000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 なおころのぉと♪

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

ドイツ。

Dec 13, 2008
XML
カテゴリ:ドイツ。
明日から10日間、スイスとドイツに行ってきます飛行機
8月に飛行機のチケットを買って、まだまだだと思っていたらいつの間にか明日です泣き笑い

このスイス・ドイツ旅行は、年始に手帳に書いた今年の大目標3つのうちの一つでした星

初めての一人海外、しかも初ヨーロッパ旅行をしたのが2年前。
もう一生来れないかなぁ・・・なんて、最終日にはしみじみ思っていましたクリスマスツリー

今回もドイツのミュンヘンで暮らす友達のひつじちゃんに会いに行って来ますおひつじ座
ひつじちゃんがいてくれるからこその旅行ですふたご座

スイスにどうしても行きたいところがあるので、ひつじちゃんにも付き合ってもらい、
今回の旅行はスイスからスタートします。
チューリッヒ空港でひつじちゃんと待ち合わせです。
オランダで乗り継ぎ、チューリッヒに入ります飛行機

無事に着けるのかは神のみぞ知る・・・ショック

前回同様、目的の一つはクリスマスマーケットクリスマスツリー
また帰ったら、報告しま~すカメラ


どうやら雪が降っているとのことですが、真冬ならではの景色を楽しんでこようと思います。

前回は超荷物が多くて重量オーバーに苦戦した経験を生かし、今回はかなり荷物を減らしたので
スーツケースは半分空ですちょき
手荷物も最小限にし、ガイドブックも小さめのを選びました。
ほとんどまだ見てないので、機内で読もうと思ってますノートウィンク

ではでは、行ってきますスマイル


081213_2347~01.jpg










Last updated  Dec 14, 2008 12:38:46 AM
コメント(10) | コメントを書く


Sep 17, 2008
カテゴリ:ドイツ。
旅行会社から郵便が届きました。

中身は、

・飛行機のチケット引き換えの書類

・利用する空港(アムステルダム・チューリヒ・ミュンヘン・)の空港内地図

・海外旅行保険の冊子

・担当の方からの一言メッセージ

そして、

       080917_2000~01.jpg


 どうやら歓迎ムードで嬉しいですぽっ

 スイスなんて、もう全く縁のない、

 自分の生活からかけ離れた現実味のない場所だと

 ごく最近まで思ってました。

 でも、行こうと思えば行ける国だったんです。


 名前さえ知らない国だって、いっぱいある。

 行こうと思えば、どこにだっていけちゃうんですよね。

 それってなんだかすごいなぁと、

 大人になった今(いや、今なったわけではないけど)、改めて思います。


 
 大人になるって、楽しいぜ星

 






Last updated  Sep 17, 2008 08:26:39 PM
コメント(10) | コメントを書く
Aug 26, 2008
カテゴリ:ドイツ。

      resize1263.jpg


      12月に、再びドイツに行くことにしました星
       

     
      サーチャージが高くなって、ヨーロッパ行きはあきらめかけましたが、
      やっぱり行きたい!とずっと思い続け、

      前回の旅行以降に海外には行かず、細々とドイツ貯金を始めました。

      ピンクうさぎも無事全過程を修了し、少ないけど給付金も返ってきました。


      そして、一週間の休みをもらうことを職場にも許可してもらい、

      飛行機の予約を済ませましたウィンク


      いつかの日記に書きましたが、
      好きな作家さんの故郷のスイスにも行く予定です。


      それなりの努力も必要だけど、
      強く願えば叶うんだなと、実感。

      
      手帳に【今年中に必ず実現すること】の中の一つがこのドイツ・スイス行き。


      12月の出発の目前まで、仕事は忙しいけど、

      がんばれそうです。

      私、目標がないと道に迷う方なんで・・・。


      今からとっても楽しみです。

      (嬉しいことは、内緒にできない性格で・・・。)

               






Last updated  Aug 26, 2008 10:22:52 PM
コメント(12) | コメントを書く
Dec 24, 2007
カテゴリ:ドイツ。
  メリークリスマス!クリスマスツリー星星

