B'zFan ON★THE★NET

カテゴリ

バックナンバー

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2019年09月10日
XML
カテゴリ:ライブレポート B'z
ステージセット、演出、松本さん、稲葉さんの衣装、全体の流れとMCです。

コメントをくださる場合は、冒頭の20字にネタバレがないようにお願いします。
書くことがない場合は全角スペースで埋めてください。(半角スペース・改行不可)
20字以内にネタバレがあった場合、コメントを削除させていただきますのでご了承ください。


名前が入っていない青字は稲葉さんの発言、( ) は会場の反応です。

ご紹介するMCはあくまでも、「こんな内容を、こんな感じで言っていた」です。

私が覚えている範囲 (勘違い・思い込みも含む) でご紹介する
ライブの全体像をつかみ、雰囲気を感じ取っていただくためのレポートです。
細かい間違いは大目に見てください。

また、コメント欄にご自分のライブレポートを書くのはご遠慮ください。
よろしくお願いします。







――――▼ この先ネタバレ ▼――――












B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-
9/07(土) 広島グリーンアリーナ

《ステージセット》

ステージ左右に大きな縦長のモニター
バックスタンド席の左右にツアーロゴが入ったフラッグ(座席を覆うかたちで広げられている)
松本さん、稲葉さんがステージからバックスタンド席前へ移動するための通路 (幅約1m)

モニターは曲面になっていて、サイドスタンド端の席でも手前は見えるようなっています。

拡大画像



《松本さん衣装》
〈オープニング〉
 黒タンクトップ (フロントに、ツアータイトルで描いたゴールドのスカル)
 黒ベスト (左ポケットのフラップにラインストーン)
 黒パンツ、黒い靴
 サングラス、ピック型ペンダント
 黒リストバンド (ゴールドの「玲」刺繍入り・右手首)
 パンツ左にチェーン (複数のチャーム付き)、右にバンダナ

〈12曲目「SICK」から〉
 黒タンクトップ (フロントに白の英字と「☆」もしくは歯車マークのようなプリント)
 黒ベスト

〈アンコール〉
 アストロTシャツ ブラック (ノースリーブ仕様)


《稲葉さん衣装》
〈オープニング〉
 黒ショートジャケット (ラメ入り)
 黒ベスト (前ボタン)
 黒ノースリーブTシャツ (ラメ入り)
 赤レザーパンツ
 黒ショートブーツ
 サングラス (「RED」のみ、曲の途中まで)

〈12曲目「SICK」から〉
 ネイビー長袖シャツ (光沢のある素材)

〈18曲目「デウス」から〉
 黒ノースリーブTシャツ
 フロントに赤いバラ (枝葉付き)、その上に「CL」で始まる装飾文字の単語プリント (白)
 それを白い長方形が四角く囲んでいる

〈アンコール〉
 ラウンドロゴTシャツ ホワイト (フレンチスリーブ仕様)


《全体の流れとMC》

※下手 (しもて・客席から見て左側)  上手 (かみて・客席から見て右側)

客電が消灯すると、両サイドのモニターに同じ映像が流れる

宇宙飛行士がアクシデントに見舞われ、宇宙空間を流される
もう一人の飛行士が助けに向かい、流されていた飛行士に手を伸ばす
二人がまさに手をつなごうとしているその時、赤と青、2つの隕石が二人めがけて飛んできて…

といった内容です。

ステージの照明点灯
サポートメンバー演奏スタート

松本さん、バックスタンド席前 (ドラム後方) に、バックスタンド席のほうを向いてせり上がりで登場
稲葉さんは下手から歩いて登場

01. マイニューラブ
02. MR. ARMOUR

ちゃんと聞こえてますかー。  (歓声)
ちゃんと見えてますかー。  (歓声)

首や胸のあたりを触りながら
いちばん後ろのその辺、こことか見えてます?
くっきり? 鮮明に?
  (笑い)  (見えなーい)

シャツとベストの裾をちょっと持ち上げて、自分のお腹をのぞきこんで
見えてます?  (見えなーい)

見えて?  (ない!)
てない!  (笑い)
そうですか…
さっき、大きいのありましたよね? 使いましょうよ。


モニター上部に小~さな画面が現れる  (笑い)

実物よりチョット、少し、小さいみたいですけど、これでどうですか? なかなか高画質ですし。  (だめー)
え?  (もっとー)

画面がやや大きくなる  (歓声)

かなり大きくなりましたね。
いや、ちょっと見づらいか? 画面は鮮明ですけど。
  (もっとー)
何?  (もっとー!)

