545852 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ナルトーンの大好き!競馬ブログ

PR

X

全570件 (570件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 57 >

重賞予想

2010.11.07
XML
カテゴリ:重賞予想
昨日は夜ずっと日本シリース゛を見ていたので予想できず。今日も午前中は出かけていて
何もできなかったので、直前ですが予想だけ上げます^^;

◎7番ダイシンオレンジ
 
 アンタレスSの回顧では、こんなことを書いています。

 >押して出たがすぐに控えて中団内追走。そのまま3角内を通して、コーナー
 >リングで前に進出。4角馬群を通して、4角出口から追い出し。直線で先頭とは
 >3馬身半の差だったが、馬場の中央を力強く抜けてゴール。

 >京都は本当によく走る。いつもは前に行くが速いと思って中団に控えた競馬で
 >最後の脚が残っていた。コース取りも完璧! 強い競馬を見せた。

 夏をお休みしてここからスタートでも、得意の京都アンタレスSの走りは、今回の
 メンバーでも通用すると考えます。


人気のトランセンドは藤田騎手がハナを取るレースをするかどうかによりますが
前に行く馬も多いので、厳しい展開となりそうです。もちろん強い馬ですが、ポカも
あるので。

キングスエンブレムは、前走強い競馬でした。しかし2着に来たラヴェリータが
JBCの速い流れについていけなかったように力が必要とされるレースが得意の気
がします。

本当はワンダースピードに頑張って欲しいのですが、前走からは厳しいです。


JCDに繋がる競馬になるといいですね。






Last updated  2010.11.07 15:19:37
コメント(0) | コメントを書く


2010.11.06
カテゴリ:重賞予想
昨年までは「トパーズS」の名前で11月末に開催されていたレースが
JCDに向けて名前を変えて今年から重賞に昇格。

過去3年はロングプライド、エスポワールシチー、シルクメビウスといった3歳の
有力馬が優勝。今年は3歳の上がり馬が居ないので寂しいですが、JCDに向けて
楽しみな一戦です。

まずはコースから。

春先にアンタレスSで考えましたが、秋の馬場でもう一度。

【京都ダ1800m

2010年

 10/10平城京S(準OP)稍重 前49.2-後48.5 ▼3-▼3-△12平坦戦
  3番アドマイヤシャトル(1人気)差し
   後方追走。3角手前から外をまくり気味に上がっていき4角外に出すと
   前とは6馬身差。馬場の外を良く伸びてゴール板で前を捕らえる。

 10/24京都クラウンP(準OP)良 前50.1-後49.0 △5-▼1-△5平坦戦
  3番ドリームライナー(1人気)先行抜け出し
   押して前に出て2番手追走。直線で抜け出すとそのままゴール。

2009年
 10/18愛宕特別(1000万)良 前47.8-後49.8 ▼4-△1-△0平坦戦
  16番フサイチピージェイ(1人気)逃げ切り
   外から押してハナを切る。縦長の隊列。そのまま直線を向くと直線で
   後続を振り切ってゴール。

 10/25観月橋ステークス(準OP)良 前48.0-後49.7 ▼4-△2-△9平坦戦
  3番アドバンスウェイ(1人気)逃げ切り
   スタートで押してハナを切る。そのまま直線向くと後続を離して楽々ゴール。

 11/07花背特別(1000万)良 前48.4-後50.5 △0-△2-△1消耗戦
  7番チャームナデシコ(1人気)差し
   中団追走。そのまま馬群を通すと直線前とは3馬身差。馬場の真ん中を
   伸びてゴール。

 11/15ドンカスターS(準OP)稍重47.7-後49.8 △0-△0-△6消耗戦
  16番フサイチピージェイ(1人気)逃げ
   外から押して前に。1角でハナを取ると縦長。4角から追い出すと後続
   を突き放して楽々ゴール。

 11/21トパーズS(OP)良 前47.7-後49.6 △2-△0-△2消耗戦
  1番シルクメビウス(4人気)外差し
   後方追走。前が一団で中団、後方と3つのダンゴに分かれる。3角過ぎて
   内を回して前に進出。4角外に出すと外から一気に前を飲み込んで差し切り。
   「これは強い競馬っ!」とアナ。

 11/29北國新聞杯(1000万)良 前48.0-後49.6 ▼2-△3-△0平坦戦
  5番ピイラニハイウェイ(5人気)先行抜け出し
   中団内追走。一団で隊列伸びず。3角で先団が5頭になってその内。4角内を
   通して直線前が壁なので外に出すと、馬場の2分どころを伸びてすがるタマモ
   クリエイトを寄せ付けずゴール。

2008年
 10/26観月橋ステークス(準OP)稍重 前48.6-後50.0 △1-▼10-△9瞬発戦
  13番トーセンアーチャー(3人気)先行
   中団外やや前を追走。4角外からまくり気味に前に出て直線先頭に立つと
   抜けてゴール。

 11/08花背特別(1000万) 前48.8-後48.3 ▼4-△1-△5平坦戦
  12番メイショウエンジン(3人気)まくり
   中団外追走。隊列はそれ程伸びず。3角過ぎて外からまくりで前に行って直線
   前とは1馬身差。そこから馬場の3分どころを伸びてゴール。

 11/16ドンカスターS(準OP)良 前48.8-後49.5 △1-△1-△2消耗戦
  8番エプソムアーロン(2人気)先行
   スタート良く出て2番手追走。前が飛ばして縦長。直線前2頭フサイチピージェイ
   と叩き合いになるがゴール前でわずかに前に出てゴール。

 11/24トパーズS(OP)稍重 前48.9-後49.9 △1-△3-△6消耗戦
  11番エスポワールシチー(1人気)逃げ
   スタート良く出て内に入れてハナをとる。隊列は縦長。直線から追い出すと
   そのまま後続を離して逃げ切り。

 11/30北國新聞杯(1000万)良 前48.7-後50.4 ▼1-△1-△9平坦戦
  5番ピエナポパイ(1人気)差し
   後方3番手追走。3角外から前に出てまくり気味に上がって行くが4角で外に
   振られて前とは5馬身差。そこから外を良く伸びて差し切り。
  

 スタンド前からスタート。1角までは286mと短い。外の馬はかなり勢い
 をつけないと1角で振られて前に出ることができない。

 向正面から3角までは登り。馬群が伸びても3角で再び差が無くなる。
 しかし、3角を頂点としてそこから下りでスピードアップ。
 後ろから上がってきた馬も4角で外に振られると直線でまた差がついて
 しまう。

 直線は329m。短くはないのだが4角で後方の馬が振られてしまうと、
 前につけた馬の独壇場。大外一気は皆無。差し馬は内を上手く回すか、
 メイショウエンジンのように4角まくりで直線前くらいの勢いが必要。
 前崩れはない。

