに「私のお金をどう使おうと私の勝手」と、なんと勝手に自分用のマンションを借りてしまったとの事。当然、支払いは夫であるばば選手にも降りかかるわけなんですが、物凄い借金で月々の生活すらままならないばば選手にはあまりに残酷な更なる借金が増えてしまったのです。
もちろん、ケンカに発展するこの一件ですが、さらに奥さんはとんでもない行動に身を移します。なんとパスポートを準備して「もうフィリピンに帰る」と言い出したのです。
事態が飲み込めない方のために補足しておきますが、ばば選手夫婦は数百万円の借金を夫婦ふたりで返済するというルールなので、片方がいなくなると月々の返済が倍増するシステムらしいのです。つまり、現在はひと月に夫婦で30万円を返済しているとすれば、ばば選手の返済額は月に15万円。これに奥さんの支払いがない場合があると、ばば選手がひとりで30万円を返さないといけないとのことなんです。
そして、話はこの続きもあるのですが、ここからはカタギの話でなくなってきますのでこのへんで打ち切りとします。続きはキャプテンに直接聞いてください。なんせアクトレスを危険にさらすわけにはいきませんからね(苦笑)

しかしまさに地獄一辺倒のばば選手。果たして彼が綺麗な体になる日は来るのでしょうか。






Last updated  2007.06.15 01:26:37
コメント(1) | コメントを書く
2007.05.05
カテゴリ:ばば選手の歴史
先日の記事でひと際パワーアップした“アクトレスの谷底人生男”ばばせいいち選手の記事を公開しましたが、そのあまりにショッキングな内容はアクトレス・メンバーに大反響を呼び起こしました(笑)
一日のアクセス数では、当ブログ史上第2位のアクセス数を記録したアクトレスの人気者・ばば選手の続報が入りましたのでお知らせいたします☆

この大型連休序盤にばば選手のお母さんが同選手宅を訪れ、とうとうフィリピン国籍の奥方との対面を果たされたそうです。
そして、お母さんとお嫁さんとの晴れの初対面のこの日に、実の息子から聞いた言葉にお母さんは驚かれたそうです。
「彼女は妊娠している。」
もちろん、ここまでなら世間でありがちな言葉であり、常軌を逸していたとは言え、一応は結婚している30代の男性が放った言葉ですからそれほどの驚きではありません。
しかし、つづいてばば選手が口にした言葉は衝撃的だったことでしょう。
「わたしの子供じゃないのかもしれんのやけど。」

このとんでもない言葉に親としてお母さんはいたたまれなかったことでしょう。「お腹の子はセイイチさんの子」と言い張る奥さんのお腹をさわるや「妊娠2ヶ月程度のお腹じゃない」と言い、お母さんはばば選手に「おまえが直接、病院に言ってきちんと聞いて来い!おまえに他人の子を育てる余裕がどこにあるか!」と、まったくもってそのとおりな素晴らしい説得力をもつ会心の一撃をばば選手の頭上に炸裂されたそうです。
こんな説得力のある一撃を見舞われては普通ならHPは赤く染まり、回復呪文を待たなければならないところですが、やはり常人とは一線を越えたばば選手、ためらいもなく反撃に出たとのことで、「わたしが育てるから大丈夫」と説得力の欠片もない言葉を言い放ったのです。
まだまだ数百万円の借金と返済の目処も立っていない状況下で、ある意味、最大HPが底なしのばば選手。なんと打たれ強い男なのでしょう。
しかし、当然、親として放ってはおけないのでしょう。お母さんは裁判の手続きも視野に入れた、いわゆるばば選手にとって難しすぎる理解しがたい分野の話をされたとのことで、ばば選手はすっかり参っているようでした。…とは言え、HPが緑に染まったいわゆる「どく」状態程度なので、回復は時間の問題のようですが(苦笑)
そして、今日までにいまだ病院に足を運んでいないと言うばば選手、その理由は「言えない」とのことで、「これから先はアクトレスのみんなにも言わないでください」とのこと。
なので、これから先の深い深い闇は、ばば選手の許可が下りればまた皆さんにお知らせしたいと思います。
それまでにこの物凄い大問題がある程度、面白おかしくなっていればいいのですが(苦笑)
なので、ばば選手がシャレにならないことになった場合は公開できませんのであしからずご了承ください(汗)






Last updated  2007.05.05 22:25:40
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.26
カテゴリ:ばば選手の歴史
昨晩、ボクの携帯電話にいつものようにワンギリで「ばばせいいち」という人物からコールが掛かりました。「手短かに」という名目で掛け直すと、そこには「手短か」では済まされない情報が待っていました☆
「どうしてもお知らせしたい情報がありましてぇ」と切り出した“アクトレスのイカレポンチ”ばば選手はこうボクに告げたのです。