    今日はイヴということで・・・星
    ドイツ・ニュルンベルグのクリスマスマーケットの写真を・・・クリスマスツリー
          resize1117.jpg

    resize1118.jpg
       着いたのは6時くらいだったかな。
       もう少し歩いていくと、マーケットのある広場に出ます。


  resize1119.jpg resize1120.jpg
          建物にもキラキラとイルミネーションが光ります星
          突然、教会が現れたりします。
          街中にもけっこうあります。

    resize1121.jpg

     会場に到着。KINDERと書いてあるの見えるかな?
     ニュルンベルグのクリスマスマーケットはドイツ最大の規模と言われています。
     なんと、大人用と子ども用のマーケット会場が隣接しています。

    resize1122.jpg
   
     ↓これはお店の屋根です。屋根の上でしかけのおもちゃが動いてます目

    resize1123.jpg
    resize1124.jpg

     子ども用にはメリーゴーランドや汽車の乗り物があります。
     お店屋さんも絵本やおもちゃ、お菓子などがたくさん目がハート
     私が子どもだったら、(今でも)テンション上がりすぎて危険(笑)

resize1125.jpg resize1126.jpg

     大人用というか、子どもじゃない方の会場には、お菓子や雑貨はもちろん、
     衣類、日用品、お土産などのたくさんのお店が出ています。
     ソーセージやグリューワイン(あったかいワイン)ももちろんありますウィンク
     
     この旅では、一日のうちの2食はソーセージ食べてました。
     すっごい美味しい。ほんとにほんとに美味しい。全然飽きないですオーケー

     ソーセージの添え物でついてくるザワークラウトの煮込み(キャベツのお漬物煮込み)
     は初日は苦手だったのに、この日にはかなり好きになってましたちょき


resize1127.jpg resize1129.jpg

     この日がドイツ最後の夜となりました。
     まだまだ若くて自分で海外になんて行けないような歳の頃に雑誌で見たこの景色。
     どうしても見てみたかったドイツのクリスマス。

     最後の夜のこの時間は、
     『もう一生来れないかもな・・・』なんて思い、しっかり心に刻んでました。
     それほど、日本からかけ離れた景色で、見るもの全てが感動でした。
     
     現実的ではないなぁって思ってしまう夢だって、
     自分で動けば、なんとかなることもある。

     もちろん周りの人への協力あってこそ。

     だからこそ、遠くの国ドイツから私が暮らす日本へ思いを向けることも多かった
     旅でした。

              resize1128.jpg

     もう来れないかも。。。とあの日あの時確かに思ってたのに、

     今は、また絶対行くぞ!と、思ってます(笑)

     原動力になる旅でした。そしてドイツ大好きです大笑いハート

     今回は、ニュルンベルグを紹介しましたが、まだ紹介していないところを
     すっとばしていますので、

     もう少しだけ、このドイツ紀行にお付き合いいただけるとうれしいです。
     また気が向いた時に、更新しますぽっ
    






Last updated  Dec 25, 2007 11:58:43 PM
コメント(8) | コメントを書く
Dec 2, 2007
カテゴリ:ドイツ。
いつのまにやらドイツ旅行から帰って1年も経ってましたびっくり
というわけで、ちょうど一周年記念としましてドイツ紀行再開~~。(引っ張りすぎね~)

去年の冬以降にこのブログに来てくださった方はなんのことだか??だと思います。
そんなあなたは、ものすごくお暇なときに右のカテゴリーのドイツを覗いてみてくださいウィンク