 条件戦は、コース特性から前傾ラップ。人気薄でもハナを切ればチャンスが
 あるからだろう。しかし、準OP以上は割と平均ラップになることが多い。
 
 外を回す差し・追込み馬はスローにならないと外を回しても結局届かない競馬に
 なってしまう。前が速い時は洋ナシ。

 逃げ・先行有利。

 差すなら内枠で4角内から前に出るか、スローに限って外まくり。






Last updated  2010.11.06 11:48:50
コメント(0) | コメントを書く
2010.11.01
カテゴリ:重賞予想
今週はJRAの前競走の前に交流重賞G1、JBCがあります。
持ち回りでG1が行われ、なんとも楽しいG1です。今年は南関東の船橋競馬場
開催。JRAも見習ってほしいですね。

ちなみに、来年の高松宮記念は小倉ではなく、阪神だそうでがっかりです。小倉で
G1見たかったなぁ~。

JBCは、クラッシックとスプリント。距離は決まっていなくて、その競馬場に
合わせた格好になります。船橋ではクラッシックが1800m、スプリントが
1000m。ダート1000mのG1なんて、JRAでは考えられません(+_+)。
ダートスプリンターにも愛の手を!です^^;

前置きが長くなりましたが、クラッシックが行われるコースをみます。船橋の
ダート1800mは、交流重賞日本テレビ盃とクイーン賞が行われます。この
2つのレースを参考に考えます。

【船橋ダ1800m

2010年
 09/23日本テレビ盃(G2)稍重 47.3-後48.5 ▼1-▼2-△4平坦戦
  10番フリオーソ(1人気)先行抜け出し
   少しヨレたが、あまり押さずとも先頭に立ちそのままハナを切るが、1角
   で内から来たトランセンドがハナを取ると2番手追走。割と前がごちゃつく
   中、3角からスピードアップで4角トランセンドと並んで直線。すぐに前
   を交わすとそのまま後続を離してゴール。

2009年
 09/23日本テレビ盃(G2)良 前47.4-後50.6 △1-△4-△3消耗戦
  12番マコトスパルビエロ(2人気)先行抜け出し
   外から前に出て1角で内から前に出た馬が前に出て2番手追走。前が一団で
   3角過ぎてフェラーリピサとマコトスパルビエロが前に出て一旦はフェラーリ
   ピサが内から抜けたが、最後にフェラーリピサの脚が止まったところを交わ
   してゴール。
   
 12/09クイーン賞(G3)稍重49.6-後51.8 ▼1-△7-△7平坦戦
  10番ユキチャン(1人気)先行
   スタートで前に行って先団4番手外追走。3角外から前に出て2番手。
   直線で先頭に立つと粘るテイエムヨカドーと並んでゴール。

2008年
 09/23日本テレビ盃(G2)不良 前46.0-後49.0 △0-△0-▼10瞬発戦
  8番ボンネビルレコード(1人気)向正面まくり
   中団追走。縦長の展開。向正面で前に出て行って、3角で先団に取りつくと
   4角で前とは2馬身差。直線前にいたフリオーソとの一騎打ちとなるが最後
   もうひと伸びで勝利。 
 
 12/10クイーン賞(G3)不良 前48.1-後48.9 △4-△1-△7消耗戦
  13番ヤマトマリオン(2人気)先行
   外から前に出て3番手追走。スローで前が一団。3角過ぎてから追い出すと
   ユキチヤンと並んで2頭のたたき合いを僅かに制する。


2007年
 09/24日本テレビ盃(G2)良 前49.9-後50.1 △0-△5-▼1平坦戦
  8番ナイキアディライト(2人気)先行抜け出し
   2番手追走。3角でハナに立つと突き放して勝利。

 12/05クイーン賞(G3)稍重48.0-後51.0 ▼1-△5-△3平坦戦
  11番ホワイトメロディ(2人気)先行抜け出し
   外から前に出て2番手追走。人気のメイショウバトラーが飛ばす。そのまま
   ついていき、4角で並ぶと直線抜け出してゴール。

2006年
 09/23日本テレビ盃(G2)良 前47.7-後50.7 ▼2-△0-△1平坦戦
  6番シーキングザダイヤ(1人気)先行抜け出し
   ゆったりとした流れで3番手追走。向正面で馬群が詰まる。3角で前を交わして
   先頭。そのままゴール。

 12/06クイーン賞(G3)稍重 前48.9-後51.0 △2-△3-△2消耗戦
  11番レマーズガール(4人気)先行抜け出し
   2番手追走。かなり前が飛ばして3番以降は7馬身後方。直線で前を交わすと
   伸びて楽々ゴール。

2005年
 09/23日本テレビ盃(G2)良 前48.6-後50.8 △4-△1-△2消耗戦
  4番サカラート(1人気)先行抜け出し
   2番手追走。ナイキアディライトが粘るが、残り200mで突き放すとそのまま
   ゴール。

 12/15クイーン賞(G3)良 前49.1-後52.1 ▼2-▼5-△5瞬発戦
  6番グラッブユアハート(1人気)先行抜け出し
   4番手追走。一頭が飛ばすが後ろはダンゴ。4角で前に出ると独走で勝利!


楽天のコース説明を見ると
>距離とスピードの克服がカギの“中間距離”
>船橋の外回りダート1,800mは、4コーナー側にあるポケットが発走地点。マイラーにと
>ってはプラス1ハロンの克服が、長距離馬にとっては距離短縮によるスピードへの対応
>が求められる微妙な距離といえる。
と書いてある。

4角ポケットからのスタート。1角までは割と長く400m弱くらい。激しい先行争そい
という感じではないが、先団に取り付かないと後が苦しい。枠はどこからでも前に行ける
が、ハナに立つなら内が有利。

向正面では早めの逃げで無ければ割と前がダンゴで状態で進む。3角から後ろの馬が
上がって来るが、後方からのまくりは無理。先団もペースが速くなるので、後方からでは
前に出られない。

ゴールまでの直線は306m。強い馬が前にいるとお手上げ。差しは絶対無理。
4角で前と差の無い位置で無い限り、先頭でゴール板は駆け抜けられない。

11レースを見たがそのうち8レースが「先行抜け出し」。同じ映像を何度も
見せられている気がしました。逃げ馬の勝ちはゼロ。一番人気のメイショウバトラー
フエラーリピサが差されている。人気馬が逃げたとしても、ぴったりマークして
行けること、カーブでスピードが落ちないので、前の馬の力を測りながら後続がスパート
をかけるからだと考えます。

交流重賞なので、JRA馬が先団を形成してしまうことも理由のひとつでは
あるのですが・・・

極端なスパイラルカーブだからという理由もあります。

スパイラルカーブとは?

