000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ナルニア国物語 -The Chronicles of Narnia / Harry Potter-

PR

Calendar

Recent Posts

Comments

 どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
 ボーボー侍@ 脇コキって言うねんな(爆笑) 前に言うてた奥さんな、オレのズボン脱が…

Freepage List

全4件 (4件中 1-4件目)

1

Chronicles of Narnia

May 25, 2006
XML
カテゴリ:Chronicles of Narnia


『ナルニア国物語』シリーズの続編、『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子のつのぶえ』が、公開を6ヶ月先送りされることになりました。

当初、2007年12月に予定されていた公開は、2008年の夏へと持ち越されることになりました。ディズニー側は、2007年12月にコロンビア社が新作ファンタジー『ザ・ウォーター・ハウス』(原題)の公開を予定していることを知り、公開スケジュール延期を決めたようです。






Last updated  May 25, 2006 10:50:08 AM
コメント(2) | コメントを書く

May 9, 2006
カテゴリ:Chronicles of Narnia


ニューヨークでMTVに出演中のウィリアム・モーズリー

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』でペベンシー家の長男として活躍するウィリアム・モーズリーです。現在18歳の彼は華奢な体とさわやかな笑顔。そして優しさあふれる立ち振る舞いと「王子さま的要素」満載のニューヒーローなのです。は『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』では剣を持って勇敢に戦う姿が王子さまそのものです。




            

 今年のマフラーはこの巻き方で!                          彼はこの何か言いたげな表情、よくするんです。
 カジュアルなスタイルが多いウィリアムですが、結構なオシャレさんです。   母性本能をくすぐります。


▼自分のスタントは自分でやらせて!

ピーターを演じたウイリアム・モーズリーが、剣や乗馬のトレーニングについて語った。

「まずキックボクシングを習って、その動きを剣さばきに取り入れたんだ。剣は腕の延長だと思うように指導されたよ。

乗馬の練習も7か月半やって、鎧を着た状態で、くらをつけていない馬に乗れるようになったんだ。剣と盾も持ってだよ」と興奮気味に語った。そんな頑張り屋のウィリアムのスタントマンは、撮影中はヒマだったようだ。

「自分のスタントは自分でやりたかったんだ。他の人にやってもらうなんてイヤだよ。だからプロデューサーのマーク・ジョンソンに、お願いだからやらせて!と常に言っていたんだ」とウィリアム。

毎回お願いをするウィリアムに対し、「やってもいいが、落ちないこと!」がジョンソンの口癖になってしまったそうだ。


▼ベテランの共演者と監督

ウィリアムが、ティルダ・スウィントンなどのベテラン俳優たちとの共演について語った。「ティルダはものすごいオーラを持っているんだ。素のままでセットに現れても、エネルギーがすごく感じられる人で目が離せなかったよ」とウィリアム。

また、フォーンのタムナスさんを演じたマカヴォイについては、「ジェイムズはメイクや歩き方など一番大変だったと思う。

すごい俳優で、本番では演技をしているとは思えないほど自然なんだ。一緒のシーンが少なかったのが残念」という。また、アダムソン監督については、それぞれの子供の演技の仕方を理解してくれ、きちんとできるまで何度も撮り直しをしてくれた“忍耐強い完ぺき主義者”だと語った。



         

         アイドルの条件のひとつ、笑顔がすてき!          なんと笑顔のバリエーションも豊富です。
         歯がきれい!                            これははにかみ笑顔。


▼セットのすごさにビックリ

ピーター役のウィリアム・モーズリーは、撮影セットのスケールの大きさに驚きを隠せなかったという。

「この映画が大プロジェクトであることは知っていたけど、あそこまですごいとは思っていなかったんだ」と語る。

川の流れにのみ込まれてしまうシーンは、3トンの水が波のように押し寄せてくるセットで撮影されたそうだ。

「2メートル近い波が襲ってくるんだけど、何テイクもやってすごかったよ。年下のスキャンダーとジョージーがいたから勇気を振り絞って立ち向かったんだ」と思い出を振り返った。

 
▼ウィリアム、『ロード・オブ・ザ・リング』にダメ出し?

CGで追加されるキャラクターとの演技について聞かれたウィリアムは、すっかりベテランの受け答えをしている。

「ここにキャラクターがいるというマーカーを相手に怖がったりするのは大変だったけど、自分が想像するアスランやビーバー、オオカミを頭に思い浮かべたんだ。この間『ロード・オブ・ザ・リング』を見ていたら、俳優がマーカーを相手に演技しているのがわかったんだ。

目が一点から動かなかった。でも、人間は誰かを見ていると常に目は動くものだとアダムソン監督が教えてくれたから、僕もそうしたんだ」と語った。



ウイリアム・モーズリー プロフィール

1987年9月19日生まれ イギリス・グロスターシャー出身

11歳のときスカウトされ、芸能界デビュー。

テレビ映画「グッドバイ・ミスター・チップス」。

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』では主演のひとりピーター・ペベンシーという大役に抜擢され、見事その務めを果たす。
  MTVに出演中のウィリアム。大勢の人の前でも堂々としています。