ではでは、記憶を遡って・・・・。

5日目はひつじちゃんの旦那様、雄ひつじさんの運転でなんと隣国オーストリアに行きました。

『ちょっと国境超えなんかしてみたい』

この私のわがままを左から右に聞き流さずに、『そしたらザルツブルグね』とピンクハート

ミュンヘンからは車で3時間弱ほど。

1日びっしりの予定を考えてくださり、7時出発。3人で早起きです。

resize0934.jpg


ザルツブルグでもこの日からクリスマスマーケットが始まりましたクリスマスツリー



resize0922.jpg resize0931.jpg resize0923.jpg resize0932.jpg

モーツァルトさんの生まれたお家。
ここはツアーでも必ず来るところとあって、たくさんの人でした目

         resize0926.jpg


音楽の教科書で,まるで他人事みたいに(他人事なんだけど)読んでた音楽家の
生活がリアルに思えてきて、とっても不思議な感覚でした青ハート

まぁこんな素敵な町なら、クラッシックが似合うよね~。
あのクルクルヘアーもジャケットに半ズボンみたいな格好も、様になるよね~OK

なんて思いながら歩きました。
空気もひんやり冷たくて、みんなモコモコしたのを着ていてかわいい。


商店街みたいなのがあるのだけど、お店がみんなとってもかわいい。
クリスマスシーズンなので、どのお店もきれいに飾り付けてありましたりぼん

resize0924.jpg resize0925.jpg
resize0937.jpg resize0938.jpg


これは本物の卵です。
殻だけになってるんだけど、手作業で絵付けがされています。
イースターのお祝いに、この卵たちを飾るそうです。
店中、ものすごい数の絵の描いた卵がありました。

resize0933.jpg


  resize0935.jpg

『これを食べないとここへ来たとは言えません』と、ひつじちゃん。

本家ザッハトルテ。ここが発祥の地。
ホテルの喫茶なので、ドレスコードがあるんじゃないかと心配したけど、
大丈夫でしたちょき

なおころは、実はここまでしっかりしたチョコケーキは一個食べ切れません。。。
半分でギブアップNGおいしいんだけどね。

雄ひつじさんが、ちゃんと食べてくれました。スイマセン。

オーストリアなんて来れると思ってなかったので、かなり感激ハート(手書き)
ドイツとはまた少し違う雰囲気で、私の想像の世界のまさにヨーロッパな空気。
とっても素敵な町でしたりぼん


この後お昼からは、自然を満喫の場所に連れてってもらいました車
それは次回に。。。

最後に、
かわいい看板と実と食べ物…フューチャリングお犬さんをどうぞスマイル 

resize0936.jpg

resize0946.jpg resize0945.jpg


resize0939.jpg


resize0943.jpg







Last updated  Dec 2, 2007 11:43:37 PM
コメント(8) | コメントを書く
May 8, 2007
カテゴリ:ドイツ。
    はい!何もなかったかのようにドイツ紀行再開~~炎
    すっかり忘れていた方も、わかっていたけど触れずにいてくれた方も、お待たせしました大笑い

      初めての方のために・・・真冬に行ったドイツ旅行の日記です。
                       よろしければ、カテゴリードイツを見てね目



    さて、ドイツ4日目です。
    前日はクリスマスマーケットを堪能クリスマスツリー星
    近郊のホテルに泊まり、翌日の半日もシュトットゥガルトの街をぶらぶら歩く人歩く人
 
    街の暮らしを見ようと、市場や商店街的なところに行きました。
 
    これはデパートの一角。
    お花屋さんと雑貨屋さんが一緒になった感じの売り場でした。
    
        resize0217.jpg



            市場のお野菜たちは、とってもおいしそう。。。

resize0220.jpgresize0219.jpg


            市場の隅っこにあったお花屋さん。
            クリスマス資材一色ですクリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリー

      resize0218.jpg


           いっぱい歩いたので、ちょっと休憩コーヒー

         resize0221.jpg

      ドイツに来て自分でも感じていたのが、フシギなほど物欲が湧かない
      目に見えるものが全て新鮮で、感じる気持ちも今までにない感覚で自分の中に
      沁み込んでいく。

      きっと、自分の中が、形あるものを欲するまでの気持ちに到達出来ないでいたのだなぁ。
      なんていうかな、う~~ん・・・しょんぼり
                 
      もちろん、可愛いモノで溢れていますダブルハート

      でもね。
      モノがなくても満たされる感覚。
      心地いいのです。


     ドイツに来てからは目に見えるもの心で感じることで、いつも胸いっぱいいっぱいでした星




      さて、お昼過ぎにミュンヘンに向けてICEに乗って移動です新幹線
      ひつじちゃんのお家のあるミュンヘン。


      このあたりに来て、ひつじちゃんに言われて気付く。
      お土産買わなくていいの?

