2822860 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

NNN@WWW~Natural9Nationの日々書き殴り~

第一回:AU

第一回:AU

今日からの書き殴りは、
DEFなレクチャーaka世の中の歩き方。
予告どおり、
先発aka第一回の講師は、
「いやー、あの人は何しよる人か
謎やけん、わからんもんねー。
MR.変幻自在just like a マジシャン
とか言われとるうえに、
口にくわえとるダイナマイトが
爆発間近らしいけんねー。」
(@ぐるぐるのリリック)
といわれて久しい、
AU aka MR.変幻自在、
つまりはオレ、オレ(@詐欺師)だ。
調子は?
ちょっと長くなりそうなので、
2日にわけることにする。
なぜなら、
「1日であげたらもったいない」(@W)ので。
ヤノマスティーロ、
では、さっそく。

前回、序章で軽く触れたとおり、
ひとつの歩き方を紹介する。
これを読んで、
オレはこんな風には歩きたくねえ
とおもったヘッズは、
他の講師の歩き方を参考にすればいい。
各個人個人(@KDUB)、
「履修は自由!!!」(@Wの古い踏み方)だ。
が、こういう歩き方もあるというのを
観てみるのも自分自身のために
悪いことなわけがねえ。
まあ、判断は、
ヤセルフ(@ジュルー(@T納))で。

さて、まず、
「世の中の歩き方~DEFなレクチャー~」
をなぜ始めたのか。
ちょっと、序章でも触れてはみたが、
うちのまわりの若い連中も
そろそろいい歳になってきて、
今後、あいつらが、どう歩いていくのか
という興味、心配etc…が
オレの頭を直撃(@KG)。
(まあ、ここでオレが心配したとしても
どうにもならん。なるようになるんでしょう。
20年後どうなっとるか。
乞食になっとるなら、
それも人生、これも人生(@ゴミ収集作業員)。
借金まみれでも、誰も助けてくれん。
マジのサバイブやろう。
まさにLIFE(@数々のラッパー)だ。)

そこで、少しでも役に立ちそうな、
生でロウ(@パピー・ヒバ)な情報を流して、
いろんなヤツのいろんな歩き方を
魅せれたら、ちょっとは、
若い連中が歩き出す時の参考になるかな
と思ったのがひとつ。
あと、もうひとつは、
KWHATSや、T納、78etc…が
各人のHPで、その仕事ぶりを
ちょこちょこ紹介していて、
なかなかおもろいことを書いとる。
それぞれが、それぞれにしかわからん
その業界の歩き方、やり口、
むずかしさ、おもろさetc…を
ネット上のコミュニティ(@HIPHOP)で
大系的に紹介せん手はねえと思ったので。
ということで、
次回以降いろんなやつらに
それぞれの歩き方を紹介してもらう予定。

っていうか、
さっさと本題に入ろう。
まず、最初に言わせてもらうと、
オレは働くことがクソ好かん。
っていうより、
昔から、バイトなどで魅せる、
ブッチぎってクビになるスタイルは、
オレの必殺aka18番といわれとる。
当然、遅刻などのレベルは、
「あいつのノーマル・バージョン」(@連中)
などと、10年前(@行方不明)から
プロップスをゲトり続けとる。
あげればきりがないが、
例えば、小学校の警備のバイト。
朝まで警備しなくては
ならないのだが、
余裕でPM9:00くらいに帰宅。
たまたま、オレが居ないのに
気づいた教頭があせって宿泊。
オレはというと、朝ふつうに起きれず、
「もう、来なくていいです」(@学校)
の連絡とともに、クビ。
残念(@ギター侍)。

あとは、レコ屋。
これは、いままでで一番いいバイト。
クソな連中もいたが、
ヤリがいのあるいい仕事だった。
おかげでレコ箱はパンパン。
ただ、毎週土曜日に入っていたため、
金曜の夜、バンダナしめカナリ本気
(@タイムマシーンよりハイテクなライムマシーン)
でぶちかましたりしたら、
当然のごとく、
翌朝起きることができずに遅刻。
当初、am11:00~だったのだが、
あまりに遅刻が多いため、
「もう、pm3:00~でいいよ。」(@社長)
などと言われるも逆にニヤリ。
むしろ、キマッタだ。