>入口から出口にかけて半径が小さくなる複合曲線によって構成されるコーナーのこと。
>進入時(1コーナー、3コーナー)にゆるやかで、徐々に2コーナー、4コーナーになる
>につれてきつくなるため、コーナー進入時はスピードを落とさずに進入でき、徐々に
>コーナーがきつくなるので外に膨らみやすく、最後の直線で馬群がばらけやすいと
>いわれている。(Wikiより)

コーナー入口でスピードを落とす必要がないので、後方から勢いつけて
まくると外に振られてしまいます。前は飛ばすが、後ろは外を回して飛ばすことが
出来ないので差が縮まりません。

◎先行有利
▲逃げは割引
×差し&まくり不可能

唯一まくって行ったのはボンネビルレコード。向正面まくりはあの馬ならではの競馬
なので一般的には通用しないでしょ^^;

面白いのは、日本テレビ盃で極端に前が早い時(08年、09年)は、ボンネビルと
マコトスパルビエロという「キレはないが、ながーーーくいい脚を使う馬」が
1番人気(フェラーリピサ、フリオーソ)を負かしています。

極端に速くなると、そんな馬が台頭してくるコースです。






Last updated  2010.11.02 05:20:28
コメント(2) | コメントを書く
2010.10.31
カテゴリ:重賞予想
最後に騎手の得意・不得意を見て予想をあげます。

☆以下のデータは競馬インジケータの「各騎手の得意不得意」を参考にナルトーンが
 集計したものです。(2008/10~2010/09までのデータで1番人気を除いて集計)

天皇賞騎手.png

外人2人は良いですが、騎乗回数が少ないので何とも言えません。
ただし、内を突く競馬をするので、東京競馬場では何度も外人騎手の
パフォーマンスを見ている気がします。

印をつけた騎手で問題ありそうな人も居ないので、予想です(=´ー`)ノどうぞ

◎2番ブエナビスタ

 やはり女王に逆らうことはできませんでした^^;。春のヴィクトリア/宝塚
 ともに本調子では無かったと思うと、夏に休養して回復すれば、この馬がやはり
 一番。内枠を引いたのもコース検討で書いた「内枠の差し馬」として上手く
 乗れそうです。

 人気のアーネストリーは前に居ますが、相手は外にいると思うので、ここは
 4角で内から前進して、直線ラチ沿いを突き抜ける競馬(宝塚のように)
 をスミヨン騎手とともにお願いします。


アーネストリーは強いです。ただし、宝塚でブエナビスタに負けたこと。東京で
勝ち鞍が無いことも気になります。もちろん今年の成長株ですから、そんなことを
吹き飛ばしてくれる競馬が見れると思っています。

シンゲンは個人的に勝ってほしい馬です。でも、足元の不安がある馬はやはりマイナス
要素があります。前走の勝ちが逆に不安材料となります。割と外目の枠も気になって
評価を下げました。

面白いのがジャガーメイル。昨年の秋天ではライバルのスクリーンヒーローが2着。
2頭のライバル関係は大好きでした。東京に強い馬だし、昨年のスクリーンヒーロー
のように一発あっても良いと考えます。京都記念ではブエナビスタと同じ競馬を
していた馬。2000mは短いと思えません。

嵐の去った東京競馬場。重発表ですがどこまで回復するのでしょうか。毎年楽しみに
しているレース。激戦を期待します!






Last updated  2010.10.31 10:43:34
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:重賞予想
個別にみていきます。

凡例:○単勝候補、△紐で一考、×馬券対象外、☆初騎乗、★過去騎乗あり

×1番ショウワモダン 牡6 58 柴田善臣 杉浦宏昭
  まさかの連闘^^;。前走前に行っていいとこなし。今回は下げると思うが距離
  的にも不安。

○2番ブエナビスタ 牝4 56 ☆C.スミヨン 松田博資
  横山騎手に変わってから先行出来るようになった。春は海外帰りで十分では
  無かったにも関わらず、ヴィクリアマイルで勝利→宝塚2着は素晴らしい。
  特に宝塚では内から抜け出たところは、以前までの不器用さが無くなり、
  コースで考えている内から抜けることができるのではないか。

△3番ジャガーメイル 牡6 58 ☆D.ホワイト 堀宣行
  秋天も勝てば春秋連覇。京都記念では休み明けで海外遠征前のブエナビスタと
  ほぼ同じ競馬が出来た。東京コースは得意だし、外人の内枠は要注意!

△4番エイシンアポロン 牡3 56 蛯名正義 岡田稲男
  毎日王冠回顧
  >ロケットスタートでハナを切る勢いだったが、内で抑えて4番手追走。
  >そのまま4角内を通すと、直線馬場の2分所を追い出し。すぐに先頭に立つと
  >最後まで頑張ったがゴール前で交わされた。
  内で最後まで粘る競馬ができれば、いい枠を引いたのでここでも面白い。

×5番オウケンサクラ 牝3 54 ☆北村宏司 音無秀孝
  秋華賞回顧
  >スタート良く出て3番手追走。4角出口から追い出すが、伸びはいまひとつ。
  >復活まで時間がかりそう。
  調子がいまひとつ。相手強化で厳しい。

△6番スマイルジャック 牡5 58 三浦皇成 小桧山悟
  毎日王冠回顧
  >スタート良く出て先団外追走。直線は馬場の真ん中に出して残り300mまで
  >持ったまま。追い出して突き抜けるかと思ったが、案外伸びず。

  >「勝つ!」と思ったんですけどねぇ~^^;
  >マイルの流れに慣れてしまって前に行って仕舞が甘くなった。1F延長がこた
  >えた、と言うのは簡単ですが、残り300mまでの絶好の手ごたえを見ると、
  >キレを殺される馬場と休み明けかな、と思います。こういう馬は次に走るので
  >注意したいと思います。
  富士Sに出てくれば◎だったんですが、ここではさすがに厳しいかな。マイラーでも
  ダイワメジャー、カンパニーといった面々が優勝しているので問題ありません。
  ただし、天皇賞秋の前には実績を積んでいたし前走では素晴らしいパフォーマンス
  を出していました。それに比べるとやはり落ちます。頑張りを期待したいです。
  
×7番ペルーサ 牡3 56 安藤勝己 藤沢和雄
  毎日王冠回顧
  >大きく出遅れ。離れた最後方。直線まだ最後方で、外から上がり一番時計で
  >追いこむが前とは差がありすぎた。

  >アオるような感じのスタート。元々スタートが良い馬ではないが、ゲート難は
  >癖になるし大きなマイナス。内が開いていても外を回すのは馬の性格か。
  >力があるのは良く分かっているので、マイナス部分を矯正してほしい。
  内枠で出遅れはマイナス。後方一気は厳しいコースなので、スタートが悪いと
  買えない。

×8番シルポート 牡5 58 酒井学 西園正都
  >スタートで押してハナを切る。そのまま直線先頭だったが残り400mで
  >並ばれると、抵抗できなかった。

  >得意コース&距離だったが、残念な結果。最後は止まった感じではなかった
  >ので、調子が上がってくればOPクラスで。
  G1はさすがに厳しそう。

×9番トウショウシロッコ 牡7 58 吉田豊 大久保洋吉
  オールカマー回顧
  >下げて後方2番手追走。4角持ったまま馬群を通して直線で前とは2馬身差。
  >最後の坂から追い出し。良く伸びたが前に届かず。

