545758 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ナルトーンの大好き!競馬ブログ

PR

X

全570件 (570件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 57 >

重賞予想

2011.01.28
XML
カテゴリ:重賞予想
枠順も出たので、各馬検討したいと思います。前走OP以上で勝った馬が3頭
勢いのある昇級馬が2頭。G1馬が1頭と、派手さはないけど好メンバが揃いました。

【各馬検討】

凡例:○単勝候補、△紐で一考、×馬券対象外、☆テン乗り、★過去騎乗あり

○1番セイクリムズン 牡5 57 幸英明 服部利之
  カペラS回顧
  >好スタートでも少し抑えて先団外追走。そのまま馬群を通して、直線前とは
  >2馬身差。一旦外からティアップワイルドに差されたが、最後まで競り合い
  >頭差で差し返して入線。
  >
  >前走の霜月ステークスで強い競馬をして、そのままここでも力を発揮。
  >中団で折り合って、直線前に取りついて離す競馬が板についてきた。
  2走前の霜月ステークスでは2着のケイアイテンジンを5馬身差で振り切る
  強い競馬。その時も内枠を生かした良い競馬をした。今回も内枠を引いた
  ので力を出せれば強い競馬がみられそう。

×2番ダイワディライト 牡7 56 ★北村宏司 二ノ宮敬宇
  ジャニュアリーS回顧
  >中団外追走。4角外からまくりで前に行くが直線伸びず。
  久々の東京でも1400mは長いと思う。

○3番ティアップワイルド 牡5 56 石橋脩 西浦勝一
  ジャニュアリーS回顧
  >今回もスタートで半馬身前に出てハナに立つ勢い。ニシノコンサフォス
  >に行かせて、先団内追走。4角から追い出して内を通して直線。
  >前に並ぶと、抜けてゴール。
  >前走(カペラS)では13番人気で2着。今回フロックではないことを
  >証明した。
  >この馬のいいところはスタート。スタートが良いから行っても・下げてもと
  >色々な展開を考えることができる。長くいい脚もあるし、今回は完勝!
  カペラSではセイクリムズンに負けたが、前走はさらにパワーアップした感じ。
  スタートが良いので、上手く内に入れてやれば前走と同じ競馬ができる。
  セイクリムズンを逆転することも可能。ただし、東京実績がないのが心配か。

×4番ガブリン 牡9 56 ★田中勝春 森秀行
  ジャニュアリーS回顧
  >後方のまま。
  一時のキレが見られなくなったのは年のせい?

○5番ダノンカモン 牡5 56 ★三浦皇成 池江泰寿
  大和S回顧
  >中団内追走。4角馬群を通して、直線外に出すと一頭違う脚で上がって
  >前にいたナムラタイタン、アーリーロブストを差してゴール。
  >ここ2戦は相手が悪かったが、今回は快勝。かなり京都の馬場は時計が
  >かかっていたので、力勝負となったが、この勢いがあれば距離延長も
  >大丈夫。中距離でも楽しみ。
  前走は強かったです。ギャラクシーSではケイアイガーベラとの差を感じ
  ましたが、東京だったら違うと思います。東京コースも得意なのは心強い。

○6番ケイアイガーベラ 牝5 55 ★秋山真一郎 平田修
  ギャラクシーS回顧
  >スタート良く出てハナに立つ勢いだったが、アーリーロブストに行かせて
  >2番手追走。持ったまま直線を向いて残り200mで並ぶとそこから追い出し。
  >後続を離して楽々ゴール。
  >前走武蔵野Sでは良いところが無かったが、阪神ダ1400mは本当に
  >良く走る。以前船橋のマリーンCでも良くなかったので輸送がダメな
  >タイプかも。短距離ではかなり強いと思う。
  関西のダ1400mでは、今回出走のダノンカモン、JCBスプリントの  
  サマーウインドも全く相手にならない強い馬。しかし、他場ではコロっと
  負けてしまいます。なぜなんでしょか??? 前走より1キロ減。圧勝が
  あってもいいと思います。個別に考察してみようと思います。
  
×7番ビクトリーテツニー 牡7 56 ☆後藤浩輝 森秀行
  ジャニュアリーS回顧
  >下げて最後方追走。直線向いてもまだ最後方。そこから上がり最速だけど
  >前との差がありすぎ。
  勝利の鉄兄は末脚勝負なので東京得意と思いきや、中山のほうが向いている。
  東京ダ1400mは長すぎるのかもしれない。

×8番アグネスジェダイ 牡9 57 ☆F.ベリー 森秀行
  一時期の輝きは・・・

×9番エーシンクールディ 牝5 54 ☆A.クラストゥス 大久保龍志
  OP昇級初戦が武蔵野S。そこで大敗して2か月お休み。ケイアイガーベラが
  逃げると思うと、ここは厳しそう。

△10番スターボード 牡4 55 ★横山典弘 矢野英一
  昇級戦がここ。前走銀嶺Sは超スローの前追走。最後もそれ程差をつけられ
  なかった。
  ただし、銀嶺Sでは鞍上が殆ど追わずに勝ってしまった。秘めた力がありそうで
  非常に不気味。鞍上込みで怖い一頭。でもここはまだ様子見。

×11番ダイショウジェット 牡8 56 柴山雄一 大根田裕之
  師走Sではいいとこなし。距離短縮となるけど力不足。

△12番サクセスブロッケン 牡6 58 内田博幸 藤原英昭
  調子が良ければ、初距離でも◎。でも帝王賞以来の競馬で体調次第。うーん
  調教映像を見たけど、ムチを入れてもあまり気合いが乗らない感じ。ここは
  △まで。強い競馬がみたいなぁ~

×13番タマモホットプレイ 牡10 57 武士沢友治 南井克巳
  ジャニュアリーS回顧
  >中団内追走。そのまま内を通すと、ラチ沿いを良く上がってきたが、最後は
  >マハーバリプラムと一緒に壁で止まった。
  >直線いい脚で上がってきて、ちょっとビックリ。まだやれる。
  前走はいい競馬をした。ただし1F伸びるのはどうか?