      おお~~っと。危ない。そうですね。お土産大事ですね~~~。
      
      で、気持ちをちょっとシフトしてミュンヘン以降はいっぱいお土産買っちゃいましたウィンク

      ここからはミュンヘンです。
      もう日も暮れて、夜のミュンヘンに繰り出しました歩く人歩く人歩く人
      
          ミュンヘンはこの日からクリスマスマーケットが始まりました。
          タイミングよく、市民広場でのファンファーレに遭遇音符きらきら
         resize0222.jpg 

          楽器を演奏するたくさんの人。見えるかな?
        resize0223.jpg 



       ミュンヘンの街中はとってもキレイでお洒落です。
       フランクフルトはビジネスの街だったけど、観光客がミュンヘンにあつまるのも納得。 

    resize0226.jpg 

              お店の看板もかわいい~。
            resize0224.jpg


           建物もきれいな上に、ライトの当て方もとってもキレイでしたきらきら
          resize0227.jpg 




        ダルマイヤーの本店にも行きましたウィンク
        日本のデパートにもある、高級食材のお店ですね目            
       ↓おっきいチーズいっぱい!
        まんがに出てくるネズミがかじってそうなチーズがいっぱい~目

       resize0225.jpg

      さて、ごはんです。
      ビールの醸造所直営のレストランに連れてってもらいました電車
      観光本には必ず載ってる名店です目

             resize0228.jpg 
         なおころ、ビールは苦手ですが、やっぱりドイツ=ビール
         普段飲まないので、やっぱり違いが分からないなおころでしたショック
         でも、この半分くらいは飲めてしまったちょき
         ビール好きな方~。んまそ~~~???でしょ??


         ソーセージのお料理たち食事
         味が濃いのとお野菜料理がほとんどない泣き笑い
         でも、ソーセージはものすっごく美味しいオーケー
         さすがミュンヘン!!

   resize0229.jpg
                    resize0230.jpg


       おなかいっぱい大満足の私たちは、もうちょっと足を伸ばして期間限定の
      多国籍の夜のマーケット【トール・ウッド】に行きました。
      食べ物・雑貨のマーケットと、JAZZ系のライブなんかもあったようです音符
      しかし若者がいっぱい!!
      ひつじちゃんも、『ミュンヘンにもこんな若者いたんだ!!』と驚いてました目

             ピザ屋さん。ピザの看板かわいかったなぁウィンク
         resize0231.jpg
         

         盛りだくさんの4日目もこれでおしまい。
         ミュンヘンの街もとっても素敵です~。

         この日はひつじちゃんの旦那様の雄ひつじさんにも大変お世話になりました。
         翌日からももっとお世話になっちゃいます。

         ひつじちゃん夫妻に感謝感謝のドイツ旅行です手書きハート

       

       






Last updated  May 9, 2007 02:01:56 AM
コメント(10) | コメントを書く
Jan 14, 2007
カテゴリ:ドイツ。
     
     ドイツ3日目の夜。
     この日から始まったシュトゥットガルトクリスマスマーケットに行きました。
     クリスマスマーケットに行くことは、なおころ長年の夢でした星
     ケルンエスリンゲンに続き、3箇所目のクリスマスマーケットクリスマスツリー

     シュトゥットガルトは、世界1の規模といわれています。
     なるほど納得。
 
     それでは、どうぞ~スマイル

             resize0049.jpg

            入ってすぐ目に付いた、くるみ割り人形
            下からのライトと、この大きさ。
            ちょっとオバケちっくでしたお化けうっしっし

             resize0050.jpg

       resize0051.jpg

     お店の屋根。良く見てください目!!
     シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは、この屋根が見どころです。
     どのお店も、すごく凝っていて、本気ぶりが伝わります。