  >前走に続いていい競馬。かなり体調がいいのか追い出しは200m地点から。
  >G1では少し足りないけど、G3クラスであれば次は楽しみ。
  東京も走る馬。ただしG1という舞台ではやはり足りないかな。

○10番シンゲン 牡7 58 藤田伸二 戸田博文
  オールカマー回顧
  >まずまずのスタート。中団内を追走。4角も内を通して、4角出口残り
  >400mから追い出し。直線も内を良く伸びてゴール。
  >4度の骨折を克服してG2勝利。お見事でした。藤田騎手もコースロス無く
  >好騎乗でした。
  >少しクビが高い走法。シャドーロール、マツリダゴッホを思い出します。
  >でも、この馬東京でも走るんですよね^^;
  >天皇賞(秋)に向けて好発進。
  昨年は天皇賞で骨折。それから1年近い休養を経て復活。7歳というとネヴァブ
  ションと同じ。走っていない分若く感じるし、力もある。内に上手く入れられるか。

×11番アクシオン 牡7 58 ☆武豊 二ノ宮敬宇
  札幌ではアーネストリーに完敗。宝塚ではブエナ以下に完敗だとここでは
  厳しい。

○12番アーネストリー 牡5 58 佐藤哲三 佐々木晶三
  宝塚、札幌ともにラップギアでは平坦戦。金鯱賞は瞬発戦を上がり1番時計
  で勝っている馬。先行して最後も伸びる力はハイペースで威力を発揮する。
  東京での勝ち星が無いことが気になるが、母父がトニービンで東京大好きの血
  はある。死角は少ない馬。

×13番ヤマニンキングリー 牡5 58 吉田隼人 河内洋
  札幌で負けたメンバー相手では・・・

×14番ネヴァブション 牡7 58 ★後藤浩輝 伊藤正徳
  毎日王冠回顧
  >スタートで押したが前に行けず後方追走。4角内を通してアリゼオの後ろ
  >ラチ沿いを上がって来るが差は縮まらなかった。

  >斤量差を考えれば、負けたとはいえ力のあるところを示した。調子はいいので
  >距離伸びればまだまだ重賞で勝ち負けの馬。
  人気のシンゲンと同じ年でもこちらはずいぶん走ってきたなぁ~という感じ。
  最後のキレが無いのでどうしても善戦マンとなってしまう。今回は相手が強い
  ので厳しいか。

△15番スーパーホーネット 牡7 58 藤岡佑介 矢作芳人
  安田記念回顧
  >後方4番手追走。そのまま4角外を回すと直線外から良く伸びたが、前には
  >届かず。

  >前走さっぱりで、予想ではまだ時間がかかると思いましたが、実力の片鱗は
  >見せました。関係者の努力が実ったのではないでしょうか。G1で2着4回。
  >シルバーコレクターとならず、金賞をぜひっ!
  強いが後方脚質が災いする馬。頑張ってほしいですが、ここで外枠で後ろは
  辛いか。

×16番キャプテントゥーレ 牡5 58 小牧太 森秀行
  朝日CC回顧
  >スタートで押さなくともスッとハナを取る。そのまま4角内を通して、
  >直線を向くと直線で小牧騎手が後ろを確認してから追い出し。さらに差を
  >広げて楽々ゴール。

  >競る馬もいなかったし「勝ってください」と言わんばかりの競馬。小牧
  >騎手も直線向いて勝利を確信したのではないでしょうか。次の本番でこの
  >レースができるかどうかはありますが、最近は強い逃げ馬がいないので
  >この馬の一発も期待したいですね。
  今回逃げるのはシルポートと考えると2番手追走。隣が人気のアーネストリー。 
  自分のペースにならいない厳しいかな。

×17番コスモファントム 牡3 56 松岡正海 宮徹
  ダービー回顧
  >スタート良くハナに立つ勢い。ハナはアリゼオに任せて3番手追走。4角内を
  >通したが、外から交わされると抵抗できず下がってしまった。力不足。  
 
  ダービー惨敗後、休養してぶっつけがここはさすがに厳しいと思う。

×18番アリゼオ 牡3 56 福永祐一 堀宣行
  毎日王冠回顧
  >中団内追走。少しかかり気味。4角内を通すと、直線追い出し。内が
  >ぽっかり空き、内に進路をとる。残り400mで前とは1馬身差まで接近。
  >そこから前のエイシンアポロンとの叩き合いを制する。

  >馬ゴミを気にするので逃げて成績を残したが、今回は中団につける競馬。
  >かかり気味ではあったが、長くいい脚を使っていた。もともと力はあると
  >思っていたので、この競馬が出来ると今後が楽しみ。
  大外枠は、掛り癖のあるこの馬にとって良くない枠。内で溜めることができない
  し、下げるとかなりロスが出るのでやはり行くと思う。逃げ切るのも辛いので
  今回評価を下げた。

○は、ブエナビスタ、シンゲン、アーネストリーと人気によってしまった。
△は、ジャガーメイル、エイシンアポロン、スマイルジャック、スーパーホーネット。

騎手をみて予想をあげます。






Last updated  2010.10.31 10:10:28
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.24
カテゴリ:重賞予想
◎1番ヒルノダムール 牡3 57 藤田伸二 昆貢

 トライアル勝ち馬2頭は強い。ただし、キレという武器だけでは勝てない
 のが菊花賞。皐月賞で大外まわして最後上がってきた脚、若葉Sで内をついて
 ペルーサと並走して同じ競馬が出来たこと、札幌記念では最後脚を余した
 レースでも、まだまだ伸びる気配を感たこと、等このレースに向いていると考え
 ました。この馬にとって距離延長は良いと思います。

 鞍上も今年の万葉Sをトウカイトリックで勝った藤田騎手。内枠を引いたのは
 馬にとっても、騎手にとっても大きいと考えました。

 それ程速いペースでなければ、内でしっかり脚を溜めて、3角外に出して
 800mのロングスパートが出来そうです。

 父マンハツタンカフェは中距離以上で活躍。今回ダンスインザダークや母に
 サッカーボーイ、リアルシャダイの馬もいないので長距離砲として期待します。


ローズキングダムは強いです。ここを勝って春の悔しさを晴らすことが出来るか
楽しみではあります。ただし器用さが無いのと反応が鈍いところがあるので
追い出しタイミングが重要。その分少し評価を下げました。武豊騎手は十分承知だと
思います。どんな競馬になるのか注目ですね。

クォークスターもトライアルでは藤岡騎手の見事な手綱さばきでした。長くいい
脚を使うので菊花賞向き。ただし、関西方面での実績が無いのが不安材料。

面白いのがアロマカフェ。こちらもマンハッタンカフェ産駒。距離延長は良いと
思います。各馬検討に書いたように、最後までねばるのはこの馬かと思います。
ただし外枠はやはり心配。

昨年はダンスインザダーク丼。今年はマンハッタンカフェ丼を狙ってみますか^^;






