000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ナルトーンの大好き!競馬ブログ

PR

X

全237件 (237件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >

地方競馬

2011.11.03
XML
カテゴリ:地方競馬

ついにこの日が来ましたね。予想だけ

レディスクラッシック

◎8番ラヴェリータ

 スプリント 

◎1番サマーウインド

クラッシック

◎10番スマートファルコン

楽しみです。







Last updated  2011.11.03 18:26:29
コメント(2) | コメントを書く


2011.09.22
カテゴリ:地方競馬

明日は祭日。大井でJBCの前哨戦、日本テレビ盃があります。

予想したいと思います。


◎12番スマートファルコン 牡6 58キロ 武豊


 おしまい









 えっ、それだけ?







 コースとか、各馬予想は?


 




 ありません。あしからず、それだけです。

 

 

 




 予想違う!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!





今回のは予想ではありまぜん^^;、でも、すごく楽しみなレースです^^。
 
前回の帝王賞を「ガラスの競馬場」主催の次郎丸さんがこんな記事を
書いています。(→ココ

昨年末に次郎丸さんのアンケートに「来年期待する馬」という問いがあり
ました。

私の一番の期待馬はスマートファルコンと書きました。
 
それは今でも変わっていません。

馬券を離れ、自分の予想をはるかに超える強さを見せる馬には惚れてしまいます。

昨年のJBCクラッシックの回顧でスマートファルコンにこんなことを書きました。

>ハイペースで後続の脚を削って最後まで止まらない逃げ馬として最高のレースでした。


最近サボっていますが、回顧をしていると、こういう馬に出会うことがあります。

近年では、ダイワスカーレット、ヴィクトワールピサがそれに当たります。

ダイワスカーレットは、なんと言っても桜花賞。びっくりして、こんな記事も書きました。
(→ココ




ヴィクトワールピサは、ダービーの予想で

 >反応が速く、鞍上の意のままに動くことができる。馬群を割る根性もあって
 >競走馬として完成度は非常に高い。

と書きました。


自分の下手な予想を根底から反省させる馬。そんな馬にめぐり逢うと、予想がハズれ

ても次にその馬がどんな競馬をするか、わくわくしてきます。

スマートファルコン、どんな競馬をするのかな? 楽しみです。 


そろそろ回顧も復活しなくては^^;







Last updated  2011.09.22 22:02:53
コメント(4) | コメントを書く
2011.07.06
カテゴリ:地方競馬
【レース回顧】川崎ダ1600m

 トーホウドルチェが外から前に行き内からスズリスペクト。続いてラヴェリータ
 が前に。
 1角でラヴェリータが先頭に立つと馬群は伸びずに向正面。外からテイエム
 ヨカドーが上がって3番手。
 3角手前からスピードアップすると、2番手トーホウドルチェ、3番手にアイアム
 アクトレス。
 直線で、ラヴェリータが追い出すと、後続はついて行けず。最後は2着トーホウ
 ドルチェに6馬身差をつけ快勝。

【ハロンタイム】良 前49.9-後49.1 △5-△7-▼6瞬発戦

 12.2-11.5-12.4-13.8-11.7-12.2-12.9-12.3

 途中13.8秒があるように過去のレースと比べると中間が遅い。過去のレース
 は全て前傾ラップだが、今回は平均ラップ。実質スローな展開。
 ラヴェリータが自分のペースで行って、最後の上がり勝負に持ち込んだ。
 こうなってしまうと他馬は太刀打ちできない。

【予想結果と上位馬回顧】

1着 9番ラヴェリータ 牝5 58 武豊 松元茂樹 01:39.0 37.4 2人気
   スタートはそれ程良くなかったが、外から前に出て1角で先頭。そのまま
   自分のペースに持ち込むと、3角からスピードアップ。他馬の手が動くの
   を尻目に、直線から追い出すと良く伸びて6馬身差の大楽勝!
   
