544485 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ナルトーンの大好き!競馬ブログ

PR

X

全326件 (326件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >

重賞回顧

2011.02.01
XML
カテゴリ:重賞回顧
【レース回顧】東京ダ1400m

 ティアップワイルド好スタート。中から人気のケイアイガーベラが前に出て
 ハナを切る。2番手アグネスジェダイ、つづいてエーシンクールディ。人気上位の馬も
 前を追走。4角もそれ程隊列変わらず、前は一団で直線。

 ケイアイガーベラ残り250mで後退、代わってエーシンクールディが先頭に
 立つが、すぐに馬場の3分どころをダノンカモンとセイクリムズン2頭が抜ける。
 最後は、セイクリムズンがダノンカモンを交わしてゴール。

【ハロンタイム】良 前35.2-後35.7 ▼1-▼2-△1平坦戦

 12.4 - 11.2 - 11.6 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.9

 過去の根岸Sに比べるとスローペース。最後は上がり勝負。東京で実績
 のある人気2頭の決着となった。        

【予想結果と上位馬回顧】
        
1着 1番セイクリムズン  牡5  57 幸英明  01:23.0 35.0  服部利之 2人気
   スタートはそれ程良くなかったが、抑えて中団内を追走。前にダノンカモン
   を見る位置で4角馬群を通すと、直線でタノンカモンと1馬身半差。前を行く
   ダノンカモンを残り50mで捕らえて最後は1馬身離してゴール。

   前走も強かったが、霜月Sで突き抜けた競馬が今回も出来た。あわてず
   最後の脚にかけた幸騎手と馬の力の勝利。東京は良く走る。

2着◎5番ダノンカモン  牡5  56 三浦皇成  01:23.2 35.4 池江泰寿 3人気
   先団外追走。そのまま4角先団外を回すと直線入り口から追い出し。直線
   良く伸びたが、勝ち馬のキレに屈した。

   セイクリムズンには負けたが、この馬も強い競馬をした。武蔵野Sでは
   残り400mから追い出し。今回はコーセー君が急いでしまったかもしれない。
   フェブラリーではもう少し流れが落ち着くので、この馬の逆転もアリか。
   楽しみです。

3着 11番ダイショウジェット 牡8 56 柴山雄一 01:23.7 35.4 大根田裕之 10人気
   中団馬群の中追走。4角も馬群を通すと、直線残り200mで上位2頭以外の
   脚が止まっても、この馬だけ止まらない。最後はエーシンクルーディを交わして
   3位入線。

   東京ダートは直線が500m。最後の200mの攻防を制する馬が勝利に
   近い。この馬は東京ダ1400mが合っているんでしょう。久々に強い
   競馬をしました。東京コースでは気にしないとね^^;

4着 9番エーシンクールディ 牝5 54 クラストゥス 01:24.0 36.4 大久保龍志 8人気
   先団外追走。持ったまま4角から直線。残り400mから追い出すと、最後
   交わされたが、良く粘っていた。

   武蔵野Sでは逃げていいところが無かったが、今回は直線最後まで良く
   伸びていた。重賞でここまで出来たのは次に繋がると思う。調子がいいので
   次も楽しみ。
   
 ~以下回顧対象外(勝ち馬から1.2秒超差)…ですが、印をつけた馬は回顧^^;~

5着 3番ティアップワイルド 牡5  56 石橋脩  01:24.3 36.7  西浦勝一 5人気
   スタート良く出て先団内追走。4角内の利を生かして前2番手まで出るが
   直線向いて下がってしまった。

   短距離でないと厳しいのかな。中山で鋭い差し脚を見せたが、東京では不発と
   いうパターンの馬多いなぁ(/_;)。

6着 14番ワンダーポデリオ  牡7  56 吉田豊  01:24.4 35.7  藤岡範士 9人気
7着 15番ワールドワイド  牡5  56 松岡正海 01:24.5 36.1  橋口弘次郎 7人気
8着 6番ケイアイガーベラ 牝5  55 秋山真一郎  01:24.6 37.3  平田修 1人気
   スタートはそれ程でもなかったが、馬なりでハナを切る。直線から追い出すが、
   伸びずに下がってしまった。

   マリーンC、武蔵野Sのリプレイを見るような競馬。阪神で見せた、力強い
   走りが今回も見られませんでした。
   こうなると「輸送」「左回り」「内枠」どれが本当にダメなのか分かりません。
   分かったのは、次に阪神/京都なら”買い!"ということか^^;

9着 7番ビクトリーテツニー 牡7  56 後藤浩輝  01:24.7 35.8 森秀行  12人気
10着 13番タマモホットプレイ 牡10 57 武士沢友治 01:24.9 36.3 南井克巳 16人気
11着 10番スターボード  牡4  55 横山典弘  01:24.9 36.6  矢野英一 4人気
   中団追走。ダイショウジェットと一緒に上がって来るが、残り200mで
   離されてしまった。まだ重賞では力不足。これから頑張りましょう。

12着 2番ダイワディライト 牡7 56 北村宏司  01:25.0 37.1 二ノ宮敬宇  11人気
13着 12番サクセスブロッケン 牡6 58 内田博幸  01:25.1 37.0 藤原英昭 6人気
   押して・押して先団外追走。直線内田騎手が懸命に追うが伸びず。

   残念でした。強い6歳世代の代表になれる馬だっただけに、体調を整えて
   次にチャレンジして欲しいです。

14着 4番ガブリン  牡9  56 田中勝春  01:25.6 36.8  森秀行 15人気
15着 8番アグネスジェダイ  牡9  57 ベリー  01:25.7 38.3  森秀行 13人気
16着 16番スリーアベニュー 牡9 56 江田照男  01:25.9 36.6  小野幸治 14人気

【その他コメント】

上位2頭は強かったと思います。前に書いたようにフェプラリーSに繋がるか
微妙なレース。それでも、今年は中・長距離馬で順調に来ている馬が少ない
だけに、本番で好走もアリですね。






Last updated  2011.02.01 19:55:29
コメント(0) | コメントを書く


2011.01.23
カテゴリ:重賞回顧
【レース回顧】京都ダ1800m

 トーホウオルビス好スタート、追ってダイナミックグロウ。人気のマチカネ
 ニホンバレ、ダイシンオレンジも前に。前が飛ばして縦長の展開。1000m
 通過が60.8秒。

 4角手前でダイシンオレンジが前3番手まで進出。後方の馬も4角で前に来るが
 4角で振られて、隊列はまた伸びる。

 直線でダイシンオレンジが先頭に立ち、後続を離してこのままかと思ったが、
 外から並んで2頭がいい脚で追いこんで来る。インバルコとサクラロミオ。
 ゴール前際どく差をつめたが、なんとかダイシンオレンジが残った。

【ハロンタイム】良 前48.1-後50.7 △4-▼3-△5平坦戦

 12.1 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.7 - 12.4 - 12.8 - 12.5 - 13.0

 前が飛ばして、前傾ラップ。前にいた馬にとっては厳しい流れ。その中で抜け出した
 ダイシンオレンジは強い。後ろから来たインバルコとサクラロミオも強いが、レース
 の内容はダイシンオレンジが一番。

【予想結果と上位馬回顧】

1着◎3番ダイシンオレンジ 牡6 57 川田将雅 01:51.5 37.9 庄野靖志 2人気
   スタート良く出て3番手追走。前2頭が飛ばすので少し離れた3番手。
   4角楽な手ごたえで直線を抜くと追い出し。後続を離すとこのままと思ったが
   最後は際どい中残してゴール。

   だいぶ調子が上がってきた感じ。最後は詰め寄られたが、前傾ラップで
   乾いた馬場。最後までタレなかったことが良かった。キレ勝負は苦手。
   上位に強い馬がまだいるけど、下位には負けないってところかな^^;

2着 15番インバルコ 牡5 56 U.リスポリ 01:51.5 37.1 池江泰寿 3人気
   押して前に行こうとするが、1角でふられて後方追走。それでも押して3角
   外から前に進出。4角大外を回して、直線で前とは6馬身差。外からサクラ
   ロミオと一緒に上がって最後詰めるが及ばず。

   リスポリ騎手はスタートから最後まで追い通し。これが良かった。前走でも
   早め追い出しで長くいい脚を使った馬。予想で大外を回すと厳しいと書いたが
   大外を回してハナ差。これは力のある証拠。追える騎手なら次も楽しみ。   
   (日本人なら、岩田騎手か内田博騎手、または浜中騎手がいいなぁ~)

