000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資初心者 Diary Note♪

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

会社員生活について

2022年01月16日
XML
いま読んでいる本です。

サイコロジー・オブ・マネーとは
お金の心理学

お金との上手な付き合い方だけでなく
自己肯定感さえ補ってもらえた気がします。


高収入
高そうな家に住んでいる
高そうな洋服を着ている
高そうな車に乗っている
高そうなお店で食事をしている
高そうなバッグを持っている


以前は、羨望の対象でした。







何にどうお金を使うかは個人次第。
そして、お金は使ってしまえば消えてしまう。


私は、社会人になったときから貯金をしています。
なぜかというと、学生時代のアルバイト代をすべて浪費してしまったからです。
一か月10万円も稼いだ月もあったのに見事に0。
だから、どうしても社会人になったら貯金をすると決めていました。

その甲斐あって、目標の200万円は順調に達成できました。
しかし、それからどうしよう?となりました。
200万円以上を貯める理由がわからなかったからです。

そして1年半貯金せず
収入をすべて浪費してしまいました。

アルバイトの浪費を繰り返してしまったのです。
私はまた貯金を始めました。
以前よりも1万円多く積み立てることにしました。


ウォーレン・バフェットさんは
10歳から投資をしていたそうです。

私は20歳から貯金をしていました。
増える速度は違うけれど
私は投資に出逢えたことを嬉しく思います。






Last updated  2022年01月16日 18時29分53秒
コメント(0) | コメントを書く


2022年01月06日
証券口座を開いて投資を始めると
お仕事への意識が変わりました。

いままで追ってきたニュースへの捉え方が変わり
株価を左右する企業の生産性、効率化への変化は
自然に自分の業務への参考になっています。


特に意識をしていることは
・間違いがないようにすること
・会社に役立つようにすること
・周りへ迷惑をかけないこと


会社にいると本当に様々な方がいて
自分が満足いくように仕事をしてしまう人が
多い・・

振り回されないように
自分の与えられた仕事を全うしたいと思うのでした。






Last updated  2022年01月06日 19時46分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年01月01日
2021年に始めた投資で学んだことは
一攫千金を狙うのは、命がけであること。

私は命をかけないので
会社員生活がとっても大切であると悟りました。

幸いだったのは、意識の転換が出来るようになったこと。
稼ぎが会社だけだと
「このままこの会社で、生きていくのしんどい」
とか
「一生このまま給料上がらないのかな」
とか
「私って、何なの?」
とか・・・

ネガティブ思考に陥ること数多だったのが
軽減された気がしています。
(月給の半分でもいいから不労所得を得たいですが
半年で23,000円の分配金じゃぁ草)


働きやすくするために頑張ることを考えました。
・人に優しくする
・見返りを求めない

以上です。


会社というコミュニケーションツールがあるのは
幸せなことですが、居心地が悪い場合は真逆に傾きます。
豊かに生きるためには
お金だけでなく人間同士のつきあいも上手にしていかねば。






Last updated  2022年01月01日 20時18分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年12月12日
昨日に引き続き
税制改正の賃上げ率に応じて法人税を引き下げるお話です。

「あれ?給料上がると社保も上がるけど
税金にしか触れていない」

という自分の疑問に自分で答えています。


給料明細では
+総支給額
▲健康保険(40歳以上は介護保険も)
▲厚生年金
▲雇用保険
▲所得税
▲住民税
=差引支給額

税制改正では、「会社よ、総支給額を上げて!」
ということですが
個人の給料明細では、総支給額が上がると
▲(控除)の部分ももれなく上がります。
ここには、政策で一切触れていません。

控除の部分が増えれば
健保、厚生年金は会社も折半で同額納めますので
納付先は潤います。

社会保障をレベルアップさせるための賃上げなのではないかと
私は思っています。

もちろん、給料が上がるのは喜ばしいことではありますが
法人税で恩恵を受けられない赤字企業は
支出が増えるだけで、潤うどころか財政が苦しくなるお話になるかと。


最近、少子高齢化対策で
出産祝いとして自治体が、10万円の電子カタログを贈っていると。
これは、北欧で実際に行われているサービスで
国としてやるべきことを、全員は面倒見れないから
出来る自治体は、やっている という見解です。

この流れで、より良いサービスを自治体から国に広げていくのは
とても良いと思います。


ともあれ、いろいろ考えさせられる今の時代
マネーリテラシーを磨くには
むしろ好条件!と思うのは私だけでしょうか。






Last updated  2021年12月12日 08時55分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年12月11日
岸田政権の税制大網が決まったとのことで
一番の目玉が賃上げに伴う税額控除。

賃上げ率に応じて
大企業 ⇒ 30%
中小企業 ⇒ 最大40%
法人税を下げる

という内容でした。


私が個人的に考えた本当の狙いは
社会保障負担を上げることではないかと。

◆そもそも企業が給料を支給するときに控除して納付するものは
税金だけでなく社会保険料(健保、年金、雇用保険)
※本人負担+会社負担 折半で納付

◆少子高齢化、年金問題で社会保障費が圧迫するのは目の前

◆法人税は、そもそも利益に対して決められる税金なので
赤字企業は法人税払わないか少ないかなので関係ない。

◆ターゲットは利益を出す(出さざるを得ない上場企業)
に絞られている

◆GPIF(年金積立運用)を増やして
日本企業へ投資して、企業の価値を上げる

◆上場企業が潤えば、中小企業も潤う
(中小企業に勤めている私には、まだまだ先の話になりそうなので
賃上げは望まないことにしました。)