っていうか、やはりバイトといえば、
NNNの周辺がほぼ全員経験している
といわれとる、
K太郎@中洲を外すわけにはいかんやろう。
以後、10年間最高記録と
いわれ続けることとなる、
リフト21回をなんなく勝ち取る。
(ブッチ1回につきリフト(きついパート)
7回が課せられる。
つまりは、連続3回のブッチ
を魅せたということ。)
ようするにオレなどは、
経営者側からすれば、
絶対に雇いたくないタイプ。
「あいつは最強」(@連中)
などと謳われとった。
っていうか、
次にバイトに入った時は、
「先日は申し訳ありませんでしたっーー。」(@AU)
などとビッシー(@G)と
気合の謝罪をしながら、
当然、奥底ではニヤリ。
さらに、バイトに行きたくない日などは、
速攻でK林などにTELして、
「今日、きついけんかわれ。」(@AU)を出す。
もし、K林自身が
その日に入ってたりすると、
「なんでお前入っとるんかっ。
お前が休むことにして、
まず、お前が変わりを探せ。
で、オレと替わってやっぱり入れ。」(@AU)
などという、今思うと
クソむげーことを言いよった。

まあ、職をつづけるスキルもない、
¥もないので、行き着く先は、
成人にもかかわらず、
意地の万引き@スーパーetc…。
目標はもちろんステーキ(国産最高級牛肉)。
家で焼いて食うスタイル。
Wなどは、腹が減りすぎて、
「肉」というものに
眼が行き過ぎ、
間違って「豚」をゲット。
家に帰ってポークステーキ
だったことに気づき、
頭を抱えての号泣。
しかたなくルーを呼びつけて、
とんかつにしてもらい、
「やっぱ、本職のあげたカツはちがうの~」
(@W)などと、
すっかり、牛と豚を間違ったことなどわすれ、
上機嫌aka気分は上々(@UN)
になるスキルをもっとる。
ちなみに、Wはステーキのことを
「ビフテキ」(@W)
というスキルももちあわす。
さらに、先日、生まれて初めて
素敵なステーキ屋(@我リヤ)
@伊万里に行き、
¥5000/1人のコース
を喰ったらしいが、
「なめられたらいかん、
オレはBBOYやけん、
ななめにかぶるっ!!」(@W)
とひざにかけるべきナプキン
(テーブルの上においてある帽子っぽいあれ)を
頭にのせて、腕を組み
フリーズlikeモスデフまたは
KDUBまたは佐野@ラーメン道でぶっきめ。
ビッグヘッドと呼ばれとるだけあって、
当然、頭に入りきれず、
上にのせただけの状態
likeゾマホン系の民族衣装。
焦った店員が、
「すみません、お客様、それは、
ひざにかけていただくものですが…」(@店員)
に対して、クソにやつきながら、
「またまたっ、またまたまたまたっっ」(@W)
で、最後までぶっきめ通したらしい。
イーakaYURAなどは、
ステーキの匂いをかぎつけるや否や、
得意の「一口いいっすかっっ。」(@イー)
を速攻で出してくる。マジで素早い。
イーakaYURAは、
食い物を目の前にしたら、
ダンズリ(@カムイ伝)になるといわれとる。

注)ダンズリとは、
カムイ伝(@白土三平傑作品)
に登場する最下級の農民。
当然、字などはいっさい読めないが、
足だけがクソはやいので、
年貢を納める時の「早駆け」の時
などに重宝される。当然村代表。
日置藩で一番速いとされる。

とまあ、学生時代が長かっただけあって、
以上のような仕事ぶりが
25~6歳時代まで。
その後、ギリで大学を卒業。
当然のごとく、就職もなにも、
きまってるわけがねえタイプなので、
どうするか?(@胸中)だ。
この歳で雇ってくれるところなど、
マジの縁故入社か、
速攻でツブレ(@カムイ伝)
てしまいかねん弱小企業か、
完全なる田んぼの田に力を
発揮するしかない日々雇用しかねえ。
オレに自営の匂いがあれば、
意地の青年実業家
like団社長(@美味しんぼ)を
目指すのも悪くないと思うが、
いかんせん、
いっさい自営の匂いがないのは
自分自身が一番わかっとる。
さらに職人肌でもねえので、
実際にモノをつくる仕事
(ex.家具職人、陶芸家etc…)
は向いてなさそうだ。
っていうか、
実際企業に就職できても、
客相手に頭を下げまくる「営業」
などできるか?できるわけがねえ。
(今現在はそうは思わない。
それは、KWHASの「自然と頭が下がる話」
を読んでもらえばわかるが、
就職して数年が経ち、オレもKWHATSの
言わんとするところがわかるので。)