   58キロもなんのその、自分のペースに持ち込んだのはさすが武豊。
   さきたま杯のような速いペースに巻き込まれると厳しいところもあるが
   緩急つければ牡馬一線級と対等。ここでは力が一枚も二枚も違った。

2着 10番トーホウドルチェ 牝6 56 幸英明 田島良保 01:40.3 38.5 3人気
   スタートで外にヨレたが、前に行きハナに立つ勢い。1角で先頭を
   ラヴェリータに譲って2番手追走。3角手前でスピードが上がって
   鞍上の手が動く。しかし、前との差は開いてしまった。

   勝った馬が強すぎたと言ってしまえばそれまでだが、上がり勝負では
   厳しかった。新鋭アイアムアクトレスには先着したので流れが変われば
   もっとやれたと思う。

3着◎8番アイアムアクトレス 牝3 53 秋山真一郎 長浜博之 01:40.6 38.6 1人気
   スタートで挟まれた感じで前に行けず。仕方なく外に出すとラヴェリータ
   の後に続いて1角へ。
   外を回しながら4番手追走。向正面でもやや手が動いて3角手前から
   スピードアップすると鞍上の手が動いてついて行くが、前には届かず3着。

   スタートから前に行くまで手間取ってしまった。過去のレースはすべて
   芝発走だったことから、ダート発走に慣れていないことが原因かもしれ
   ない。

   ペースもハイペースに強い馬だけに、この流れで前に強い馬を置いたら
   この結果も止むなし。向正面から追って、最後までトーホウドルチェに
   ついて行ったので、悲観するレースではないと思う。経験を積んでいけば
   古馬との対戦も十分やれると思う。今後も楽しみな馬。

【その他コメント】

 トウホクビジンが4着に来たのが少し嬉しかったりします。リアライズノユメ
 は、いいところ無かった。早熟なのかなぁ~。森厩舎だし今後も交流重賞
 狙い?
   






Last updated  2011.07.07 02:46:15
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.05
カテゴリ:地方競馬
明日はホクトベガメモリアル第15回スパーキングレディーC(G3)が川崎で
あります。

夏競馬の予想はここからスタートです^^;。

まずはコース。以前検討しました。

【川崎ダ1600m】

>スタートは4角のポケットから。1角までは500mと長い。ハナを切るにはスタート
>ダッシュだけではなく2の脚も必要。枠番は関係なし。

>一旦隊列が決まると3角までは変わらず、4角が仕掛け所か? 
>直線は300mあるので、外を回って差してきても届く距離。

>問題は馬場状態。渋った馬場だと前有利だが、乾いた馬場だと前が止まって差しが
>届く。さすがに最後方一気はいかないが交流戦の場合実力差があるので、ある程度
>の位置で競馬が出来れば、後ろからでも4角まくりで届く。

過去のレディCを見ると
10年 ラヴェリータ 1人気 先行 前49.1-後50.9 △8-△18-▼15瞬発戦
09年 良 ラヴェリータ 1人気 先行 前49.4-後50.3 △10-△10-▼7瞬発戦
08年 良 トーセンジョウオー 4人気 逃げ 前48.9-後50.3 △8-△7-▼7瞬発戦
07年 メイショウバトラー 1人気 先行 前48.7-後50.0 △8-△6-▼4平坦戦
06年 レマーズガール 3人気 差し 前49.6-後52.1 △11-△7-▼2平坦戦
05年 トーセンジョウオー 3人気 先行 前48.7-後51.9 △20-▼2-▼1平坦戦
04年 良 グラップユアハート 3人気 差し 前49.3-後51.7 △11-△7-▼6瞬発戦

という結果。意外と1番人気が勝っていないレースですが、過去2年は1番人気の
ラヴェリータが連勝。今年も参戦、3連勝なるのでしょうか?

馬場が良いと瞬発戦、渋ると平坦戦と明らかに違います。渋ると前半飛ばしても
最後はバテて力勝負になるということでしょうか。

梅雨の時期ですが、今日の川崎は良馬場。明日の天気は曇り予想なので
良のままでしょうか?

