173629 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

素敵な未来を引き寄せるキネシオロジー  「lumoの部屋」

2009.03.16

 
XML
カテゴリ:キネシオロジー
小学3年の息子が

「クロネコタロウの屋台屋本舗」 を家でめいっぱい遊びつくし、

今回、東京からインストラクターのマッキーを招いて開催した中級編のTG-Eにどうしても参加したいと言い続けていました。


猫黒猫タロウの屋台屋本舗はこんなゲームです↓
http://www.soshin.cc/tarou01.htm

おとめ座講師のマッキー http://plaza.rakuten.co.jp/Mercylove/diary/


彼のお年玉から参加費(お子ちゃま価格、ありがとう!)を出すというので特別にお願いして
なんと2日間、ひとり大人にまじって参加しました。



彼が経営ゲームに参加したくなったきっかけの
「クロネコタロウ」という経営ゲームは、
家族で楽しめるので、本当におすすめのゲームです。



このクロネコタロウは売れ行きがサイコロの目によって決まり、
ひたすらその目をインスピレーションで感じて、
材料を仕入れる、、、と

大人たちは考えていました。


ですが、、、


小学3年の息子のやり方はまったく違う!!!

何度かするなかで彼なりに、仕入れについて法則を考えついて、
その法則で経営すると景気(運)に左右されず、
倒産しないんです。

そして、常に資本金の5倍を超えて終了します。

ドン引きの不景気が連続しても、
倒産しないで経営しつづけるだけでなく、

ドン引きの不景気のなかでも
利益を出し続けるというのは
ほんとに難しいんですよね。





今回のTG-Eはどうたったかというと、、、。

ゲームはもちろんのこと、
決算などの集計もひとりでこなし、
よっぽど楽しかったんでしょうね、
まったく飽きることなくいっちばん、
ワクワク参加してました。




一日目の彼の経営は大人たちが、
のきなみ資本金を割っている中、
ある法則で経営し、

儲けをだして大喜び!!!


儲けた分はお小遣いとしてもらえたので、
ずっと家でもお金をにぎりしめていました。笑


そして、一緒にコンビニにいったところ、
棒付きキャンディのような「犬のおやつ」を
そのもうけたお金で買って
うれしそうにラッキーにあげていました。


また、ラッキーのおやつを買ってあげるんだ!!と

二日目も勇んでいどんでいたのですが、

その法則はみごとにうまくいかない状態に。。。


おかげで、彼はまた法則を考えることになりました。


最後に参加した全員で
この2日間で気づいたことを「シェア」したのですが、

彼もたくさんの気付きをシェアしていました。


みんなで協力する!!!

その大切さにこのゲームをとおして一番気付いたこととして
シェアしていました。


ほんとそのとおりで、
黒猫タロウは「自分」ひとりの采配のみで経営をするのですが、
このTGは、チームプレー。


彼はまんべんなく市場をよみとり、
自分のためだけじゃなくて
他の人のためになるように
経営していたのでした。

それがひいてはまた自分のためでもあったり。。。

そういうことに「自然」に気づけるのが

このTG-Eなんです。


ほんと、ただのゲームじゃないところが
すご~~~~~い!!!


そして、

講師のマッキーも
参加者に気付きをうながすカウンセリングがとってもすばらしかったです。




核家族で子育てをしている私としては、子どもが
家族以外の大人と話したり、聞いたり、一緒に何かをしたり、、、という経験が
本当に貴重でありがたいと思ってます。


もっともっとさせてみると、
また新しい気付きがあるんでしょうねえ。


続きます~~







最終更新日  2009.03.16 15:45:28
コメント(2) | コメントを書く

PR

カレンダー

フリーページ

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

バレエ鑑賞 New! Naoさんさん

なぜ子どもと一緒に… New! 半熟卵さん

姿勢が良い人はミト… まさき@エネポートさん

ママがHAPPYな… ☆roco@愛と光を送ります☆さん
愛楽な日々 ☆さゆりおん☆さん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.