000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

A flower of sorrow

A flower of sorrow

全7件 (7件中 1-7件目)

1

ベトナム・カンボジア旅行記

2007.08.04
XML
最終日は全くのフリー。
地図の読めない女の私は、地図インプット大得意ののりたろす氏が頼り。
雑貨屋さんをひたすら巡りました。
ホーチミンに比べて「安~い」というものは少ないけど、センスの良いおしゃれな感じ。
結局一番たくさん買ったお店は、2件ともオーナーorオーナの奥さんが日本人でした。
日本人好みのテイストが分かってらっしゃる~。

夕方ホテルでシャワーを浴びてから、エステへ。
私は全身のアロママッサージをしてもらいました。
リゾートのエステという雰囲気ではないし、施術中も「あ~極楽」という程ではなかったけど、
終わってみれば、アンコールワット以来の強烈筋肉痛が和らいだし、サンダルがゆるくなるほど
足のむくみも取れていて、満足オーケーこれで75分35ドルはお安いです。

空港で最後のフォーを食べて(食べ過ぎ)1週間の旅も終わり。
長かったようで、終わってみればあっという間の楽しい旅でした。

旅の後半になると、写真を撮るエネルギーがなくなってきて、ハノイらしい写真がない・・雫
DSCF2987.jpg  ハノイ大教会






Last updated  2007.08.08 21:36:08
コメント(0) | コメントを書く


2007.08.03
ハノイ1日目は、オプショナルツアーで世界遺産のハロン湾へ。
片道3時間を、クラクションとパッシングの嵐の超ハイスピード運転で向かいましたショック怖っ。

この日は他に女子2人組が2組。私たちも含め6人+ガイドさん。
たった7人で、40人定員の船を貸し切りびっくり
乗客が少ないからと、すぐフライトをキャンセルしてトラブルを引き起こすベトナム航空は
このクルーズを見習うべきだと思うね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
途中鍾乳洞を見学したり、クルーズしながらお昼を食べたり。
船の上は、風が気持ちいい~スマイル
ハロン湾で生活する人たちの、水上生活村も見られました。
DSCF2986.jpg
綺麗な景色だったけど、短時間のクルーズで、遠くの有名な奇岩は見られなかったせいもあって
私的には「紀の勝浦めぐり」には負けていたかも(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ

夜は、ホーチミンに続いて「フォー24」でフォーを食べました。やっぱフォーうまいオーケー






Last updated  2007.08.08 21:18:46
コメント(0) | コメントを書く
2007.08.02
今日は午前中「バンテアイスレイ」という遺跡を見学。

片道1時間くらいかかるのだけど、その道中も楽しかったです。
ひとつは、地元の人たちの生活風景が見られたこと。
カンボジアは農業の国だそうで、雨季の今はちょうど田植えをしていました。
田んぼを耕す牛さんは、働き過ぎで骨ホネで痩せていて、食べてもおいしくないとか。
高床式の家で、ハンモックで寝ると涼しいとか・・。

もうひとつは、そういうカンボジアの人たちの生活の様子をガイドさんから聞けたこと。
面白かったのは、公務員のアルバイトの話。
公務員のお給料は1万円位で、1ヶ月の食費くらいにしかならないそう。
だからみんなアルバイトをするんだそうです。
警察官は、信号のそばで見張っていて、信号無視した人から罰金を徴収。
でもそれを国に治めないで、自分のポケットに入れてお小遣い稼ぎ。
それは、アルバイトじゃなくて、横領じゃないのか!?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
しかも信号は町の中心に少しあるだけだから、田舎の人は信号の意味を知らないので、
みんな無視というか、気にしていないのだそう。アコギだなぁ(苦笑)
学校の先生は、学校の休み時間に生徒にアメやお菓子を売ってお小遣い稼ぎ。
しかも、生徒が買ってくれないと「私の生徒なのになぜ買わない?悪い生徒ね」と
逆ギレするらしい(笑)子どもからお金取るって、同業者としてはどうなの~?って感じ。

肝心のバンテアイスレイは、昨日見た遺跡に比べるとこぢんまり。
でも彫刻の素晴らしさは、昨日以上。
東洋のモナリザと呼ばれる女神像や、シバ神にまつわる話を描いたレリーフなど。
5日目.JPG
左:東洋のモナリザ。彫刻が傷まないように、遠くからしか見られない。
右:手と頭がいっぱいある鬼が大地を揺らしているのから、奥さんを抱いて守っているシバ神。

こんな細かい彫刻を施すのもすごいけど、これが残っているのもすごいね。

午後は何もないので、買い物したりホテルのラウンジでお茶飲んでのんびり。
ホテルブレンドのウーロン茶が、とっても甘いいい香りがしておいしかった~。

夕方空港へ向かい、ハノイへ。
セキュリティーチェックで、手荷物に虫除けスプレーを入れたままにしていたのを忘れてて
没収されました(; ̄ー ̄川 アセアセ ごめんなさい。
ハノイへは夜中の到着でした。