×14番ワンダーポデリオ 牡7 56 ☆吉田豊 藤岡範士
  ギャラクシーS回顧
  >出負け気味のスタート。中団後方内追走。4角馬群を通して内に入れると、
  >そこから伸びるが、前と差がついてしまった。
  >スローのヨーイドンでは、ここまで前と差がつくと厳しい。仕舞はしっかり
  >しているので、前が止まるレースなら。
  どうしても最後方からの競馬になってしまう。外枠だし今回も後方から
  最後伸びて届かずパターンかな?

×15番ワールドワイド 牡5 56 ☆松岡正海 橋口弘次郎
  スターボート同様こちらも上がり馬。ただし、外枠の先行馬は強くないと厳しい。
  初めての東京でどうか?

×16番スリーアベニュー 牡9 56 江田照男 小野幸治
  ジャニュアリーS回顧
  >後方2番手追走。4角内を回して上がって来るが、時すでに遅し。
  末脚は確かでも、距離長い。

○セイクリムズン、ティアップワイルド、ダノンカモン、ケイアイガーベラ
△スターボード、サクセスブロッケン

ケイアイガーベラに◎をつけたいのですが、色々と問題がありそうです。
個別に考察してみます。
 






Last updated  2011.01.28 22:22:43
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:重賞予想
交流重賞があると、週末の競馬予想が忙しくなります^^;
先週に引き続き、JRAのダート重賞根岸Sがあります。フェブラリーSに向けての
一戦。楽しみなレースです。

まずはコースから。

【東京ダ1400m

2010年

 01/30春望ステークス(準OP)良 前36.3-後35.9 ▼6-△2-△4瞬発戦
  14番クイックリープ(2人気)先行
   スタート二の脚で前に出て2番手追走。4角内を回して馬場の2分所
   から抜け出しゴール。

 01/31根岸S(G3)良 前35.6-後36.3 △0-△2-△5消耗戦
  8番グロリアスノア(11人気)差し
   スタート良く出ていくが前が飛ばして中団追走。直線で前とは5馬身差。
   馬場の真ん中から良く伸びて前を差してゴール。

 02/13銀蹄ステークス(準OP)重 前35.4-後35.9 ▼1-▼3-△2平坦戦
  8番セイカアレグロ(10人気)先行
   先団内追走。4角内をロス無く回って前に進出。直線3番手。前の2頭
   の外に出すと、ゴール前で交わして入線。


2009年

 01/31春望ステークス(準OP)不良 前35.2-後35.9 ▼5-△8-△1瞬発戦
  8番ヒシオフェンス(1人気)先行抜け出し
   スタート良く出て2番手追走。持ったまま直線先頭に立つと、そのまま
   後続を放して先頭に立ち押し切ってゴール。

 02/01根岸S(G3) 前34.1-後35.9 △0-▼5-△6瞬発戦
  11番フェラーリピサ(4人気)先行
   スタート良く出て先団4番手追走。4角やや外を回して直線で前に並ぶと
   競り合いを制してゴール。2着は後ろから来た差したヒシカツリーダー。

 02/14銀蹄ステークス(準OP)良 前35.5-後36.3 ▼2-△4-△1平坦戦
  9番レオエンペラー(3人気)先行抜け出し
   先団後方追走。4角内を回して坂を上り切ったところで前を捕らえると
   そこから抜けてゴール。


2008年  

 02/02春望ステークス(準OP)良 前35.7-後36.2 ▼5-▼1-△4瞬発戦
  10番ベルーガ(7人気)追込
   出負け後方追走。4角内を回して直線まだ後方。前が壁なので外に出して
   直線一気の大外追い込みでゴール。

 02/04根岸S(G3)不良 前34.3-後36.4 ▼1-△1-△5平坦戦
  4番ワイルドワンダー(1人気)差し
   後方追走。4角内を回して中団まで進出。直線で馬場の3分どころ
   から差し切り。2着は逃げたタイセイアトム

 02/09立川特別(1000万)稍重 前34.4-後37.6 △5-▼1-△12平坦戦
  2番ナックルバート(1人気)逃げ
   押してハナを切る。先頭のまま直線。一旦2番手にいたスリーセブンスピン
   に交わされたが、ゴール前に前がタレたところを再び差し返して入線。

 
2007年

 01/28根岸S(G3)良 前34.2-後37.6 △3-△7-△2消耗戦
  10番ビッググラス(11人気)差し
   前が飛ばすので中団追走。縦長の展開。4角内を回して直線馬場の
   真ん中に出すと、直線で差し切り。

 02/17立川特別(1000万)良 前36.3-後36.3 ▼4-▼1-△8平坦戦
  14番セイウンマル(4人気)先行
   スタート良く出て2番手追走。直線で前にナラブト、残り400mで
   先頭に立ち、そのまま押切。


中央ダ1400mでは唯一ダート発走。3角までは442m。スタートして200m程下
った後小さな山を越えてコーナーは平坦。直線は501mと長いが、300mは
約2mの坂を上る。そこから200mが平坦。

スタートからの距離が長いのでハナを切るのはどの枠からでも大丈夫。ただしすぐ
下りなので勢いが付くと先行集団が出来てテンが速くなる。

直線まで隊列は変わらず行くが、先行集団で外に位置するとかなりロスが発生する。
出来ればコーナーは内を回りたい。

直線に向くと前の馬の粘りと中団から後方にかけて内をロスなく回った馬の外からの
差し勝負。

ダメなのが先団外を回す馬。ここで体力を使うと最後の坂で止まる。

強い逃げ先行馬か強い差し馬が有利。中途半端な馬は勝てないコース。
体力がいるので東京ダートまたはローカルダート1700mの実績が繋がりそう。
他場のダ1400mとは全く違う。