出走馬を見渡すと、地方馬は厳しそうです。過去にはトーセンジョウオーが勝っていますが
元JRA馬。今回出走のJRA馬を見ると

×5番リアライズノユメ 牝3 52.0 福永祐一 栗東 森秀行
  昨年門別の交流重賞を勝って以来、JRAのレースには出ず、ずっと交流重賞を
  闘ってきまそた。兵庫JGP優勝、2歳優駿で2着と牝馬ながら大活躍。しかし、
  今年になってから、苦しい戦い。関東オークス以来となります。距離短縮と
  軽斤量でどこまで古馬に通じるか。

○8番アイアムアクトレス 牝3 53.0 秋山真一 栗東 長浜博之
  ダート無敗で挑戦した春の3歳ダート重勝ユニコーンSを勝利。牡馬であれば
  JDDでしょうが、ターゲットをここに向けてきました。ユニコーンSでは、

  >スタート良く出て先団追走。そのまま4角を回すと、先に抜け出してそのまま
  >ゴール。

  前46.4-後49.8という前傾ラップで、かなり前が速い中前から行って最後まで
  府中の直線をバテない力は素晴らしいです。また、まだ負けていないという
  のは底を見せていいないということ。ここで真価が問われると言ったら、
  期待しすぎでしょうか。

○9番ラヴェリータ 牝5 58.0 武豊 栗東 松元茂樹
  川崎では4-1-0-0と勝率80%連対率100%。前に言ったとおりこのレース
  連勝中。かしわ記念ではフリオーソの0.1秒差の2着。牡馬一線級とも互角
  の力をもっています。前走のさきたま杯は

  >押していくが前が速く中団内追走。4角で後方のまま、直線良く上がって
  >きたが、届かず。

  ブリリアントS(東京ダ2100m)で勝ち鞍があるように、距離は長い
  ほうが一息つけてこの馬の良さが出る。前走は流れについていけなかった。
  牝馬同士なら、マイルでも速くならないのでうまく先行できそう。ただし
  問題は斤量かな。

○10番トーホウドルチェ 牝6 56.0 幸英明 栗東 田島良保
  昨年のマリーンCではラヴェリータを押さえての勝利。強い競馬を見せました。
  その後なかなか勝ち鞍が無かったのですが、前走の栗東Sで復活。
  
  >スタートよく出て先頭。しかしハナは切らず2番手追走。直線で先に抜け出す
  >とそのまま後続を寄せ付けずゴール。

  その後のオアシスSを勝つナムラタイタンを押さえての勝利は見事。割とスロー
  の展開も助けとなったようです。マイルは少し長い気もしますが、調子は良い
  ようです。

結局人気の3頭となります。で、予想は

◎8番アイアムアクトレス

 3歳馬に賭けてみたいと思います。ここまでダート無敗。速いペースで力を
 発揮するタイプ。今回逃げ馬が居ないので、逃げても良いと思います。
 秋山騎手がどこまで思い切った競馬ができるかカギになりそうです。
 東京ダービーを牝馬のクラーベセクレタが勝ち、JRAの重勝をこの馬が
 勝ちました。ダートでもウオッカ、ブエナビスタのような牝馬旋風が起こる
 のでしょうか。楽しみな一頭です。


ラヴェリータは斤量、トーホウドルチェは1F長いかなと思って評価を下げました。
明日の夜が楽しみです。






Last updated  2011.07.05 21:57:39
コメント(0) | コメントを書く
2011.06.30
カテゴリ:地方競馬

良馬場の中、第34回帝王賞が大井競馬場で行われました。一番人気は交流重賞の鬼
スマートファルコンが1.2倍と被った人気となりました。

【レース回顧】大井ダ2000m

スマートファルコン好スタート。続いてマグニフィカも前に。エスポワールシチーは
内に入れず、外から前に進出。

1角でスマートファルコンが先頭。続いてマグニフィカ、エスポワールシチー、
バーディバーディの4頭が先団。そこから大きく15馬身以上はなれた後続集団という
体制で向正面通過。1000m通過59.8