「わたしと奥さんとの間に子供ができました」

………!!!普通ならここですんなりと「おめでとう。」という言葉が出てくるものでしょう。
しかし、ボクは思わず「育てきるんか?」と口にしました。そぅ、アクトレス・メンバーの皆さんやこのブログを頻繁に読んでくださっている方なら分かってあると思いますが、ばば選手はフィリピン国籍の奥さんとの結婚で数百万円の借金を背負い、いまだ返済の目処が立っていない状況下なのです★
そして深く聞いたところによると、現在の奥さんは妊娠3ヶ月~4ヶ月。
そして奥さんがフィリピンから来日したのが1ヶ月前…。ようやく日本で一緒に暮らし始めて、1ヶ月過ぎで奥さんは妊娠3ヶ月…。何かおかしいですよね。

そぅ!なんと計算が思いきり合わないのです!(笑)

ボクの質問でようやく事の重大さに気づいたばば選手。「あれ??計算が合いませんね?」「なぜ妊娠3ヶ月なんだ?」「ひょっとして父親はわたしではないんですかね?」と常人ならお先真っ暗な発言が次々に飛び出します。
そもそも、初めから有頂天だったのが異常なんですが、ばば選手の次の発言にボクはさらに驚きました。

「まぁどっちにしろおめでたいことですから。」

えぇぇぇーーーーー!!!ボクは「いやいやいや、ばばくん、それは違うやろっ☆」ときちんとたしなめました。しかし、ばば選手はこう言うのです。

「そういうのも含めて一緒になったわけですから、わたしの子じゃなくても受け入れますよ。」

ある意味、物凄い寛大で、ある意味、常識を覆す低知能っぷりを如何なく言葉にするばば選手。アクトレスの皆さん、並びにばば選手ファンの方々、彼のこれからも果てしなく続くであろう波乱万丈な人生を応援してあげてください☆☆☆







Last updated  2007.04.26 13:05:12
コメント(3) | コメントを書く
2007.04.03
カテゴリ:ばば選手の歴史
試合が終わり、後片付けをしながらおしゃべりをしているアクトレスの面々。
すると、キャプテンが自身の携帯を手に取り「着信あり」の表示を目にしました。
そのワンギリの主は『ばばせいいち』。
そぅ!アクトレスの誇る“笑いの神”ばばせいいち選手です。
こちらより同選手に掛けなおすと、とぼけた声のばば選手が電話に出て、なんと近くにいるとのこと。しかも、先日、ようやく日本に来日したフィリピン国籍の奥さんと一緒ということで、アクトレスの一団は一様に盛り上がり、出迎えの準備を始め出しました(笑)
そして待つこと数分、借り物という軽自動車に乗った怪しげな男がこちらに手を振り、異国の奥さんと共についにアクトレスの面々の前にその姿を現したのです☆
恥ずかしがる奥さんを尻目に異様なテンションのばば選手は、相変わらず第2前歯が1本なくて、小さなおじちゃんならではのコミカルな動きでアクトレスに爆笑をもたらしていきます☆
まずは手始めになかはら選手がキャッチボールの相手をしたのですが、3年前とまったく変わらない奇妙な光景にメンバーたちは一様に笑いの渦に引き込まれます(笑)
ほとんどの選手が初めて目の当たりにしたと言うばば選手の投球フォームはすべて振りかぶって投げるワインドアップ投法。しかもロボットのように規則正しく体のパーツが動くので、人間とは思えない奇妙な動きにみんなから拍手が巻き起こり、さらには「ボールをもぎ取る」と言う表現がぴったりなばば選手の捕球フォームに失笑の嵐が吹き荒れました(笑)
さらに極めつけには、奥さんの腰を優しく抱き寄せようとしたばば選手でしたが、その右手を奥さんに強烈に振り払われるというコントまで見せてくれ、アクトレスのメンバー達からは爆笑の渦が巻き起こっていました(笑)
そして引き際では「日本の桜を見せたい」と口にするばば選手にキャプテンが名所を説明していたところ、ばば選手の携帯がけたたましく鳴り、同選手は青い顔をして帰ってゆかれました。そして、奥さんは日本語がお分かりにならないということでしたが、メンバーの証言からは流暢な日本語をお話になっていたそうで、ますますこの国籍の壁を越えたお二人をアクトレスで温かく見守っていきたいと思います☆
ちなみに普段、まったく右脳を使用しない様子のばば選手はキャプテン以外の名前を未だに覚えていません。脳年齢94歳のこの男の行く末はどこに向かってるのでしょう(笑)






Last updated  2007.04.04 02:05:56
コメント(0) | コメントを書く

全46件 (46件中 41-46件目)

< 1 2 3 4 5

PR

X

© Rakuten Group, Inc.