Last updated  2010.10.24 12:53:01
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:重賞予想
【各馬検討】

凡例:○単勝候補、△紐で一考、×馬券対象外、☆初騎乗、★過去騎乗あり。

○1番ヒルノダムール 牡3 57 藤田伸二 昆貢
  札幌記念回顧
  >スタートで躓くもすぐにとりついて中団追走。4角出口から追い出して
  >最後伸びるが、前に届かず。
  レースを見ると直線は長いほうが向いている。ダービーはキレ勝負で負けて
  しまったが、力勝負になれば楽しみ。長くいい脚が使えるので、脚の使いどころ
  がカギ。

△2番レーヴドリアン 牡3 57 福永祐一 松田博資
  神戸新聞杯回顧
  >後方追走。3角外から前に進出。4角まくり気味に追い出して直線外から追い
  >上げるも、前と脚色変わらず。
  4角まくりは、菊花賞向き。追込み一手だと少し厳しいかも。

○3番クォークスター 牡3 57 藤岡佑介 堀宣行
  セントライト記念回顧
  >後方2番手追走。3角外を回して追い出し。さすがに逃げ馬とは直線で差が
  >ついたが、2番手追走馬からは4馬身差。直線坂を苦にせず一気に上がって
  >差しきり。

  >2着が続いていたが、末脚確かな馬。今回も残り600mから追い通しでも
  >最後脚が残っていたので、本番が楽しみ。タキオン産駒なので長距離どうか
  >はあるけど、この馬は面白い。鞍上がテン乗りでも追い出しバッチリ。
  長くいい脚が使えるのは菊花賞向き。アグネスタキオン産駒で3000mは
  どうかとも思うが、ダイワスカーレットが中山の2500mで勝っているので
  ダメとも言えない。藤岡騎手がどんなレースをするか楽しみ。

×4番ネオヴァンドーム 牡3 57 ☆武幸四郎 藤原英昭
  神戸新聞杯回顧
  >スタート良く2番手追走。3角手前で先頭に立つと直線先頭のまま追い出すが、
  >坂でピタッと止まってしまった。
  >きさらぎ賞のあの脚は復活しないのかな。楽しみにしていたけどまだ時間がかかり
  >そうです。
  前走みる限りはまだ時間がかかりそうなのでパス。

×5番シルクアーネスト 牡3 57 松山弘平 池添兼雄
  古馬OP好走組みに比べると少し落ちるのでバス。

×6番ビッグウィーク 牡3 57 川田将雅 長浜博之
  神戸新聞杯回顧
  >スタートで前に出てハナをきる。ゆったりとしたペースで向正面まで。3角手前で
  >外から馬が来ると行かせて3番手。4角内を通して直線いったん先頭に立つが
  >上位2頭とは力の差があった。

  >良くがんばった。、最後は少し苦しそうだったので距離はあまり伸びないほうが
  >いいかもしれない。
  距離延長はどうかな?

×7番ミキノバンジョー 牡3 57 太宰啓介 大橋勇樹
  セントライト記念回顧
  >スタート良く出て先団追走。3角過ぎて2番手まで進出。4角手前から追い出すが
  >直線残り200mで力尽きて下がってしまった。
  >前が崩れたレースで最後まで良く頑張った。力はありそう。
  ハイペースについていったが、最後は力尽きた。距離延長はどうかな。


×8番トレイルブレイザー 牡3 57 ★和田竜二 池江泰寿
  中山の重2500mを勝ちあがって来た馬。かなり体力はありそう。キレが無いので
  京都の馬場はどうか。少しクビが高く中山阪神向きかな。

×9番シルクオールディー 牡3 57 四位洋文 昆貢
  神戸新聞杯回顧
  >そろっとしたスタートで中団追走。3角過ぎて手が動く。4角外に出すが伸びず。
  >期待したけど、最後伸びず。展開が合わなかった。残念な結果。
  ここでは厳しそう。


○10番ローズキングダム 牡3 57 武豊 橋口弘次郎
  神戸新聞杯回顧
  >スタート良く出て先団内追走。3角で外から各馬上がっていっても我慢の競馬。
  >そのまま4角内に入れて、直線でさらに内に切れ込む。直線内回りとの合流点から
  >追い出し。
  >少し内が狭いので馬場の2分どころに出すと隣にエイシンフラツシュ。叩きあいに
  >なったが、最後まで抜かせずゴール。

  >+22キロと大幅に馬体重を増やしてきたが、このレースをみる限り成長分か。
  >前半スローのヨーイドンだったので、評価しづらいが、叩いて上昇も見込まれる。
  >本番はハイペースになりそうなので、どんな競馬になるのか不安と期待のレース
  >でした。
  この世代ではトップの力があると思う。ただし器用さが無いので皐月賞では
  残念な結果となった。春のクラッシックに人気に答えられず、ここで一発は
  ダンスインザダークを思い出す。回顧でハイペースと書いたのは、ヤマニンエルブ
  が出ると思ったから。ハイペースで無ければキレ勝負。果たして、ローズはダンス
  になれるのか?

×11番リリエンタール 牡3 57 ★安藤勝己 藤沢和雄
  距離延長は良さそうだけど、スピードが無いのでこのメンバでは前が速くならないと
  厳しそう。

×12番ビートブラック 牡3 57 ★幸英明 中村均
  前走はやや重でハイペース。全馬脚が止まった中最後までバテずに上がってこれた。
  ただスピードは全くないので、体力だけでは難しそう。

×13番ゲシュタルト 牡3 57 池添謙一 長浜博之
  セントライト記念回顧  
  >スタートよく前に行って2番手追走。4角から追い出すが、直線全く伸びず。
  >叩いて良くなるタイプだとしても負けすぎ。時間がかかりそう。
  前走からの立て直しが出来たかどうか。ここは様子見。



×14番コスモラピュタ 牡3 57 津村明秀 高橋祥泰
  今回逃げるのはこの馬だとすれば、やはり菊花賞では買いづらい。

△15番トウカイメロディ 牡3 57 吉田隼人 後藤由之
  長距離に絞って使ってきた。問題は小さい馬なので斤量負担が大きいこと。
  53キロから一気に4キロ増はどうか。少し不安で△まで。

×16番カミダノミ 牡3 57 小牧太 森秀行
  今回は前に行けないので下げる競馬になりそう。勝つには神頼み?