逃げ1先行6差し3追込1なので、先行有利。ただし、直線が
長いので08年の春望ステークスのように、大外一気もあり得る。

「冬のダートは空気が乾燥している上に凍結するので水が撒けない。したがって
パサパサのダートになりやすく、力のいる状態になりやすい。」
そうである。

東京ダ1400mは最後の直線が長く坂があるので、雨がない期間が長いと
力のいる馬場になり先行するスピードタイプは直線の坂で止まってしまう可能性
がある。

逆に雨が降って水分を含む馬場だと凍結防止剤によって水分が抜けない馬場になり
思った以上に脚抜きの良い馬場でスビードタイプが大活躍するのかもしれない。

難しい馬場なので前日の様子、平日の雨量など気にしないといけないのかも・・・






Last updated  2011.01.28 05:48:27
コメント(2) | コメントを書く
2011.01.26
カテゴリ:重賞予想
フェブラリーSの前哨戦、根岸S(G2:東京ダ1400m)が今週行われます。

過去10年根岸S勝ち馬のフェブラリーSの成績は

10年グロリアスノア 5着
09年フェラーリピサ 5着
08年ワイルドワンダー 3着
07年ビッググラス 3着
06年リミットレスビッド 11着
05年メイショウボーラー 1着
04年シャドウスケイプ 13着
03年サウスディグラス 不出走
02年サウスディグラス 6着
01年ノボトゥルー 1着 

という実績で必ずしもフェブラリーSに直結するレースではありません。

東京ダ1600mは、過去のJCD(東京ダ2100m)の勝ち馬が強い
ように、中距離馬が台頭。(JCDの前哨戦が武蔵野Sであるように)

しかし、メイショウボーラー、ノボトゥルーのようにここから勝ち馬が出ています。
今年のフェブラリーSは、エスポワールシチー、スマートファルコンが不在という
話もあります。久々にここから勝ち馬が出るチャンスかもしれません。



今年一番の注目は、ダ1400mだったら最強と思っている女帝ケイアイガーベラ

昨年のプロキオンSでは、JBCスプリントの勝ち馬サマーウインドに4馬身差の
快勝。
ダート1400mでは7-0-0-1。ダート全体でも8-0-0-4の成績。

しかし、阪神/京都以外は0-0-0-3(>_<)。うーん、川崎記念のフリオーソの
ように遠征大嫌いな馬なんでしょうか。

今回はフェブラリーSを見据えて、早めの美浦入りをしているようです。

どんな競馬になるのか。◎をつけたいと思っていますが、何故負けたのか?考察
してみます。







Last updated  2011.01.26 22:37:49
コメント(2) | コメントを書く
2011.01.23
カテゴリ:重賞予想
騎手の得意・不得意を見て予想を上げます。

☆以下のデータは競馬インジケータの「各騎手の得意不得意」を参考にナルトーンが
 集計したものです。(2009/01~2010/12までのデータで1番人気を除いて集計)

平安S騎手.png

アンカツさん、意外にもダート中距離は苦手?

では予想です。(=´ー`)ノどうぞ

3番ダイシンオレンジ

 京都の重賞では1-1-0-1の成績。負けたのも休み明け。今回は調教も
 しっかりやっているので、内で溜めて直線外から、前にいるマチカネニホンバレ
 を差したところがゴールというレースになりそう。強い6歳世代の意地をみせて
 欲しい。


マチカネニホンバレは、斤量が減って有利だし前回から馬体重を絞れば強い馬。
詰めが甘いところがやはり気になる。相手なりに走ってしまうところと、最後に
差されてしまう弱さが解消されたか注目です。

インバルコはスタートが悪いし、外枠なのでどうしても後方からの競馬になる。
リスポリ騎手が積極的に行くと外を回されてしまうのも心配。長くいい脚を
使うので3角から前に行くと思うが、前が止まらないと厳しいかな。


穴としては、タガノクリスエスが前崩れで飛び込んでくるかも。

予想とは別にロングプライドの復活を見たいです^^






Last updated  2011.01.23 08:13:35
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:重賞予想
【各馬検討】

凡例:○単勝候補、△紐で一考、×馬券対象外、☆テン乗り、★過去騎乗あり

○1番マチカネニホンバレ 牡6 56 ★安藤勝己 藤沢和雄
 ベテルギウスS回顧
 >スタートで押して前4番手外追走。3角過ぎて2番手に上がって4角から
 >追い出し。残り200mでワンダーアキュートに交わされるが、最後まで
 >良く粘って2着。

 >久々休み明けで+23キロ。かなり最初脚を使ったが、最後まで良く頑張った。
 >次そう良くなるだろうし、体力勝負なら。

 前走は、久々で+23キロ。それでも勝ち馬に最後までくらいついていました。
 斤量も2キロ減なので前走以上が見込まれる。ただし、オープンで3連続2着が
 示すように詰めの甘さがある馬。内枠を引いたので上手く立ちまわれそうだが。

×2番タマモクリエイト 牡6 56 ☆和田竜二 小原伊佐美
 ベテルギウスS回顧
 >スタートで行かず、下げて最後方追走。4角内を回して、直線も内から差して
 >来るが、前には届かず。力不足。
 今回も後方からだと厳しい。

○3番ダイシンオレンジ 牡6 57 川田将雅 庄野靖志
 JCD回顧
 >スタート良く出て先団追走。4角外から前に行くが直線伸びず。
 昨年の2着馬で、4月のアンタレスSではトランセンド、シルクメビウスに先着。
 京都大好きな馬。
 もともと、好位差しの馬なのでJCDは前に行きすぎた。内枠を引いたので内で
 溜めて行けば力は出せそう。

