17521477 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

毎日がなっちとハロプロの日

PR

Profile


ナツキリン0810

Category

Archives

Calendar

Favorite Blog

【和田桜子】Happy B… Risasakiさん

日々是ハロプロ ~si… なっち番さん
スマイレージ☆和田彩… 彩花マックスさん
♪ Music 愛ら… Micchan♪さん
娘。 fan site せり… せりか1231さん

Recent Posts

Comments

 ★きら☆@ あけましておめでとうございます メッセージをどこに送ればいいのかわから…

Keyword Search

▼キーワード検索

2019.12.31
XML
​​













カントリー・ガールズは

最後までアイドルの王道を貫き通して、
最高に可愛くて、最高に面白くて、涙も美しく輝いていて、
​まさに愛おしすぎる感動の卒業ライブになりましたねえ。​


12/26にLINE CUBE SHIBUYAで行われた
『カントリー・ガールズ ライブ2019~愛おしくってごめんね~』に
参戦しました。

まずは、
セットリストから。

01.愛おしくってごめんね
02.わかっているのにごめんね
03.書いては消しての"I Love You"
04.ピーナッツバタージェリーラブ
05.シャイニング 愛しき貴方
06.BYE BYE 最後の夜
07.夏色のパレット
08.恋がステキな季節
09.色っぽい女~SEXY BABY~
10.ブギウギ LOVE
11.Good Boy Bad Girl
12.待てないアフターファイブ
13.先輩~LOVE AGAIN~
14.傘をさす先輩
15.恋はマグネット
16.恋泥棒
17.妄想リハーサル
18.リズムが呼んでいるぞ!
19.浮気なハニーパイ(2015 カントリー・ガールズ Ver.)
20.ずっとずっと

アンコール
21.気ままな片思い
22.アイドル卒業注意事項
23.VIVA!!薔薇色の人生


カントリー・ガールズは、
​現ハロー!の中で一番好きなグループ。​

ダントツ1推しのちぃちゃんが
エースを務めていることもありますが、
現ハロー!の中でアイドルの王道を貫き通している
唯一のグループであり、
また、ももちイズムを継承した
可愛さに面白さも兼ね備えた
プロフェッショナルなエンターテインメントグループであることも
​大きな理由でした。


なので、
全員が卒業してしまうこの日のラストライブは、
いつまでも来てほしくなかったし、
たとえ活動が制限された状態でも、
もっともっと今のメンバーで続けてほしかったというのが
正直な気持ちでしたね。

でも、
卒業はメンバー自身が決めた道なので、
辛くて寂しくてもメンバーの気持ちを尊重して、
最高のライブになるように
全力で応援して盛り上げようと決意して参戦しました。


それでは、
セトリに沿ってレポしてみたいと思います。

●序盤(愛おしくって~ピーナッツバター)
1曲目は、
カントリーのデビュー曲であり、
代表曲である愛おしくって~♪から
始めると思っていたので、予想通りのスタートでした。

ただ、
最初のセリフ担当のうたちゃん、やなみんは
すでに卒業しているので、
誰が担当するのかなぁと思っていたら、
4人全員でセリフを担当して納得の展開でしたね。

この歌をカントリーが歌うのは、
やなみんが卒業した3月以降、初めてでしたが、
今回が最後のパフォーマンスになるので、
あえて分担せずに一緒に歌うのが正解だと思いました。


また2曲目はセカンドシングルで、
カントリーの初期を辿る選曲に。

突然脱退したうたちゃんからエースを引き継いだ
ちぃちゃんの最初のセンター曲で、
かつてのトレードマークだったポニーテールを
2年半振りに復活させたちぃちゃんでしたが、
ソロパートもセリフ部分も格段にスキルアップしていて、
成長の跡が見えて感慨深かったですね。


なお、3曲目と4曲目は、
カントリーならではのキューティーソングを披露。

アイドルの王道を突き進んできた
カントリーの可愛らしい魅力が全開でしたね。


●リスペクトブロック(シャイニング~恋がステキな季節)
4曲中3曲が前身のカントリー娘。時代の曲で、
一緒に活動したことは無かったけど、
先輩をリスペクトするような構成。