△17番アロマカフェ 牡3 57 ★柴田善臣 小島太
  セントライト記念回顧  
  >スタート良く出て前に行くが、内で抑えて先団追走。4角内を通して直線
  >ラチ沿いをあがってくるが、前に届かず外から差されて3着。

  >春のクラッシックを棒にふって、ラジNIKEで勝利。以前青葉賞の回顧でこんな
  >ことを書きました。

  >>先団内追走。4角内を通すが、少し下がってしまい中団。しかし直線は
  >>バテずに内で粘ってゴール。
  >>人気はなかったのですが、長い距離が向いているみたい。長距離で活躍
  >しそうな馬。

  >今回+12キロでバテずに速い流れをこなしたのは、力のある証拠。菊花賞でも
  >いい競馬がみられそうです。キレ勝負になると厳しいですが・・・
  長距離はいいが、外枠に入ってしまったのが残念。勝ち負けまでは厳しくても
  最後まで残る力はありそう。

×18番サンディエゴシチー 牡3 57 浜中俊 作田誠二
  神戸新聞杯回顧
  >始終掛かってしまいました(>_<)。残念。
  菊花賞は掛る馬にとって鬼門。馬の能力よりそちらを治すほうが大切。

○は、ヒルノダムール、クォークスター、ローズキングダム
△は、レーヴドリアン、トウカイメロディ、アロマカフェ

うーむ、トライアル勝ち馬はやはり強いです^^;ただ、必ずしもトライアルの
脚質が合っているとも言えないのが菊花賞。もう少し考えて予想あげます。






Last updated  2010.10.24 12:29:38
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.23
カテゴリ:重賞予想

一昨年コース検討しましたが、リニュ-アルします。

京都3000mは菊花賞と正月の万葉S。この2レースをみてみます。

【京都芝3000m

2010年
 ○万葉S 良 前61.1-中64.3-後61.4 △6-▼3-△3平坦戦
  6番トウカイトリック(2人気)外差し
   中団後方追走。3角手前から手が動いて前に行き、4角外から前に出すと
   直線で前とは4馬身差。馬場の真ん中を一番人気モンテクリスエスと
   一緒に上がって最後まで抜かせずゴール。

2009年
 ○万葉S 良 前63.9-中65.0-後59.4 ▼4-△3-△3平坦戦
  4番ニホンピロレガーロ(4人気)差し
   後方2番手だが、7頭立てのスローで一団の競馬。3角入口からじわっと
   前に出て4角で3番手。直線で前とは3馬身差だが、馬場の真ん中から
   最後際どく差してゴール。スローのヨーイドンを制する。

 〇菊花賞 良 前59.9-中63.2-後60.4 ▼3-△8-△0平坦戦
  1番スリーロールス(8人気)先行抜け出し
   好スタート、少し掛り気味を抑えて先団追走。リーチザクラウンが飛ばすと
   4番手内追走。向正面でリーチザクラウンが15馬身くらい離して行くが
   3角で5馬身まで縮まり、4角内を通すと直線でリーチザクラウンとは1馬身
   差。そこから追い出し、馬場の真ん中に進路を変えて追って来るフォゲッタブル
   を抑えてゴール。

2008年
 ○万葉S 良 前63.3-中65.1-後59.2 ▼4-△0-△5平坦戦
  6番トウカイトリック(1人気)差し
   スタートは出負け。後方内追走。ゆったりとした流れ。向正面も一団。
   坂の下りで一気にスピードアップ。それでも全体が一斉に追い出すので全体の
   距離が詰まるが順位はそれ程変わらず。真ん中を通って直線で前とは4馬身差
   そこから馬場の真ん中をいい脚で上がってゴール。2着は外に出して凄い脚で
   上がってきたダークメッセージが来るが届かず。最後のキレ勝負。

 〇菊花賞 良 前58.8-中66.7-後60.2 ▼5-△6-▼4瞬発戦
  14番オウケンブルースリ(1人気)4角まくり
   ノットアローンが暴走気味に飛ばす中、中団後方追走。向正面縦長。3角で
   馬群が縮まると4角外から追い出し、まくりで前に出る。直線大外をいい脚
   で上がって最後まで止まらずゴール。
   

2007年
 〇万葉S 稍重 前61.7-中63.0-後62.6 ▼3-△2-△1平坦戦
  2番バイロイト(2人気)差し
   後ろから3番目で追走。マチカネウマジルシが逃げるが,残りは割りとダンゴ
   状態4角入り口で一気にスピードアップ。早めに抜け出し最後はトウカイ
   トリックと並んでゴール。

 〇菊花賞 良 前60.7-中63.6-後60.8 ▼4-△3-△8平坦戦
  10番アサクサキングス(4人気)先行抜け出し
   前から5番手追走。前4頭が飛ばすので2番手集団の先頭。ホクトスルタン先頭で
   向正面。隊列変わらず割と縦長。坂の下りで前に進出。直線で2番手まで進出。
   そこから馬場の真ん中を伸びる。先頭のホクトスルタンは残り50mで後退。
   前を交わしてゴール。2着は直線でアサクサキングスの後ろにつけたアルナス
   ライン。

2006年
 〇万葉S 良 前63.2-中62.7-後59.7 ▼3-△0-△7消耗戦
  1番ファストタテヤマ(4人気)大外一気
   後方を追走。向正面では2つに馬群は分かれるが、坂の登りでぎゅっと縮まる。
   4角手前から外に出して大外を一気に差す。

 〇菊花賞 良 前58.7-中63.5-後60.5 ▼7-△3-▼6瞬発戦
  18番ソングオブウインド(8人気)4角まくり
   後方3番手追走。向正面でアドマイヤメインが12馬身差の大逃げ。4角で多少
   つまるもまだ7馬身差。そこから外を回って(実質4角まくり)ドリームパス
   ポートとソングオブウインドが強襲。差し切ってゴール。

2005年
 〇万葉S 良 前64.3-中65.5-後59.3 ▼1-▼5-△5瞬発戦
  3番アイホッパー(1人気)差し
   後方を追走。たんたんとした流れで2週目の坂を上る。下りで速くなり直線で
   外に出して最後の脚で抜ける。

 〇菊花賞 良 前61.2-中63.4-後60.0 ▼1-△1-▼5瞬発戦
  7番ディープインパクト(1人気)差し
   シャドウケイトとアドマイヤジャパンが飛ばす。中団で控えて4角で外に出し
   馬場の真ん中を力強く上がってくる。2着はインで粘ったアドマイヤジャパン。


最初の3角までが217m。かなり短いのでハナを切る馬は外枠不利。もちろんスタート
が悪い馬も。ここで力を使って前に出ると長丁場、終いがきつくなる。

逃げ・先行なら内~中が良い。問題は2角を過ぎた後の向う正面の馬群。縦長になると
最後方の馬はかなり脚を使う必要があり、逆転が厳しくなる。2004年はまさにそれで、
馬群が長いまま、岩田デルタブルースが坂の登りでスパート。こうなると後ろの馬は
飛ばしても最後届かず終い。

ところが、スローのまま4角に突入すると4角出口は広いので大外から一気の差しが
決まる。どちらのパターンか考える必要があるが後者のほうが多い。それでも前が離
していれば、前残り(アドマイヤジャパン)はある。

ここ10年菊花賞で逃げて馬券にからんだのは、
〇2001年10番マイネルデスポット(11人気 2着)
〇2006年5番アドマイヤメイン(3人気 3着)

の2頭。長丁場で目標・ペースメーカーにされるとやはり厳しい?差し馬有利か。

前で行くのか、後ろで行くのか悩ましい選択。ただし、4角最後方はやはり届かない。
実質4角まくり

ペースが速く向正面で縦長 → 後ろからの追い込み不可能。先行馬有利
ペースが遅く向正面で一団  → 馬場の真ん中~外の直線一気の差し馬有利

今年はコスモラピュタが逃げると思いすますが、ペースはどうでしょうか?