後続を前4頭が離したまま3角へ。3角過ぎからマグニフィカとバーディバーディは
鞍上の手が動くが、前2頭は持ったまま4角へ。4角出口からエスポワールシチーが
追い出し。スマートファルコンは直線入り口からの追い出しで2馬身差。2頭の
一騎討ちと思われたが、直線でスマートファルコンが後続をどんどん離し、結局
2着となったエスポワールシチーに9馬身の大差をつける圧勝。3着には、最後に
エスポワールシチーに迫ってきたバーディバーディが入線。人気どおりの決着となり
ました。

【ハロンタイム】良 前59.8-後61.3 ▼1-▼13-△8瞬発戦

 12.2-11.0-12.0-12.3-12.3-12.6-12.7-12.6-11.3-12.1

 すべてスマートファルコンがが叩き出した数字。最後の2ハロンで11.3秒
 12.1秒では、とても後ろは届かない。恐るべし

 レコードとなった昨年暮の東京大賞典は

 12.2-11.1-11.5-12.2-11.9-12.1-12.1-12.3-11.9-13.1

 前半が速過ぎで、最後は13秒台が出ています。今回はそれに比べればまだ余力が
 あったということでしょうか。


【予想結果と上位馬回顧】

1着◎6番スマートファルコン 牡6 57 武豊 小崎憲 02:01.1 36.0 1人気
   スタートで少し勢いつけると後は持ったまま先頭に立つ。そのまま直線に
   入って追い出すと、後続をどんどん離して終わってみれば9馬身差の
   圧勝。昨年の東京大賞典に続いて素晴らしいパフォーマンスを示しました。

   本当に強くなったと思います。砂のサイレンススズカと言う人も現れて  
   います。鞍上武豊だしね^^;。でもスマートファルコンは、スマートファルコン
   です。秋に強いところを見せてほしいし、来年はドバイにぜひ行ってもらい
   たいなぁ~。

2着 11番エスポワールシチー 牡6 57 佐藤哲三 安達昭夫 02:02.9 37.6 2人気
   スタートで内に入れず、外をそのまま走らせ1角で内に入れて3番手追走。
   3角過ぎて前のマグニフィカを抜いて2番手進出。4角出口から追い出して
   前をとらえようとしたが、直線では差がついてしまった。

   勝ち馬が強すぎてこの馬の良さが見られなかったのは残念。最後迫ってきた
   バーディバーディに抜かせなかったのはG1馬の意地か。
   前走のかしわ記念も3着だったし、本調子ではないのかもしれない。


3着 1番バーディバーディ 牡4 57 松岡正海 池江泰寿 02:03.1 37.4 3人気
   少し押して前の集団に取りついて4番手追走。3角過ぎて追い出し。勝ち馬
   には到底届かなかったが、2着のエスポワールシチーには1・1/2馬身
   まで詰め寄った。長くいい脚を使えたので、今後も長距離では楽しみに
   なった。

【その他】

 武豊騎手がウイニングランで、スタンドに向かって何度も拳を上げていました。
 武豊騎手にとっても本当に嬉しい勝利だったのでしょうね。秋には人馬ともに
 大活躍してほしいです。







Last updated  2011.06.30 07:01:00
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.11
カテゴリ:地方競馬
本日は佐賀競馬場で交流重賞佐賀記念(Jpn3)が行われます。天気はどうなのかな?
ネットで見ると午後小雨程度のようです。各馬検討して予想を上げます。

【各馬検討】

凡例:○単勝候補、△紐で一考、×馬券対象外、☆テン乗り、★過去騎乗あり

△1番マイネルアワグラス 牡7 57 松岡正海 美浦 稲葉隆一
  力はJRA重賞級。ただし追込み脚質が災いして地方だと届かずのパターン。
  名古屋GPでは前に行ったが、他馬がコーナーで加速するところで上手く
  加速出来ずスピードに乗れないまま4着。松岡騎手も十分承知だろうけど、馬が
  行かないと小回りのコースはつらい。

×2番マルヨフェニックス 牡7 56 尾島徹 笠松 柴田高志
  笠松で頑張っているが、昨年の名古屋大賞典ではラヴェリータに2秒差。
  JRA勢に比べると厳しそう。