×4番バトードール 牡4 55 ☆安部幸夫 池江泰寿
 師走S回顧
 >中団後方追走。3角から勢いつけてムチを入れるが、直線伸びず。
 力不足。

×5番メイショウシャフト 牡8 56 ☆渡辺薫彦 高橋成忠
 1800mは長いと思う。

×6番ドリームライナー 牡5 56 ★武豊 池江泰郎
 前走は万葉Sで芝を試したがダメ。ダートもOPの壁に悩んでいる感じ。

△7番トーホウオルビス 牡6 56 ☆小牧太 谷潔
 師走S回顧
 >押して外からハナに。4角まで頑張っていたが、直線は下がってしまった。
 >とにかくテンの速さはあるので自分の競馬が出来た。調子が上がって
 >くれば展開次第で。
 ハナを切るのはこの馬。昨日のダートは逃げ馬が来ていたので要注意。勝ち負け
 まではないと思うが・・・

×8番ロングプライド 牡7 56 ☆国分恭介 小野幸治
 大和S回顧
 >後方追走。直線で最後方から追い出したが、前とは差があった。
 >長期休養明けで、初距離。慣れないところがあったと思います。でも
 >元気に走れたので、段々と調子を上げてほしいです。がんばれ。
 なんと、連闘です。大和Sの1400Mより、1800Mのほうが合っています。しかし
 追込みが厳しいのが京都コース。まくるタイプでもないので厳しいと思う。


×9番ボクノタイヨウ 牡6 56 ☆吉田稔 白井寿昭
 師走S回顧
 >後方2番手追走。直線で外に出すと最後方。そこから伸びず。力不足。
 OP入りしてからぱっといない馬。ここも厳しい。

△10番ナニハトモアレ 牡5 56 ★池添謙一 鮫島一歩
 師走S回顧
 >好スタートで押して前に2番手追走。4角手前から追い出すが、直線
 >下がってしまった。
 >いつもは最後方からの競馬を今回前で試したが、厳しかった。それでも
 >良く頑張ったので、これで競馬を覚えれば。
 アンタレスSでは2着に飛び込んで穴を開けた馬。少しだけ期待。

×11番ダイナミックグロウ 牡7 56 ★小林徹弥 目野哲也
 久々になるし、距離長い。

△12番タガノクリスエス 牝6 54 ★岩田康誠 松田博資
 末脚は確か。コースや距離が向いていると思えないが、ちょっと怖い。

×13番ピイラニハイウェイ 牡6 56 熊沢重文 池江泰郎
 ベテルギウスS回顧
 >ワンダーアキュートを見る形で先団後方追走。3角過ぎて外からまくり気味に
 >進出。直線で抜け出した前2頭とは差が付いてしまったが、最後は差を縮めて
 >いた。
 最近は前で競馬ができるようになって成績が安定してきた。ただしマチカネが
 2キロ減で、こちらは変わらずと考えると差が広がるだけなのでパス。

△14番サクラロミオ 牡6 56 ★藤岡佑介 羽月友彦
 師走S回顧
 >スタートは普通。すぐ内に入れて中団内追走。4角内に入れて
 >追い出すが、直線伸びず。
 >外から差さないと厳しいのかな。みやこSの強さはみられなかった。
 外枠なので下げて行くと思う。直線の差しを期待したいが、勝ち負け
 まではどうかな?

○15番インバルコ 牡5 56 ☆U.リスポリ 池江泰寿
 師走S回顧
 >スタートで少しアオる感じ。出ムチ2発で中団後方追走。向正面過ぎて
 >から、外から前に進出。4角馬場の真ん中を通して、直線で前とは半馬身差。
 >そこから抜け出ると、まくりで並んだ人気のユノゾフィーが来るが抜かせず
 >ゴール。
 >後藤騎手の思い切った競馬がハマった感じ。前崩れでも長くいい脚を使って
 >最後まで止まらなかったのは評価できる。
 前走は強い競馬だった。スタートが悪いのでどうしても後ろの競馬になる。
 追い出し位置を間違えると、前に届かなくなるので難しい馬。

×16番ピースキーパー 牡6 56 ★幸英明 池江泰郎
 昇級緒戦が重賞では厳しい。前走は追込みの競馬になって最後は3頭並び。
 力強いという感じまではまだ。

○はマチカネニホンバレ、ダイシンオレンジ、インバルコ
△はトーホウオルビス、ナニハトモアレ、タガノクリスエス、サクラロミオ
 
となりました。






Last updated  2011.01.23 07:11:09
コメント(0) | コメントを書く
2011.01.18
カテゴリ:重賞予想

今週のダートは重賞平安Sがあります。ここの勝ち馬がフェブラリーSに直結
とは言い辛いですが、09年にはエスポールシチーが2着となったレース。
これからに期待するお馬さんも出てくるのかな?

まずはコースから。

【京都ダ1800m

2011年

 01/05初夢S(準OP)良 前48.8-後49.7 ▼6-△2-△7瞬発戦
  11番ピスキーパー(11人気)差し
   スタートで押して先団やや後方追走。縦長の展開。4角馬群をまわすと、
   直線前とは4馬身差。馬場の3分所を伸びて最後は差し切り。2着も追込み。

 01/09五条坂特別(1000万)良 前48.7-後50.0 ▼4-▼1-△2平坦戦
  8番タガノジンガロ(1人気)先行抜け出し
   スタート良く出て2番手追走。縦長の展開。直線で先頭に立つと後続を離して
   そのままゴール。
  

2010年

 01/05初夢S(準OP)良 前49.4-後48.5 ▼2-▼3-△5平坦戦
  3番ダイシンオレンジ(1人気)先行
   スタート良く出て先団内追走。隊列伸びずに3角へ。そのまま内を回して
   逃げるトーホウオルビスをゴール前で捕らえてゴール。

 01/24平安S(G3)良 前48.0-後50.0 ▼6-△6-△2瞬発戦
  4番ロールオブザダイス(5人気)内差し
   スタートはそれ程でもなかったが、内を回して中団追走。前が速いが隊列
   伸びず。4角内を回して直線内を通して間を割って先頭に立つとそのまま
   ゴール。