     行く前からひつじちゃんに、
     シュトゥットガルト、『屋根がすごいねん!!屋根が!!』     
     と豪語していたなおころ。

     この土地のクリスマスマーケットは初めてだったひつじちゃんは、??
     でも、実際の様子を見て、『このことねぇぇ~ダブルハート』と納得。
     
     以下の写真もお店の屋根なんですびっくり
   
       resize0054.jpg

       resize0052.jpg

       それはそれは色んなお店が集まっています。
       食べ物、飲み物はもちろん、
       お菓子、衣類、お茶、おもちゃ、アンティーク、日用品・・・

       そのなかで、キャンドルのお店も何店かありました。

       resize0056.jpg
    
       自分でロウの色づけができるお店を発見。
       素敵な店員さんの笑顔に誘われ、なおころ手作りキャンドルに挑戦。

 resize0057.jpg resize0058.jpg

       ひつじちゃんに通訳をしてもらいながら、あ~でもない、こ~でもない・・・
       手に付いたら火傷と思うと。。。
       なおころ、一人で大騒ぎでした雫
       
              resize0059.jpg


       クリスマスマーケットはお店だけではありませんNG
       ちょっとした遊園地みたいなのもあります。

       これは、遊園地によくある汽車です。
       細かく作ってある街の中に線路があって、汽車が走ります。
       大人子どもも乗ることができます。
       
       この街の造りが、すばらしく細かくて、かわゆい。
       こういう部分からも、この土地の人たちの真剣な遊び心を感じとれて
       ますますドイツが好きになっちゃいました赤ハート
   
       なおころ、本気でこの汽車に乗ろうとしたけど、
       ドイツ住人のひつじちゃんの顔が引きつっていたので、やめました泣き笑い
       確かに、若者が勢いで乗ってるか、あとは子どもばかり・・・しょんぼり

resize0061.jpg resize0062.jpg

      食べ物の屋台もたくさんです。
      ソーセージがやっぱりホントに美味しい大笑い
      あまりにお腹が空いてたせいか、写真とらずにたべちゃいましたぺろり
      食べてはいないけど、サバがこんな姿で売られてました。
      いい匂いがして、おいしそうだった~OK 

           061201_0349~01.JPG 
                    
      
      クリスマスマーケットと言えば、グリューワインワイングラス
      なおころは、見るのも飲むのも初めてでしたひよこ
      寒いドイツの冬の屋台で、これを飲んで温まりますハート(手書き)

      左が赤ワインのあったかい版。
      右がオレンジジュースのあったかい版。
      
      カップには、年号地名絵柄が入っていて、持ち帰ることができます。
      返しに行くと、カップ代が返ってくるという仕組みだそうです。
      土地ごとにデザインが異なるので、なおころはもちろんお持ち帰りです。                
         resize0065.jpg

      ひつじちゃんは、ドイツに来てすぐの頃がちょうどこの時期だったそう。
      ミュンヘンという知らない土地で暮らすことになって不安もいっぱいの中、
      唯一の頼りの旦那様が、出張でしばらく留守に・・・。
      でも、街に出るとクリスマスマーケットで賑わっていた大笑い

      『寒くても、さみしくても、クリスマスマーケットがあったから救われてん』
      グリューワインを飲みながら、ひつじちゃんは、そんな話をしてくれました。

               

      ドイツの各地クリスマスまでの約一ヶ月間行われるクリスマスマーケットクリスマスツリー
      全体に溢れる、あったかい雰囲気や楽しそうな人たちの姿を見て、
      心も身体もあったまるそのわけが、少し分かったような気がします月
      改めて、ひつじちゃんのその言葉が身に沁みました。

       
      そして楽しかった一日も終わり、1日中歩き疲れたひつじちゃんとなおころは、
      このあとホテルでバタンキューなのでした眠い..