○3番マカニビスティー 牡4 55 M.デム 栗東 矢作芳人
  中央移籍後は苦労していたが、名古屋GPではまくり&追込みで短い直線を
  豪快に上がってきて惜しい2着。地方が合うのかな。鞍上が再びデムーロと
  いうのも不気味。前有利の馬場を鞍上が、どう捌くのか。力はある。  
  
×4番トウホクビジン 牝5 54 ★筒井勇介 笠松 山中輝久
  交流重賞ならどこでも行きます、東北美人。今日は川崎、明日は堀之内、
  中州、すすきの・・・
    それ違うっ!!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

  今回もがんばって!

○5番メテオロロジスト 牡4 55 武豊 栗東 池江泰寿
  4勝中3勝が逃げ切り。スタートは凄く良いタイプではないが、すっとハナを
  切る力はある。前走は直線から追い出して楽勝。初OPでも、鞍上込みで面白
  い。

×6番メガチューズデー 牡5 56 真島正徳 佐賀 真島元徳
  中央では500万下で苦戦していた馬。佐賀ではOP勝ちあるが・・・

×7番ヘイアンレジェンド 牡7 56 鮫島克也 佐賀 山田義人
  こちらも中央1000万クラス。しかも後ろからの競馬は厳しい。

×8番グランシュヴァリエ 牡6 56 赤岡修次 高知 雑賀正光
  ヘイアンレジェンドと同じかな。

○9番アドマイヤスバル 牡8 57 小牧太 栗東 中尾秀正
  JCD3着はここでは力最上位。豪快に最後も伸びていた。ただし、その
  豪快さが地方小回りだとアダになる場合もある。鞍上は織り込み済みだと
  思うので早めに前に並んで行くと思う。騎手同士の戦いか?

△10番セレスハント 牡6 57 福永祐一 栗東 松永幹夫
  小倉のダ1700mで勝っているように距離は大丈夫。ただし、アドマイヤスバル
  と同じ57キロというのはねぇ。

×11番マンオブパーサー 牡8 59 山口勲 佐賀 九日俊光
  59キロかぁ~うーん・・・

×12番タニノウィンザー 牡7 56 吉留孝司 荒尾 頼本盛行
  昨年の佐賀記念は勝ち馬から2.6秒差の7着。厳しい。

ということで、今年はJRA勢になるのは仕方ないかな。

○マカニビスティ、メテオロロジスト、アドマイヤスバル
△マイネルアワグラス、セレスハント


では予想です(=´ー`)ノどうぞ

5番メテオロロジスト 武豊

 今回行くのはこの馬だけ。前走でも直線まで持ったままだったので調子は
 良さそう。力不足は感じるが、小回りコースで昨年のように武豊マジックが
 炸裂しそう。2007年のサイレントディール(4人気)、2010年ラッシュストリート
 (3人気)は武豊の力で勝ったレース。軽量を生かしてぶっ飛ばせ!


マカニビスティはデムーロ騎手が後ろからどこで動くかによるけど、前が飛ばすと
届かずもあるかな。直線は中京のほうが若干短くても最後の追い込みは素晴らし
かった。でも今回相手が武豊。どこで仕掛けるか楽しみです。


アドマイヤスバルは外枠なので、上手く前につけられればいいけど後手を踏むと
外を回らされて届かずもありかな。地方出の小牧騎手。うまく武豊騎手の後ろ
につければ、最後は格が違うので楽勝もあり。


次に繋がるレースとは言い難のですが、今回は武豊vsデムーロvs小牧太の戦い
になると面白いですね。楽しみです。






Last updated  2011.02.11 11:08:57
コメント(2) | コメントを書く
2011.02.07
カテゴリ:地方競馬
佐賀で行われる交流重賞佐賀記念(Jpn3)のコースについて2008年に一度
書きましたが、リニューアル。

【佐賀ダ2000m

右回り1周1100mの小回り平坦コース。2角のポケット発走。最初の4角までの
距離は350m程度。小回りコースなのでコーナーを6つ通過する。
ゴールまでの直線は200mと短い。

