583233 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ずっと一緒に

入院~手術まで

前日にはダンナと最後に一緒にお風呂に入り、二人で泣きました。
胸が一つ無くなるんだなと思うと、決心していてもへこみましたから

1月16日の朝にダンナに付き添われて入院。
総合病院なので、同じ病気の方は80代の方が一人だけ同じ部屋でした。
以前に婦人科に入院した時と違い、同室の人との会話とかは
ありませんでした。整形外科の患者さんがほとんどでしたし。

その日の内に呼吸の練習の機械(おもちゃみたいでしたが)を渡され
それをやりつつ、主治医から手術の簡単な説明を受け、お風呂に入って
鏡の前で、自分の右おっぱいと最後のお別れ。
軽い晩御飯を食べて、すぐに一日は終わりました

夜に下剤と眠剤を渡されましたが、その眠剤(ハルシオン)は
あまり効きませんでしたねぇ。
元々夜型なので、中々寝付けませんでした。

17日、手術当日。朝から絶食。アレルギー体質のため、
前夜から絆創膏を5,6種類二の腕に貼ってパッチテストをやってたんですが、
朝になったら全部真っ赤で、どれもかぶれそう。。。
昼頃に手術の予定でしたが、緊急の帝王切開が入ったとかで
30分ほど遅れました。血管確保の点滴がやたら痛かったです。

その後ダンナと両親に見送られて手術室へ。今回は手術室に入ってから
麻酔医とのお話でした。そして胸元にマスクをおかれたので
ああ今回はマスクで吸う麻酔か~と思ってたら、点滴の方で
先生が何かやってる様子。血管から何か入るようなちょっと
気持ち悪い軽い痛みがあって、「あれ、ちょっと痛い」って
言って「そう?」という返事を聞いた後、すぐ意識が無くなりました

次に気がついたのは回復室でした


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.