3着 14番サクラロミオ 牡6 56 藤岡佑介 01:51.5 37.1 羽月友彦 4人気
   内に入れて後方追走。4角馬群を通して追い出し。直線外に出してインバルコ
   と一緒に上がって来るが、最後は前に届かず。

   みやこSで見せた上がりはここでも健在。ただし最後はインバルコに競り負け
   してしまったので、重賞ではもう一つかな。  

4着 13番ピイラニハイウェイ 牡6 56 熊沢重文 01:51.7 38.0 池江泰郎 10人気
   スタート良く出て押して先団外追走。向正面でも気合いをつけてそのまま
   4角外から前に出て追い出し。直線で2番手で粘るが、外からの差し馬に
   屈した。

   後方からの競馬が多かったが、前に行って最後まであきらめない競馬ができた。
   重賞だと厳しいが、OPなら堅実。

5着 1番マチカネニホンバレ 牡6 56 安藤勝己 01:52.2 38.2 藤沢和雄 1人気
   スタートは良く出たが前には行かず、ダイシンオレンジを見る形で先団内
   追走。3角過ぎると鞍上の手が動くが、なかなか前に進まず。4角で外から
   来られると前に行くことができず、直線内を回すが、最後伸びず。

   前走休み明け+23キロで、今回+4キロ。金曜日輸送して工夫したけど
   体調管理が難しい馬なのかもしれない。残念な結果。

6着 4番バトードール 牡4 55 安部幸夫 01:52.4 38.4 池江泰寿 6人気
   積極的に前に出て先団追走。3角過ぎて追い出し。4角は馬群を通して
   直線向くが、最後伸びず。

   まだ力不足かな。

7着 12番タガノクリスエス 牝6 54 岩田康誠 01:52.5 38.3 松田博資 7人気
   中団外追走。4角まくり気味に上がって直線を向くが、伸びず。
   
   +20キロ重かったか。仕舞のキレは見られず。

~以下回顧対象外(勝ち馬から1.2秒超差)~

8着 16番ピースキーパー 牡6 56 幸英明 01:52.8 38.1 池江泰郎 11人気
9着 8番ロングプライド 牡7 56 国分恭介 01:53.2 38.5 小野幸治 13人気
10着 9番ボクノタイヨウ 牡6 56 吉田稔 01:53.3 38.4 白井寿昭 14人気
11着 10番ナニハトモアレ 牡5 56 池添謙一 01:53.3 38.8 鮫島一歩 8人気
12着 2番タマモクリエイト 牡6 56 和田竜二 01:53.6 39.4 小原伊佐美 12人気
13着 11番ダイナミックグロウ 牡7 56 小林徹弥 01:54.0 40.5 目野哲也 15人気
14着 7番トーホウオルビス 牡6 56 小牧太 01:54.1 40.9 谷潔 9人気
15着 6番ドリームライナー 牡5 56 武豊 01:54.2 40.4 池江泰郎 5人気
16着 5番メイショウシャフト 牡8 56 渡辺薫彦 01:55.3 40.1 高橋成忠 16人気

【その他コメント】

マチカネニホンバレは難しい馬だなぁ~。人気するけどピリっとしない感じ。
インバルコは、とにかくリスポリ騎手が追い通し。外人騎手はロス無く内を
回す騎乗をするけど、今回は「コースはどうでもいいから、とにかく追うこと」
って感じの騎乗。京都では鬼門の1角と4角大外回しでここまで来たのは
凄い。今後も「鞍上」次第で楽しみな馬です。






Last updated  2011.01.24 17:20:36
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.30
カテゴリ:重賞回顧
【レース回顧】中山芝2500m

 ドリームジャーニー出遅れ。ペールーサ普通^^;。押して外からオウケンブルースリ
 が前に行くのを、内からトーセンジョーダンが前に出てハナを切る。人気のブエナビスタ
 は中団やや後方。

 1000mが62.0秒と遅いペース。

 向正面でヴィクトワールピサが前に出て行き、トゥザグローリーと2頭並んで3角
 から4角を回す。直線ヴィクトワールビサ先頭。続いてトゥザグローリー、ペルーサ
 の3歳が前に出る。しかし外から矢のように飛んでくる馬1頭、ブエナビスタ!

 ゴールはヴィクトワールピサとブエナビスタ2頭が並んで入線。写真判定の結果
 ハナ差でヴィクトワールピサが残っていた。

【ハロンタイム】良 前48.4-中57.6-後46.6 ▼3-▼6-△7瞬発戦

6.9-11.4-12.0-12.3-12.7-13.4-13.5-12.3-11.5-12.0-11.7-11.1-11.8

 有馬記念としては前半かなりスロー。上がり勝負となったが、最後全てが
 11秒台で上がって来たヴィクトワールピサは力のあるところをみせた。
 普通は前残りになるハズを飛んできたブエナビスタ、恐るべしです。

【予想結果と上位馬回顧】       

1着◎1番ヴィクトワールピサ 牡3  55 デムーロ  02:32.6 34.6 角居勝彦 2人気
   無理に行かず内に入れて先団内追走。向正面でスローになったところで外から
   前に出してトーセンジョーダンと並び、3角から4角を通すと、直線入り口から
   追い出し。先に抜け出すと最後はブエナビスタの急襲をハナ差凌いでゴール。

   中山は皐月賞以来だが、本当に良く走る。というより予想で書いたように
   トリッキーなコースだけに、この馬の反応の良さが最大に生かせたのだと
   思う。それだけで勝てる有馬記念ではないですから当然力があってのこと。

   強い3歳世代のチャンピオンとなりました。今回出走取消となったローズ
   キングダムとともに、来年の競馬界を盛り上げてくれるでしょう。
   力ではまだブエナビスタが上ですが、成長を考えれば楽しみな3歳です。

2着 7番ブエナビスタ  牝4  55 スミヨン  02:32.6 33.8  松田博資 1人気
   普通に出て中団後方追走。向正面では後方の位置。3角過ぎて後方から前に
   詰めるが、4角馬群を通して直線外に出すと、勝ち馬とは4馬身半差。外から
   上がり33.8秒の鬼脚で上がってきたが、わずかに及ばず。

   負けて強し!と誰もが思ったのではないでしょうか。実はイメージとして
   2005年のハーツクライとディープインパクトのレースを考えて、
   ヴィクトワールピサに◎を打ちました。

   あの時は1/2馬身差。今回はハナ差という本当に分からない結果でした。
   改めてこの馬の強さを認識させられました。

   秋のG1で降着はあったにせよ1位入線。疲れとスミヨン騎手の丁寧に乗ろう
   という気持ちが、ハナ差になったのだと思います。東京競馬場であれば突き
   抜けていたでしょう。

   来年もこの馬を中心に(目標に)競馬が行われると思うと楽しみでいっぱい
   です。今年一年楽しませてくれて本当にありがとう。
  
3着 11番トゥザグローリー 牡3 55 ウィリアムズ 02:32.6 34.4 池江泰郎 14人気
   スタート良く出て押して前3番手追走。3角過ぎてから前にいたヴィクトワール 
   ピサの後ろにつけ、直線では1馬身差外から追い上げたが、半馬身及ばず。

   人気無はかったですが、勝ち馬より外を回したことを考えると力のあるところ
   を示しました。青葉賞2着の実績。ややクビが高いので、中山コースが合って
   いるのかもしれません。強い3歳の一角として力を示しました。来年も楽しみ
   です。

4着 14番ペルーサ  牡3  55 安藤勝己  02:32.7 34.4  藤沢和雄  3人気
   今回は普通に出て先団4番手追走。向正面では行きたがるそぶりも見せたが
   鞍上が抑えてポジションキープで内に入れる。直線から追い出すが、前には
   届かず。

   いつも出遅れ、大外回しだったが、今回は普通に出て内を回す競馬。溜めないと
   あの豪脚が発揮できないのかもしれないが、普通に出られたことは良かったの
   ではないか。もっと力をつけて、東京コースで末脚炸裂がみられそう。

5着 4番トーセンジョーダン 牡4 57 三浦皇成  02:32.9 34.9 池江泰寿 7人気
   積極策で前に行きハナを取る。先頭のままスピードを緩めたところで外から
   ヴィクトワールピサが来るのでスピードアップ。直線入り口まで頑張ったが
   勝ち馬に交わされると最後の坂では下がってしまった。

   有馬記念を逃げ切るのは難しいのだが、それに挑戦したコーセー君は立派。
   いつもと違う展開に戸惑ったと思うが、トーセンジョーダンも良く頑張ったと
   思う。人馬ともにこれで成長するといいな。

