1758478 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 Kとワタシのwaltzな毎日

PR

2010.01.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
人生、間違いなくもう半分を過ぎて生きてきて、
すでに何人かの人と早すぎる別れを経験してきた。

またいつか逢おうと約束してた人、
いつでも逢えると思ってた人。
そんな人たちであればあるほど、
別れはあまりに唐突で、現実味なんかまったくなくて
二度と会えないとうことが、いつまで経っても実感できない。



バイクブロガーの方寸さんとの最初のコンタクトがいつだったのか
今となっては記憶もブログも辿れないけれど、
初めてのオフツーへ出掛けたのはまだSRのマチルダに乗っている頃。

その後、冷川の「峠の茶屋」に初めて一緒に行ったころには、
本名を知ったのでトクさんと呼ぶようになっていて、
実はその日は行きの西湘バイパスでSRのマチルダの
エキパイが脱落するという
前代未聞なアクシデントがあったんだけれど、
トクさんの応急処置で事なきを得たりした。

WOOのバージンツーに付き合ってくれたのもトクさんで、
満さんと倉田さんの仕事でモデル役を務めながらの山梨ツーへも一緒に出掛けたし、
歴史に残るコーナー自爆ゴケをしたお泊まりツーのときも、
直後に合流したトクさんは心底心配してくれた。


その他にも、帰りの東名でピンポイント集中豪雨に遭ったり、
わざわざ船橋の忘年会に馳せ参じてくれたり、
オンでもオフでもバイクを通じた仲良しさんだった。

2年ほど前から、訳あって疎遠になってからは、
時折ブログを覗きにいって、
名古屋へ転勤しちゃったんだとか、
自転車にも乗り始めたんだとか、
胃の具合が悪そうだななんてことくらいは知っていたんだけど。

11月の終わりのトクさんのお誕生日に送ったメールに返信がなくて、
本格的に体調が悪化したのかと思ってはいたのだけれど。






今日、トクさんの訃報が届いた。


前日まで走っていたことが、
お兄さんがアップした最後の記事でわかる。

転けてもなにしてもへっちゃらだったトクさんが、
突然心臓が止まって逝ってしまうなんて、
しかも亡くなったのは昨年11月の、
お誕生日の数日前だったなんて。

メールの返事なんか、来るはずもなかったなんて。



伝えたかったこと、
したかったこと、あったのに。

いつかそっちにいったら
また一緒に走ってくれるよね。

それまで、ばいばいトクさん。

このままずっと残していただきたいトクさんのブログはこちら






Last updated  2010.01.18 19:21:35
コメント(10) | コメントを書く


Recent Posts

Comments

 ぐるじあ@ Re:LOFTの店員にブチ切れる(01/06) いや、誰がどうみても貴方がキレやすい方…
 くまごろー@ Re:違反者講習受講レポ(11/24) 今日免許の更新に幕張に行って遭遇しまし…
 なおネィ@ Re[1]:紫陽花と西瓜の週末(06/04) 94XJR1200さん どもどもー。 …
 94XJR1200@ Re:紫陽花と西瓜の週末(06/04) 2012年もあっという間にもう紫陽花の…
 なおネィ@ Re:クリスマスイブ...(06/04) NAGOYA BANBUさん >すっごいいいじゃな…

Calendar

Archives

・2020.02
・2020.01
・2019.12
・2019.11
・2019.10

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.