カントリー娘。時代の曲を歌い継いでいくのも
カントリー・ガールズの使命のひとつであり、
先輩メンバーに対する感謝の気持ちが伝わってきましたね。

特に、
恋がステキな季節♪は、
初期のカントリー娘。の代表曲ですが、
素朴でピュアなナチュラル感が心地良くて
心まで洗われるようでした。


●セクシー対決ブロック(色っぽい女~Good Boy)
カントリーではしばしば行われるセクシー対決を、
何とラストライブでも敢行。

衣装替えの間に流されたVTRは、
メンバーが順番にセクシーさをアピールしたのですが、
それぞれが個性を発揮しながらもめちゃめちゃ面白くて、
場内は大爆笑でした。

ももちに鍛え上げられたトーク力が
遺憾なく発揮されていて、
エンターテインメントグループとしての魅力が
爆発してましたね。


またパフォーマンスは、
セクシーなエナメルの黒の衣装で登場。

可愛さに色香が加わって
凛々しくてめちゃめちゃカッコ良かったです。


●中盤(待てない~恋はマグネット)
可愛さに切なさを加えた
恋愛ソングの4連発。

キュートなルックスと歌声で、
哀愁を漂わせるのもカントリーの持ち味で、
しっとりと聴かせてくれましたね。

特に意外な選曲だったのは、
先輩~LOVE AGAIN~♪。

元々は
カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘)の曲ですが、
歌唱力が試される難曲で、
当時はミキティの歌唱力に支えられていた感じでした。

カントリー・ガールズとしては、
ふなっきのリクエストにより
カントリーの結成3周年の記念イベントで初披露しましたが、
その後は歌っていなかったので、
ラストライブで歌うのはかなりのチャレンジだったと思います。

個人的には3周年記念イベントは落選で参戦出来なかったので、
ラストチャンスで見ることが出来てラッキーでしたが、
情感を込めたパフォーマンスに魅せられて
果敢に挑戦したメンバーに拍手ですね・・・。


●本編終盤(恋泥棒~ずっとずっと)
アイドルの王道ポップスで
ライブでも大人気の4曲+つんく♂作詞作曲の最新曲を並べて
会場は最高潮に盛り上がりました。

弾けるような元気いっぱいでキュートなパフォーマンスは、
まさにカントリーの神髄で、
この楽しさはカントリーのライブでしか味わえない
唯一無二の魅力ですよね。

一緒に踊って歌って大いに弾けて、
このまま時が止まってほしいと何度も思いました。


なお個人的に最高に盛り上がったのは、
カントリーの曲の中で一番好きなリズムが呼んでいるぞ!♪。

ちぃちゃんのとびっきりキュートなセリフも、
メンバーが即興でリズムを刻む間奏も
これで見納め、聴き納めだと思うと
自然と涙が出てきちゃいましたね。

でも、
ここで楽しまないと一生後悔してしまうので、
涙を拭って全力で楽しみました。


●アンコール(気ままな片思い~VIVA!!薔薇色の人生)
やなみんが卒コンのアンコールでソロで歌い、
ももちの卒コンではももちを送り出す気持ちで歌った曲を、
今回はアンコールの1曲目に全員で披露。

カントリーにとっては思い入れの深い曲で、
やなみんやももちへの思いも
込められていたのかも知れませんね。


また2曲目は、
ももちの卒業に向けて送った言葉を、
メンバーそれぞれの
ファンへのメッセージに歌詞を変えて披露。

メンバーの気持ちが伝わって来て、
その後の卒業コメントのMCにも繋がる展開で、
この時から涙が止まらなかったですね。


そしてラストは、
カントリーらしい賛歌が溢れるVIVA!!薔薇色の人生♪で、
メンバーと会場が一体になって完全燃焼。

どんな困難も歓迎して乗り越えていくという
力強いメッセージに勇気と元気を貰い、
5年間の感謝の気持ちが溢れて感極まりましたね・・・。


とうことで、
最後までカントリーらしくアイドルの王道を
​可愛らしく貫き通したラストライブでした。

現メンバーのカントリーのライブを見れるのはこれが最後で、
寂しくて寂しくて仕方ないけど、
5年間に渡って笑顔と元気と勇気を届けてくれたカントリーに
​感謝の気持ちで涙が止まりませんでしたね。​

5年間、本当にお疲れ様でした。

カントリーの軌跡は
歴代最強のキュートなグループとして
​ハロー!の歴史に刻まれると思います。

そして、
カントリーの可愛くて凛々しい勇姿は、
​一生忘れられない宝物になりました。​

ちぃちゃん、山木嬢、おぜこ、ふなっき、
そしてやなみん、ももち、まなかん、うたちゃん、
​最高の思い出をありがとう!!!​

カントリー・ガールズFOREVER・・・・・・・。​​






Last updated  2020.01.01 05:25:45
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.