097609 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

名取 3・11絆 そしてけん玉 大沼宗彦

PR

楽天プロフィール


けん玉先生さん

継続は力

フォローする

カレンダー

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

私は 負けない 3・11からの 復興の 足音
名取は 「まげねっちゃあ」
けん玉の 響きは 復興の 一歩 一歩の 響きあう音

2017年10月31日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
若手のお相撲さんの活躍で 大相撲の人気が大好調。
先場所まででとても気になることがある。
けが人が多くて 休場する力士が多い。
健康管理はどうなっているのか心配。
巡業が多く、体力作りや休養が出来ているのだろうか。
取り組みで気になることがいくつかある。
時間いっぱいで、立ち会いの時、両手をしっかりとついていない。
行事や審判団も不十分なら、やり直しをさせるべき。しっかりと腰を割って立ち会いをしないと
腰を十分下ろしていないし、力も出ない。
つい、張り手や奇襲攻撃に頼ってしまう。
土俵に両足をしっかりと付き、すり足で攻撃する形が出来ていない力士が多い。
だから突進を受け止められないし、力相撲にならない。
転んでけがをすることも多い。
もう一つ気になることは、やたらと体中の至る所にサポーターをつけているのが目障りだ。
相撲を取ることが大変なら、思い切って休場して、完治してから出てほしい。
同情されながら相撲を取ることはやめてほしい。
とにかく、相撲協会が興行ばかりに走らず、力士が良い相撲を取りきれる環境作りをしてほしい。






最終更新日  2017年10月31日 21時35分12秒
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.