さらに少し大きくなる  (歓声)

画面がさらに大きくなり、稲葉さんのお腹の辺りだけが映る  (笑い)
稲葉さん、顔が映るように中腰になる  (笑いと歓声)

これでいいと言われても、ワタシのほうが
このままってわけにはいかないですけど…(苦笑)
  (笑い)

もうお分かりのように、このスクリーン
皆さんの声援の大きさに比例して、大きくなるようになってます。
  (歓声)
いいですね? わかってますね?  (歓声)

B'zの…  (歓声で画面拡大)
B'zの!  (歓声)
B'zのLIVE-GYMにようこそー!!

画面が最大になり、稲葉さんの全身が映る  (大歓声)

稲葉さん、全身が映っている状態をしばらく見せたあと、唇に指を当てて「しー」
場内、静まる

稲葉さんの咆哮、最後の部分にのみ、エコー

アオッ  (アオッ)
アオッ  (アオッ)
アオッ アオッ アオッ アオッ、アオー! (エコーがかかる)
03. WOLF
ステージの床、セットのセンター最上部にオオカミの牙が出現
モニターの映像にも牙が映る

オーディエンスが吼えるのを聞いてから、稲葉さんも吼える

稲葉さん、エンディングが終わり近くなると、両手を口の左右に当ててスタンバイ
演奏が終わると、オーディエンスと一緒に吼える

稲葉さん、下手に向かいながらジャケットを脱ぐ

04. 俺よカルマを生きろ
ステージの下手端、センターにマイクスタンドが置かれ
下手で歌い終わると、マイクスタンドをステージ下に放り投げる
センターに移動し、マイクスタンドを持ったまま上手に移動
上手での部分を歌い終わると、またマイクスタンドをステージ下に放り投げ
センターに戻って、あらためて用意されたマイクスタンドのマイクで最後まで歌う

05. トワニワカク
「こればっかは we can't stop」などの部分は歌詞がモニターに出る
サビでは、来場者たちが会場周辺でカメラに向かってポーズを取っている映像が流れる
 (いつもより「若くない人」多め)
「キミに会いたい」の部分では、客席の「若い女性」がアップになる
 ( "LIVE DINOSAUR"「弱い男」の演出の女性版)

2番の「キミに会いたい」のあと、松本さん
上手のモニター前に置かれた階段を上がり、高い位置でギターソロ
松本さんに向かって稲妻が落ち、松本さん、稲光に包まれる (モニターの映像です)

どうも、皆さん、こんばんはー。  (こんばんはー)
お元気でしたかー。  (元気ー)
(バックスタンド席を振り返って) 元気?  (元気ー)

約1年ぶりに、広島に戻ってまいりましたー。  (拍手)
今夜は、B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- にようこそいらっしゃいました。  (拍手と歓声)

今日、こんなに集まってくれたからには、我々、バンド全員、持てる愛情のすべてを振り絞るつもりで
そこにもLOVE、その端っこにもLOVE、あ、LOVE、LOVE、LOVEと
  (笑い)
この会場がLOVEでいっぱいな雰囲気になるようなつもりで、心して歌って、演奏していきますんで
皆さんも、ゆっくり、たっぷり、自由に、最後まで楽しんでいってください。
よろしくお願いしますっ!
  (歓声)

06. 今夜月の見える丘に

07. 有頂天
下手モニター前に移動した稲葉さん、「太陽のKomachi Angel」風のラテン調手拍子

08. ultra soul
ラスト「ultra soul!」「Hi!」1回おまけ

ありがとうございます。  (拍手)
ちゃんと見えてますかー。  (歓声)
よかった(笑)  (笑い)

このツアー、6月に始まって、もう9月に入ってますけど、近くまで来てはいたんです。
福岡に来ては、帰り、神戸まで来て、帰り…
  (笑い)
あ、あと、愛媛にも来て、帰りと。
そしてようやく、広島にたどり着きましたー。
  (歓声)

最近は東京でも、日によっては涼しくて、あと、この間、札幌にも行ったりしたんで
外気的には、もう秋になった感じがしてたんですけど、夏が戻ってきました(笑)
  (笑い)

「NEW LOVE」という新しいアルバムを出しまして、このあとも何曲か
そのアルバムから聴いてもらいたいと思いますけど、よろしいでしょうか。
  (拍手)

聴きます?  (歓声)
聴きたいですか?  (歓声)
Are you ready?  (Yeah!)
Are you ready? 広島ー!  (歓声)
Are! You! Readyーー!!?  (Yeah!!)
(ちょっと間を開けて) TAK!!