ラップ、¥、将来、仕事etc…
結局どうするか?
どうやって飯を喰うか?
という自問自答の日々。
「このまま職につけんで
乞食になるんやねえか?」(@AU胸中)
みたいなことまで考えた。
で、こうなったらもう(@AU)、
あれしかねえと思い、
オレが選択したのが、
いわゆる「事務屋」。
単純に仕事が楽そうやなってのがその理由。
(まあ、入ってみて、実際考えとった
仕事と全くちがったが。)
よく、事務職などは、
ダイナミズムが無いなどと言われるが、
そんなこともない。
確かに実際に他社との激しいやりとり、
会議でのプレゼン等で契約を勝ち取る、
クソ凄いかっぽれ(@島耕作:中沢部長)
likeな接待etc…はほとんどない。
9割がデスクワーク。
が、事務屋には事務屋の
ダイナミズムがある。
まあ、それは後ほど紹介するとして、
そんなこんなで(@渋谷のドン)、
なにげにうまいぐあいに、
「事務屋」になることができた。

で、就職したのはいいが、
いかんせんオレは
「ブッチの天才児」とか「遅刻の王道」
などと呼ばれ続けられていただけあって、
普通に働けるんか?
などの心配もあったが、
まあ、なんとかなるもんで、
普通にやっていけている。
どちらかというと、ラフな職場なので、
多少の遅刻はなんてことない。
「お前は社会では絶対に通用せん。」(@連中)
などと、若いころよくいわれたが、
完全にそんなことはない。
はっきりいって、通用している。
マジで、関係ねえっ(@ルー)だ。

まあ、他の人はどうかしらんが、
オレ的には仕事内容など、
働き出すまで全くわからんかったし、
とりあえずは就職ってのがあって、
職選びの上で、完全に後回し的要素になっとった。
まあ、それはそれでいいのかなとも思う。
が、やっぱ、
自分のやりたい仕事(納得できる仕事)
を選ぶというのがマジでデカイというのを
あとあとになって痛感した。
っていうか、オレの場合は、
それが後の脱藩like竜馬先生
(16.4.1付)
を引き起こすまでにデカくなる。
そういう点では、
職場を自由に選択できる状況
にあったというのは、
今思うと、結構恵まれていたと思う。

*******************

まあ、今日はこんな感じで、
明日また内容的なものと、
「生きる」@黒澤うえで、
なにが必要になってくるかetc…
をあげていきたい。

以上AU、家でボコ撃ちしました(@イー)。
シッーーーーーーーヤ。

===============

イェー。A2theU@8F。
相変わらずのハードワーキン。
っていうか、
気合を入れて坊主likeに髪をブっ斬り、
もてようと思い、色を抜いたはいいが、
今日の朝日の朝刊をみて愕然。
なんでも、
染め粉の売り上げが落ちているらしい。
つまりは、
若者の黒髪戻り現象がおきているらしい。
くそがっっっ。
オレは完全に時代の逆をいっとる。
まあ、いい。それでこそBBOYだ。
関係ねえっ、飛ばせハイポネックス
(@ルーツです(@ヒロシ))だ。
っていうか、本題aka昨日の続きに入る。

******************

っていうか、
「営業とは」どんなもんなんかとかは、
たぶん、紹介しやすいのもあってか、
KWHATS、T納、
できるタイプのリーマン連中etc…
のHPなどによく書かれているので、
目にしたことのある人は多いと思うが、
事務屋の仕事について書いている連中は
あまり見たことない。
たまにはそういうのがあってもいいやろう。
では、事務屋とはどんなことをするのか。