これを頭に入れて過去のレースを見てみます。交流重賞はこれだけなので、
過去7年分をみます。

2010年
 02/11佐賀記念(G3)不良 タイム2:07.5
  2番ラッシュストリート(3人気)逃げ
   内からすっとハナを取る。スタンド前で後続を3馬身離して、向こう正面で
   縦長にすると、3角から追い出し。後続が追いかけるも、直線180m。逃げ切り。

2009年
 02/11佐賀記念(G3)良 タイム2:07.4
  6番スマートファルコン(1人気)逃げ
   スタート良くハナを取る。かなり縦長になるがスマートファルコンは抑えて
   1角で一旦スローにして、4角持ったまま4角から追い出して楽勝。

2008年
 02/11佐賀記念(G3)良 タイム2:06.8
  3番チャンストウライ(2人気)向正面まくり
   中団やや後方追走。向こう正面まくりで3角で前にいたマコトスパルビエロに
   並ぶと、直線で突き放して勝利。

2007年
 02/12佐賀記念(G3)良 タイム2:07.4
  4番サイレントディール(4人気)スタンド前まくり先頭
   中団追走。最初のスタンド前で遅くなったとみると外から上がってきて先頭に
   立つ。そのままクーリンガーが追うがその体制のまま勝利。
   武豊、掟破りのスタンド前まくり。そーいえば昨年暮れの名古屋GPでもロング
   プライド2角まくり戦法をやっていた。武豊恐るべし(^^;

2006年
 02/13佐賀記念(G3)良 タイム2:09.1
  10番マイネルボウノット(1人気)先行抜け出し
   2番手追走。2周目の向正面でJRA勢(ドンクール、メイショウカイドウ)
   が上がって来るが、前との差がありなかなか縮まらない。4角で先頭のオンユア
   マークを交わすと直線そのまま千切ってゴール。2着はドンクールが来たが、
   3着にはハナを切っていたオンユアマークが残る。

2005年
 02/11佐賀記念(G3)良 タイム2:08.6
  2番マルブツトップ(3人気)逃げ切り
   ハナを切ってそのままコーナーをまわり3角過ぎでJRA3頭が抜け出すと
   そのままの隊列でゴール。

2004年
 02/11佐賀記念(G3)良 タイム2:10.4
  2番クーリンガー(1人気)先行3角先頭
   内から前にとりついて4番手追走。最初のスタンド前で3番手。3角で先頭に
   立つと直線で馬場の真ん中を抜けてゴール。


最初の3角までの直線が350mあるのでどの枠でもハナを切れる。最初のコーナーで
隊列が決まる。そのままの隊列でスタンド前をゆっくり回る。
(2007年の武豊は反則です (≧∇≦))

2周目の向正面で後ろの馬(と言っても最後方は無理)は前に進むが砂が重くて乾いて
いるせいか、あまり前との差が縮まらない。チャンストウライのような競馬は難しい。

3角で捲くろうとすると外を回され順位が変わりづらく、そのままの順位で直線を
向く。
直線200m。脚のとられる馬場でヨーイドンしても差しは決まらず。
先頭の馬が殆ど勝つ・・・というか見たレースでは絶対勝つ!笑)

逃げ・先行絶対有利。3角からまくろうとしても不可能。とにかく前にいることが条件。
小回りダートは地方は沢山あるが、殆どこのパタン。すぐにコーナーがやってくるので
途中動くに動けない。まくりもあるけど、前に強い馬がいると厳しい。

今年も逃げ・先行馬を中心に考えたほうが良いですね。






Last updated  2011.02.07 22:34:01
コメント(2) | コメントを書く
2011.02.02
カテゴリ:地方競馬
【レース回顧】大井ダ1800m

 内からシンメイフジが出てハナを取りブラボーデイジーも前に出て2番手追走。
 スローの一団で向正面を通過。3角隊列変わらずも4角から人気馬が前の一団を
 形成。

 直線先に抜け出したのはザッハーマインとブラボーデイジー。しかしその外から
 ミラクルレジェンドとラヴェリータ2頭が上がって残り100mで前を交わすと
 最後は2頭の叩き合い。ゴールでラヴェリータがクビ前に出て入線。