09. 恋鴉
松本さん、マイクに向かってイントロ部分を渋くハミング
ハミングを途中で止めて、せき払い  (笑い)

10. ゴールデンルーキー
松本さんと稲葉さん、バックスタンド席前でツーショット

11. Rain & Dream
モニターに雨の映像

稲葉さん、歌い終わると着替えのため下手に退場

松本さんとYTの掛け合いギターソロ
その後、松本さん、着替えのため上手に退場

モヒニ、ベースソロ (前半がかなり変わる)

稲葉さん、下手から登場しながら
ベースギター、モヒニ・デイー!  (歓声)

12. SICK
間奏でモヒニのベースソロ
下手端にいる松本さん、それに合わせて、エアギターならぬ「エアベース」

ラストは全員でセッション、稲葉さんはタンバリンで参加
最後はタンバリンを投げ上げて、自分でキャッチ

久しぶりに高く投げ上げました。

ちょっとは行き渡った感じですかね。さっきよりは。  (笑い)

じゃあここで、今、すばらしい演奏を聴かせてくれた
バンドのメンバーを紹介したいと思います。
  (拍手)

サポートメンバーの配置は、下手から YT (ギター)、モヒニ (ペース)
YTとモヒニの間の奥にサム (キーボード)
センター奥にブライアン (ドラム)

ギター&ボーカル、YT~。  (歓声と拍手)
彼は、一個前の「DINOSAUR」というアルバムから、アレンジメントとか
バッキングコーラスなんかでも、フルに参加してくれてます。
ツアーを一緒に回るのは初めてです。
  (拍手)
YTさん、今日の調子はどうですか?

YT ぶち、いい感じです。

(YTの低い声をまねして) 「ぶち、いい感じ…」(笑)  (笑い)
ぶち! ぶち!(笑)

YT ぶち、いい感じ(笑)

今の、その声のトーンは……、もしかして、ぶち!いい感じ、ですね?  (笑い)

YT ええ(笑)  (笑い)

ギター弾きまくり、シャウトしまくり。頼れる男、YT~。  (歓声と拍手)

YT ありがとうございます。

そしてキーボード、サム・ポマンティー。  (歓声と拍手)

彼は、ふだんはカナダのトロンというところに住んでいて、僕たちと出会う前からB'zのことを知ってて
なぜかというと、もともと日本の文化とか音楽に興味があって、そのへんから音楽を始めて、日本語まで勉強して。
そうやって、のめり込めることを掘り下げて、掘り下げていった結果
今こうして、B'zのバンドのメンバーとして、広島のステージに立っているという。
  (拍手)

ツアーの前から日本語はうまかったですけど、ツアーもあと少しですけど
さらにうまくなってると思うんで、今日もサムさんに、日本語で挨拶していただきましょう。
  (拍手)

サム こんばんは。  (こんばんはー)
   こんなすばらしいミュージシャンたちと一緒に演奏できて
   ツアーでいろんなところに行けて、最高じゃん? と毎日思ってます。
   ありがとうございます。
  (拍手)

どこに行っても、自分なりの楽しみ方をしてます。
これからさらに、深みのあるプレーヤーになっていくことでしょう。
B'zのバンドにとって、まさにゴールデンルーキーです。サム・ポマンティ~!
  (歓声と拍手)

そしてベースギター。今日もあでやかです。モヒニ・デイー!  (歓声)

彼女にも、新しいアルバムではいっぱいベースを弾いてもらってます。
彼女は今も若いですけど、十代のはじめの頃からプロとしての活動をスタートさせて
世界のあらゆるところの、すごいミュージシャンたちと一緒にプレイしてきた経験をもつ
こう見えて、百戦錬磨の女性のミュージシャンです。
  (拍手)
(英語で) 広島は初めて?

モヒニ (英語で) 2回目。

広島は2回目だそうです。  (へー)

(英語で) お客さんはどう?

モヒニ スゴイッ! スゴイッ!(笑)  (笑い)

(英語で) ほかに何か言える日本語は?

モヒニ (英語で) 今、日本語を習ってるんだけど (聞き取れず)
   "fried potato" が「フライドポテト」(笑)  (笑い)
   フーラーイード…(笑)  (笑い)

(英語で) それがいちばん好きな日本語なの?(笑)

モヒニ (英語で) ええ、いちばんお気に入りの日本語(笑)  (笑い)

(英語で) どう違うの?

モヒニ フー…、フー…(笑)

「f」ではなく「h」の発音のようです。

稲葉さんとモヒニ、声を合わせて
フーラーイードーポーテートー  (笑い)、

「それでいい」って言われました(苦笑)  (笑い)

「フライドポテト」がいちばん好きな日本語だそうです。
若いから、可笑しいんでしょうね(笑)
  (笑い)

毎日、刺激を受けまくってます。
このあとも、すごいフレーズを繰り出してくると思うんで、お楽しみに~。
  (拍手)

モヒニ アリガトゴザイマス。

そしてドラムス、ブライアン・ティッシーー!  (歓声)

彼とはいちばん付き合いが長くて、もう20年になります。
レコーディングにはずいぶん前から参加してもらってたんですけど
今回初めて、同じステージで、一緒にツアーを回ってます。
  (拍手)
(英語で) 広島は初めて?