 







Last updated  2010.10.23 22:46:36
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.17
カテゴリ:重賞予想
騎手の得意・不得意みて予想あげます。

☆以下のデータは競馬インジケータの「各騎手の得意不得意」を参考にナルトーンが
 集計したものです。(2008/10~2010/09までのデータで1番人気を除いて集計)
秋華賞騎手.png



2000mという距離は意外と得意・苦手が出るコース。以前岩田騎手が
全然ダメだったコースでもあります。(今は克服)

蛯名騎手いいですね。一方、内田騎手、武豊騎手のようにリーディング上位でも
人気馬でないとなかなか苦戦しているようです。

では、予想です。(=´ー`)ノどうぞ

アパパネ

 一番人気だし、面白くないのですが^^;掛っても強い馬と言えばダイワスカーレット。
 あの馬は、秋華賞でも掛っていましたが最後まで脚色衰えず。逃げたことで色々
 と当時は言われましたが、結果は古馬になってついてきました。
 ウオッカも掛り癖があって、四位騎手はなだめる競馬。それを解放したのが武豊騎手。
 古馬での活躍はご存知の通り。

 掛っても強い馬は実力がまだ発揮できていない馬。にもかかわらずG1を勝って
 しまうのは、他の馬と一線を画すものだと考えています。

 今回も外で掛る可能性はありますが、一叩きした効果と最後が坂の下りなので
 あまり抑えずに行ければ強い競馬がみられると思います。


アニメイトバイオは楽しみです。春は馬体重の増減が激しく、安定していない馬
でしたが、前走を見ると「ずいぶん強くなったな?元々強かったのか」と思いました。
フロックではなく、栗東留学の効果だと思います。ここでまたアパパネを破ることが
あれば、牝馬NO.1の座もアリです。ただしアパパネと比べて◎はまだかなと
考えて次点。

ワイルドラズベリーは、やはり大外回しが気になります。上がりだけの競馬では
スイープトウショウの力が必要。そこまで池添騎手が手ごたえを感じているのか
な?

紫苑S組みは毎年不調ですが、今年はコスモネモシンとディアアレトゥーサが
楽しみです。ハイペースを前で頑張った2頭。最近関東馬が強くなりつつあるので
昔程、ダメなレースでは無くなってきていると思います。

牝馬3冠、最後の一冠は誰の手に届くのでしょうか。楽しみですね。






Last updated  2010.10.17 09:51:15
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:重賞予想
当日となってしまいましたが、各馬検討してから予想をあげたいと思います。

コースは昨年考えました。

>1角までの直線が309m。短いほうなのでポジション取りが激しいとかなりテンが
>速くなりハイペース。先行馬は内が良いがスタートが悪いともまれて下がるし、外だと
>距離損がある。馬群は伸びる場合もあるしダンゴのまま行く場合もある。

>坂の登りで馬群が縮まり、後ろの馬は外に出してマクリ気味に上がってくる。
>4角で勢いがつきすぎると外の馬は振られてコースロスあり。

>芝が良く最後の直線は328mなので前残りが基本のハズだが、芝が良く前半ハイ
>ペースだと前崩れもある。展開ひとつでどのようにでも変わるコース。

>06年のカワカミプリンセスは4角手前でアサヒライジングに並びかけたが外を回った
>ため直線を向いて3馬身差がついた。そこから力で上がってきたがとても上手い騎乗
>と思えない。
>05年のエアメサイアは、一旦ブレーキをかけて鋭角的に曲がって直線で爆発。
>このへんは騎手の腕・馬の器用さの違いか。

>ラップギア的にも消耗戦~瞬発戦までレースによって変わる。

>とにかく4角で前とどれだけ差をつめるか。4角で外に振られず前に行けるか
>が重要なコース。
ペースや騎手の腕が勝負に影響してくる難コース

ということを考えて、各馬検討。


【各馬検討】

凡例:○単勝候補、△紐で一考、×馬券対象外、☆初騎乗、★過去騎乗あり

×1番レディアルバローザ 牝3 55 幸英明 池江泰郎
  ローズS回顧
  >先団外追走。そのまま前で直線向くが、坂で止まってしまった。
  まだ力不足

×2番ベストクルーズ 牝3 55 ☆三浦皇成 松田博資
  前走は札幌で1000万を勝ちあがり。少し下げて中団から外に出して差し切り。
  良い競馬だったが、力の要る馬場のほうが合っていそう。

△3番ショウリュウムーン 牝3 55 四位洋文 佐々木晶三
  オークスで◎を付けた馬。クイーンSでは、内に入れて四位騎手にしては珍しい
  内差しを試みたが、前に馬がいて最後は追えず。アプリコットを追撃していただけに
  惜しい感じ。相変わらず競馬が下手^^;。
  原石の輝きはあるんだけど、なかなか磨きがかからない感じ。力はあると思う。

△4番アプリコットフィズ 牝3 55 武豊 小島太
  クイーンSでは、外から積極的に行ってそのまま押切り。抑えきれない感じも
  あったが、武豊騎手が上手くエコートした感じ。アグネスワルツがいるので
  この馬と2頭が前に行きそう。
  

△5番サンテミリオン 牝3 55 ☆藤岡佑介 古賀慎明
  オークス回顧
  >スタートでは後ろになってしまったが、下げずに1角外を回しても中団につける。
  >3角過ぎて後方集団の外から前に行って、4角外から追い出し。外からアパパネ
  >が来ても、並んでそのまま並走。最後まで力衰えず。

  >予想で「坂の上りが苦手」と書いたが、全然違った^^;。これが5走目で
  >成績が4-0-1-0だから、まだまだ底が見せていない感もある。
  ぶっつけ本番、初コース、は予定通りだとか。ただし乗り替わりは予定外。
  調教では少しクビをふる仕草もあって、どうかな?

△6番コスモネモシン 牝3 55 ☆和田竜二 清水英克
  紫苑S回顧
  >スタートまずまず。内に入れて中団5番手追走。そのまま4角内を回して
  >直線追い出す時に上位馬2頭に前をカットされる。仕方なく外に持ち出すと
  >前とは2馬身差。そこから差を詰めることが出来なかった。

  >夏のクイーンS勝ち馬アプリコットフィズに勝ったこともある馬。力は
  >あるが、今回は直線前をカットされたことが全て。スピードに乗れない
  >まま、終わってしまった。調子は良さそうなので、ここを練習と考えれば
  >本番では力を発揮しそう。石橋脩がもっと頑張らないと^^;
  石橋騎手から和田騎手に変更。調子は良いので楽しみだが、ごちゃつくと
  前回同様のことも考えられる。器用さはいまひとつ。

△7番レインボーダリア 牝3 55 ☆秋山真一郎 二ノ宮敬宇
  札幌で牡馬相手に1000万を勝利、夏の上がり馬。レースでは反応良く最後まで
  伸びていた。トライアルを使わず、ここにぶつけてきたが初輸送もあってどうか?