 01/30北山S(準OP)稍重47.5-後50.7 ▼12-▼3-△1瞬発戦
  8番タートルベイ(11人気)追込
   前が飛ばし馬群は伸びた中最後方追走。3角で前との差が縮まり、馬群の
   中を通して、直線馬場の真ん中から追い上げて差し切り。

 01/31大津特別(1000万)稍重 前50.5-後49.4 ▼4-△0-△6平坦戦
  6番タガノクリスエス(2人気)差し
   スタートで少し抑えて中団追走。4角馬場の真ん中を通すと、直線馬場の
   真ん中からいい脚で上がって差し切り。
 
2009年

 01/04門松S(OP)良 前47.8-後50.2 ▼4-▼9-△4瞬発戦
  8番ダークメッセージ(1人気)差し
   小頭数だったが、前が飛ばして縦長の中団後方追走。3角過ぎて前が止まって
   後方から前に出て、前とは2馬身差。そこから馬場の3分どころをマイネル
   アワグラスとの一騎打ちを制してゴール。

 01/05初夢S(準OP)良 前50.4-後48.5 ▼8-▼3-△3瞬発戦
  3番タガノマーシャル(1人気)逃げ
   スタート良く出て内にいれ、1角でコーナーの利を生かして先頭。全体一団の
   スローペース。そのまま内を通して、直線後続を離すとそのままゴール。

 01/17雅S(準OP)良 前49.7-後49.3 ▼3-△0-△6平坦戦
  7番カリオンツリー(1人気)先行
   スタート良く出て先団3番手外追走。そのまま外を回すと直線先頭に立つと
   ユウキタイティと2頭の叩き合いを制する。

 01/25平安S(G3)稍重 前48.7-後48.7 ▼2-▼8-△1瞬発戦
  2番ワンダースピード(3人気)先行
   スタート良く出て内の利を生かして3番手内追走。4角内を通って
   直線逃げるエスポワールシチーをゴールでハナ差捕らえて入線。

 01/31北山S(準OP) 前48.5-後48.9 ▼3-▼5-△4瞬発戦
  10番キングブレーヴ(2人気)先行
   スタート良く出て3番手追走。縦長の展開。3角で馬群が縮まって
   直線2番手。前を交わしてゴール。

 02/14アルデバランS(OP) 前47.8-後49.2 △1-△4-△9消耗戦
  15番ウォータクティクス(1人気)逃げ残り
   外から持ったまま先頭に立つと、後続を離した逃げ。直線外から並ばれる
   が、最後まで粘ってゴール。


1角までは286mと短い。激しい先行争そいにはならないが、外の馬はコー
ナーワークで前にとりつくためにはスタートが良くないと厳しい。
内の馬はコーナーの利を生かして前にいける。2角で隊列が決まる。前が飛ばせば
縦長、そうでなければ一団で坂の登りへ。隊列が延びていた場合は坂の上りで縮まる。

残り800mからは下り。そこから各馬動き出す。3角からまくっていく馬もいるが
下りになるので割と前も止まらない。4角でダンゴの場合は横に広がって、直線へ。

直線は329m。長くはないが短くも無い。横に広がってそこから直線勝負。

明暗を分ける場所が2箇所。1角と4角。最初のコーナーでは外から前にとりつこう
として中途半端だと大きく外にふられる。
また、4角でもダンゴ状態になりやすいので外は距離損が大きい。内枠有利。
1角4角ともに後方にいてもコーナーリングで前に前進できる。

逃げ2、先行5、差し4、追込

意外と差しも決まっている。隊列が延びないため、力のある差し馬が外を回して
前と差が無く直線に入ると外から差すことも可能。

ただこれには力差が必要か。2007年このレースで勝ったメイショウトウコンは
重賞5勝。JCD2着の実績。2着のサンライズバッカスはフェブラリーの優勝馬。

これくらいの力は要る。実力を良く見た上で、内枠・先行と考えたほうが良い。
中途半端に外外を回す馬はロスが大きい。先行する外枠の馬はマイナス。
思い切って、後ろに控えて虎視眈々と前を狙っているまくりが得意の差し馬に注意。

極端な前傾ラップだと前崩れもあるが、これは人気の差し馬がいる時だろう。
前に強い馬がいれば期待しないほうが良さそう。

コーナーリングで優劣がつきやすいので騎手の腕も大切。
以前は「逃げ・先行、内枠、武豊」という馬券戦略が有効でした^^;







Last updated  2011.01.19 04:48:56
コメント(2) | コメントを書く
2010.12.24
カテゴリ:重賞予想

 時間をかけてじっくり予想しようと思っていましたが、明日から出かける
 用事があって、今週末は予想も競馬も出来ません(>_<)。

 今回の有馬記念はブエナビスタVS3歳牡馬だと思っています。

 中と半端な予想を上げるのもしっくり行かない気がするので、今週頭から
 決めていたこの馬にします。


1番ヴィクトワールピサ デムーロ 55.0キロ 角居勝彦

 コースで書いたように、有馬記念は「馬の能力」+「騎手の腕」+「枠番」
 です。

 1.馬の能力

  春のクラッシックで一番強いと思っていたのが、この馬。鞍上が気合いを
  つけてからの弾け方は素晴らしいものがあります。

  操作性の良さ、瞬発力、馬群を割って出る根性もあります。

  もう一頭強いと思っていたのが、ローズキングダム。残念ながら回避と
  なってしまいました。こちらはダービー・JCで見せた東京コースの適正
  があります。ただし、皐月賞出走でゴタゴタしたように、競馬が下手。出ても
  ◎はつけなかったと思います。

 
 2.騎手の腕

  デムーロ騎手は日本競馬に精通しているし、つい先日の朝日杯FSも
  グランプリボスで制しています。皐月賞をダイワメジャーで勝利している
  ので、中山のG1で2勝は心強いところ。