欲を出せば、自分の考えで進んでくれたら
日本株の価値が上がる可能性があるので
割安感が半端ない日本株投資を引き続き行っていこうと考えるのでした。






Last updated  2021年12月11日 09時38分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年12月03日
私は中小企業に勤めているのですが
退職金制度はあるものの、別表見る限り老後豊かに暮らすには程遠い数字で
改めて資産形成の大切さを意識させられています。


こんなに少ないならば
退職金があることによる安心感持たせるより
退職金制度なくして
みんなのマネーリテラシー上げたほうがいいのでは?
と思ってしまいます。(言えないけど)

ただ、そこまで会社側がすることではないのも現実で
自分のことは自分でなんとかしないと何もできないのかもしれません。


証券口座を作ってからというもの
かなりの情報を得て、税金減らしたり
配当金(含み損ですけどね)収入得たり
株主優待でお得にお買い物出来たり

働いているからこそ出来たことですが
会社に、こういう人が一人も見当たりません。


「わからない」
「得意じゃない」
「興味がない」
「お金がない」
で、話が終わってしまう人が多いと感じるの私だけでしょうか・・・






Last updated  2021年12月03日 20時56分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月26日

南アフリカで新たに
感染力の高い変異ウィルスが・・・

不安感からの売り殺到で
私のポートフォリオは、10万どころか15万くらいの
含み損が発生しているのでした。


ニュースより先にポートフォリオを見てしまい
なぜこんなに自分にはセンスがないんだろうとゲンナリしてしまいました。



しかし、iDecoと積立NISAは
特に変化なしでした。

国内の個別株が・・・😢

私のポートフォリオでは
85%も個別株が占めておりまして。
参ったなぁと。





乾燥対策の加湿器
フランフランで買いました
オシャレな大理石柄で癒されます




含み損が膨れるほど
仕事にやる気がでる謎。

含み損が定着した11月は
一回も有給取りませんでした。
(なんの危機感・・・)







Last updated  2021年11月26日 20時54分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月13日
2年昇給なしです。

会社の状況を把握できる業務についているからこそ
守秘義務で言えませんが

そのおかげで、投資に興味を持ち
得もしなければ、大損もしていないので
投資と向き合えています。


昇給は、来年行われますが
期待しないことにしました。


牛丼チェーン店を例にあげます
資源高、円安は輸入物価に着実に跳ね返り
今の価格では赤字になってしまう。

「吉野家」は
値上げに踏み切りました。
しかし数十円の値上げでは、足りない。

「すき家」を運営する「ゼンショー」は
消費者離れを恐れて値上げしない方針。
想像するに、赤字危機。

そして、考えるのは品質の低下への懸念。
賃上げどころでは、ない状態。


ということは、右に倣えが好きな会社は
どこも厳しいから、と賃上げしないのでは?


日経平均が3万円超えたところで
その意味を知っている人しか豊かになれないし
現状維持の給料で
豊かになれる方法を探ろうと思うのでした。






Last updated  2021年11月13日 10時08分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月03日
​​昨日の日経夕刊に

​他人の定期券利用が発覚​
正規料金の100倍越請求も応じなくてはならない


この他人というのが
家族も相当するとのこと。
(相談者は配偶者の定期券を借りたところ
改札で発覚し、100倍を超える金額を請求された)

鉄道会社によって請求額などは
異なるようですが、例としてJRが載っていました。

定期乗車券(定期券)は
利用者(記名人)は区間内の駅で期間中何回も
乗り降り可能。

記名人以外が使用したときは
定期券が無効になり回収され
定期券の効力が発生した日から無効の日まで
一往復したものとして計算され
結果的に100倍を超える金額が請求されてしまうこともある。

運送約款に載っており
それを承知で定期券を購入しているとみなされるため
JRは請求する権利があり、違反をした人は
支払に応じなければならないということですね。


1,000円節約したつもりが
100,000円の損になり
さらにはツライ目にも遭ってしまう内容でした。


当たり前のようで
家族なんだから大丈夫 と判断してしまった気持ちもわかります。
私は今回この記事でしっかり理解できたのでした。






Last updated  2021年11月03日 10時44分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月29日
勤続年数や年齢を中心に決められる雇用の人事制度。

最近は、転職をして経験を積むのが推奨されていて
転職回数5、6回は私にとっては多いけど
どうやら普通な世代もいるとかいないとか。

そういう会社だと人の出入りが激しくて
年功序列より、優秀な人材を評価するのかなと。


私は一社に長く勤めることが良しと考える人なのと
年功序列が当たり前の会社で自分の居心地がいいのも相まって
株で含み損しても、「働き続けよう」と思える逃げ場があることに
感謝して毎朝日の出前からせっせと動くのでした。



中長期保有で始めた意志を尊重して
売却しないでいたら、どんどんマイナスになっていて
「株で生きていこう」とは一切ならないのでした。






Last updated  2021年10月29日 07時30分05秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


© Rakuten Group, Inc.