000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ずっと一緒に

告知についての悩み

母は当然、乳がんだということもわかっていますし
再発・転移のこともわかっています

ですが、CTを撮る度に一緒に写真を見ているのですが
その腫瘍が増大していっていることを理解しているとは思えません


あまりの体力の無さに、ゼローダすら使えなくなったのに
自分が脱毛がイヤで拒否してるだけだと思っている模様


少し動いてもだるくて寝て寝て、寝まくりますし
咳も続くのに、肺にあるからしゃあないわ、しか言いません

あまりにも異常なスピードで腫瘍が増大しており
かなり深刻な状態なのに、当人にはその自覚が無い


母の居ない隙を狙って主治医に余命を訊いても濁されましたが
今年1年持つかどうか・・・な感じ
ネットの乳がん相談室にメールをしてみても
稀にこういう急激に悪化する人がいるし、難しいが緩和ケアを
考えてもいいかもしれないとの答え

知人に、末期がんの在宅ケアのお仕事をしている子がいるので
その子にも相談してみましたが、やはりもう末期であり
そう長くは持たないんじゃないか・・・という感じの答えでした


ですが、市内にはホスピスがありません
第一、ホスピスに入るには当人の自覚が必要な気がします

当人は自分は転移してガンを持ってるけど大丈夫という
妙な自信を持っているため、とてもそんな話ができるはずもありません

まだ4月の段階で、来年の話をいろいろしているような人に
あなたはもうその頃にはきっと居ない
そんなことは絶対言えません(TT)


告知というのは病名だけではなく、こういう点でも難しいのだなと実感しました


時折、せん妄がおきているのか記憶がおかしくなる母

それだけにどうすればいいのか、非常に悩んでいます


2012/4/15


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.