1722622 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 Kとワタシのwaltzな毎日

PR

2008.10.13
XML
カテゴリ:ツーリング
500キロ超のビーナスラインツーの疲れはたっぷり残ってて、
しかも1時間あるかないかだった睡眠時間も
ちっともチャージできた気はしていない。

でも。
曇りのち一時雨の予報に反して朝からピーカンなんだもの。
野暮用を片付けた午後から、九十九里へちょいと。

東金から九十九里へ向かって延びる片側一車線の有料道路
“東金九十九里道路”は、四方にスコーンと抜けた視界が美しい。
決して古い道じゃなさそうなのに、
でこぼことしたアスファルトだけがとても残念。

ペコペコのお腹を抱えて立ち寄ったふく娘”という定食屋。
店内は日焼けした肌に短パンTシャツのサーファー風情と
爪楊枝をシーシーやってる赤銅色のオヤジさんたちが占拠。
メット片手の革ジャンに注がれる無遠慮な視線を背中に浴びつつ
にんにくが効いたかつおの漬け丼の遅いお昼をいただく。


給油で立ち寄った30号沿いのスタンドのおばさん。
「今日は餅投げがあるのよぉ」と、
ガソリンを入れながらいきなりの問わず語り。
最近滅多にないから楽しみなの…と。

みたことがないからわからないけれど、
つきたてのお餅がただでいただけることは間違いなさそうで
ちょっとうらやましい。
しかも今ならきっと餅米は新米だ。

帰りはところどころに埴輪が並ぶ、柴山はにわ道で
松尾横芝から帰途へ。
途中の道の駅オライはすぬまで小倉アイスを。
オライはすぬまの小倉アイス
耳慣れない“オライ”とは、
地元の言葉で「我が家」の意味なのだとか。
千葉のおいしいお米や地産品が魅力的。


昨日中央道でも遭わなかった京葉道路の渋滞をぶんぶんすり抜けて
夕日を浴びながら帰宅。

にぎわいが去った秋の海っぺりもなかなかいいけれど
内房もまだまだおもしろい道がありそう。
金木犀が香る里山は通行量がひどく少なくて
もったいないくらい気持ちよく走れる。

秋冬はあったかな房総がよろしいかと。

本日の走行距離:173km







Last updated  2008.10.13 22:57:17
コメント(10) | コメントを書く
[ツーリング] カテゴリの最新記事

Recent Posts

Comments

 ぐるじあ@ Re:LOFTの店員にブチ切れる(01/06) いや、誰がどうみても貴方がキレやすい方…
 くまごろー@ Re:違反者講習受講レポ(11/24) 今日免許の更新に幕張に行って遭遇しまし…
 なおネィ@ Re[1]:紫陽花と西瓜の週末(06/04) 94XJR1200さん どもどもー。 …
 94XJR1200@ Re:紫陽花と西瓜の週末(06/04) 2012年もあっという間にもう紫陽花の…
 なおネィ@ Re:クリスマスイブ...(06/04) NAGOYA BANBUさん >すっごいいいじゃな…

Calendar

Archives

・2019.08
・2019.07
・2019.06
・2019.05
・2019.04

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.