【ハロンタイム】良 前52.0-後48.6 △4-▼6-△6瞬発戦

 12.8-12.5-13.8-12.9-11.8-12.0-12.4-11.8-12.4

 逃げる馬が居なかったので、前半は例年以上のスロー。最後の決め脚勝負となった。
 

【予想結果と上位馬回顧】


1着◎13番ラヴェリータ 牝5 57 M.デムーロ 松元茂樹 01:52.4 36.3 2人気
   スタートで勢い付けて前に出て先団3番手外追走。4角外を回して追い出し。
   隣のミラクルレジェンドと並走して最後は叩き合いとなったが、クビ差で
   1位入線。

   57キロでこの競馬なのでやはり強かった。新鋭のミラクルレシェンドには
   まだ負けませんよ^^と言ったかどうか定かではないけど、牝馬ではやはり主役か。

2着 10番ミラクルレジェンド 牝4 55 岩田康誠 藤原英昭 01:52.4 36.3 1人気
   ややスタートでヨレた感じだったが、すぐに前に出て先団追走。4角ラヴェリータ
   の内を回して直線から追い出し。勝ち馬と一緒に上がって来るが最後はクビ差で
   2着。

   スタートと直線でヨレるところがあった。まだ馬が若いからだと思う。そのあたり
   が治れば、さらに強い競馬ができると思う。前脚で掻き込む走法はダート向きだし
   走りは非常に綺麗。まだ成長途中、頂点が狙える馬だと思う。

3着 6番ブラボーデイジー 牝6 56 北村友一 音無秀孝 01:52.9 37.1 5人気
   今回はスタート良く出て2番手追走。3角過ぎて先頭に並んで直線から追い出し。
   残り100mで前2頭に離されてしまったが、最後まで止まらず3着。

   前走は全くいいところが無かったが、今回は頑張った。北村騎手と手が合うのか
   スムーズな競馬が出来た。調子が上がって武蔵野Sのような競馬が出来ればやはり
   怖い一頭。

4着 15番ザッハーマイン 牝6 54 C.デムーロ 出川克己 01:53.0 37.2 3人気
   外から押して出て先団外追走。3角過ぎて前3頭並びの外を回して直線一旦は
   先頭に立つが、JRA勢の末脚に屈した。

   地方では最先着。ブラボーデイジーと0.1秒差。JRA勢とも互角にやれる。
   先行力があるので外枠が少し応えたかも知れない。今後も注目。

5着 2番シンメイフジ 牝4 54 内田博幸 安田隆行 01:53.1 37.3 4人気
   内から出てハナを取ると4角内を通して直線から追い出し。最後内で粘ったが
   交わされてしまった。

   昨年6月の関東オークス以来の競馬で+12キロ、久々でも良く頑張った。
   ここを叩いてさらなる上昇がみられそう。

6着 1番プリマビスティー 牝4 53 左海誠二 岡林光浩 01:53.2 37.1 7人気
   先団内追走。3角過ぎて追い出し。4角内を通して直線で一旦離されたが、
   最後まで良くついて行った。

   斤量差はあったが、頑張った。こういったレースを経験して成長して欲しいなぁ。

7着 9番ラインジュエル 牝7 53 柏木健宏 鷹見浩 01:53.2 36.7 10人気
   中団内追走。4角も内を回して、直線外に出すと、いい脚で上がってきたが
   最後まで持たなかった。

8着 4番コールニーシュ 牝6 53 石崎駿 川村昭男 01:53.4 36.5 13人気
   内に入れて後方内追走。1角に入る手前で掛ったか、少しクビを振る。
   4角も内を回して上がり3番時計で上がってきたが、前とは差がありすぎ。

【その他コメント】

一時期牝馬の交流重賞もJRA準OPクラスから抜けられないような馬ばかりと
思っていたけど、地方馬含めて面白い馬が揃ってきた感じ。牡馬との対戦でも
上位2頭はやっていけると思う。これからの牝馬重賞も楽しみになったレースでした。