ブライアン Yah, frist time. ゲンキデスカー、ヒロシマー!  (歓声)
      (英語で) 日本語でなんて言うのか知らないけど、ひとつ言いたいことがある。
      皆さんは、ロックンロールの仕方を知ってるよな!
  (歓声)

おれは日本語はしゃべれないけど、広島のみんなはロックの仕方、知ってるだろうと。
見てのとおり、腰にクルような、ごっついほどぶっとい音を、このあとも響かせてくれると思うんで
このあとも楽しみにしててください。
  (拍手)

そして、ギター。  (歓声)
ギター!  (歓声)
オンギター、ミスター TAK MATSUMTO~!  (大歓声)

松本さん、声援に応えるとすぐギターを弾き始める
ブライアンも加わる

松本さん、稲葉さんをチラチラ見ながら引き続ける

稲葉さん、曲のキリのいいいところで
はいっ、もういいです。

松本さん、弾くのをすぐにはやめず、アウトロからピロピロ続ける

はいっ。

ピヨーン

いいから。

ピロ…

弾かないっ。  (笑い)

ギターもいいですけど、せめて一言。肉声を聞きたいですよね? (歓声)
あんまり黙りこくってると、最初みたいに、画面がまたキューッと小さくなっちゃいますよ?

モニターの画面がキューッと小さくなる  (笑い)

ほら。あれじゃ困りますから。

松本さん (右腕を上げて) こんばんはー。  (こんばんはー!)

画面が大きくなる

松本さん (右腕を上げたまま) ……………  (笑い)
     (腕を下げて) 皆さん、お元気そうで何よりです。  (笑い)
     ワタクシ……、愛の伝道師、TAK MATSUMTO。  (爆笑)
     皆さんに、胸いっぱいのLOVEを注入しに、やってまいりました。  (歓声と笑い)

松本さん、胸の高さで両手の人さし指を前に突き出す「注入ポーズ」

松本さん 注入しますんで、最後までよろしくお願いします。  (歓声)

「愛の伝道師」…、また、初めて聞くフレーズが(苦笑)
伝道師っぷりが板に付いてますね(笑)
  (笑い)
ズッコンズッコン、注入しちゃってもらいましょう! (笑い)

じゃあ、いい感じになったところで、このあともダラーッと  (笑い)
次の曲に行っていいですか?  (拍手)
リラックスして聴いてください。

13. マジェスティック
YT、座って演奏
稲葉さんは途中、真ん中下手寄りのお立ち台に座って歌う

(ささやくように) いい感じです。
この人数で「うわーっ」って騒ぐのも鳥肌立ちますけど、しーん! としてるのも…
ゾクッとします(笑)
  (笑い)

一人として声を出さず、本当にしーんとしていました。

黙ってなきゃいけないってわけじゃないですけど
次の曲も、この感じのまま、行っていいですか?
  (拍手)

14. 裸足の女神
バラードバージョンの二番までは、松本さん、YTは椅子に座って演奏
最後、全員で「NA NA NA NA~」を合唱してから、メンバーによるハモリ

全員で「NA NA NA NA~」と歌う部分、高崎同様、テンポが乱れませんでした。
(2日目は逆に、ものすごく走っていました)

15. きみとなら
(イントロで) 新しい曲やりますー。

1年前にも「NA NA NA NA~」って歌ったかな? (※1)
ありがとうございました。
1年ぷりの、広島の皆さんの素晴らしい歌声、聞かせていただきました。
  (拍手)

こうして見てると、皆さん、いい表情して、気持ちよさそーに  (笑い)
高らかに、歌い上げていらっしゃいましたね。  (笑い)
満足だ。なんか、新しい曲も聴けちゃったし、思い残すことはない。十分だ。
なんなら、これで帰ってもいいんじゃないか。
  (えーー)
…的な? 感じじゃないですか?  (まだー)

いちばん後ろのほう、LOVEは行き渡ってますか?  (ないー)
えっ? LOVEが行き渡って?  (ない!)
届いて?  (ない!) (笑い)

振り絞ってるのに、そんなにはっきり「ない!」って言われたんじゃ
もう、しょうがありませんね。
  (笑い)

………伝道師が出てきそうな感じじゃないですか?  (笑い)
出てきそうですよね。
ラブ注入してもらいましょう。TAK MATSUMOTO~。
  (歓声と拍手)