                      つづく・・・四つ葉

     







Last updated  Jan 14, 2007 10:47:40 PM
コメント(12) | コメントを書く
Jan 5, 2007
カテゴリ:ドイツ。

    ドイツに来て2回目の朝。
    フランクフルトはまずまずのお天気。
    レストランの卵係のお兄ちゃんは、私が目玉焼きで、
    さらに目玉一個ということまで覚えていてくれた。やるじゃん。OK

    今日はミュンヘンに住む【ひつじちゃん】に会います。やったぁぁぁ!
    とりあえず、ひつじちゃんが調べてくれた時刻表を片手にフランクフルト中央駅歩く人

    061130_1710~01001.JPG 061130_1736~01001.JPG 
    061130_1737~01.JPG 061130_1802~01.JPG


     まずは、待ち合わせの駅、シュトゥットガルトを目指します。
     フランクフルトとミュンヘンの間の都市。
     ICE新幹線で2時間くらいです。

     電車が遅れていたようで、やや挙動るなおころ雫
     同じホームにおられた老夫婦に聞く。
    【私、シュトゥッツガルトに行きたいのだけど、ここであってます???】

     カートを横に、ホームで待つ車内販売のお姉さんにも聞く。
    【電車、遅れてるんですよね?来ますよね?】

    みんな笑顔で、【大丈夫!あなたは合ってるよ!】オーケー
    異国での一人旅、見知らぬ人の親切と笑顔は、ほんとに心に沁みますきらきら

    無事、乗車ウィンク
    最終確認うしろの座席のお姉さんにも、やっぱり聞く。(しつこい?笑)

    1.旅の恥は掻き捨て。
    2.分からないときは聞く。


    
なおころ、旅のスローガンですうっしっし

    やっとひつじちゃんに会える!!もう、コワクないぞ!と、ウキウキ。大笑い
    念願の【世界の車窓からごっこ】も、ここで実現。 おめでと~~ちょき
    自転車専用車両もあって、さすが自転車にやさしいドイツ。

   061130_1829~01.JPG 061130_1929~01.JPG
    
    世界の車窓からごっこを堪能し、無事シュトゥットガルトに到着。
    ホームの向こうで、大きく手を振るひつじちゃん。
    なおころ、密かにウルっとくる。

    この日に、そしてここまで辿りつけた私、偉いぞ!OK王冠
    ここからは大船に乗ったつもりで、いきなり全てが人任せになるゲンキンななおころ。
    この街に住むひつじちゃんのお友達も一緒に出迎えてくださって、感激です。

    お友達と別れ、まずホテルにスーツケースを預けて身軽に。
    ひつじちゃんの案内の下、エスリンゲンという町に連れて行ってもらいました電車

            resize0048.jpg 
            resize0047.jpg

 resize0031.jpg resize0034.jpg


    エスリンゲン中世の町
     中世のクリスマスマーケットがはじまっていましたクリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリー


 resize0036.jpg resize0039.jpg
 resize0037.jpg resize0038.jpg
    

      ハリーポッターに出てくるようなマントや鎧を身にまとった人がたくさん。

      クリスマスマーケットでお店はたくさん出ていたけど、
     
      街並みや景色は、もちろんもちろん日常の姿。

     

     resize0041.jpg

  
     町を歩きながら、ひつじちゃんとたくさんおしゃべり。
      ドイツでの暮らし、ドイツのお友達のこと・・・。

     ひつじちゃんも、この町は初めてで、私のために調べて連れてきてくれましたノート
     私のドイツ訪問では、夏くらいから色々と一緒に考えてくれました。

     旦那さまの海外赴任で、ドイツに暮らすことになったひつじちゃん。

     彼女は、ここでの暮らしを楽しもうと、学ぼうと、一生懸命。
     ドイツ語も、たいしたもの。すごいなぁぁと、ほんとに思う星

     旅行者のお気楽ななおころとは、肝がちがいます。
     これから数日間、ひつじちゃんとの旅が、とっても楽しみななおころでした。

     resize0042.jpg

     帰りの駅の裏側にあった、ネッカー川

     田舎のほんとに素朴な川。
     夕暮れの陽を受けて、ほんの少し強い流れも、とてもやさしく感じました黄ハート

     これから、シュトゥットガルトクリスマスマーケットへと繰り出します。
     なおころの夢が、またひとつ、叶います星

                    つづく・・・四つ葉








Last updated  Jan 6, 2007 02:06:58 AM
コメント(10) | コメントを書く
Dec 26, 2006
カテゴリ:ドイツ。
    さて、午後は駅前の旅行会社が主催するライン川クルーズに参加しました。
    