Last updated  2011.02.02 21:33:43
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:地方競馬
各馬分析する時間が無くなってしまったのでいきなり予想です^^;

13番ラヴェリータ 57キロ Mデムーロ

 牝馬にとってダート中長距離は体力的に厳しい距離。最後は地力勝負だと
 思います。ラヴェリータは牡馬相手のOP勝利、重賞2着の実績はやはり
 上とみました。

 斤量の57キロは牡馬換算すると59キロ。ただしスパーキングLでも
 同斤量で勝っているので、牝馬相手なら大丈夫でしょう。


一番人気のミラクルレジェンドは3歳のレパードSを勝利してJRA3歳
の頂点に立ちました。しかし、昨年の3歳はいまひとつピリっとしないところ
があるので、ラヴェリータと比べるとまだかなという気がします。

その他不気味なのがシンメイフジとブラボーデイジー。
シンメイフジは久々でもダート適正あるので成長してアッと言わせ
るかもしれません。

ブラボーデイジーはなんと言っても武蔵野Sを3位入線。本来の力を出せば
ちぎるかもしれません。前回の負け方が嫌なのではずしました。

レディスクラッシックに向けて好発進するのはどの馬なのか、楽しみですね。






Last updated  2011.02.02 13:57:21
コメント(2) | コメントを書く
2011.02.01
カテゴリ:地方競馬
TCK女王杯は、12月に船橋で行われたクイーン賞のメンバが集結。
回顧していなかったので、みてみます。

【レース回顧】船橋ダ1800m

 ブラボーデイジー出遅れ。ザッハーマインがハナを切ると続いてメイショウ
 バトラー、ミラクルレジェント。
 遅れたミラクルレジェンドもすぐに前につけて先団。2角過ぎて縦長の展開。

 3角でザッハーマインが2馬身離して、直線ザッハーマインと後ろに着けた
 ミラクルレジェンドが直線半ばで捕らえてそのままゴール。

【ハロンタイム】 前49.0-後51.0 △1-△1-△5消耗戦

 11.6-12-12.5-12.9-12.5-12.5-12.6-12.7-13.2

 前で飛ばしたザッハーマインは最後まで頑張ったなぁ~

【TCK出走馬回顧】

1着 3番ミラクルレジェンド 牝3 55 岩田康誠 藤原英昭 01:52.5 38.3 2人気
    スタート良く出て内4番手追走。4角で気合いをつけて直線前を行く
    ザッハーマインを差してゴール。

2着 13番ザッハーマイン 牝5 54 的場文男 出川克己 01:52.8 38.8 3人気
    スタートで押して前に出てハナを切る。そのまま3角過ぎて後続を離したが
    直線で勝ち馬に並ばれると抵抗できず。

3着 10番トウホクビジン 牝4 52 本橋孝太 山中輝久 01:54.0 39 10人気
    後方外追走。向正面から前に進出。4角外を回して、前2頭から離れたが
    最後は伸びて3着確保。

4着 5番コールニーシュ 牝5 51 戸崎圭太 川村昭男 01:54.3 39.3 8人気
    先団内追走。向正面でも手がうこいて前に取りつきそのまま内を回して
    ゴール。

9着 1番ヤマトマリオン 牝7 56 幸英明 安達昭夫 01:55.2 40.5 7人気
    スタートで押して行くがすぐに抑えて先団内追走。3角手前から追い出し
    直線伸びず。

12着 12番ベルモントプロテア 牝6 52 坂井英光 太田進 01:55.8 40.8 12人気
    スタートでヨレながら行くが中団追走。3角で離されるとそこから伸びず。

13着 6番ブラボーデイジー 牝5 56.5 武豊 音無秀孝 01:56.0 41.4 1人気
    ゲートでクビを振って出遅れ。すぐに前に出て先団追走。しかし直線
    向いて全く伸びず。






Last updated  2011.02.01 22:32:32
コメント(0) | コメントを書く

全237件 (237件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >


© Rakuten Group, Inc.