6着 5番ルーラーシップ 牡3 55 ルメール  02:33.0 34.4  角居勝彦 6人気
   出負け気味のスタート。後方追走だったが、正面スタンド前外から中団まで
   上がる。向正面でも外から前に出て先団に取りつくと、4角外から追い出し。
   直線では前と脚色が一緒になり差が縮まらなかった。

   最初の出負けで外を回らされたこと、途中で前に行ったことで最後はオツリが
   無かった。出遅れが悪い方に悪い方に流れてしまったようです。残念ですが、
   今回のことは忘れて、来年に期待しましょう。

7着 10番エイシンフラッシュ 牡3 55 内田博幸 02:33.0 34.2  藤原英昭  5人気
   出負け気味で後ろからの競馬。すぐに内に入れて中団後方でスタンド正面通過。
   向正面でも後方内。4角馬群を通して、直線外に出すとブエナビスタの後ろから
   追い出し。ブエナとの差は開いて前にも届かなかった。
  
   ブエナビスタ程ではなかったけど、末脚は健在。どうしても位置取りが後ろに
   なるので、前が残る展開では厳しいレースを強いられる。この馬も東京で
   見直し。

8着 2番ネヴァブション 牡7  57 後藤浩輝  02:33.4 34.8 伊藤正徳 12人気
   スタート良く出たが、ハナには立たず中団やや前を追走。4角から追い出すが、
   前についていくのがやっと。

   スローの瞬発力勝負はこの馬にとって厳しかった。

9着 9番ダノンシャンティ 牡3 55 ベリー 02:33.6 34.3  松田国英  10人気
   スタートはまずまずだったが、最初の3角あたりでは掛ってしまった。抑えると
   後方2番手。後方のまま4角内を回して直線少し狭くなったところ内にキレ込む
   が前とは差がついて万事休す。

   久々で掛るところもあったが、最後まで伸びていたので来年がんばろう。

10着 3番フォゲッタブル 牡4  57 岩田康誠  02:33.6 35.0  池江泰郎 13人気
   中団内追走。4角内を通して直線ムチを入れるが伸びず。

   スタートからクビを使って一生懸命に走る姿は好きです。昨年の調子まで上がって
   いないのかな。弟の後塵を拝したけど、使って良くなれば春の重賞でまた
   活躍するでしょう。

11着 13番オウケンブルースリ 牡5 57 横山典弘  02:33.7 35.4  音無秀孝 8人気
   スタートでハナを切る勢い。トーセンに行かせて2番手追走。4角では下がって
   しまい、最後も伸びず。

   横山騎手はオウケンでもハナ狙うんだ(*_*)。とビックリしました。この馬は
   長く脚を使うのだけど、先行は慣れていなかったなぁ。4歳牝馬と3歳に対抗
   できると思っているので、頑張ってね。

12着 8番メイショウベルーガ 牝5 55 蛯名正義  02:33.8 35.0 池添兼雄  9人気
   中団後方追走。4角外に出して行くが、直線を向いてまだ後方のまま。そこから
   伸びもいまひとつ。

   ここで大外回しの直線勝負は無理(>_<)。かなり使い詰めだったし、しばらく
   お休みしてね。池添騎手で再び・・・

13着 12番ドリームジャーニー 牡6 57 池添謙一  02:33.8 34.7 池江泰寿 4人気
   出遅れ。後方内追走。4角大外を回すと後方2番手。直線もそれ程伸びず。

   昨年は前崩れ。今年は前残りを考えるとあの位置では厳しかった。
   秋に順調さを欠いて、久々が+12キロ。調整不足だったかな。残念。

~以下回顧対象外(勝ち馬から1.2秒超差)~ 

14着 15番レッドディザイア 牝4  55 四位洋文  02:34.0 34.2  松永幹夫 11人気
15着 16番ジャミール  牡4  57 福永祐一  02:34.0 35.1  松元茂樹  15人気






Last updated  2010.12.30 18:12:34
コメント(2) | コメントを書く
2010.12.22
カテゴリ:重賞回顧
【レース回顧】中山芝1600m

 サダムパテック出負け。内からオースミイージーがハナを取るとシゲルソウサイが
 2番手追走。人気のサダムパテックは中団後方。それ程隊列は伸びずに3角へ。

 サダムパテックが外からまくり気味に前進。オースミイージー先頭のまま直線。
 残り200mで内からリアルインパクト、リベルタスが前に出る。しかし、最後
 外からグランプリボスが急襲してゴール。人気のサダムパテックは4着まで。
 

【ハロンタイム】良 前46.6-後47.3 ▼3-▼1-△4平坦戦

  12.2 - 11.0 - 11.5 - 11.9 - 12.0 - 11.7 - 11.6 - 12.0

  マイルらしい厳しい流れ。力の無い馬は最後脱落。結局京王杯2歳Sの
  1着・2着馬がワン・ツー決めたレース。例年通りマイラー向きのレース
  となった。

【上位馬回顧】

1着 11番グランプリボス 牡2 55 M.デムーロ 01:33.9 34.5 矢作芳人 5人気
   中団追走。4角で外にヨレてアドマイヤサガスの進路妨害^^;。
   直線馬群の中詰まったが外に出すと、残り200mを一番いい脚で上がって
   前を交わしてゴール。

   前走も最後の伸びは良かったし、レースもこの馬向きだった。今後はNHK
   マイルを目指すようなのでクラッシックには出ないけどマイラーとして
   頑張って欲しいです。矢作厩舎初のG1勝利。おめでとうごさいます。

2着 5番リアルインパクト 牡2 55 F.ベリー 01:34.0 34.8 堀宣行 4人気
   スタートまずまず。少し抑えて中団内追走。そのまま4角も内を通して
   直線はラチ沿いを伸びるが最後は勝ち馬に交わされてしまった。

   ロスを最小限に抑えた競馬。外人らしい騎乗でした。内を割って行く根性
   があるので、もう少し走りを覚えたら良くなりそう。この馬もマイルまで
   かな?

3着 2番リベルタス 牡2 55 福永祐一 01:34.0 35.0 角居勝彦 2人気
   スタート良く出て先団内追走。そのまま内を通して直線伸びるが、交わされて
   しまった。

   こちらもインを突く走りでロス無くまわりました。走りもスムーズだし、騎手の
   サインにも応えて走っていました。まだ力不足な点があるのかもしれません。
   成長を期待したいです。

4着 10番サダムパテック 牡2 55 C.スミヨン 01:34.1 34.9 西園正都 1人気
   アオる感じで出負け。後方からの競馬だったが押して中団後方まで上がると
   少し掛った感じで鞍上が抑える仕草。4角外からまくり気味に上がっくると
   直線で前とは3馬身差。直線伸びるもいま一つ。

   前半で体力を使ってしまった感じ。マイルの速い流れも合っていなかったかな。
   1800m以上で見直し。

5着 8番リフトザウイングス 牡2 55 ルメール 01:34.1 34.6 橋口弘次郎 3人気
   スタートで前には行けず、後方待機。4角外を回して大外から追い上げるが、
   前を行くグランプリボスと脚色が一緒になってしまった。

   外を回った分ロスが出てしまったが、最後の脚は勝ち馬に引けをとらない感じ。
   もう少し距離があったほうがいいと思うが、上位の中では強いレースをしたと
   思う。

6着 3番マイネルラクリマ 牡2 55 松岡正海 01:34.5 35.5 上原博之 7人気
   スタートで前に出て先団追走。直線も良くついていったが、坂でやや止まって
   しまった。距離は短いほうが良さそう。

7着 7番トキノゲンジ 牡2 55 安藤光彰 01:34.5 34.9 梅田康雄 16人気
   中団後方追走。4角内を回して、直線も前についていってそれなりに伸びていた。
   人気は無かったが、最後まで伸びていたのでマイルはOK。

8着 9番ロビンフット 牡2 55 後藤浩輝 01:34.6 34.9 堀井雅広 8人気
   今回も後方からの競馬。4角後方のまま内を回して直線馬場の真ん中に
   出すが、伸びはいまひとつ。

9着 1番オースミイージー 牡2 55 渡辺薫彦 01:34.6 36.0 沖芳夫 10人気
   スタートで押してハナを切る。そのまま直線を向くと残り200mまでは
   頑張ったが、坂で止まってしまった。距離長い。

10着 12番シゲルソウサイ 牡2 55 幸英明 01:34.6 35.9 湯窪幸雄 9人気
   スタート良く出たが抑え気味に2番手追走。4角から追い出すが、直線伸びず。

