1138459 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さ・や・ん~sayang~

『 ずっと友だち 』 & ランタン 2006-8

 

■□■ ずっと友だち ■□■




■□■ ずっと友だち ■□■

 ぼくは千葉のりゅういちろうの家に遊びに行った。りゅういちろうは、昔、外国にいた時、同じようちえんだった友だちだ。ようちえんの時、たくさん友だちはいたが、ちがう学校に通うようになっても、りゅういちろうとはたくさん遊んでいた。
 ぼくの家族が帰国することになった時、りゅういちろうにも知らせようと、電話したが出ない。けいたいもだ。結局、そのまま日本に帰ることになり、はなればなれになってしまった。
 でも、日本で「ポケモンフェスタ」にいっしょに行った時、ぼくのばあちゃんの電話番号を教えていたので、りゅういちろうたちはばあちゃんに電話をかけて、何とかぼくんちの電話番号を探り出してくれた。そこで初めて、ぼくと遊んだ次の日、りゅういちろうのおばあちゃんが大変な病気になり、急いで帰国して行ったということなどなどを知った。久しぶりにりゅういちろうと話ができてうれしかった。りゅういちろうとぼくの好きなものがまだ同じか、ちょっと心配だった。
 そしてぼくは夏休みを利用してりゅういちろうの家に遊びに行った。  初めてだらけだった。夜行バスも初めて、一人旅も初めて、千葉も初めてだった。
 朝早くに千葉に着いたが、なかなか会えない。自分の居場所を電話で説明するのはむずかしかった。何度も電話してようやく会えた。
 りゅういちろうの家はマンションの3階だった。家でちょっと遊んで、その後、きょうりゅう博を見に行った。きょうりゅうのほねがあった。スーパーサウルスのほねを組み立てたのはすごく大きかった。最後におみやげのキーホールダーを一つ買った。
 次の日、「ゲド戦記」を見てきた。内容のむずかしい映画だった。りゅういちろうは本を読んでいたから分かったらしい。よく分からないとこは教えてもらった。
 次の日は水族館に行った。色々な魚がいた。ナマコがかわいかった。
 そんなこんなで3日はすぐたってしまった。冬休みにもきっと会おう、と約束した。夜行バスで仙台に帰っていった。見えなくなるまで手をふった。ステキな三日だった。短かったけどずっと忘れないでいよう。




■□■ ランタン ■□■

5年生の夏休み、ランタンフェスティバルを懐かしんで(?)ランタンを作りました。
竹と太いワイヤーで骨組みを作って、カラーセロファンを貼りました。
とってもシンプルだけど、工夫がいっぱ~い。
あたたかい灯りです(*^-^*)

朝陽作・ランタン1 朝陽作・ランタン2


© Rakuten Group, Inc.