000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ずっと一緒に

胃カメラ

長い間胃腸の調子が悪く、それでも薬で何とかなってましたが
抗がん剤の影響かどうか、ひどいお腹の張りやゲップ、胃もたれに
悩まされ、怖くなって検査を受けることにしました

1.最初に水薬を少量飲まされました(効果は忘れました)
2.喉の麻酔のシロップ。ドロドロのあま~いものを
喉でしばらく止めておくように言われました。
3.その後、腕に筋肉注射を2本。胃の動きを抑えるとか。
4.検査室のベッドに横になり、最後に喉の麻酔のスプレー
5.マウスピースを加えさせられて検査開始です。

2の麻酔のシロップ!これがマズイ!!!まずくておえっと
きちゃいました。うちの父は一人前の順番の人がずっと
えづいてたので、つられてえづいて勢いで飲み込んじゃったそうです。

カメラが口に入ってきて、喉にあたった瞬間に合図され
「ごっくん」と飲み込みます。ここはわりとすんなりいったんですが
もうすごい異物感ですよねぇ。その後はひたすら
「ごっくん」もせず、ゲップもしなければすぐ終わるよ、と
言われましたが、勝手に喉がエグエグしちゃうし、軽い
ゲップも出ちゃうし、先生何度もガスを入れなおしてたようです
ガスを入れて膨らまさないとちゃんと中を見れないそうで。

検査の時間そのものはとても短かったんですが
最後の方は喉のあたりの刺激で咳がでそうになり
えづいて、えづいてゲボゲボ・・・
先生から「あと1分!あと1分我慢して!」と何度も言われて終わりました
終わった後はもうぜぇぜぇ息を切らしてましたよ(^^;)

今は病院によると鎮静剤や麻酔でボーっとさせたり、意識の無い
状態で終わらせてくれるところもあるとか。
今度はそういうのがいいなぁと思いました。

意識の無い状態でやると説明がその時聞けないとか
モニターが見れないというデメリットがあるそうですが
私の場合元々モニターが足元にあって見れなかったし
検査中に何枚も写真を撮ってるから、それを見せての
説明はしてくれるはずですから、緊張するタイプの方なら
鎮静剤を使用してくれる病院の方がいいかもしれませんね


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.