2186623 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

なりぽん@厭離庵

PR

Profile


Naripon

Favorite Blog

小林千絵BLOG 小林千絵さん

Rakuten Card

Comments

Naripon@ Re:ありがとうございました。(06/05) -----銀座大好き!さん 各国で色々と物議…

Freepage List

2005.08.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
野球はツーアウトからとはよく言われることだが、まさにその通りだった。
ヤンキースは2点先制していたが、バラハスひとりにタイムリーのシングル、ツーランHRを浴び、
5回の表を終って、2-3と逆転されていた。

5回の裏も、ジーター、カノーがあっさり倒れツーアウト。
しかし、そこから、シェフ、エー・ロッドが歩き、バッターは松井。

あとアウトひとつで、勝利投手の権利を得るベノワからシャウスにスイッチ。
所謂‘非情の采配’というやつだ。
これも、チームが6連敗中ならではの監督の決断だったのだろう。

左のサイドスローのシャウスは、前の試合でも、松井とジオンビのふたりと対戦して、
三振を奪っている。
特に、松井に対しては完璧で、思いっきり体勢を崩しての空振りの三振だった。

実際、このふたりの過去の対決はなんと松井の10タコだったのだ。

今日の松井も、見逃し、ファウルでいきなり2ストライクと追い込まれる。
ところが、3球目を叩くと、ボールは遥か彼方ライト方向へ。

松井も、走らずに体をひねりながら、ボールの行方を追う。
MLB.tvの画面では、実際ボールが何処へいったのか、まったくわからなかった。

実況も、滞空時間の長い、きわどい当たりに慎重だ。

でぃーぷ・と・らいとふぃーるど
ふぇあ いっつ・ごーん

へい、へい
ごーーん!
せいやぁ!!

すりーらん・ほーむらん
ひっと・とぅ・ぢ・あっぱーでっき
ふぉあ・ひできまつい
やんきーす・りーど・ふぁいぶ・とぅ・すりー

おぉ!ふぉわった・あ・しょっと!



         
キタキタキタ━━━ヽ( ゚∀゚)ノ━━━ !!
                       ゚ヾ
                         *
                         :*:
                         *・
                         *・゚
                      ,.:.'

 カキ────ン!!
         ∧_∧    ,,_
    \从丿 (   ´)_ /O)
    <∴> 彡55二⊃'' ̄
     /W\  ノ __ \_
 ,,,,,,,,,,, ,,,  (⌒丿 (__)


カメラはベンチの監督を映すが、これは仕方ないだろう。

何しろ、試合後のトーリでさえ

‘松井がシャウスに10タコなのは知っていたよ、ただ代打を出す事は考えなかった’

と真顔で答えたらしいから・・・。
(逆言うと、チョッとは考えたってこと?)

因みに、松井の打率は、対右投手が0.282、対左投手が0.343だよ。
左を苦にしないのではなく、右を苦にし、左を‘カモ’にしている。

現地の実況も騒いでいたが、松井には単純に左Pをぶつけるのは意味が無いのでは・・・
まあ、松井支持者としては、左歓迎ということになるが・・・

松井の一発を浴びたシャウスは一挙に混乱し、ワイルドピッチを含め、更に2失点。

この頃、松井のさっきの当たりで‘天空に穴が開いた’せいか、
スタジアムに流れたゴジラの雄叫びに‘雷さまが敵対心を抱いた’せいか、
雷雨に見舞われ中断。

5回裏、ヤンキースの攻撃中、アウトカウントは2だ。
試合の成立の要件を、5回の表・裏が終了だと思っている人は多い。
だとすると、もし、このまま雨で試合中止になったら、松井のHRは幻?

実は、NHKの実況も間違えていた。

ホームチームがリードしているのだから、5回表が終った段階で、試合はオフィシャルになる。

66分の中断後再開。
ウォーマックは1時間以上かけての三振(笑)

中断が長かったので、シャコンは降板し、なんとエンブリーが登場。
いきなり、ダブルを喰らう。

4点差ってのは、最も鬼門の点差だ。
エンブリーがチャコンの勝ちを消すお膳立てかよ、ったくつかえねぇーな。

まあ、そこはスターツが抑え、攻撃面では、これぞ、帳尻エー・ロッドのツーランHRも飛び出し、
流石に楽勝ムード。
(エー・ロッドは第1打席のタイムリーが良かったな)

途中再び、20分の中断があったが、ヤンキースが勝利し4連戦でスイープを達成した。

先発のチャコンも今までの先発3試合、6イニング以上を2失点以下に抑えながら、
0勝1敗の悲運。

その悲運の男に、1勝目をプレゼントしたのも松井だ。

今日は、中断中を利用して、他の試合も‘呪い’に行った。

その甲斐あってか‘靴下合戦’は白が5-2とリード。
但し、4回表に雨のため中断し、結局はノー・ゲーム。
クラブハウスで、ラミレスがオルティーズと一緒に、
ドミニカに伝わる‘雨乞いの祈り’をしていたと言う噂もあった(笑)

アスレチックスはツインズに1-2で負け。
マリナーズ頑張ったものの、結局は1点差でエンジェルズを倒せず。

そうそう、順位争いとは関係ないが、途中でメッツのペドロがno-noを達成中と公式でみて、
早速観戦。

いきなり、3塁打とHRを喰らって、no-noどころか負け投手に・・・。
メッツの最後の攻撃、ランナー一人を置いて、代打でカズヲ登場もKで救えず。


ところで、一昨日の日記にも書いたけど、NHKが録画放送の時って、
松井の活躍確率が高いと思う。

それにしても、松井のインタヴューの2大キーワードは‘甘い’‘ラッキー’
今日も、しっかり使っていましたな。

あの陳腐さが、好感度たか~~~~~~~い(笑)

Matsui-2005-08-14-19HR

(逆転3ランHRを放った松井を‘オレヨリメダツナヨ’と、苦々しく迎えるエー・ロッド








Last updated  2005.08.15 21:33:04
コメント(10) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.