  外人の場合、内枠に入ると「ラッキー!」という感じでインベタでロス無く
  回ってきます。JCの時に「距離が長いのでは?」という話もありましたが
  凱旋門に挑戦した馬。そんなことはありません。

 3.枠番

  1番枠は過去10年で(2-2-0-6)という成績。連対率4割は16頭立て
  では素晴らしいです。1着馬は人気のシンボリクリスエ(2人気)、
  センノロブロイ(1人気)ですが、2着はアメリカンボス(13人気)、
  ポップロック(6人気)で、必ずしも人気馬とは言えません。

  15番・16番枠が1989年から皆無だと思えば、この枠は素晴らしいです。

以上、有馬の適正について書きました。

実はもう一つあって、

秋にあまり勝たなかったこと

マツリダゴッホや、コース解説で書いたイナリワンは、前走G1で2桁着順でした。

これは、秋の目標が天皇賞、マイルCS、JCの場合、力を使い果たして
有馬記念に臨んだ馬は、意外と凡走することがあります。

イナリワンの例で言えば、1989年は1番人気がオグリキャップ。
マイルCSを勝って、まさかの連闘で臨んだJCをホーリックスと火の出る
レコード決着で2着。スーパークリークも京都大賞典1着→秋天1着→
JC4着と来て有馬は強い競馬をしても2着までとなりました。

ヴィクトワールピサは、秋2戦がフランスで、結果は4着と7着。JCでも
3着でした。海外帰りで立て直しが必要と思っていましたが、JCでは最後まで
くらいつくところを見せました。まだ死んではいないハズ。

先行して、インベタで回り、そのまま押し切るレースを期待したいと思います(*^_^*)




人気のブエナビスタは力では一番でしょう。幻のグランドスラム(降着あったから)
が牝馬で達成されたら、本当に素晴らしいと思います。

唯一心配なのが、不器用さ。G1で2回の降着があるように、騎手の思い通りに
いかないのがこの馬。昨年は先行して問題なかったのですが、JCでは、また後方
からの競馬になりました。

昨年同様前に行けば問題なく力でねじ伏せる気もしますが、抑えてしまうと、
もしかしたら・・があるかもしれません。スミヨン騎手に迷いか出たら危険信号かも。



他にも、強いと思うルーラーシップや連覇も見たいドリームジャーニー、
オウケンブルースリの意地も期待なのですが、買うのは単勝と複勝にしたいと
思います。

VTRでしか見れないのが残念ですが、JRA最後のG1は楽しみにしています。

年内は、兵庫GTと東京大賞典があるので競馬納めではありません^^







Last updated  2010.12.24 20:28:12
コメント(8) | コメントを書く
2010.12.22
カテゴリ:重賞予想

一昨年に考察していますが、時間も経ったのでリニューアルします。

【中山芝2500m


2009年
 12/27有馬記念(G1)良 前45.4-中56.5-後48.1 ▼1-▼3-△6平坦戦
  9番ドリームジャーニー(2人気)3角まくり
   出遅れ。リーチザクラウンが飛ばす中、後方2番手追走。3角から外まくりで
   前に進出して4角大外を回すと、前とは3馬身差。外を一気に上がって前で粘る
   ブエナビスタを交わしてゴール。

 12/27グッドラックH(1000万)良 前46.2-中58.2-後49.3 ▼5-▼7-△6瞬発戦
    3番ベルウッドローチェ(4人気)先行抜け出し
   中団内追走。ハナを切ったタカラサンデーのおお逃げ。前は飛ばすが、後方
   一団で向正面はその中で前内追走。3角過ぎて後方が一気に前を捕らえると
   4角内を通して、直線でラチ沿い先頭に立つと、残り200mで後ろを離して
   ゴール。

2008年
 12/23有馬記念(G1)良 前46.2-中57.0-後48.3 △1-▼3-△10平坦戦
  13番ダイワスカーレット(1人気)逃げ切り
   好スタートでハナを切る。向正面は一団。3角からペースが速くなるが
   内を通して追い出し。そのまま直線内を先頭抜け出すと、逃げ切り。

 12/23グッドラックH(1000万)良 前50.0-中59.1-後47.3 △1-▼9-△12瞬発戦
    10番モンテクリスエス(2人気)先行押切り
   中団やや前を追走。スローペース。3角からスピードアップで前にとりつき
   一団で直線。前とは1馬身差、そこからすぐに先頭に立つとそのまま押切り。

2007年
 12/23有馬記念(G1)稍重 前60.3-後60.7 ▼2-▼5-△8瞬発戦
  3番マツリダゴッホ(9人気)先行押切り
   内枠を生かして3番手追走。以前であれば掛かってしまうのだが、内枠で控えて
   掛かることなくレースを運べた。いつもは4角外まくりで直線を伸びる競馬だった
   のだが、今回は内をついてそのまま直線。そこからは力強い伸びで2着のダイワ
   スカーレットと差を開いて見事ゴール。

 12/23グッドラックH(1000万)稍重 前65.0-後60.4 ▼4-▼1-△5平坦戦
    13番エフティイカロス(7人気)4角まくり
   中団外追走だが、かなりゆったりとした流れで一団。3角下りから一気に
   スピードアップ。4角で外に出して前から4番手まで前進。直線で、外から
   前に並ぶと、最後の坂の上り勝負を制してゴール。   

2006年
 12/24有馬記念(G1)良  前58.8-後60.4 ▼6-△0-△8瞬発戦
  4番デイープインパクト(1人気)4角まくり
      いつものように下げて後方追走。アドマイヤメインの大逃げだが、2番手集団
   の先頭がダイワメジャー。実質先頭(^^;
   3角でアドマイヤメインがつかまり、後続が押し上げてくる。ディープはまだ
   動かず。
   4角で大外をするする?・・・ぐいぐい?・・・楽々♪(この表現がいいか)上
   がってきて、直線では一頭だけ脚色が違い一気に抜け出す。
   2着には前で競馬をしたが、直線で前が壁になり外に出して追い込んだポップ
   ロックが入線。