松本さん、短いソロ~
16. RED
バックスタンド席のところどころに赤いフラッグ
スタッフの方が、応援団のようにお腹で支えて持っています。

稲葉さん、イントロの間に下手端でスタッフからサングラスを受け取り、バックスタンド席前に移動
サングラスをかけ、途中までバックスタンド席前で歌う
ステージに戻る途中、サングラスを外して上手側のスタッフに渡す

サム、キーボードソロ~ (札幌2日目からかなり変更)
17. イチブトゼンブ

18. Still Alive
最後のサビで、テープがステージセットの上のほうから飛び出す

稲葉さん、着替えのため下手に退場

ブライアン、ドラムソロ
スティックが乱れ飛び、宙を舞う
最後はヌンチャクのように2本をつなげたスティックでたたく

19. デウス

どうもありがとうございます。
このツアー、まさに佳境ですけど、「NEW LOVE」というアルバムを発表して
それを携えてのものですけど、振り返ってみると、1年前、広島にも来ましたけど
バンドが30年を迎えて、そのための大きなイベントがあって
皆さんの愛情に支えられて、スタッフの愛情に包まれて、なんとか無事にやりきることができました。

そして31年目を迎えて、さあどうする、となったとき
我々は、わりとすぐスタジオに入って、曲を作り始めました。
「NEW LOVE」というアルバムを作って、ツアーのための新しいメンバーを探して、集めて
リハーサルをして、そうしてツアーをスタートさせました。

でも、我々としては、まだ何か新しい音楽的な刺激。
これまで、皆さんからいろんな刺激を受けてきましたけど
まだ何かあるんじゃないかっていうシンバルな気持ちで
B'zとしての、新しい音楽の旅に出たような、そんな感じでこのツアーをやってます。 

その旅に、こうして立ち会ってくれて、あっつい声援を送ってくれて
こんな幸せなことはありません。ありがとうございます。
  (拍手)

今日のLIVE-GYMが、皆さんにとってどんなものになるのかは、人によって違うと思いますけど
今日、一緒に感じた熱みたいなものが、皆さんがそれぞれの生活に戻って、何かのタイミングでよみがえって
ちょっと幸せを感じられたり、ちょっと勇気がわいてきたりしたら、うれしいなと、思います。
もし、そんなことが起こったら、すぐ連絡ください。


稲葉さん、親指と小指を広げて耳に当て「電話する」しぐさ  (笑い)

その瞬間、そのLIVE-GYMは報われたことになります。
皆さんのふだんの生活の、どこかのタイミングで、今日の熱がよみがえって、「あ、幸せ」となれる。
そんなライブをしていけたらと思います。
今日はこんなにたくさん来てくれて、本当にありがとうございました。
  (拍手)

20. 兵、走る
ステージ両端に何本ものフラッグが置かれる
スタンド席の最前列に沿うように、左右に各6枚、垂れ幕が天井から降りてくる

席に桜吹雪が舞う
桜吹雪は、桜の花びらの形をしたピンクの紙です。

どうもありがとー!  (歓声)

松本さんのみ上手に退場
稲葉さんとサポートメンバーは下手に退場


アンコール

ヘーイ!  (ヘーイ!)
ヘーイ!  (ヘーイ!)

今の気分はどうですかー。  (サイコー!)
気分はどうですかー!  (サイコー!!)
サイコーですかー。  (歓声)
TAKさんはどうでしょう。  (歓声)

21. juice

曲の途中で
まだ元気ありますかー。  (歓声)
声、聞かせてくださーい。  (イエー!)

まだ何か歌いますかー。  (歓声)
歌っちゃいましょうかー!  (歓声)
OK Brian, let's do it!

ゆったりしたテンポの、大人っぽいコール&レスポンスから、変なコールも
バリエーションが増え、難易度がさらに上がる




Led Zeppelin - Achilles Last Stand (Live in Los Angeles 1977)  YouTube Led Zeppelin (9分58秒)
※リンク先は6分25秒から再生




稲葉さんのコールに松本さんが応える、二人でのコール&レスポンス
松本さん、途中からギターでレスポンス

TAK MATSUMOTO~。  (拍手)

コール&レスポンス後、「juice」の残り部分演奏再開

サム、「Into Free -Dangan-」のイントロのようなソロ~
22. さまよえる蒼い弾丸
最後の「旅すりゃいい そうです君は蒼い弾丸」の「弾丸」でロングトーン (稲葉さんにしては短め)
ラスト、特効の爆発

どうもありがとーー!!  (大歓声)

メンバー全員、ステージ上に整列

ヘーイ!  (ヘーイ!)
ヘーイ!  (ヘーイ!)