先述のとおり、9割がデスクワーク。
たまに所用で外出できる時などは、
マジでクソうれしい。
(ちなみにWも事務屋だが、部署的に
オレよりは外出することが多いはず。
うらやましいかぎりだ。)
っていうか、仕事内容的には、
PCによる文書作成等が
最重要・最大量な仕事となる。
「はっ?文をつくるだけ?
クソ楽やねえかっ。」(@連中)
ということを言われそうだが、
まあ、想像以上に大変な作業になる。
まず、事務屋の基本中の基本として、
一語一句間違えねえっ、
間違えるわけにゃいかねえー(@証言7)
ってのがある。
例えば、WORD文書などは作成、
その後の見直し等もかなり楽なのだが、
EXCEL等で作成した
クソ細かい表入りなどの文章が
何十ページとある。
考えただけで疲れてくる。
それを、蛍光ペンを片手に、
文書作成のもととなる資料をクソにらみながら、
一語一句の漏れがないようにチェックする。
「オレは性格的にそんな細かいことは
できんもんねー。」(@連中)とか、
「字とかがちょっと間違っとっても、
仕事に差し支えないけん、
たいしたことねえやねえか。」(@連中)
などとクソ威張って言うヤツが多い。
まあ、そいつらが言うのも
わからんでもねえ。
が、一言いわせてもらうと、
たとえば、なんかの法律。
この法律において、
ひとつ字が間違っていたとする。
それにより、ある人がとった行動が、
罰せられるか罰せられないか
という話になった場合、
「いや~、ごめんね~。
ひとつ字を間違っとったもんね~。」(@作成したヤツ)
などと言えるわけがねえ。
オレら事務屋の仕事は、半角のズレで
「作り直せっ」(@上司)の世界だ。

先日、NEWSになったていたが、
ある法人の経理システムで、
担当者の入力ミスにより債務者の通帳から
¥200多く引き落としてしまったらしい。
それがNEWSになる。そのノリだ。
マジで恐ろしい。一個の入力ミスで
「あそこの担当者は、入力ミスでも
しましたもんねえっー」(@マスコミ)などと
全国に流されでもしたら、
マジで勘弁してくれだ。

ここで、ちょっと、
マスコミ連中の話を出したので、
ついでに、事務屋からみた連中、
またそいつらがあやつる情報
について触れてみる。
「マスコミ連中が一番強いっすよ。」(@A薗)
(オレはそうは思わんが。)
からもわかるように、
あいつらは、マジで態度がでけえ。
やたら「報道の自由」、「知る権利」
をふりかざし、好き放題書いてくる。
新聞、NEWS@TVで報道されたら、
普通は確実に信じることにならざるをえん。
が、当然、中にはガセなんかも相当あるはずだ。
その場合でも、
報じる時は一面で大々的に扱うが、
訂正文は後ろの面の下のほうに
小さく出しているに過ぎん。
それゆえというわけでもないが、
基本的にいろんな社の新聞を読むようにしている。
1社/1日で、夕刊は目を通す程度が基本だが、
時間があるときなどは、
2社は読むようにしている。
よく読むのは、
やはり王道の朝日、読売あたりか。
次点で毎日。
日経はおもしろくねえし、
マジ興味ねえ(@ABC)。
産経は読まん。
たまに、目を通すのは
日刊工業というマイナーどころ。
が、科学技術系の記事ばかりで
まったくおもろくねえ。
とにかく、
社会人だから新聞を読まんといかん
というわけではねえし、
べつに新聞記事を知らんでも
仕事はできるし、生活できる。
が、世の中にどんな情報が流されているかを
毎日チェックするというレベルの作業は、
MICをつかんで、人にものを伝えている
連中ならば、当然、
最低限要求されるべきものだと思うし、
「あいつはものを知らんくせ、
うわべだけでものを言いよる。」(@連中)
などと、言われかねん。
まあ、世の中に流れとるいろんな情報を
知っとっても、一切損はせん。

事務屋の仕事に話を戻す。
仕事の内容は、先述の単純作業ばかりでもねえ。
実際、頭を働かせなければならない状況に
最近よく遭遇する。
自分で考え、自分で仕事を創る。
上司が考えとる(案)より先にいった(案)を考え、
ビシッー(@G)と、
「いや、それは、こうこうだから、
こうやないっすかねえ。」(@AU)
「あっ、そうやね、ごめん。」(@上司)
などと言わせた時は、
キマッタとしか言いようがない。
まあ、でも大半は、
勝てるわけがねえっ、だが。
そういうのもリアルに
あげといたほうがいいだろう。