   いやー、いいなこの馬。前脚の掻き込み具合が素晴らしい。完全にダート向き
   です!
   芝で問題なしと幸騎手は言ってますが、ダートが絶対良いです!
   JCDを目指して欲しいなぁ~。


~以下回顧対象外(勝ち馬から1.2秒超差)~

11着 15番アドマイヤサガス 牡2 55 小牧太 01:34.7 35.5 橋田満 6人気
12着 6番タガノロックオン 牡2 55 田辺裕信 01:34.9 35.4 松田博資 15人気
13着 16番タツミリュウ 牡2 55 江田照男 01:35.1 35.6 矢野英一 12人気
14着 13番エーシンブラン 牡2 55 蛯名正義 01:35.3 36.3 坂口正則 13人気
15着 14番マジカルポケット 牡2 55 安藤勝己 01:35.7 35.5 領家政蔵 11人気
16着 4番ブラウンワイルド 牡2 55 浜中俊 01:36.3 37.4 坂口正則 14人気


【その他コメント】

勝ち馬がNHKマイル目標を宣言。やはり阪神JFと違って、このレースはマイラー
向き。逆にサダムパテックやリフトザウイングは距離伸びて見直してもいいと思います。

このレースを勝った馬が2歳の年度代表馬となるのはほぼ確実(G1だからね)です。
でも、クラッシックに繋がらないのが残念な気がします。
マイラーがダメというのではありませんが、2歳G1から3歳G1に繋がる牝馬の
ように、ここからクラッシックのスタートが始まる感じだと、来年楽しいんですけど
ねぇ~。

予想は上げませんでしたが◎リベルタスでした。予想時も「大物感」ある馬が見つからず
少し残念。今後の成長とこれから出てくるお馬さんにも期待していいかも^^;。

クリームソーダとか・・・
  誰も期待してねーよっ!!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!






Last updated  2010.12.22 20:13:34
コメント(0) | コメントを書く
2010.12.14
カテゴリ:重賞回顧
コースが改装されてから、後のクラッシックを占うレースとなった阪神JF。
今年も強いお馬さんが居たのでしょうか。振り返ります。

【レース回顧】阪神芝1600m

 バラっとしたスタート。人気のレーヴディソールはいつも通り、ダンスファンタジア
 は出遅れ。先に行ったのはフォーエバーマーク。すぐに抑えきれない感じでピュア
 オパールがハナを叩く。割とスローの中、3F過ぎて外からダンスファンタジアが外
 から前に進出。

 一団で4角を回ると、内を通したマルモセーラが先頭だが、残り200Mで中と
 外から一気に前に襲いかかり、外後方から上がって来た人気のレーヴディソールが
 差し切ってゴール。

【ハロンタイム】良 前48.5-後47.2 ▼10-▼5-△4瞬発戦

 12.5 - 11.2 - 12.1 - 12.7 - 12.7 - 11.7 - 11.2 - 11.6

 後傾ラップのスロー。掛る馬多数^^;

 本来だったら前残りでも良いのだが、前にいた馬は1600m未経験馬ばかり。
 結局力のある馬が力を出したということか?
 

【予想結果と上位馬回顧】

1着 11番レーヴディソール 牝2 54 福永祐一 01:35.7 33.9 松田博資 1人気
   スタートはまずまず。前回のように下げずに前に。3F過ぎたところで少し
   掛ったかクビを上げる仕草。すぐに落ち着いて、4角馬群の外を通すと、直線
   前とは3馬身差。そこから外をいい脚で上がって、ゴール前で前を交わして
   ゴール。

   この馬のいいところは四肢の伸びが素晴らしいこと。クビが高いので、もう少し
   クビが使えるとさらに良くなると思う。まだ課題はあるが、この中ではやはり
   強かった。

2着 4番ホエールキャプチャ 牝2 54 池添謙一 01:35.8 34.1 田中清隆 4人気
   スタート良く出て先団内追走。そのまま内で我慢。4角で少し置かれた感じも
   あったが、コーナーリングで前に進出。直線では少し狭くなったところを割って
   出てくると最後まで良く伸びて2着確保。

   前走は追い込んだ競馬だったが、今回は前の競馬。逃げて勝ったこともある馬
   なので先行したほうが良い気がする。2歳らしからぬ競馬をした。レース運び
   が上手いし、距離伸びても良さそう。クビの使い方は勝ち馬より上手。力が
   つけば楽しみ。

3着 18番ライステラス 牝2 54 M.デムーロ 01:36.0 34.5 和田正道 8人気
   スタート良く出て前に。そのまま外をまわして直線から追い出し。良く伸びたが
   最後は差されて3着。

   まだ直線でフラフラしているところもあって、子供。スタートも良いしマイルも
   OK。成長が期待されます。

4着 1番アヴェンチュラ 牝2 54 和田竜二 01:36.1 34.1 角居勝彦 3人気
   出負け気味のスタート。後方追走。4角外を回してレーヴディソールの後ろ
   につけるが、直線で差がついてしまった。

   VTRでは直線良く分からなかったが、直線で勝ち馬と差がついたところを
   ゴール前では挽回していた。休み明けもあって、エンジンのかかりが遅かった
   のかもしれない。少し器用さに欠けるかも。

5着 12番ツルマルワンピース 牝2 54 安藤勝己 01:36.1 34.7 橋口弘次郎 11人気
   スタートで前に取りつくとスローなので抑え気味に先団3番手追走。直線も良く
   頑張ったが、残り100mで力尽きたか交わされてしまった。
  
   人気程力がない訳では無いけど、マイルは長いかな。1400m以下が良いと思う。

6着 6番マイネイサベル 牝2 54 松岡正海 01:36.1 34.6 水野貴広 6人気
   スタート良く出て先団追走。そのまま前で直線追い出すが、キレ負けしてしまった。

   新潟記念のチャンピオンだが、ここではまだ力不足かな。

7着 10番タガノラヴキセキ 牝2 54 岡部誠 01:36.1 34.4 河内洋 14人気
   スタート良く出てが、掛ってしまい何度もクビを上げるしぐさ。3角から
   落ち着いたが、直線で何度も前をカットされて、やむなく外に出す。そこから
   伸びたが、前にとは届かず。
 
   人気は無かったけど、これだけ不利があって勝ち馬とは0.4秒差。この馬
   強いよ。

8着 5番フォーエバーマーク 牝2 54 吉田豊 01:36.4 34.9 矢野英一 10人気
   スタート良く出てハナを切るが、外からピュアオパールが来るので抑えて2番手
   追走。そのまま内を通すが、直線伸びず。

   抑える競馬がダメではないと思うけど、距離が長勝ったかな。   

9着◎14番ダンスファンタジア 牝2 54 武豊 01:36.5 34.9 藤沢和雄 2人気
   出負け。掛って外から前に行くと4角まで抑える感じ。直線から追い出すが
   全く伸びず。

   うーん、◎をつけただけあって残念な結果。競馬になりませんでした。
   前走は全く掛るそぶりは無かったので、ここまでヒドイとは思いませんでした。
   牝馬は難しいなぁ~。輸送とか、色々あったと思うけどここは立て直して
   もらいたいです。力はあるので。

10着 3番トツゼンノハピネス 牝2 54 佐藤哲三 01:36.5 34.4 音無秀孝 15人気
   スタート良く出て先団追走。内に入れるが、掛ってしまって抑えるのに一苦労。
   4角後方まで下がってしまったが、内を回して直線から追い出すが、伸びず。

   個人的に、この馬の名前は大好きなのですがまだ直線よそ見したりして
   子供でした。突然のハピネスってどんな状況なのかしら^^;

11着 7番リトルダーリン 牝2 54 後藤浩輝 01:36.5 34.9 角居勝彦 5人気
   スタートは少し置かれ気味。前に取りつくと少し掛り気味。直線追い出すが
   伸びず。

   直線で横の馬見たり、気が散っていたので、こちらも子供。レースを覚える
   のが先かな。

12着 9番マルモセーラ 牝2 54 田中健 01:36.6 35.3 木原一良 7人気
   スタートで前に行くが少し抑える感じで2番手追走。直線で一旦は先頭に立つが
   前をホエールキャプチャにカットされるとそれ程伸びず。

12着 17番マリアビスティー 牝2 54 小林慎一郎 01:36.6 34.3 矢作芳人 13人気
   出負け。最後方追走。直線向いても最後方のまま最後伸びたが、前とは差が
   あった。

14着 13番オースミマイカ 牝2 54 柴原央明 01:36.8 34.8 昆貢 18人気
   スタートまずまず。3角後方で直線勝ち馬の後ろに居たが、伸びず。