今日のこの会場、皆さんのLOVEでいっぱいでした。
どうもありがとー!
  (大歓声)
せーの!  (おつかれー!)

ED SE ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM

サポートメンバー、下手に退場

松本さんと稲葉さん、ステージの両端で交互にあいさつ
すれ違うとき、握手
あいさつを終え、センターで合流

広島の皆さんの愛情と、LOVEに包まれて、最高に幸せでした。
また、必ず会いましょう。バイバイ!
  (バイバーイ)

松本さん、続いて稲葉さん、下手に退場
稲葉さん、振り返って
くれぐれも気をつけて帰ってください。バイバイ!  (バイバーイ!)

ED SE きみとなら



※1
B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
7/28(土)広島グリーンアリーナ

01. ultra soul
02. BLOWIN'
03. ミエナイチカラ
04. 裸足の女神
05. Wonderful Opportunity
06. 光芒
07. 月光
08. 恋心 (KOI-GOKORO)
09. OH! GIRL
10. イチブトゼンブ
11. ねがい
12. OCEAN
13. LOVE PHANTOM ~ HINOTORI ~LOVE PHANTOM
14. Real Thing Shakes ~ juice
15. BAD COMMUNICATION
16. Pleasure 2018

アンコール
17. Brotherhood
18. ギリギリchop
19. RUN

※「裸足の女神」は日替わり曲だったため、7/29(日)は演奏されず (TIME)




《エンディングSE 歌詞》 Ver. 8 (福岡 Zepp 公演更新)

一応、すべてを文字化できましたが、間違っているところもあると思います。
ラストの、エンディングSEにない部分は福岡以降も変わっています。

「きみとなら」
テレビ朝日系 土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」主題歌
7/27(土)放送開始

あわれみとか 強がりもいらない
僕らはきっと 離れられないんだろう
悲しみ 痛み うしろめたさ そっと隠してるつもりでも
すがすがしいほどばれてしまう 心地よき幸福

きみとなら この世界の果て のたうち回りながら fly away
きみとなら 眠らなくてもいい 時に自由に そして不自由に
恋愛感情も超えていく 不思議なソウルメイト

時がたてば 色あせるものもある
そんなことさえ かけがえないものだろう
やさしい 夢のような 穏やかな 日々が保証されるわけじゃない
手加減のないやり取りのなかで 見える愛情の正体

きみとなら この世界の果て 抱きしめ合いながら up and down
きみとなら 眠らなくてもいい 奇想天外な終点が見えるまで
誰一人敵わない スーパーなソウルメイト

きみとなら この世界の果て のたうち回りながら fly away
きみとなら 眠らなくてもいい
きみとなら 裸でもいい
きみとなら 砂漠のなかへ
きみとなら 嵐の向こうへ

最後で最高の 愛すべきソウルメイト

You are the soulmate  ※愛媛
スーパーなソウルメイト  ※埼玉
You are my soulmate  ※Zepp福岡、宮城、札幌、幕張初日、広島
You got a soulmate  ※高崎初日
You have a soulmate  ※高崎2日目 (初日と同じだったかも)
※演奏時のみ (エンディングSEにこの部分はありません)


◆ライブレポート
鹿児島初日  鹿児島2日目
三重初日  三重2日目
神戸初日  神戸2日目  神戸3日目  神戸4日目
福井初日  福井2日目
大阪2日目  大阪3日目
横浜初日
名古屋2日目
福岡初日  福岡2日目
埼玉初日  埼玉2日目
福岡 (Zepp) 2日目
宮城初日  宮城2日目  宮城3日目
サマソニ東京  サマソニ大阪
高崎初日  高崎2日目
札幌初日  札幌2日目
幕張初日






最終更新日  2019年09月10日 02時03分29秒
[ライブレポート B'z] カテゴリの最新記事

PR

フリーページ

日記/記事の投稿

サイド自由欄




B'z SHOWCASE 2019 -魔界転翔-  BEA
6/04(火) 開場18:00 / 開演19:00
天草市民センター
 熊本県天草市東町3番地 [MAP]
 定員・座席数 698席 (PDF座席表)
 セットリスト