Last updated  May 9, 2006 12:22:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 8, 2006
カテゴリ:Chronicles of Narnia

世界中で大ヒットを記録し、日本での公開も目前に迫った「ナルニア国物語」の続編製作が正式決定した。

「ライオンと魔女」に続いて作られるのは、全7巻の原作のうち2作目となる「カスピアン王子のつのぶえ」で、アンドリュー・アダムソン監督以下、脚本のクリストファー・マルクス&スティーブン・マクフィーリーが続投、主役の子供たち4人も復帰する。

C・S・ルイス原作の「ナルニア国物語」の第1巻「ライオンと魔女」の撮影が、ニュージーランドで始まったばかりだというのに、製作元のディズニーは、第2巻「カスピアン王子のつのぶえ」の脚本執筆のゴーサインを出した。

  ↑4人の子役と雪の女王役のティルダ・スウィントン 月

映画版「ライオンと魔女」がヒットした場合、すぐに続編製作に取りかかれるようにするためで、ヒットの規模によっては、第2巻と第3巻を同時に撮影することもあり得るという。スタジオの思惑通り、「ハリー・ポッター」や「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズと同様のドル箱シリーズとなるか注目!






Last updated  May 8, 2006 11:02:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 6, 2006
カテゴリ:Chronicles of Narnia


白い魔女がくれた禁断のお菓子はどんな味?


イギリスが舞台の映画とあって、ペベンシー家の4人の子どもたちはお茶とお菓子が大好き。なかでも、妹ルーシーの後を追ってナルニア国に足を踏み入れたエドマンドは白い魔女からもらったターキッシュ・ディライトに夢中になります。食べれば食べるほど欲しくなる禁断のお菓子。

エドマンドはこのお菓子と、白い魔女の甘い言葉にだまされて、兄妹を裏切ることに……。小さなジェントルマン、エドマンドをとりこにするほどのお菓子とは。いったいどんなお菓子なのでしょう。

ターキッシュ・ディライトの気になるお味はどんなものかというと、和菓子の"牛皮"のようなモチモチっとした食感の甘いお菓子。薔薇のような香りをさせるには、ローズウォーターを入れるといいでしょう。


英国人に欠かせないティータイム文化

半神半獣のフォーン、タムナスさんからお茶に誘われたルーシーが、「イワシの缶詰があるなら」と彼の家に向かいます。紅茶と一緒に楽しむなら、ケーキなどの甘いものと考えがちですが、英国人にとってティータイムのテーブルを飾る食べ物はいろいろ。

たとえば、サンドイッチのような軽食に始まり、たっぷりのジャムや生クリームと楽しむスコーンなどもあります。そういえば、映画 『ラブ・アクチュアリー』 では、ヒュー・グラントふんする英国の首相はティータイムにビスケットを添えてくれた秘書と恋に落ちたことも。

ティータイム、それは英国人にとってはどんな
ときにも欠かすことのできない、大切にしたい
ひとときなのです。


ターキッシュ・ディライト レシピ


↑次男のエドマンドが魔法のお菓子のとりこに……。

全量カロリー 974kcal/調理時間40分
     (冷やし固める時間は除く)



<材料> (黄色のレモン味2cm×2cm・20個分)

ゼラチン……20g
水(ゼラチン用)……大さじ8
レモンの皮……1個分
レモン汁……小さじ4
水……300cc
砂糖……240g
キルシュワッサー(または好みのリキュール)……小さじ2
色粉(黄)……少々
粉砂糖……適量


<作り方>

1. ゼラチンと水を合わせてふやかしておく。レモンの皮はみじん切りにしておく。
2. 鍋に水300ccと砂糖を入れ、弱火にかけて混ぜる。砂糖が溶けたら、水でふやかしたゼラチンを加え、ごく弱火で20分ほどかき混ぜながらゼラチンを完全に溶かす。
※ここで絶対に沸騰させないこと。ゼラチンが固まりにくくなる。
3. 火からおろし、粗熱がとれるまで冷ます。レモン汁とレモンの皮を入れ、水(分量外)で溶いた色粉とキルシュワッサーを加えてよく混ぜる。
4. 水でぬらしたバットなどに流し入れ、冷蔵庫で30分~1時間ほど冷やし固める。
5. 型から外し、適当な大きさに切り分け、粉砂糖をまぶす。


<ポイント>

砂糖を溶かす水を半量好みのジュースにしたり、砂糖のかわりにジャムを入れたり、青やグリーンの色粉を使ったりすると、違ったフレーバーや色が楽しめます。ジュースやジャムを使う場合は、甘さを見ながら砂糖の分量を適宜調節してください。なお、ジュースを使用した場合、水で作るよりも若干やわらかめの仕上がりになります。






Last updated  May 6, 2006 10:52:38 PM
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.