1603829 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

 Kとワタシのwaltzな毎日

PR

2008.11.12
XML
カテゴリ:バイク
小学生の頃から、たこ焼きのお使いを頼まれたのに
たい焼きを買って帰ってしまうような子だったけれど、
今日はまた、生け簀に入ったカニをみて「エビ」と言ってしまった。

入浴とお洗濯を同時にするとき、
着替え用の下着と、それまで身につけていた下着をよく取り間違えて、
結果的にどちらもお洗濯するハメになることも多い。

ボケ期の足音が聞こえてきそうな気がするのは、
悲観的に過ぎるだろうか。

ただ、このようなウッカリボケは
幼少期のたこ焼き事件でもわかるように、今に始まったことじゃない。

また、ボケのバリエーションは「ウッカリ系」に留まらず、
モノとその名前の組合せがクリアに認識できないという、
もはやボケという言葉では括ることのできない低脳な一面も
持ち合わせている。

恥ずかしながら、その一例を挙げるとすると
30代の半ばごろまでは、「つくね」と「つみれ」が
咄嗟に判断つかなかった。
「お肉がつくねで、お魚がつみれだから、えっとコレは…」と、
日本文をアタマの中で一旦英文に置き換えてからでないと、
英会話ができないのと同じように、
たかがつくねやつみれ如きを、慎重にならなくちゃ言えなかった。

でも当時の私の上司は、
ランキング的にギリギリ片手あたりを競りあう
中堅広告代理店の部長だったにもかかわらず、
「マユ毛」と「マツ毛」をよく言い間違える人だった。
それなら「つくね」と「つみれ」を間違えてるほうが
なんぼかマシだと思ったことが
根拠のない自信をますます助長することになり、
もろもろを敢えて矯正することもせず
自分なりに放置してた。

今は人並みに瞬時に言い分けられる。

人間、30過ぎても成長するらしい。

その証拠に、40過ぎでバイクに乗れるようになった。
VIVA!人間!

ただ、言葉を間違って覚えているのに、
堂々たる自信をもって使い回すことは未だ頻繁にあって、
「うろ覚え」は「うる覚え」と言っていたし書いてたし、
「赤口(しゃっこう)」は「せきぐち」と読んでいた。
「散弾銃」は弾が三段階に別れて出る銃、「三段銃」だと思ってたし、
「台風一過」は、風や雨がファミリーのようにまとまってやってくる
「台風一家」だと信じて疑わなかった。

このネタについてはあまりに多くて今日のところは
このあたりで割愛だ。




さて、最後にお知らせをひとつ。

今年はバイクブロガーさんたちと楽しむツーリングに
何度か参加させていただいて、
挙げ句に帰省ツーの折りにはお見送りまでしていただいて。

しかしながら、
寄る寒さにはマスツーも限度がありましょうということで
今季最後となるツーリングを房総を舞台に開催!ということに。

天性の気配り兄ぃP○さんご発声の元、心優しきスポスタ大将ら○さん
夢見るロケンローライダーh○さん&なおニン(も?)の
房総ロコトリオが仕切ったり口だけ出したりお任せしたりしながら、
お魚系ランチとオチャを楽しみながらつるべ落としの夕暮れ前に
サクっと解散する'08ラストラン。

開催は来る三連休ど真ん中の11月23日(日)。
勤労感謝の日だもの。
首を賭けてでも休む気満々だ。

例によって老若男女ウェルカム系ツーであるからして、
ご参加希望の方はこのブログの左ソデ「メッセージを送る」から
コメントを。
まだお目に掛かれていない方々もぜひご参加いただければ、と。
詳細は追って、ということで。

なお、直前のキャセル、土壇場参加も基本OKだけれど、
それなりの定員はあるので、ご興味のある方は一旦ご連絡
いただくのがよろしいかと。

ちなみに。
もちろんなおニンは気温5℃を切らない限り
真冬もブンブン走るわけだが。。。






Last updated  2008.11.12 18:05:42
コメント(14) | コメントを書く

Recent Posts

Comments

 くまごろー@ Re:違反者講習受講レポ(11/24) 今日免許の更新に幕張に行って遭遇しまし…
 なおネィ@ Re[1]:紫陽花と西瓜の週末(06/04) 94XJR1200さん どもどもー。 …
 94XJR1200@ Re:紫陽花と西瓜の週末(06/04) 2012年もあっという間にもう紫陽花の…
 なおネィ@ Re:クリスマスイブ...(06/04) NAGOYA BANBUさん >すっごいいいじゃな…
 NAGOYA BANBU@ クリスマスイブ... すっごいいいじゃないですか? 楽しんで…

Calendar

Archives

・2017.11
・2017.10
・2017.09
・2017.08
・2017.07

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.