B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-
16ヵ所36公演

【マッチング・2次発売スケジュール】
    マッチング受付期間   発表   2次発売
鹿児島  5/07(火)~5/17(金) 5/24(金) 5/25(土)
三重   5/13(月)~5/24(金) 5/31(金) 6/01(土)
神戸   5/17(金)~5/29(水) 6/05(水) 6/08(土)
福井   5/29(水)~6/09(日) 6/14(金) 6/15(土)
大阪   5/31(金)~6/12(水) 6/19(水) 6/22(土)
横浜   6/07(金)~6/18(火) 6/25(火) 6/29(土)
名古屋  6/14(金)~6/25(火) 7/02(火) 7/06(土)
愛媛   6/24(月)~7/04(木) 7/11(木) 7/13(土)
埼玉   6/24(月)~7/04(木) 7/11(木) 7/13(土)
福岡(Z) 7/01(月)~7/11(木) 7/19(金) 7/20(土)
宮城   7/08(月)~7/18(木) 7/25(木) 7/27(土)
高崎   7/19(金)~7/30(火) 8/06(火) 8/10(土)
札幌   7/24(水)~8/04(日) 8/09(金) 8/17(土)
幕張   8/02(金)~8/14(水) 8/21(水) 8/17(土)
広島   8/02(金)~8/14(水) 8/21(水) 8/24(土)
福岡(マ) 8/09(金)~8/20(火) 8/27(火) 8/24(土)

開場 / 開演時間
平日 17:45 / 19:00
※Zepp Nagoyaのみ 18:00 / 19:00
土日 15:45 / 17:00
※Zepp Fukuokaのみ 16:00 / 17:00

6/08(土), 09(日)
鹿児島アリーナ
 鹿児島市永吉1-30-1 [MAP]
 定員・座席数 最大5,700名 (PDF座席表)
 BEA 2次発売 5/25(土)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目

6/14(金), 15(土)
三重県営サンアリーナ
 三重県伊勢市朝熊町字鴨谷4383-4 [MAP]
 定員・座席数 最大11,000席 (座席表)
 サンデーフォーク 2次発売 6/01(土)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目

6/19(水), 20(木), 22(土), 23(日)
ワールド記念ホール
 兵庫県神戸市中央区港島中町6-12-2 [MAP]
 定員・座席数 最大約8,000人 (PDF座席表)
 サウンドクリエーター 2次発売 6/08(土)
 セットリスト 初日  2日目  3日目  4日目
 ライブレポート 初日  2日目  3日目  4日目

6/28(金), 29(土)
サンドーム福井
 福井県越前市瓜生町5-1-1 [MAP]
 定員・座席数 最大10,000人 (座席表)
 キョードー北陸 2次発売 6/15(土)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目

7/03(水), 05(金), 06(土)
大阪城ホール
 大阪市中央区大阪城3-1 [MAP]
 定員・座席数 最大16,000人 (座席表)
 サウンドクリエーター 2次発売 6/22(土)
 セットリスト 初日  2日目  3日目
 ライブレポート 2日目  3日目

7/09(火), 10(水)
横浜アリーナ
 神奈川県横浜市港北区新横浜3-10 [MAP]
 定員・座席数 最大17,000人 (座席表)
 キョードー横浜 2次発売 6/29(土)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日

7/16(火), 18(木), 19(金)
Zepp Nagoya
 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-7 [MAP]
 定員・座席数 スタンディング時1,864人
 サンデーフォーク 2次発売 7/06(土)
 セットリスト 初日  2日目  3日目
 ライブレポート 2日目

7/26(金), 27(土)
愛媛県武道館
 愛媛県松山市市坪西町551 [MAP]
 定員・座席数 6,532席 (座席表)
 DUKE 松山 2次発売 7/13(土)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目

7/30(火), 31(水)
さいたまスーパーアリーナ
 さいたま市中央区新都心8 [MAP]
 定員・座席数 約16,000席  (座席表)
 キョードー東京 2次発売 7/13(土) ※中止
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目

8/03(土), 04(日)
Zepp Fukuoka
 福岡市中央区地行浜2-2-1 [MAP]
 定員・座席数 スタンディング時1,526人
 BEA 2次発売 7/20(土)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 2日目

8/08(木), 10(土), 11(日)
セキスイハイムスーパーアリーナ
 宮城県宮城郡利府町菅谷字舘40-1 [MAP]
 定員・座席数 約7,000席 (座席表)
 キョードー東北 2次発売 7/27(土)
 セットリスト 初日  2日目  3日目
 ライブレポート 初日  2日目  3日目

8/16(金)東京, 18(日)大阪 (B'z出演日)
SUMMER SONIC 2019
東京 ZOZOマリンスタジアム
   千葉市美浜区美浜1 [MAP]
大阪 舞洲SONIC PARK (舞洲スポーツアイランド)
   大阪市此花区北港緑地2-2−15 [MAP]
 セットリスト 東京初日  大阪最終日
 ライブレポート 東京初日  大阪最終日

8/24(土), 25(日)
高崎アリーナ
 群馬県高崎市下和田町4-1-18 [MAP]
 定員・座席数 6,015席 (PDF座席表)
 キョードー東京 2次発売 8/10(土)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目