    旅行会社に着くと、そこはちっちゃなオフィスで、おっちゃんが一人。
    予約の紙を見せると、まだ時間があるから座ってまってな!と言われ、待つことに。
    集合時間になって、異国の空気ムンムンの親子らしき女性二人が入ってこられ、
    一緒に出発となりました歩く人

    ライン川までは車で向かいます車
    車中で、ドイツ人ガイドさんが『今日は終日英語ね。大丈夫~?』ともちろん英語で。
    びっくりびっくりびっくり

      ええええ~~~!と思いカタコトで、すかさず食いつくなおころ。
     『いやいや、私は日本語のガイドホンがあるってきいてるよ~。
     だから、日本で予約するときに、同時にお願いしたはずだよ~~』
。。。

     で、ガイドさん、なんて言ったと思います???

    『いや、そう言われてもねぇ。こんなオフシーズンに来ても日本語のガイドホン
     なんてないよ~。っていうか、こんな時期に日本人はライン川来ないからね。。。
     ほら、だいたい寒い時期はあったかいとこいくっしょ~』
・・・。
    

     その後も、シーズンオフにはるばる日本からやってきて、しかも一人飛行機船仕事かばん
     ライン川クルーズに参加したジャパニーズガールに、何かと質問攻めな皆さん泣き笑い
     なんで今来たの?なんでフランクフルトに?仕事?????どなど。

     友達に会いに、とか、クリスマスマーケットが見たくて、とか、このあとミュンヘンに
     向かうなど、ドイツ一人訪問の理由から、川フェチまで一通り説明すると、分かって
     くれた様子。。泣き笑い
     そうかぁ、私はちょびっと酔狂なコトしてるみたいね。ははは泣き笑い
     ご一緒したシリア人の親子も、わたしのつたない英語を一生懸命聞いてくれて、
     話すのは緊張したけど、優しかったですOK 

     さて、本題はここから。
     この日は朝から雨雨キャンセルした人もいたようで、お客は私とシリア親子の3人。
     ライン川に向かう道中、ガイドさんが運転しながらしゃべるしゃべるスピーカ
     ドイツの人口、国民性、観光地、地理、歴史、ワールドカップ・・・。
     ピンクウサギ、Help Me~~~!!雫

     レッスンよりも、もちろんハードだったけど、聞き取れるとこだけは一生懸命
     メモりましたえんぴつ
      

     現地に着くと少しずつ晴れ間が・・・晴れ道路脇、山手には一面のブドウ畑ワイングラスきらきら


       
    resize0016.jpg resize0017.jpg
 

     リューゲスハイムというワイナリーで有名な街でランチをすませ、いよいよ
     クルーズ船に乗船です。街はクリスマスの準備が始まっていました。 

    resize0018.jpg resize0019.jpg

     大きな船が、私たち3人のために船着場に寄ってくれました。
     通常少人数ではこんな船は乗れず、小さめの船になるそうだけど、この日は他の団体客
     に紛れて、いや雫混ぜてもらって、途中から合流です。

    resize0020.jpg resize0022.jpg



     船にはたくさんの中国人の方が乗られていて、シリアの親子の風貌がめずらしかった
     のか、いきなり写真攻めにあってはりました・・・失敗カメラショックカメラ


     『も~何話してるかわかんないし、こっちの言ってることもわかってくれてない
     みたいだから・・・』
     
と、シリア親子、まさにゲンナリなご様子でした。。

     では、ここからライン川クルーズ、どうぞ~~船青ハート


       resize0023.jpg

       resize0024.jpg

       resize0025.jpg

       resize0026.jpg

      岸には古城がいくつも見えました目
      山間を抜けながら、右岸には~左岸には~とアナウンスが続きます。
      わずか60kmの間に、25以上ものお城が立ち並んでいるそうですスピーカ
      この風景が、世界遺産というのも、もちろん納得です。
     