Last updated  2007.08.08 21:07:04
コメント(0) | コメントを書く
2007.08.01
まずは、朝5:15集合でアンコールワット日の出鑑賞へ。
4:30にモーニングコールしてくれるというのを、すっかり当てにしていたのに、
電話がなって時計を見ると5:15!びっくり
ホテルの人が忘れたそうです・・・や~ね~。

雨季だから日の出は見られないかも、と言われながらも着いてみると・・・
DSCF2912.jpg
この時期としては最高の朝焼けバックのアンコールワットを拝めましたちょき

一旦ホテルへ戻って朝食を済ませ、再び遺跡巡り。
アンコールトム遺跡で、南大門・バイヨン・ライ王のテラス・象のテラスなどを見学。
暑いけど、青空にそびえる塔が映えます。彫刻も本当に見事。昔の人ってすごいわ。
4日目.JPG
左:象の背中から見た南大門 右:バイヨン

他にも、ガジュマルの木に浸食されたタプロム遺跡も見ました。

お昼の後またホテルに帰って、休憩。一番暑い時間は観光せずお昼寝タイムになってます。

午後は再びアンコールワットへ。
おなじみのトウモロコシみたいな尖塔・回廊のレリーフを見ました。
尖塔は、ものすごい斜度の階段を上り下りして、中からも鑑賞。
この階段がものすごく怖い!泣き笑い一気に筋肉痛になりました。
回廊のレリーフには、それぞれまつわるエピソードがあり、どれも見事。画像で見えるかな?
4日目2.JPG
左:おなじみの風景 中:恐ろしい階段 右:レリーフ。上段が天国・中段が現世・下段が地獄を表現

最後に少し離れた山に登って、夕景のアンコールワットを鑑賞。
超たくさん歩いて汗だくになった遺跡巡り。でも来て良かった~という感じでした。
あ、晩ご飯にアプサラダンスも見たけど・・まぁまぁか?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!






Last updated  2007.08.06 20:55:09
コメント(2) | コメントを書く
2007.07.31
チェンさんに空港へ送ってもらって、ホーチミンシティともお別れ。
空港では、ベトナム航空の対応の悪さにちょっとあきれ気味わからん
この旅行中、ベトナム航空のいい加減さをあちこちで見聞きしたのでした(笑)

カンボジア・シェムリアップ空港へは1時間ほどで到着。
いきなり暑~い。陽射しがギラギラ晴れ
ホテルで1回目のスコールをやりすごしてから、近くのオールドマーケット近辺へ。
ツアーについていたカフェの無料券を使って、これからの予定を考えていると、
2回目のスコールが・・雨
あまりに長時間だったので、観光は諦めてご飯を食べに戻ろうとすると・・
道路が大洪水に!ショック
DSCF2908.jpg
この写真はまだマシな方で、他の所はふくらはぎの辺まで水が・・。
スカートまくりながら、必死の思いでご飯にありつき、ホテルへ帰ったのでした。
恐るべしスコール・・。






Last updated  2007.08.06 19:27:26
コメント(0) | コメントを書く
2007.07.30
朝からガイドのチェンさんと一緒に、市内観光へ。
いくつかの雑貨屋さん・昼の大教会&郵便局・アイスクリーム休憩・シクロ体験・市場観光のコース。

人気の雑貨屋さんでは、安くて可愛い刺繍バッグやお箸などに目を引かれたけど、
何も買わず( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
移動中は、バイクの洪水にひかれないように注意。
バイクは決して止まってはくれないけど、ゆっくり渡れば勝手に避けてくれる。
だから走ると却って危ないんだけど、これがまた怖いのよねぇ。
暑いし、バイクに気を遣って歩くから、途中で食べたアイスクリームがおいしかったわスマイル
2日目.JPG
シクロに乗って気持ちよく市場に着いたけど、蒸し暑さと売り子さん達の「おねーさん」攻撃に
耐えられず早々に退散。
お昼は今回の旅行での「初フォー」。汗だくになったけど、うまかった~オーケー
お昼を終えて帰る途中、ものすごいスコールに襲われてビックリ。私が雨女か?
スコールをホテルでやり過ごして、午後はまた雑貨やさん巡り&夕食。
よく歩いた1日&よく食べた1日でした。






Last updated  2007.08.06 19:15:48
コメント(0) | コメントを書く
2007.07.29
成田から約6時間で、ホーチミンシティに到着です。

まず驚いたのは、噂に聞いていた以上のバイク・車の運転のすごさ。
クラクション鳴らされてもお構いなし、信号はほとんどなし、あっても無視(笑)
ソウルの車の荒さもビビッたけど、バイクが多い分ますます怖いショック
しかも旅の間中、どこへ行ってもこの恐怖に怯え続けるのであった・・。

ホテルで一休みした後は、早速オプショナルツアーへ。
夜の人民庁舎・大教会・郵便局を写真に撮ってから、サイゴン川ディナークルーズへ。
1日目.JPG
ちなみに、お魚の船は私たちが乗ったのじゃありませんあっかんべー
ベトナム入りして初の食事でおいしかったけど、クルーズ中のため虫が多くて残念しょんぼり






Last updated  2007.08.06 18:59:43
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


© Rakuten Group, Inc.