8/30(金), 31(土)
真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
 北海道札幌市南区真駒内公園1-1 [MAP]
 定員・座席数 10,770人 (座席表)
 WESS 2次発売 8/17(土)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目

9/03(火), 04(水)
幕張メッセ 幕張イベントホール
 千葉市美浜区中瀬2-1 [MAP]
 定員・座席数 最大9,000名 (座席表)
 キョードー東京 2次発売 8/17(土)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日

9/07(土), 08(日)
広島グリーンアリーナ
 広島市中区基町4-1 [MAP]
 定員・座席数 最大10,000人 (PDF座席表)
 キャンディープロモーション 2次発売 8/24(土)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目

9/10(火)
マリンメッセ福岡
 福岡市博多区沖浜町7-1 [MAP]
 定員・座席数 最大15,000人 (座席図)
 BEA 2次発売 8/24(土)
 セットリスト
 ライブレポート



B'z SHOWCASE 2018 -The Wall Of Rock-
7/02(月) 18:00 / 19:00
石垣市民会館
 沖縄県石垣市浜崎町1-1-2 [MAP]
 定員・座席数 1,010席 (座席表 PDF)
 セットリスト

B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
時間は 開場 / 開演

7/07(土), 08(日) 15:45 / 17:00
沖縄コンベンションセンター
 宜野湾市真志喜4-3-1 [MAP]
 定員・座席数 最大5,000人 (座席表 PDF)
 セットリスト  初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目
 フォトレポート

7/14(土), 15(日) 15:45 / 17:00
セキスイハイムスーパーアリーナ
 宮城県宮城郡利府町菅谷字舘40-1 [MAP]
 定員・座席数 約7,000席 (座席表)
 セットリスト  初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目
 フォトレポート

7/21(土), 22(日) 15:45 / 17:00
エコパアリーナ
 静岡県袋井市愛野2300-1 [MAP]
 定員・座席数 最大10,000人 (座席表)
 セットリスト 静岡初日  静岡2日目
 ライブレポート 静岡初日  静岡2日目
 フォトレポート

7/28(土), 29(日) 15:45 / 17:00
広島グリーンアリーナ
 広島市中区基町4-1 [MAP]
 定員・座席数 最大10,000人 (座席表 PDF)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目
 フォトレポート

8/04(土), 05(日) 15:00 / 18:00
日産スタジアム
 神奈川県横浜市港北区小机町3300 [MAP]
 定員・座席数 72,327席 (座席表)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目
 フォトレポート

8/11(土), 12(日) 15:45 / 17:00
愛媛県武道館
 松山市市坪西町551 [MAP]
 定員・座席数 6,532席 (座席表・参考画像)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目
 フォトレポート

8/22(水) 16:45 / 19:00
札幌ドーム
 札幌市豊平区羊ケ丘1 [MAP]
 定員・座席数  最大53,738人 (座席表)
 セットリスト  ライブレポート
 フォトレポート

8/28(火) 17:45 / 19:00
長野ビッグハット
 長野市若里3-22-2 [MAP]
 定員・座席数 8,000席
 セットリスト   ライブレポート
 フォトレポート

9/01(土), 02(日) 14:45 / 17:00
福岡ヤフオク!ドーム
 福岡市中央区地行浜2丁目2−2 [MAP]
 定員・座席数 38,500人 (座席表)
 セットリスト 初日  福岡2日目
 ライブレポート 初日  2日目
 フォトレポート

9/06(木), 08(土), 09(日) 15:45 / 18:00
豊田スタジアム
 愛知県豊田市千石町7丁目2番地 [MAP]
 定員・座席数 45,000席 (座席表)
 セットリスト 初日  2日目  3日目
 ライブレポート 初日  2日目  3日目
 フォトレポート

9/15(土), 16(日) 14:30 / 17:30
ヤンマースタジアム長居
 大阪市東住吉区長居公園1−1 [MAP]
 定員・座席数 47,816人 (座席表)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目
 フォトレポート

9/21(金), 22(土) 15:00 / 18:00
味の素スタジアム
 東京都調布市西町376−3 [MAP]
 定員・座席数 49,970席 (座席表)
 セットリスト 初日  2日目
 ライブレポート 初日  2日目
 フォトレポート


B'z PARTY Presents Pleasure in Hawaii
Hawaii Convention Center (イベント)
 9/28(金) 16:00 / 17:00 [MAP]
 1801 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

Neal S.Blaisdell Concert Hall (ライブ)
 9/29(土) 16:00 / 17:00 [MAP]
 777 Ward Ave, Honolulu, HI 96814
 セットリスト  ライブレポート


《管理人連絡先》 blare_ryza
※Yahoo!メールのドメインを付けてください

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.