15着 8番ピュアオパール 牝2 54 内田博幸 01:36.9 35.7 戸田博文 9人気
   スタート良く出て前にいたフォーエバーマークを交わして先頭。そのまま
   残り200mまで頑張ったが、最後は止まってしまった。距離長い。

16着 2番ハピシン 牝2 54 酒井学 01:36.9 35.0 田所秀孝 16人気
   スタート良く出たが、抑えて中団内追走。そのまま馬群を通して直線
   追い出すが、伸びず。

~以下回顧対象外(勝ち馬から1.2秒超差)~

17着 16番グルーヴィクイーン 牝2 54 藤岡佑介 01:37.0 34.8 庄野靖志 12人気
18着 15番クリアンサス 牝2 54 渡辺薫彦 01:37.2 35.2 松永幹夫 17人気


その他コメント:
 月曜日のスポーツ新聞に「レーヴディソール、ヴエナ級の末脚」と見出しがありました。
 レースを見る限り、掛って直線不利があった14番人気のタガノラヴキセキと
 0.4秒差。レースもスローの上がり勝負。なんとも評価し辛いです。決して弱いと
 思わないし今後も楽しみですが、このレースを勝ったウオッカ、ヴエナビスタ、
 アパパネ程ではない感じがします。

 まあ、あの3頭は特別だし、毎年あれだと牡馬の立つ瀬がありません^^;
 今年は普通の阪神JFだったと言ったら失礼かなぁ~。でもこれから出てくる
 馬にもチャンスアリで面白くなりそうです。






Last updated  2010.12.14 20:25:23
コメント(0) | コメントを書く
2010.11.05
カテゴリ:重賞回顧
【レース回顧】船橋ダ1800m

 内からマグニフィカが前に出ようとるところ、外から勢い付けて行ったのは
 スマートファルコン。ハナを取る。続いてフリオーソが追走。前が一団で縦長。

 向正面でスマートファルコン以外は手が動いて前を追走。
 4角になってもスマートファルコン止まらず。隊列は前に集まらないまま、後続を
 離し、7馬身差でゴール。フリオーソも粘って2着。前で粘ったアドマイヤスバル
 が3着。人気のシルクメビウスは外からあがってくるが時すでに遅し。

【ハロンタイム】良 前45.9-後51.8 ▼1-△9-△3平坦戦

 11.3-11.1-11.7-11.8-12.2-12.5-12.4-13.3-13.6

 フリオーソが勝って、スマートファルコンが敗れた日本TV盃は
 稍重 前47.3-後48.5 ▼1-▼2-△4平坦戦
 11.7-10.7-11.8-13.1-13.0-12.2-12.1-11.9-12.3 1:48.8

 なので、いかに前半が速いか分かる。コース解説で書いたように前崩れもある
 コース。普通ならそうなるハズ。途中前にいたフリオーソですら、追走に勢いを
 つけなければならない状態。それでも止まらないスマートファルコン。うーん、
 恐れ入った。

【予想結果と上位馬回顧】

1着
○13番スマートファルコン 牡5 57 武豊 小崎憲 01:49.9 39.3 4人気
   スタートで外にヨレ気味だが少し勢いをつけると馬なりのまま先頭。そのまま
   後続を離して先頭のまま4角から追い出すと直線後続を突き放してゴール。
   強い!

   久々に強いスマートファルコンを見ることができました。G3大将と言われて
   いましたが、今回久々の逃げ。ハイペースで後続の脚を削って最後まで止まらない
   逃げ馬として最高のレースでした。大外枠&武豊騎手の思いきった騎乗が功を
   奏したと思います。

   カネヒキリ・ヴァーミリアンが居ないので寂しいと思ったのは武豊騎手も同じ
   でしょう。馬にとっては始めてだし騎手にとっても久々のG1勝利となりました
   JCDにはぜひ出てもらいたいですね。

2着◎3番フリオーソ 牡6 57 戸崎圭太 川島正行 01:51.2 40.2 1人気
   スタートでスマートファルコンが行くので2番手の絶好のポジションにつける。
   しかし前が速すぎてついて行くのに向正面から手が動く。そのまま追走していくが
   前が止まらず、離された2着。

   勝った馬が強かったというより、相手の戦術にハマってしまった感じ。ただし
   溜めても、この競馬をされてはこのコースで太刀打ちできなかったと思います。
   

3着 4番アドマイヤスバル 牡7 57 小牧太 中尾秀正 01:51.5 40.5 7人気
   小牧騎手渾身のスタートで押して出ムチ。2角内を回して先団4番手につけると
   フリオーソの内につけて4角も上手く内を回して、勝ち馬には離されてが、最後
   まで粘って3着キープ。

   最近ズブくなったと思っていたが、小牧騎手渾身のスタート。さすが元地方騎手。
   前走も最後は良く伸びていた脚が前から繰り出すことができた。もともと力はある
   馬。G1では厳しくても、G3レベルだったら重賞は勝てるチャンスがありそう。

4着 10番シルクメビウス 牡4 57 田中博康 領家政藏 01:51.7 39.8 2人気
   スタートはまずまずだが行かず、2角を回ると縦長の後方。そこから前に進出して
   4角外を回すと外にふくれて先頭とは10馬身差。そこから上がってきても
   絶望的な差。前の馬も交わせず4着。

   やはりこのコースでは力が発揮できない。2角で差がついてずっと追い通しで
   ここまで来たのは力のある証拠。後方脚質だと位置取りが難しい。

5着 12番ボンネビルレコード 牡8 57 的場文男 庄子連兵 01:52.4 39.7 9人気
   スタートしてよそ見していて^^;最後方追走。3角手前から前に出てきて4角大外
   回して上がって来るが、前はずっと前。

   うーん、相変わらずの競馬でも位置取りがだんだん後ろになってない?

8着▲5番ラヴェリータ 牝4 55 和田竜二 松元茂樹 01:53.6 42.3 5人気
   押して前に行くと先団追走。向正面追走に忙しく手が動くと4角過ぎてもう
   力が残っていなかった。

【その他コメント】

スマートファルコン強かったですね。前走の日本TV盃でフリオーソの0.5秒差で
負けたが、今回はおつりが来てしまいました。

このコースで行われる日本TV盃では良馬場で1分50秒を切ったことがありません。

過去12年で09年マコトスパルビエロの1:50.9が最速。その時計を1.0秒
縮めたことはやはり凄いです。
(もちろん馬場差があるので簡単には言えません)

ダート中距離は8歳馬が抜けても、面白いことになってきましたね。






Last updated  2010.11.05 21:40:49
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.31
カテゴリ:重賞回顧
【レース回顧】東京芝2000m

 ペルーサ出遅れ。オウケンサクラが内から出ると中からシルポートが押してハナを
 取る。人気のブエナビスタは中団内、アーネストリーは先団内につける。

 それ程隊列は伸びないが1000m通過は59.1秒。 4角も隊列変わらず、シルポート
 先頭で直線。
 
 内に馬が集まる中から一頭抜け出したのがブエナビスタ。残り200mであっと
 言う間に後続を離すと、最後はスミヨン騎手が後ろを振り返る余裕。それ程追わず
 にゴール。強い!
 2着は外から上がり最速で上がって来た3歳馬ペルーサ。人気のアーネストリーは
 3着。

【ハロンタイム】稍重 前59.1-後59.1 ▼5-▼4-△6瞬発戦

12.4 - 11.3 - 11.6 - 11.6 - 12.2 - 12.0 - 12.2 - 11.7 - 11.3 - 11.9

 馬場は渋っていたけど、時計も速く良に近い稍重とレース前に言われていました。
 平均ペースでしまった競馬。天皇賞らしい力勝負になりました。

【予想結果と上位馬回顧】

1着◎2番ブエナビスタ  牝4  56 スミヨン  01:58.2 34.1  松田博資 1人気
   スタートで内に入れると中団を追走。そのまま4角内を通すと、直線で前とは
   3馬身差。キャプテントゥーレの後ろだったが、残り400を切ったところから
   追い出し。前が詰まることなく残り300mで先頭に立つと、後続を突き放して
   楽々ゴール。最後は追わず。

   昨年のカンパニーと通ったコースは同じ。ビクトリーロードを強い馬が通れば
   この結果なのか。
   それにしても抜け出してからの脚は素晴らしいレース。次はJCらしいが、
   次は凱旋門賞2着のナカヤマフェスタと日本一決定戦になると思うとワクワク
   します。

