1159706 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さ・や・ん~sayang~

PR

X

Category

Recent Posts

Profile


かほ(*^-^*)

Free Space

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

October 23, 2006
XML
カテゴリ:映画、本
学生時代からの私の心のユートピア、アタゴオル
ついに映像となって、より鮮やかなものになりました。

月曜日は♀は1000円で映画が観れるレディース・デイなのさ~。
というわけで、お友達に誘われるまま
女3人で観に行きました。

息子たちも大好きなのですが、一足お先にごめんね(*^-^*)

私の大好きなアタゴオルの森の描写は余りありませんでしたが
3D-CGはすごくきれいで
実写にかなり近い、それはそれは滑らかなリアルな動きでした。
"デジタル・フロンティア"というクリエイター集団は
もう、もう、ピクサーだって目じゃない!すごすぎる~~!

西久保瑞穂監督は

「音楽が映像をより良く見せ、
 映像が音楽をより気持ちよく聴かせるという相乗効果を狙いつつ、
 かつまた映像と音楽のごった煮を目指しました」

とおっしゃったそうですが、
音楽担当の石井竜也さん、十分期待に応えてくれました。

ネタバレになるといけないのでストーリーには触れませんが
・・私は2回泣きました、悲しくてじゃなく・・・。
じわ~とじゃなくて、とっても気持ちのいい涙がぽとり、ぽとり・・。

一緒に観た友人の話では
主人公ヒデヨシの声優、山寺宏一さんは多賀城出身で
仲のいいお友達の高校の後輩。
しかも、そのお友達に思いを寄せていたというから
なんだか急に身近に思えたり・・。

子供心に返って、パンフレットと
ヒデヨシのふろしきマントと同じ唐草模様のシャーペンを
記念に買ってきました。

ヒデヨシのシャーペン.jpg


三男は、私の顔を見るなり
「おもしろくなかったでしょ?」だって。
ストレートじゃないんだから~。
「僕も観たい」って言えばいいのに(*^-^*)


アタゴオル
角川ヘラルド アタゴオルは猫の森














Last updated  October 25, 2006 09:04:31 AM
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.