なっとく!ナースの健康法

フリーページ

logo_type1.jpg nurse 健康それは、幸せの大切な一要素ではないでしょうか。
看護婦として、薬漬けと副作用ばかりの現代医療に疑問を持ち、
退職して専業主婦となった後も、独学で健康の研究をつづけています。
このHPではわたしが実践している納得健康法をご紹介します♪

 私の健康3原則




2005年06月27日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 又、母のささやかな介護の当番がやってきました。すこし前から、週末は、外泊か、外出を必ずするように、という主治医の助言もあり、行っています。

 90歳ぐらいまでなんとか、父と二人暮しをし、家事もやっていました。しかし、だんだん、行動がちぐはぐになり、それも無理となりました。体もよく動かし、子供たちにも、あまり頼らず、生きてきました。気も張っている気性なので、ここまで、これたのだと思います。それでも、最期を迎える瞬間まで、体も心もしゃんとしていることは、無理だったようです。

 母は、自分のおかれた状況を理解することが難しく、兄や姉ともども、母の問いにどう答えたらよいのか、苦しんでしまうことが度々です。正直な母の願いは、長く住み慣れた家に死ぬ瞬間まで、過ごしたいだろうというなということは痛いほどわかります。
 
 しかし、一泊二日の外泊でさえ、実際にやってにれば、だれかがつきっきりでなければ、危ないことが多く、子供のだれかが、実家に住み込まなければ、出来ません。かといって、遠く離れた、都会に引き取ったところでも、母にとって、ますます、混乱するだけです。

 それで、母にとって、地元の施設にお世話になり、できるだけ、外泊や外出をさせると言う、方法がとられたのです。たまたま、母は6人も子供が健在ですから、それができますが、1人、2人の子供だけでしたら、この方法でも、負担は大きいと思います。子供自身も歳をとってきていますから。

 もっと、大変な方々が沢山いらしゃると思います。母の状態はかなり、恵まれた方だと思うのですが、本人は納得できない部分がいろいろあるようです。施設な方々は本当に優しく良くやって下さっていることが良く伝わってきます。                                          母はいつも元気であっただけに、いつか、体の機能も衰え、記憶もさだかではなくなく時が来る事を、人事と思っていたかもしれない、私だって、会うごとに劣えてゆく高齢の母の姿を実際に見ることがなかったら、歳をとるということが、どういうことなのか、わからなかったと思います。歳の取り方も千差万別で一人として、同じものはないと、思います。

 その人の、健康のレベル、人間性、人性観、人間関係、経済力、などなど様々なことが絡み合って、人性最期の迎え方を決めてゆくのだと思うのですが、、、。はっきりしていることは、いつかその時期は必ずくるということだと思います。ですから、実際に、母や父の姿を見ることができたのは、私にとって、とても、意味の或る事だと思っています。何に価値を置いて、日々生きていったらいいのか、考えさせられる毎日です。






最終更新日  2005年06月27日 18時08分41秒
コメント(69) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ナットクさん

お気に入りブログ

ゆんたま Spiritual … ゆんたまゆんさん
健康増進 病気予防… 抗加齢実践家てるさん
伝説のキャプテンが… ツイてるファシリテーターさん
里天使 里0423さん
あなたをインスパイ… インスパイア大澤さん

コメント新着

 どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
 ボーボー侍@ 脇コキって言うねんな(爆笑) 前に言うてた奥さんな、オレのズボン脱が…
 チリチリ@ 次は庭で全裸予定w <small> <a href="http://kuri.backblac…
 しおん@ ヤホヤホぉ★ こっちゎ今2人なんだけどぉ アッチの話…
 ヒゲメタボ@ クマたんと呼ばれてます(^^; 最近はこれが流行ってるって聞いたので …

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.