2着 7番ペルーサ  牡3  56 安藤勝己  01:58.5 33.6  藤沢和雄  4人気
   出遅れ。後方内追走。4角過ぎてもまだ後方。しかし、直線外に出さず、狭い
   ところを持ったままで前に進出。残り300mから追い出すと、エンジンが
   掛って他の馬を抜いていくが、前とは差がありすぎた。

   ゲートでも立ちあがる仕草。遊んでいたと安藤騎手が言うように、ゲートが
   まともなら好勝負だったのではないか。この厳しい流れでも余裕で直線上がって
   きたことが素晴らしい。かなり力があることが分かった。
   まだ強くなる可能性があるので、今後の競馬を引率していく可能性を感じる
   レースだった。ゼンノロブロイ2世になれるかも。

3着 12番アーネストリー  牡5 58 佐藤哲三  01:58.7 34.8  佐々木晶三 2人気
   スタートで前に出て先団内追走。そのまま内を通して直線入って追い出し。
   長く追ったが、前2頭とは脚色が違った。

   決して弱くないが、キレということでは負けてしまう。直線が長いコースは
   向いていないし、早めに先頭に立って突き離さないとG1では厳しいかな。

4着 5番オウケンサクラ  牝3  54 北村宏司  01:58.9 35.2  音無秀孝 17人気
   スタート良く出てハナを切る勢い。シルポートが行くので少し抑えて3番手
   追走。直線から追い出すと内で最後まで粘って4着。

   直線ではアーネストリーと変わらない競馬をしていた。今回-12キロ。
   絞った効果が出たと思うが、この頑張りには本当にびっくり。牡馬/牝馬ともに
   今年の3歳は強い。

5着 14番ネヴァブション  牡7  58 後藤浩輝  01:58.9 34.7 伊藤正徳 11人気
   後方外追走。3角手前で外からじわっと前に進出。4角外を通して直線外から
   追い出すと、じわっ、じわっと前に出て行って掲示板確保。

   決して弱くないのですが、キレが無いのでこの競馬になってしまう。東京より
   中山のほうが合っているなぁ。

6着 10番シンゲン  牡7  58 藤田伸二  01:59.0 34.6  戸田博文  3人気
   中団の馬群を追走。4角も馬群を通すと直線でやや下がってしまった。直線内に
   入れるが、前とは差がついてしまった。

   アーネストリーと同じく、早めに前に出ないと厳しい馬。位置取りが難しかった。
   中枠は位置取りが難しいなぁ。G1だともうワンパンチ足りないかな。

7着 9番トウショウシロッコ 牡7  58 吉田豊  01:59.3 34.7 大久保洋吉 16人気
   中団後方追走。4角内を回して、内に入れると直線シンゲンと一緒に上がって
   来るも伸びはいまひとつ。
   
8着 6番スマイルジャック  牡5  58 三浦皇成  01:59.4 35.4 小桧山悟 13人気
   先団内に入れて4角内を回す。直線も持ったまま、残り300mから追い出すと
   伸びはいま一つ。

   前回の毎日王冠と同じ競馬で同じ負け方。うーん、期待していたけど最後の
   伸びが無いのはこの馬の特徴だと寂しいな。コーセー君は強気の発言してるけど
   どうなんだろう。

9着 11番アクシオン  牡7  58 武豊  01:59.4 34.4  二ノ宮敬宇 10人気
   最後方追走。4角外に出して大外から追いこむも前とは差がついてしまった。

10着 13番ヤマニンキングリー 牡5 58 吉田隼人 01:59.4 35.3 河内洋 15人気
   中団外追走。そのまま4角を回して馬場の真ん中からシンゲンと上がって来るが
   残り100mで止まってしまった。

~以下回顧対象外(勝ち馬から1.2秒超差)~

11着 15番スーパーホーネット 牡7  58 藤岡佑介 01:59.5 34.9  矢作芳人 8人気
12着 8番シルポート  牡5  58 酒井学  01:59.9 36.6  西園正都 14人気
13着 16番キャプテントゥーレ  牡5  58 小牧太  02:00.1 36.4  森秀行 9人気
14着 18番アリゼオ  牡3  56 福永祐一  02:00.2 36.2  堀宣行 6人気
15着 17番コスモファントム  牡3  56 松岡正海  02:00.4 36.6  宮徹 18人気
16着 1番ショウワモダン  牡6  58 柴田善臣  02:00.6 36.1  杉浦宏昭 12人気
17着 4番エイシンアポロン  牡3  56 蛯名正義  02:00.6 36.3  岡田稲男 7人気
18着 3番ジャガーメイル  牡6  58 ホワイト  02:00.3 36.0  堀宣行 5人気

【その他コメント】

スーパーホーネットは外に出したけど伸びなかった。距離長勝ったか?
ジャガーメイルは内に入れたらキレ込んで、エイシンアポロンの進路妨害。
自身も行き場をなくして追えず。いい感じだったのに残念。外を回す競馬で
ないと難しいのかな。

それにしても牝馬と3歳馬のワン・ツーとは、昔は考えられなかった。
4歳以上の牡馬が弱いということなんだけどね。






Last updated  2010.11.01 04:04:11
コメント(2) | コメントを書く
2010.10.27
カテゴリ:重賞回顧
【レース回顧】京都芝3000m

 ビッグウィーク好スタート。外からコスモラピュタが前に出でハナ。続いて
 カミダノミ。向正面でコスモラピュタが10馬身以上離した逃げ。1000m通過は
 61.0秒と速く無いが、後続は意外とバラけた感じ。3角坂の下りからスピード
 アップするが隊列は殆ど変わらず。

 4角で前に居たビッグウィークが先に前を捕らえに行くと、後続はコーナーで
 バラけて直線は隊列が再び伸びる。

 前を行くコスモラピュタが下がってきたところをビッグウィークが捕らえると
 後方はまだ4馬身差。そこから外をいい脚で人気のローズキングダムが上がって
 来るが前にいたビートブラックを交わすまで。ビッグウィークが先頭でゴール。 

【ハロンタイム】良  前61.0-中64.5-後60.6 ▼2-△1-△0平坦戦
        
 13.2-11.5-11.8-12.5-12.0-12.5-13.2-13.0-13.1-12.7-13.0-12.0-11.8-11.9-11.9

 中盤にかなりスピードダウンしているので最後は直線ヨーイドンになった。4角で
 隊列がバラけたのと、ビッグウィークが早めに前に行ったことで、後ろには厳しい
 結果。

 画面からビッグウィークとコスモラピュタを消すと、上がり勝負のヨーイドンで
 ローズが勝つのだが、5馬身前からスタートしたビッグウィークはハンデつき
 で最後は楽な展開となった。

 後ろから来るには4角まくりが基本。今回は残り800mから前も速くなって
 まくりが利かないレースになったことも痛かった。


【予想結果と上位馬回顧】

1着 6番ビッグウィーク 牡3  57 川田将雅  03:06.1 34.4  長浜博之  7人気
   好スタート。川田騎手が抑えてコスモラピュタに行かせて3番手追走。やや
   かかり気味で最初の4角を回る。スタンド前は内に入れて追走。向正面で2番手
   になると4角内を通して追い出し。直線後続を離すと最後まで止まらずゴール。

   展開の利はあったにせよ、川田騎手の追い出しタイミングと、それに応えた
   ビッグウィークは力のある証拠。

   各馬検討の時に神戸新聞杯では最後クビが上がってしまった、距離延長は
   厳しいと書いたのですが、クビを上げて走る馬のようです^^;
   もっと良く見ないとダメですね。パゴ産駒って長距離得意かと思って調べた
   のですが、菊花賞前は2300m以上では0-0-1-4(3着はビッグウィーク)なので、
   今のところ得意という感じではないようです。これから出てくるのかな?   