 12/24グッドラックH(1000万)良 前59.7-後62.3 ▼5-▼2-△0瞬発戦
  5番ターキー(2人気)内差し
   キタグニジョーが飛ばす。後ろは一団。その真ん中あたりを追走。4角では前から
   5番手で最内を回りそのまま直線狭い内をついてゴール。

2005年
 12/25有馬記念(G1)良  前61.1-後59.8 ▼3-▼6-△7瞬発戦
  10番ハーツクライ(4人気)先行押切り
   逃げる2頭を見る形で3番手追走。人気のディープは中団後ろ外を回る。それ程
   馬群は伸びず、4角4番手から直線で伸びる。人気のディープは直線で勝ち馬とは
   3馬身差程度だったが、捕らえることが出来なかった。
   勝ったハーツはJCでアルカセットとともに2’22.2のレコードを塗り替えた
   馬、ディープが本調子で無かったわけではない。ただ翌年の有馬で対決できなかっ
   た(JCで引退)のは残念。再対決は夢に終わってしまいました。

 12/25グッドラックH(1000万)良 前61.3-後60.9 ▼2-▼4-△9平坦戦
  2番マイネルアンセム(1人気)先行
   4番手追走。ダンゴのまま4角へ。4角では最内を回って2番手まで進出。
   直線で内をついてそのまま先頭にでると後続の追撃をかわしてゴール。

2004年
 12/26有馬記念(G1)良  前59.5-後59.3 ▼3-△0-△8平坦戦
  1番ゼンノロブロイ(1人気)先行押切り
   最内を生かして最初の4角で前に行く。3番手追走。2角では2番手に。
   向正面ではかなり縦長。3角から4角で後ろが詰めてくるが、差はそれ程縮まらず
   結局行った・行ったの2頭で決着。ゼンノロブロイ、秋天・JC・有馬と
   グランドスラム達成!

 12/26テンポイントメモリアル(1000万)良 前61.3-後60.9 ▼2-▼4-△9平坦戦
  13番トウショウナイト(5人気)4角まくり
   中団後方を進むが、ダンゴ状態のまま4角へ。マクリ気味で外を通って直線先頭
   に立つとそのまま抜けてゴール。


外回り向正面の緩い下りスタート。最初の3角までは192m。全体の距離が長いので激しい
先行争そいにはならず、ハナを切るのはそれ程難しくない。しかし、ここで先行馬は
前に取り付くことが重要。外枠でスタートが悪いと後ろのホジションになる。

下級条件だと、スローになる場合が多く、そうなるとダンゴのままぐるっと一周回る。
しかし、有馬は違う。先行馬が一団をつくり後ろを離す。特に縦長になると後ろの
馬はかなり致命傷で、後半の挽回は不可能と思ったほうが良い。有馬では力のある
先行馬ばかりなので、止まらない


残り1000m地点で加速。前が強いと一緒に加速するので簡単に差が縮まらない。
(05年ディープインパクトはこれでハーツクライに負けた)

4角で馬群が縮まると、内に馬が集中するので、後ろからインをつくと前が壁になる
可能性がある。(06年のポップロック)

差し馬は少なくとも4角から直線を向いた時点であまり離されては届かない。実質
3角から4角にかけてマクリ。(07年ディープインパクト、09年ドリームジャーニー)
後方一気は不可能

逃げ馬は08年のダイワスカーレットだけ。ダイワスカーレット以外は前が総崩れで
アドマイヤモナークが飛んできた。
逃げ馬は、ダイワスカーレット級の脚が必要・・・って、アレは特別か^^;。

直線は310m。前にいる馬達の戦いとなるが、最後の坂でやはり止まる馬がいる
ので、体力と最後のキレは必要。

コーナーを6回通過するのでなるべくロスない競馬が出来る騎手の腕も必要。
乗り替わりはリーディング上位もしくは地方・外人以外は難しそう。

12レースを見たが、瞬発戦6、平坦戦6と拮抗。流れによってどちらにも転ぶ。

どんな展開になるか、本番にならないと分からない。2500mの長丁場を色々と
考えて騎乗するため、騎手の腕も大切。

コース本に86年以来16番枠の連対が無いと書かれているが、未だ無し。
15番枠でも89年のイナリワン以来、連対はおろか馬券にもからまない。

有馬=馬の能力騎手の腕枠番

で考える必要がありそう。難しいレース。


理想は・・・

〇内枠で、さっと先頭集団内につけて後続を離し3角でスピードアップ。そのまま
 内を回り、後続を寄せず先頭集団から抜け出す末脚を持った馬。鞍上はリーディ
 ング上位か外人。







Last updated  2010.12.23 20:01:51
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.12
カテゴリ:重賞予想
◎14番ダンスファンタジア

 前走の赤松賞は圧勝。東京の坂を持ったままで先頭に立つとそこから
 追い出して後続をよせつけない競馬。これは強いと思いました。
 力の全てを発揮していなくともこの競馬。まだ伸びしろを感じます。

 関東馬は阪神JFは輸送で辛いといいますが、昨年のアパパネのように
 この馬も栗東留学しています。
 
 お母さんがG1馬ダンスインザムード、マイルでは強い競馬をしています。
 今回鞍上が武豊騎手となったのもこのコースでは心強いと思います。

 癖のある馬では無いので、ある程度先行して最後まで力を出せれば載冠
 あると思います。



人気のレーヴディソールは牡馬と戦って勝利。この時期牡馬との対戦は
斤量もあまり変わらないので厳しいのですが、強い勝ち方をしました。

ただし大外ブン回しで器用さに欠けるところかある気がします。ブエナビスタ
のように派手に追い込んでこることもアリですが、やはり2歳では心配です。
(と思って、ブエナを外した経験あり^^;)



面白いのは5番のフォーエバーマーク。逃げは通用しない気がしますが
前走は最後まで頑張りました。1600mは初めてですが、母父ダンスインザ
ダーク。最後までドキドキさせてくれそうです。