上司Aが不在の時、
クソえらいXからの電話をうけて、
上司Aに伝えた時の話をしよう。
(X>上司A>上司B>・・・>AUの図式)
戻ってきた、上司A(物腰やわらかなタイプ)に、
「再度、○時頃に電話をされるそうなので、
部屋にいてくださいとのことです。」(@AU)
「あっ、わかりました。」(@上司A)
で、上司Aが自分の部屋に
入るや否やakaアズスーンアズ、
すかさず、叩き上げstyleな
切れ者上司Bに呼ばれ、速攻の指摘。
「最後の『いてください』は、
全く必要ない。」(@上司B)とのこと。
上司Aにとったら、
○時頃に在室すべきなのは当然なことので、
「言われんでもわかっとる」(@上司A胸中)
ということになるかららしい。
さらに、「(伝えるべきことを)
自分自身で判断するために頭がある。」(@上司B)
「脳内で一度噛み砕けっ」(@上司B)
などのパンチラインをだしてくる。
まさにそのとおりで、恐れ入りました(@ルー)
としか言いようがない。

にしても、この上司B、
パンチラインはボコボコだしてくるし、
くそアクティブで、
平気で「10キロ走ってくる。」(@上司B)
などといいながら、
首にタオルを巻くスキルをもっとる。
たぶん、「すげえっ」ていわれるのが
クソ好きなタイプ。
Wなどは特にそうだが、
オレもなにかにつけて、
「すげえっ」(@連中)
っていわれれるのがクソ好き。
それだけに、
その上司Bの奥底を
すぐに見抜くスキルをもっとる。
「日本全国給与所得者で
年収が1000万の人は5%しか
いないらしいよ。」(@上司B)
と聞いてもいないことを
いきなりぶちかましてくる。
当然、上司Bは、
自分が5パーセンターというのを
オレらがわかっていると
わかっていながらのぶちかまし。
「どんだけすげえって思われたいんかっ。」
(@AU胸中)だが、そこは、すかさず、
「えへー、それなら、
(上司Bさんは)5%に入ってるから、
やっぱ、すごいっすねえー。」(@AU)
のおだてをすかさずぶちかます。
っていうか、
上記のような上司とのやりとりも、
性格的にかどうかしらんが、
ぜんぜん気にならん。
むしろ、得意分野といっていい。
マジでおだてのプロといっていいやろう。
っていうか、
今現在、オレは正直、
いい上司の方々に恵まれているようだ。
いやみなヤツもいないし、
そういう面ではマジで働きやすい。

で、結局、数年間世の中を歩いてみて、
痛感していることは、
一番大切なことは、
「人と人の関係」ということ。
KWHATSのHPでも
よく、人とのつながりについて
書いてあるが、
マジでこれはどの業種もそうやないかなと思う。
基本的に仕事ではなく、
普通に生きる(@黒澤)うえでもそうやろう。
で、重要になってくるのが心遣い。
今の直属上司は、残業時、
よくお菓子を買ってきてくれる。
べつに、若いやつらに
媚びを売るstyleとかではない。
まあ、どんなお菓子かというと、
クソ安い¥100の駄菓子だ。
だが、それがいい(@前田慶次)。
必ず、「遅くまでありがとうね。」(@直属上司)
の一言と共に机に置いていってくれる。
その心遣いがマジでありがたい。
っていうか、
人と人の関係は基本的にそんなもんやろう。
時に、自分より弱い立場のヤツにたいして、
クソ威張って、マジでクソむかつく
態度・言動を取るやつがおるが、
まあ、そんなやつは、
どこに行っても結局ダメなやつだ。
基本的に、下を重視できんやつは
成功できんと見とる。
いままで、オレが見てきた限りはそう思う。
そんなやつは、どの業界でも
プロップスをゲトることはできん。
究極、二択になったら、上よりも下を取るべきやろう。
そういうやつを上も欲しがるはず。

とまあ、最後は人間関係が大切だ
という超基本の話になったが、
それが基本(@ランブキャンプ)なだけに、
どうしようもねえ。
第一回だということもあり、
なんの参考もないので、
オレの好き勝手に書いてみた。
とりあえず、
第二回はWあたりに書いてもらって、
それ以降は、NNN@WWW初となる外注。
つまりは、非常勤講師の方々に
書き殴っていただく予定。
という感じで、
ひとつの歩き方として、
軽く参考にでもしていただければ、
DEFレクを開講したかいがある。

以上AU、超最新型バリュースター
ボコ撃ちスタイルで書き殴りました(@イー)。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.