2着 10番ローズキングダム 牡3  57 武豊 03:06.3 33.9  橋口弘次郎 1人気
   中団後方外追走。3角外に出して前に行くが差が縮まらず、4角外から追い出して
   直線向くと前のビッグウィークとは7馬身差。急追するも届かず2着。

   バラ一族のクラッシック制覇は今年もダメでした。武豊騎手がレース後に
   「仕掛けた時に少しモタついた」と言っているように、器用さが無いので
   取りこぼしがある馬。しかし、負けて強しの競馬。これからも主役を張れる
   馬です。

3着 12番ビートブラック 牡3  57 幸英明  03:06.3 34.4  中村均  13人気
   スタート良く出て先団追走。スタンド前4番手。そのまま向正面も隊列変わらず。
   3角で3番手。4角から追い出して前にいたビッグウィークには離されたが
   直線も良く伸びて3着確保。

   早め追い出しで、最後まで良く持った。前走は馬場が悪い中この馬だけはバテ
   なかった。かなり体力がありそう。

4着 2番レーヴドリアン 牡3  57 福永祐一  03:06.4 34.1 松田博資 5人気
   先団内追走。2度目の4角内を通すが少し下がってしまい直線前をカット
   される。進路を内に取って上がってきたが、脚色はローズキングダムとは
   違っていた。
   今回は積極的に前に行く競馬。しかし最後の伸びはいまひとつ。距離なの
   かな。

5着 14番コスモラピュタ 牡3  57 津村明秀  03:06.4 35.9 高橋祥泰 11人気
   スタートで前に行ってハナ。そのまま自分のペースで直線5馬身離して先頭。
   残り150mで勝ち馬に交わされたが、粘って掲示板確保。

   力の差はあったが、最後まで良く頑張った。前有利の馬場とは言え今後も
   楽しみ。

6着 15番トウカイメロディ 牡3  57 吉田隼人  03:06.5 34.2 後藤由之 2人気
   中団追走。4角から追い出して行くが直線は他馬と同じ競馬になってしまった。
   スローのヨーイドンでは、この馬のいいところを出すことができなかった。

7着◎1番ヒルノダムール  牡3  57 藤田伸二  03:06.5 34.0  昆貢 3人気
   スタート良く出て内に入れて中団内追走。そのまま内に入れて4角で前が詰まって
   動けず、直線内に入れるとまたしても前に馬。仕方なく外に出すと、外から来た
   ローズキングダムはすでに1馬身前。そこから同じ脚で上がって来たがローズ
   との差は縮まらず。

   うーん、◎しただけに悔しい。藤田騎手もブログで「昨日はごめんなさい。」
   と言っていたように、鞍上も失敗を認めていました。
   これが競馬ですが、もし4角内が開いたら突き抜けていたと思いたい。
   力負けではないし、この馬に◎をつけたことは後悔しない。ローズと同じくらい
   強い馬です。器用さがあればなぁ~。

8着 8番トレイルブレイザー 牡3  57 和田竜二 03:06.7 34.6 池江泰寿 9人気
   押して前に。4角馬群を通して直線前に居たが、上がり勝負では厳しかった。
   この中ではまだ力不足かな。

9着 3番クォークスター 牡3  57 藤岡佑介  03:06.7 33.5  堀宣行 4人気
   最後方追走。そのまま4角外に出しても最後方。そこから上がり一番の凄い
   脚で上がって来たが、前との差は大きすぎた。

   コース解説で書いたように「4角最後方はやはり届かない」でした(涙)
   藤岡騎手もスローで前との差を縮めてと思っても、思ったより前と差がついて
   しまった感じ。強いところはみせたが、脚質的にこういう競馬しか出来ないのが
   辛い。

10着 13番ゲシュタルト  牡3  57 池添謙一  03:06.7 34.7  長浜博之 10人気
   先団追走。4角から追い出すが、直線伸びず。復活まではまだ時間がかかり
   そう。

11着 17番アロマカフェ  牡3  57 柴田善臣  03:06.8 34.6 小島太  6人気
   先団外追走。4角から追い出すが、直線伸びず。
   期待したのですが、キレが無いだけにこういったスローのヨーイドンでは
   全く力を発揮出来なかった。残念。

12着 18番サンディエゴシチー 牡3 57 浜中俊  03:07.0 34.0 作田誠二 16人気
   今回は掛ることなく最後方追走。4角外に出して追い出すが、直線伸びず。

13着 4番ネオヴァンドーム 牡3 57 武幸四郎  03:07.1 34.2  藤原英昭 14人気
   中団内追走。4角内を回して追い出し。直線も内を突くが伸びず。

14着 11番リリエンタール 牡3  57 安藤勝己  03:07.3 34.5 藤沢和雄 12人気
   最初の4角で掛ってしまった。そのまま外を回して向正面。3角から内に入れて
   直線外に出すが伸びず。

15着 9番シルクオールディー 牡3  57 四位洋文  03:07.3 34.6 昆貢 8人気
   スタートで行かず後方追走。4角外に出すが伸びず。

~以下回顧対象外(勝ち馬から1.2秒超差)~

16着 7番ミキノバンジョー 牡3  57 太宰啓介 03:07.6 34.5  大橋勇樹 17人気
17着 5番シルクアーネスト 牡3  57 松山弘平  03:07.7 34.7  池添兼雄 18人気
18着 16番カミダノミ  牡3  57 小牧太  03:08.2 36.2  森秀行  15人気

【その他コメント】

菊花賞は難しい。今回はスローのヨーイドン。コースで書いたように、スローは
馬群が縮まって差し馬台頭。しかし、川田騎手がスローでも早めにスタートした
こと、逆にローズキングダムが早めにスパート出来なかったことが他馬にも影響
して、スローでも後方が動かなかったことがビッグウィークに楽な展開になった
と思う。

長い距離は、展開によるところが大きいのですが、1番人気がどんな競馬をするか
によって、レースが動くというのが改めて分かったレースでした。

とは言え、ビッグウィークは決して弱い馬ではなく、先行して粘る力、最後まで
止まらないのは強い証拠。

ローズはもちろん、ヒルノダムール、クォークスターは強いよ。






Last updated  2010.10.29 06:30:14
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.21
カテゴリ:重賞回顧
秋華賞はアパパネの3冠達成となりました。3歳女王と対戦する
古馬は誰なんでしょう。エリ女の前哨戦、府中牝馬S回顧です。

【レース回顧】東京芝1800m

 真ん中からテイエムオーロラが出てハナを切るとそのまま先頭。2番手にブラボー
 デイジー。先団一団で1000m通過60.9秒のスロー。3角も一団。4角で外に
 出した馬は振られて後ろに。内を通したテイエムオーロラが後続を離すと
 そのままゴール。

【ハロンタイム】 良 前48.1-後45.6 ▼6-▼1-△12瞬発戦

 12.4 - 11.3 - 11.9 - 12.5 - 12.7 - 11.6 - 11.0 - 10.9 - 12.1

 全てテイエムオーロラが踏んだラップ。直線ヨーイドンだが、残り4Fから
 スピードアップで、4角で後続を振ると残り3Fを11.0-10.9-12.1では
 後ろから来る馬は敵わない。

【上位馬回顧】

1着 13番テイエムオーロラ 牝4 55 国分恭介 01:46.4 34.0 五十嵐忠男 4人気
   スタートで少し押すとすぐにハナをとる。競る馬がいないので、後続を引き
   連れて3角へ。外からブライティアパレスが来るが、4角内を通して直線
   ラチ沿いを通し、残り450mから追い出し。そのまま後続を離して、最後は
   セラフィクロンプに迫られたが押し切り。

   自分のペースに持ち込んだのが勝因。キレるというわけではないが、先行して
   しぶとい脚は魅力。休み明け6戦して5勝3着1回の成績は見事。


2着 2番セラフィックロンプ 牝6 55 宮崎北斗 01:46.5 33.7 武藤善則 14人気
   スタート良く出て先団内3番手追走。そのまま内を通すとロス無く直線。
   残り400mからラチ沿いを追い出し、最後は勝ち馬に接近したが届かず。
   
   前走のマーメイドSも14番人気で2着。その時も今回1番人気のニシノ
   ブルームーンに先着しているのに人気無さ過ぎ^^;宮崎君の上手い乗り方も
   あったが、最後は勝ち馬に迫ったので力はあるよ。

3着 14番スマートシルエット 牝3 53 石橋脩 01:46.6 33.8 大久保龍志 2人気
   外から前に出て2番手追走。3角で内/外から来られて4番手。4角外を
   通して馬場の3分どころを早めに追い出し。内を通った前の馬には届かな
   かったが、外を良く伸びていた。

   かなり長くいい脚が使える馬。斤量差はあったにせよ、ここでも今年の3歳
   のレベルを示す結果となった。残念だったが、この馬も今後楽しみ。

4着 15番リビアーモ 牝5 55 中舘英二 01:46.7 33.4 高橋裕 8人気
   後方2番手追走。3角過ぎて中団後方外まで進出。4角外を回して追い出し。
   直線前とは5馬身差。最後良く伸びていた。

   こういう競馬しか出来ない馬なので、どうしても取りこぼしがある。力が
   あるだけに、上手くハマれば。

5着 12番ウェディングフジコ 牝6 55 丸山元気 01:46.8 33.6 戸田博文 13人気
   中団後方追走。4角馬群を通して、直線上がってくるが前と脚色が同じ
   になってしまった。