阪神競馬場が改装されて以降、素晴らしい牝馬達がこのレースから現れて
います。毎年出てくるとは思えませんが、春のクラッシックに向けて
楽しみなレースとなりました。

私の厩舎からの出走があれば、もっと盛り上がるのですが^^;






Last updated  2010.12.12 14:17:57
コメント(2) | コメントを書く
2010.11.21
カテゴリ:重賞予想

一昨年のマイルCSで京都の芝1600mについて、こんなことを書きました。

【京都芝1600m
>マイルCSはBコース使用。スタート後3角までは702mと長い。逃げ・先行馬は
>どの枠でも前に行ける(内に切れ込む必要がない)ので激しい先行争いになる。
>バックストレッチの途中から3.9mの上り坂。距離が長ければここで後続は差を
>詰めるが、マイルなので前の馬も一気に駆け上る。

>3角から4角にかけて下り坂。条件戦であれば後続はここで差を詰めてくるが、G1
>では前がなかなか止まらない。

>直線は403m。長いので後続の馬でも差しが届く場合があるが、あまりアテに
>できない。
>直線向いて少なくとも中団につけていたい。前で粘る馬と3角過ぎて内/外から
>前に進出した差し馬との対決。

>マイルCSと1000万のレースを比べてみましたが、ちょっと同じにしてはいけない
>ような感じ。G1だからなのかも知れませんが、マイルCSは一切淀みのない厳しい
>レース。全てが平坦戦になっています。

>京都の2000m、2200mにも共通しますが坂の下りから4角過ぎて広く長い直線
>で、実力あれば前は止まらないし、後ろからの差しも届く。

>ただし、デュランダルとハットトリックは特別。あの脚を持った馬がいるのか?
>居ても前で粘れる馬は残る気がします。

>マイルCSは厳しいレースを経験した馬が勝利に近い気がする。天皇賞組が好走するの
>は実力もそうだけど、厳しいレースを最近経験済みだからかも。G1好走馬が条件。

>馬場は特にどこが悪いという感じではないようです。


そして、昨年はこんなことも

>この中で2つポイントがあります。

>1.マイルCSは一切淀みのない厳しいレース。全てが平坦戦
>  過去のマイルCSは全て瞬発力ではなく、最初から最後まで厳しい流れの平坦戦
>  末脚だけではクリアできないコース。

>2.厳しいレースを経験した馬が勝利に近い
>  G3レベルで勝ち負けの馬では到底勝ちきることができないレース。


この2つのポイントから◎カンパニー、○マイネルファルケとなって美味しい馬券
を手に入れました。今年も通用するのかな?

まずは、平坦戦で過去5走連対した馬は
--------------------------------
 <六甲S(OP)>▼3-△4-△9平坦戦
 スマイルジャック

 <安田記念(G1)>
 ショウワモダン

 <富士S(G3)>▼4-△1-△10平坦戦
 ダノンヨーヨー、ライブコンサート

 <桜花賞(G1)>▼3-△0-△11平坦戦
 オウケンサクラ

 <パールS(準OP)>
 テイエムオーロラ

 <ポートアイランド(OP)>△0-▼3-△3平坦戦
 ダノンヨーヨー

 <六波羅特別(1000万>▼4-△9-△3平坦戦
 ダノンヨーヨー

 <カシオペアS(OP)>▼3-△6-△2平坦戦
 トゥザグローリー

 <青葉賞(G2)>▼3-▼2-△4平坦戦
 トゥザグローリー

 <白百合S>▼2-△2-△2平坦戦
 ワイルドラズベリー

 <スプリンターズS(G1)>△3-▼1-△7平坦戦
 キンシャサノキセキ

 <阪神C(G2)>▼2-△8-△1平坦戦
 キンシャサノキセキ

 <スワンS(G2)>▼3-△3-△3平坦戦
 キンシャサノキセキ

 <京成杯AH(G3)>▼2-△1-△5平坦戦
 キョウエイストーム
--------------------------------

こうしてみると、人気ですがダノンヨーヨーとキンシャサノキセキは
平坦戦巧者ですね。意外とトゥザグローリーも得意なようです。

昨年に比べると平坦戦で好成績を残している馬が多いです。今年は昨年以上に
厳しいレースになるのではないでしょうか?


では、秋に厳しいレース(G2以上)を戦って連対した馬・・・

<サンチャリオットS(英G1)>
サプレザ

<スプリンターズS(G1)>
キンシャサノキセキ


上記から考えると

○サプレザ
○キンシャサノキセキ
○ダノンヨーヨー
○トゥザグローリー

となります。

これって、鞍上が全て外人!!
(決して、そこから入ったわけではないですが^^;)

外人box馬券でもいいかな^^;

では、予想です。(=´ー`)ノどうぞ

◎17番キンシャサノキセキ

 スプリントのG1を2勝。マイルの成績はそれ程際立っていませんが、
 掛り癖がある馬で、それをカバーするために1400m以下を使って
 いました。

 3歳時に06年NHKマイル(G1)で3着。南半球生まれ3歳のハンデがあって
 だったので、今後マイルでの成長を楽しみにしていました。
 07年のキャピタルS(op)で人気のエアシェイディを破って勝利し、これから
 と思ったところで、掛り癖で人気の割に実力が出ない、そんなはがゆい思いを
 していました。

 昨年の阪神Cで大きく出遅れてからの差し脚は、まだ距離伸びて十分と思わせる
 競馬でした。

 前走は出走取り消し明けでしたが、後方から良く追い込んで3位入線。
 (降着で2着にくりあがり)
 G1という大きい舞台では格がものを言うといわれています。この馬の
 力を出せれば、ここでも十分勝機があると考えます。

 頑張れキンシャサ!!







Last updated  2010.11.21 15:50:39
コメント(2) | コメントを書く

全570件 (570件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 57 >


© Rakuten Group, Inc.