2815694 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

NNN@WWW~Natural9Nationの日々書き殴り~

33:キエるマキュウ

WHATSMAN@NNN

先日、AUがJAPANESE HIPHOPをあげたので、
俺もちょっと書くしかねえっ。

俺的には95年ころに、
JAPANESE HIPHOP シーンに
やられちまった(@ON9)んだが、
その後、例のサンピンでその勢いは加速(@俺の中)。
ってことで、当時は
「日本語のRAPが入っとる」(@当時の俺胸中)
ってだけで、
今、思えば分けわからんのも結構買っていた。
つうか、俺ら以外も熱くなってんやろう、
とにかくレコがすぐなくなる。
「証言」とかは、即売り切れ。
AUとかSRは意地の真ん中が青いタイプ(@証言)だが、
そのとき買い逃した俺のは赤いタイプ。
青か赤かで、AUなどはクソ威張るSKILL。
なんなんか、って話よ。
クソどうでもいい。

この当時の日本のレコは
AUも書いているが
とんでもないのが結構ある。
以前、ルー宅かYURA宅かで見つけたと思うが、

「サカナになれっ」

とか言う曲。
クソ恐ろしい。
なんで魚にならんといかんのか、
まったく意味が分からん。
魚ゴッコ(@ボガンボス)の
RAPバージョンっていわれとる。

話を戻そう。
その和物に対する無駄な勢いが
そんな持つわけもねえ。
1~2年で、冷静さをさらりと取り戻した。
97年頃には、その熱は完全に冷めており、
すでにWACKなものには目もむけん状態。
つうか、この頃はRAWKUSとか、
あの辺が熱くなっていたため、
目はそっちに行くしかねえ状態。
そっから、数年はあんまり和物を
きいてなかったかもしれん。
今思えば、おかしな話かもしれんけど、
飽和状態ってイメージがあった。
とはいえ、たまには聞く。
つうか口コミや現場とかで耳に入ってくる。
で、そのころ

「オオオオオッ」(@俺脳内)

とうならせてくるブツがあった。
それが、
AUがあげたNIPPSのソロや、
今日俺が上げるこのブツだ。

トリックアート@キエるマキュウ

98年に出たシングル「ナンジャイ」。
ジャケがクソすげえ。
POISON(@G-RAP)漫☆画太郎先生REMIX
って感じのぶっ飛んだジャケ。
内容もよかった。
裏が、「イケニエ」やったな、確か。
gra
naj


でその後、2000年にアルバムがでた。
それがこのトリックアート。

1.MI-3
2.抜け忍
3.第三ノ忍者
4.アクマのフォーク
5.土曜日の実験室
6.ALL NIGHT LONG
7.ナンジャイ
8.サイコキャンディ
9.ナゼナラ
10.FIGHT BACK
11.バットウカスミ斬り
12.イケニエ

●キエるマキュウ
ブッダブランドのCQと
DJ MAKI THE MAGIC(以下マキ)の
まじで異色としか言いようがないユニット。
しかもCQがRAPして、
マキがビートを作るんか?
と思いきや、
いかれた2本マイク(@ブッダ)。
マキは音もつくっとるが、
CQと五分でRAPをしとる。

当然、CQのRAPはクソ圧巻なのだが、
あせったのはマキのRAP。
一聴したときは、
フローもクソもありゃしねえ(@イルマリアッチ)、
ってかんじで、
滅茶苦茶やねえかっ@俺胸中
とも思ったが、
病み付きになるタイプ。
RAPがうまいかって言えば
決してそんなことはないが、
なんといっても、
この人のすげえのはリリック。
ぶっとんどる。
まあ、好き嫌いが分かれるかもしれんが、
俺的にはありよ。

つうか
言わずもがなで、CQはいつものCQ節。
とにかくクソかっこいい。
結構押さえぎみの渋い声から、
クソぶっ飛んだ世界を出してくる。
クソILLやな、CQは。
そりゃ、RAPの中心はCQよ。

つうか、この人らの言語感覚って
まじでクソ恐ろしいとしかいいようがない。

そんで音。これが相当渋い。
音もRAPも完全に
「大人のHIPHOP」(@AU)
と言っていい。
余裕がなせる技やろう。

つうか、このアルバム。
俺がまず好きになったのが、

「土曜日の実験室 feat 宇多丸師匠」

この曲のSHIROがいい。
クソバカなことをクソ言うノリ。
だが、それがいい(@前田慶二郎時益)

「ねえ、ちゃんと風呂はいってるかい」
「パンツカンダコトアル」

とかそういうの。
まさしく
「なにそれっ」
ってところ。
ほかには、
「だからさ、押し付けは断固断る」
ってラインはクソ好き。
これも大人のHIPHOPやろうな。

で、マキのバースもすげえ。
パンチラインボコボコにある。
「ちくわの穴 つまりふし穴」
「近すぎて見えないものもある」
とか。
この12インチは焦って買った@当時の俺。

「ワタさんも言ってる マチガイナイです」

ってことだ。
つうか、ここを擦ってくれ>DJエース

それから、
「第三の忍者」feat DABO
俺はこれで始めてDABOを聞いた。
この曲のDABOは渋い。
「こいつはすげえな」@胸中
と思ってたら、今の大BREAK。
俺的には、最近のよりも
このころのDABOが好きやね。

また、GORE-TEXが参加しとる
「FIGHT BACK」。
この曲の勢いがすげえ。
川口浩のテーマで上がるしかねえ。
すげえバトルライムの応酬。

が、このアルバムのハイライトは
ま、なんつったって(@大橋巨泉)

「ナゼナラ」

やろう。
音、詩ともいい。

「死を迎える準備 WANNA BE遺伝子残す記念日
黒いヴァ×× いやヴァイナルに残す 
俺の生死甘く苦い夏の思ひ」
「会ったら5分で大人の関係」

とか、いろいろ言う。

とにかくアルバム通していける。
「その年の裏ベスト」
のような言い方をされとった。

つうか、その後の
「マネーメリーゴーランド」
「失恋ヘビー級」
ってアルバムも間違いない。
マキのRAPが成長していくのがわかる。
聞きやすくはなった。
俺的には、
マネーメリーゴーランドの方が好きかもしれん。
DO THE HANDSOME@メリーゴーランド
とか普通に好きですけど、なにか問題でも?
まずは、
渋い音とCQのRAPを中心に聞いてもいだろう。

にしても、
最近、俺も昔の和物を聞く。
結構ええのもあるね。

今日、はこんなもんよ。
適当に終わり。
ピース。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.