△8番オウケンサクラ 牝3 55 内田博幸 音無秀孝
  ローズS回顧
  >スタート良くハナに立つ勢い。前を譲って先団内追走。直線内回りとの合流点
  >から追い出し。坂の手前まで前にいたが、坂で下がってしまった。

  >今まで坂に強い馬と思って◎をつけたが、今回はさっぱり(>_<)。
  >うーん、どうなんだろう。ペースが速いと厳しいのかな。今までの競馬と
  >違うので、評価しづらい。次走変わり身あるのか?
  調子がいまひとつなのかな。どこまで立て直しているかだが、前走から
  成長含めて疑問。


×9番アグネスワルツ 牝3 55 柴田善臣 宮本博
  ローズS回顧
  >スタート良く出て2番手追走。そのままの体勢で直線を向いて追い出し。
  >前のトゥニーポートを交わすかと思ったが、伸びずに後方からの馬にどんどん
  >交わされてしまった。

  >休み明けで+12キロ。重かったのかもしれないが、坂に行く前に止まって
  >しまったので、調子はまだまだという感じ。本番までに調整が上手くいくか
  >心配。
  逃げ馬不在なので行くのはこの馬か?。最後止まってしまったので距離延長は
  不安。

○10番アニメイトバイオ 牝3 55 後藤浩輝 牧光二
  ローズS回顧
  >スタートは良かったが、行かずに中団追走。3角過ぎて馬群が詰まってそのまま
  >4角馬群を通して直線。前とは4馬身差だったが、馬場の3分どころ、直線残り
  >100mでぐいっと伸びて差しきり。

  >毎度馬体重が安定しない馬だったが、今回は栗東留学の効果か、増減なし。
  >最後の伸びは、すばらしかった。ただし、追ってからエンジンがかかるまで
  >多少時間がかかるのかな。本番は坂のくだりで上手く乗れれば面白い。
  ローズSで見せた力は本物。今回も栗東留学で体調は万全。アパパネに勝って
  いるので、もういっちょう狙っていると思う。

×11番エーシンリターンズ 牝3 55 福永祐一 坂口正則
  ローズS回顧
  >後方3番手追走。4角外に出して直線から追い出し。よく伸びてきたが、後ろから
  >来たワイルドラズベリーに差されてしまった。

  >好走するけど一歩足りない馬。どこかで重賞勝ちそうだけど、G1ではどうかな。
  いま一歩足りないかな。

×12番アンティフリーズ 牝3 55 松岡正海 坂口正則
  夏の上がり馬だが、京都は4戦して0-0-0-4。坂がないとだめかも。

△13番ディアアレトゥーサ 牝3 55 ☆安藤勝己 畠山吉宏
  紫苑S回顧
  >スタート良く出たが、少し抑えて中団外追走。4角持ったまま馬群を通して
  >出口から追い出し。反応良くすぐに前に出ると、そのまま馬体を併せた
  >クラックシードに抜かせずゴール。
   
  >500万を勝ってここに臨んだが、人気どおりの競馬が出来た。クビが
  >高く。中山・阪神向きだと思う。それでも反応の良さと勝負根性があるので
  >本番でも頑張れそう。
  クビが高いのは中山・阪神向き。最後まで良く頑張っていたので、ここで
  アンカツさんに替るのは面白い。

×14番タガノエリザベート 牝3 55 ☆小牧太 松田博資
  ローズSは見どころなし。

○15番アパパネ 牝3 55 蛯名正義 国枝栄
  ローズS回顧
  >スタート良く出るが、今回も掛ってしまった。なだめつつ先団追走。4角馬群
  >を通して、直線で前とは2番馬身差。直線追い出すと、少し狭いところを割って
  >残り200mから一旦抜けるが、最後は差し馬に屈した。

  >今回も掛ってしまった。+24キロ、差し馬台頭のレース。しかし、直線で
  >狭いところを抜け出る根性と、鞍上の指示にすぐ反応するセンス。
  >一旦先頭に出る力はやはりただものではない。

  >今までも掛ってG1を勝ってきた馬。普通に走ったらどんだけ強いのか。
  >叩いて上積みもあるので、順調であれば、秋華賞では重い印を打ちたい。
  馬体重増と掛ったことが敗因だが、掛るのはいつも通り。桜花賞もトライアル
  で負けているように、目標はここ。ローズS以降もずっと栗東留学を続けている
  ので輸送の心配もない。反応が良く、前にも行けるのは秋華賞向き。


×16番クラックシード 牝3 55 ☆吉田豊 鈴木康弘
  紫苑S回顧
  >後方3番手追走。4角持ったままで外を回して一旦は勝ち馬の前に出るが
  >内から再度差されて差がつくとその差が縮まらなかった。

  >前が速かったこともあって、4角から楽な手ごたえで上がってこれた。
  >直線で前に出た時は「おっ!」と思ったけど、差し返されても抵抗できた
  >ことは、通ったコースを考えれば力差はない。
  ハイペースを後ろから差してきた。最後まで粘っていたところは評価できるが
  展開が向いた感じもするのでパス。


△17番ワイルドラズベリー 牝3 55 ★池添謙一 中尾秀正
  ローズS回顧
  >後方2番手追走。4角内を回して出口外に出すが外から寄られて少し内に進路
  >変更。内も狭いので外に持ち出すと良く伸びて追い込むが、わずかに届かず。
   
  >溜めて最後にかけたアンカツさん。見事的中だったが、直線入り口でモタモタした
  >分差がついてしまったか。
  >最後の伸びは良かった。それより、昨年のブエナビスタからアンカツさんの追込み
  >はどうもモタモタしている気がする。迷いがあるのかな? 

  >京都でこの戦法は厳しいので、本番でどんな乗り方するか楽しみです。
  >+20キロを成長分と考えると、かなり力をつけてきたかもしれない。
  ローズSでは一番強い乗り方をした馬。ただし、後ろからの戦法は内回りでは
  厳しい。アンカツさんから池添騎手になったので、やはり大外回しかな。
  短い直線でどこまで前に迫れるかだが、どうだろうか。

×18番プリンセスメモリー 牝3 55 ☆浜中俊 高橋義博
  オークスからぶっつけ本番。さすがに厳しいか。

○アニメイトバイオ、アパパネ
△ショウリュウムーン、アプリコットフィズ、サンテミリオン、コスモネモシン
 レインボーダリア、オウケンサクラ、ディアアレトゥーサ、ワイルドラズベリー

△多数^^;

騎手の得意・不得意みて、予想あげます。







Last updated  2010.10.17 09:33:22
コメント(0) | コメントを書く

全570件 (570件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 57 >


© Rakuten Group, Inc.