      船の上は、マックスに寒く、背中にお腹に貼ったカイロもさほど効かず、
      すっかり冷えるなおころ雪

      さすがに中国の方々は下の階の窓付きの場所へ移動されてましたが、
      私はこの景色を一番良いところから見たいと思い、がんばりました旗ちょきちょき 

      ここは、シーズンオフであろうが、一人だろうが、寒かろうが、
      絶対来たい場所でした。
      来れて、叶って、そして自然の大きさに感動しました星

      ここからは、帰りの車の中から撮った携帯電話写真カメラ 

         061129_2340~03001.JPG 
   

         ~分厚い雲の奥には、ちゃんと晴れ間がある。~

         ライン川の空は、そんなことも教えてくれました星
    
   061129_2342~02.JPG  061129_2343~01.JPG


       061129_2343~02.JPG

      こうして、英語攻めな1日が終わりました・・・。
      生まれて初めて、日本語を聞かず、話さず1日を過ごした記念日です(笑)

      人間、思い行動力があれば、可能性は無限です。
      
      大きな広い世界を感じながら、今の自分や、今の自分のとりまく環境、
      自分の足元をみつめることができた、いい1日となりました星

                   つづく・・・四つ葉
   






Last updated  Dec 27, 2006 12:31:01 AM
コメント(4) | コメントを書く
Dec 23, 2006
カテゴリ:ドイツ。
  
  6時起床目
  昨日は時差の具合もあって、徹夜状態だったのにも関わらず、パチクリと目が覚めるびっくり  
  窓の外は真っ暗。そして雨・・・しょんぼり

  とりあえずホテルのレストランで朝食食事
  周りにはビジネスマンの人たちが多く、旅行者らしき人はちらほら。
  日本人は見当たりません・・・旗

  卵焼き係りのお兄ちゃんに、目玉焼きにしてほしいことと、目玉は一個にして欲しいことも
  なんとか伝わり、家ではまともに食べない朝食をモリモリ食べるなおころスマイル
  やる気十分ですちょき

  朝8時を過ぎてもまだ真っ暗なので、やや心配になりながらも部屋で支度。
  9時前にホテルを出たときは、やっと明るくなってました。

  11時からのツアーの前に時間があったので、ガイドマップを片手にフランクフルト市街を
  一人散策することにしました。。

 resize0001.jpg resize0008.jpg

     フランクフルトビジネスの街
      オフィス街の真ん中にも、大きな広場があって、大きな木が生えています。

         resize0007.jpg
             【ゲーテさんと銀杏の木。】

        この街で、ゲーテさんは生まれたそうで、お家もあります家
        紅葉が遅れていたおかげで、街中の銀杏がとってもキレイでしたウィンクOK
         日本みたいに、バッサリ切ったりしませんNG
        道路の落ち葉は早朝にお掃除の人がちゃんとキレイにされていました。

         resize0004.jpg
   resize0003.jpg resize0005.jpg

      ドイツは自転車人口がかなり多いです自転車

      この自転車は鉄道会社のDBが電車の切符と連携して貸し出すレンタル自転車。           
      街のいたるところで見かけます。
      なんかカッチョイイ自転車自転車オーケーので、ついついカメラ
      みなさん通勤にお使いのようです。

      歩道の半分くらいの幅が自転車専用になっていて、分からず歩くなおころは
      何度か自転車にひかれそうになりました自転車NG
          resize0002.jpg

       ぐるぐる歩いてマイン川という川沿いに出ました。
      川フェチなおころ、ウキウキどきどきハート
       これまた素敵なところですウィンク

       道行く子どもたちに【コンニチワー】と声をかけられました。
       うちの子どもたちも、遠足の時とかは全くおんなじことするなぁぁ(笑)

  resize0014.jpg resize0013.jpg   
  resize0010.jpg resize0011.jpg
      
      マイン川沿いには、美術館博物館がずらっと並んでいます星

      かなりの範囲を2時間近く歩き回って、フランクフルトの街を満喫スマイル
      小雨が降っていたけど、グレーな感じもこの街並みには退屈ではなかったなぁハート(手書き)


     街の中に溶け込む自然がほんとに心地よくて、窮屈さを全く感じないビジネスの街。
     本日メインのツアーをこの後控えているのに、すっかり満足できた朝の散策でした大笑い
         resize0009.jpg

                           つづく四つ葉
      






Last updated  Dec 25, 2006 07:21:51 PM
コメント(6) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.