   弱くはないのですが、先行力&キレ何れも及第点の馬なので掲示板までかな。

6着 3番ブロードストリート 牝4 55 鮫島良太 01:46.8 33.6 藤原英昭 3人気
   少し出負け気味スタート。内に入れるが、掛ってしまった。3角入口でもクビ
   を上げる仕草。4角内を通して、直線ラチ沿いを上がって来るが、最後は
   交わされてしまった。

   最後に交わされたのは前半掛ったせい。直線良く伸びていたので、
   叩いた次は期待できそう。

7着 9番リトルアマポーラ 牝5 55 勝浦正樹 01:46.8 33.0 長浜博之 7人気
   スタートでは前に出たが、わざと下げて3角では後方2番手。4角外から
   追い出すが直線でも後ろから2番手。馬場の真ん中を上がり1番時計で
   上がって来るが、前には届かず。

   なんとも不思議な競馬。わざと抑えて末脚にかけたのだと思うが、スロー
   で前残りは明らか。次はエリ女だと思うけど外人で前に行くのかな?
   調子はいいので、一発あっても不思議でない。でも今回わざと下げたように
   エリ女でも下げるのかもしれない。それだとちょっと・・・

8着 6番ブラボーデイジー 牝5 55 北村友一 01:46.9 34.2 音無秀孝 9人気
   2番手追走。そのまま先団で直線を向くと残り400mから追い出し。
   前と脚色が同じで最後は外から差されてしまった。

   キレる脚が無いので、ここまでか。

9着 4番ニシノブルームーン 牝6 55 北村宏司 01:46.9 33.7 鈴木伸尋 1人気
   中団追走。4角馬群を通すと、直線追い出すが伸びず。
   人気でしたが、スローだとだめなのかな。ある程度厳しい流れで力を
   発揮するタイプ。

10着 11番コロンバスサークル 牝4 55 田中勝春 01:47.0 34.0 小島太 5人気
   中団後方外追走。3角過ぎて外から前に進出。4角外を通して直線馬場の
   真ん中から上がって来るが、最後の50mで伸びなかった。まだ力不足。

11着 1番シングライクバード 牝5 55 吉田隼人 01:47.1 33.6 友道康夫 10人気
   押すが行かず。中団後方内追走。4角内を通すが、直線伸びず。

12着 8番ダイワジャンヌ 牝5 55 的場勇人 01:47.2 33.3 的場均 12人気
   後方内追走。そのまま4角内を通して直線馬場の真ん中に出して行くが
   伸びはいまひとつ。

13着 5番ヤマニンエマイユ 牝7 55 伊藤工真 01:47.2 33.7 浅見秀一 15人気
   中団追走。そのまま馬群を通すが伸びず。

14着 16番ムードインディゴ 牝5 55 津村明秀 01:47.3 33.1 友道康夫 11人気
   下げて離れた最後方追走。直線向いても最後方のまま。大外を上がってくるが
   前とは脚色同じ。

15着 10番サンレイジャスパー 牝8 55 難波剛健 01:47.3 33.8 高橋成忠 17人気
   後方追走。4角外に出すが伸びず。

16着 17番ブライティアパルス 牝5 55 藤岡康太 01:47.3 34.9 平田修 6人気
   先団外追走。がっちり抑えていたが、3角過ぎた下りから外を通って直線
   先頭。しかしそこから全く伸びず。

17着 7番カレイジャスミン 牝5 55 木幡初広 01:47.4 34.5 宗像義忠 16人気
   先団追走。そのまま先団で直線を向いて馬場の2分どころを通すが
   最後の平坦部分で下がってしまった。

【その他コメント】

スローのヨーイドンで、後方の馬は洋ナシ^^;。わざと後ろに下げたリトルアマポーラ
は、いい脚だったが下げた理由は調教師の指示かな?
評価が難しいレースだし、このレースがエリ女に繋がるとは思えなかった。






Last updated  2010.10.22 00:02:52
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.19
カテゴリ:重賞回顧
【レース回顧】京都芝1600m

 外からクリーンエコロジー好スタート。しかし中からエイシンオマンが出てハナ
 を切る。人気のレーヴディソールは今日も後方からの競馬。それ程隊列は伸びず。

 向正面でクリーンエコロジーが先頭に立つ。坂の下りで隊列は変わらないが、
 外からレーヴディソールが4角大きく膨れて直線。

 前はクリーンエコロジー、メイショウナルト、グランプリボスと内で3頭が
 競り合うが、大外から一気にレーヴディソールがまとめて交わしてゴール。
 2着は牡馬で一番抵抗したアドマイヤサガス。
 

【ハロンタイム】良 前47.0-後46.6 ▼5-△1-▼1瞬発戦

 12.1 - 10.8 - 11.6 - 12.5 - 12.0 - 11.5 - 11.6 - 11.5        

 レースは平均ペース。2歳馬としては実力が試されるレースだった。
 一頭だけ脚色の違うレーヴディソールはともかく^^;前で粘った馬も
 今後は楽しみ。

【上位馬回顧】       

1着 12番レーヴディソール 牝2 54 福永祐一  01:33.6 33.7  松田博資 1人気
   前に行けず後方2番手追走。3角過ぎて外からじわっと前進。4角大外を
   まわすと外に膨れて前とは5馬身差。そこから一頭だけスピードの違う脚
   で上がって前を交わしてゴール。強かった。

   それにしても、松田博資厩舎はこういった競馬をする馬が多い気がする。
   近年ではアドマイヤオーラ、ブエナビスタ、秋華賞のタガノエリザベート
   もそんな競馬です。「末脚養成ギプス」でもあるのかな^^;

   この馬はこれで一気に阪神JF人気候補になりました。牡馬を蹴散らす
   走りはやはり凄いなぁ~。

2着 3番アドマイヤサガス  牡2  55 小牧太  01:33.8 34.1  橋田満 5人気
   スタートまずまず。それ程行かず中団後方追走。4角内を通して、直線前が
   内に入れて開いたところ馬場の3分どころをいい脚で上がって2着。

   勝った馬が強すぎた感はありますが、この馬も良く伸びていました。距離が
   伸びても良い感じ。これから成長しそうな感じ。

3着 6番メイショウナルト  牡2  55 幸英明 01:34.0 34.7  武田博 2人気
   スタート良く出たが少し抑えて先団内追走。そのまま内を通して、直線ラチ
   沿いに進路を取る。一旦は先頭に立ったが、外から交わされてしまった。
 
   最後はキレ負け。マイル戦だと厳しいかな。距離はどこがいいかまだ
   なんとも言えないかんじ

4着 10番クリーンエコロジー 牡2 55 後藤浩輝  01:34.1 35.1 須貝尚介 6人気
   好スタートでハナを切る勢い。中からエイシンオスマンが来るが、行かせずに
   並走して向正面で先頭。そのまま直線先頭に立つが、内と外から交わされて
   しまった。

   前回は掛ってしまって力を出せなかったが、今回はスムーズな競馬。最後まで
   止まらなかったし、キレは無くとも先行して粘るレースは出来る。
   距離伸びたらいい。
   
5着 4番トップシャイン  牡2  55 池添謙一  01:34.1 34.2 境直行 4人気
   スタートで押しても行かず後方追走。4角内を通して、直線外に出すと
   並走してきたレーヴディソールと一緒に上がってくる。最後は差がついたが
   勝った馬が強すぎ。まだ幼さもみせていたので今後成長すれば楽しみ。

6着 11番ミッキーマスカット 牡2 55 安藤勝己 01:34.4 34.7 橋口弘次郎 9人気
   スタートまずまず。後方外追走。4角外を回して直線外から上がって来るが
   脚色が違った。
   なんとなくもっさりとした感じの走り。まだペースについて行けない感じ。

~以下回顧対象外(勝ち馬から1.2秒超差)~ 

7着 5番グランプリボス  牡2  55 四位洋文  01:34.9 35.7  矢作芳人 3人気
8着 2番アスターウィング 牡2 55 北村友一  01:35.1 35.2  加藤敬二 10人気
9着 8番エイシンオスマン  牡2 55 浜中俊  01:35.1 35.7  松永昌博  7人気
10着 7番エルウェーオージャ 牡2 55 吉村智洋 01:36.0 36.0  橋本忠男 12人気
11着 1番トラストワン  牡2  55 藤岡佑介  01:36.1 35.8  庄野靖志 8人気
12着 9番ショウナンアリビオ 牡2 55 上村洋行 01:36.8 37.4  岡田稲男 11人気






Last updated  2010.10.19 20:23:24
コメント(2) | コメントを書く

全326件 (326件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >


© Rakuten Group, Inc.