015447 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

窓を開けて

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

コメント新着

 海のくまさん@ チン型取られちゃったw <small> <a href="http://onaona.mogmog…
 ボーボー侍@ 脇コキって言うねんな(爆笑) 前に言うてた奥さんな、オレのズボン脱が…
 開放感@ 最近の大学生は凄いんですね。。 竿も玉もア○ルも全部隅々まで見られてガ…
 通な俺@ 愛 液ごちそうたまでしたw <small> <a href="http://hiru.kamerock…
 地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…
幸せの基準は人それぞれ。

生活の中の小さな幸せを一緒にさがしましょう。
2005年09月07日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
久しぶりにボーリングをした。次女の子供会の行事でして以来だから、かれこれ 10年以上になるかもしれない。
私が中学生の頃は、第一次ボーリングブームだった。「りつこさん、りつこさん、さわやかりつこさん」という文字を見て、すぐにあるCMのメロディーが頭に浮かぶ人は、私と世代を同じにしている人である。

その頃は、私の母親世代の女性達が昼間の時間帯に「お得なプレー代」でボーリングを楽しんでいた。私の自宅から歩いて10分の叔母の家の近くにはボーリング場があり、叔母の家に遊びに行くと、よくその日のゲームの話など聞かされたものだ。

その頃の私は画期的なスコア記録を持っている。「8」だ。その時は父と行ったのだが、一生懸命に投げれば投げるほど、ボールは最後の瞬間に大きなカーブを描いてガーターになるか、かろうじて一本倒して溝に落ちる・・という構図だった。

「お金をドブに捨てたようなものだ」と父が言ったセリフが妙に腑に落ちてみんなで笑ってしまった。

さて、この間のボーリングだが、スコアこそ100ちょいと、その頃に比べたら格段の?進歩だったが、私は握力がなく、軽いボールしか投げられないせいもあるが「ごろごろ」と音をたてながらハエでもとまりそうなスピードでころがっていきピンも「かたかたかた」とスローモーションでもかけたような感じで倒れていきなんとも「爽快感」とは程遠い。

力のある男性であれば快音を響かせてストライク!と爽快なのに。

で、悔しくて、思いっきり投げると、昔のようにスピンがかかってはなはだ結果がよろしくない。

非力でも素直にまっすぐポトンと投げたほうが、かっこ悪くても確実にピンを倒すことができるのだ。

私はその爽快感のないボーリングをしながら、なんとも自分の人生のようだと思いを馳せてしまった。力まないでそっと素直に投げたほうが、力一杯やったときよりうまくいく・・これは私が自分の経験から学んでいる、私自身の生き方なのだ。これがいいかどうかは分からない。でも、自分はそうしているという自覚がある。

とても無理と思えるような目標を高くかかげ、傍目にはじたばたあえいでいるように見えていても、ちゃんとその目標をクリアする人もいる。しかし、私はいつも低めの目標を目の前に置いて、それをゆっくり確実にクリアし、多くをのぞまない。

傍目には「前向きではない」「リスクをおかすことをいつもさけている」と評価されることもある。

でも、私はこの「ボーリングのやり方」が気に入っている。目の前にある、レーンの小さな三角をめざして、そっとボールを投げる。遠くのピンを豪快に倒す絵は描かずに。






最終更新日  2005年09月07日 21時23分15秒
コメント(72) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.