1130040 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さ・や・ん~sayang~

PR

X

全5件 (5件中 1-5件目)

1

長男

March 15, 2007
XML
カテゴリ:長男
何につけ、全か無か・・柔軟な中間を受け入れにくい長男。
大好きだったものが、突然、大嫌いなものに変わることがあります。

小さい頃大好きだったバナナ。
毎日、朝ごはんの時に食べていたのに
いつからか、大嫌いになっちゃって
においをかぐのもイヤなんだって。

「安いバナナ買って、すごくまずいの食べさせたんじゃない?」
「一生に食べる分、食べ終わっちゃったんじゃない?」
って、おばあちゃん達もいろんなことを(笑)

好き嫌いがほとんどない長男の食べれないもの、
バナナと梅干・・。

だけど、ごめんね~。
今日のおやつは、バナナ・ケーキ。

・・・・・やっぱり、食べてくれなかったなぁ(^^;)

バナナ・ケーキ


  ■□■ バナナ・ケーキの作り方 ■□■

◆ 材料(パウンド型2個分) ◆
 薄力粉       2カップ
 ベーキングパウダー 小さじ2           
 重曹        小さじ1
 砂糖        1カップ
 卵           2個
 バター        1/2箱
バナナ  つぶして1カップ分(2~4本)
 レモン汁       1個分
 牛乳        大さじ2
 (バニラエッセンス 少々)
 
◆ 作り方 ◆
 1.バナナを指でつぶしながら小さくちぎって
   計量カップに入れていき
   スプーンでかき混ぜながらカップ1杯にする。
 2.バターはしばらく室温において軟らかくしてから
   砂糖を加えて、クリーム状になるまで練る。
 3.2.のボールに
   卵、バナナ、レモン汁、牛乳、バニラエッセンスを入れて
   均一に混ぜる。 
 4.小麦粉、ベーキングパウダー、重曹をふるいながら入れて
   ゴムベラでさっくりと軽く混ぜる。
 5.オーブンシートを敷くか、バターを塗った焼き形に流し込んで
   表面を平らにしておく。
 6.170℃のオーブンで30分ほど焼く。
   
   






Last updated  March 16, 2007 10:55:11 AM
コメント(9) | コメントを書く


December 20, 2006
カテゴリ:長男
豆柴はなちゃんの里親になって2ヶ月。
息子たちは犬と暮らすのははじめて。

長男は最初、あまり興味がない様子・・。
弟たちがあんまりかまうから遠慮してたのか
どう接すればいいのかわからなかったのか
はたまた、本当に犬が怖かった?

だけどこの頃、少しづつ・・・
「目がくりくりしてるよ!どうして?」
「しっぽ振ってるよ!!どうして?」

はなの事をわかろうとしています(*^-^*)

お座りをして待って、手から食べ物を食べる"はな"が
かわいくてしょうがない様子。

で、夕方帰宅して暫くしてから
「これ、何?」って取り出したのが、ちっこい柴犬のぬいぐるみ。

「え~、なに、なに~?」
「かわいい~~~!!なんで、ここにあるの~?」
「買ってきたの~?」

と、みんなの視線が集中。

はなの家族?.JPG


長男は
「え、知らないよ。僕は買ってこない。ここにあったんだよ。」って。

「不思議な事もあるもんだね~。」
「遊びに来てた友達にも聞いてみよう。」
「はなが産んだんじゃないの!?」
と、すったもんだ。

三男が布団に入る前に「チビはなは?」って探してる。
今度は誰も知らないうちにいなくなっちゃった・・。

「あれ~~、幻だったの~?」
「いや~、リアルだったよ。」

探して探して・・
はなちゃんがお気に入りのマットの上にぽつんと一人でいるのを発見(笑)

「あ~、はなが連れてったんだ!!」

・・・・結局
この「チビはな」は誰も知らないうちにここに居る・・。

照れ屋の長男がちょっぴしウソついて
みんなに小さな幸せを持ってきたようです(*^-^*)







Last updated  December 22, 2006 11:07:58 AM
コメント(12) | コメントを書く
November 4, 2006
カテゴリ:長男
面白山の紅葉川渓谷トレッキングコース。

崖っぷちを歩く ちょっとスリリングな散策の途中
対岸の崖の途中に不思議な形の木を発見。

崖が崩れたんでしょうね・・
せり出して小さな棚のようになった地面から
まるですっかり下向きに生えた木が
途中からぐぐっと顔(?)を上げて
天を目指して伸びてる・・。

面白山の前向きな木


写真が悪くてわかりにくいけど
この木、ちょっと感動ものでした。

自信をなくして楽な方に逃げ
未来へ向けて立ち向かっていく気持ちを取り戻せないでいる長男が

「・・・・・前向きな木だなぁ!!!」

って、しばらくじっと見つめていました。

その後はお互いに何も言わなかったけれど
息子の心に新しい何かが動き出したのは確かです。

生きることに全力を傾ける自然の命の営みは
人の弱った心を元気づけてくれる。

ゆっくりでいいよ・・自分らしく大人になぁれ。






Last updated  November 6, 2006 12:56:49 AM
コメント(4) | コメントを書く
August 6, 2006
カテゴリ:長男
----- 別の日記からの転載です m(_ _)m -----


今日も学校を休んだ長男(中3)。

蘇生してから?しばらく登校したのだけれど・・・
「総合」の時間に中学校の思い出(1~3年)をまとめた新聞を作る作業があるとのことで

シンガポールの日本人中学ではほんとにいろんなことがあって
自信喪失・人間不信・無気力・自己存在の否定にまで落ち込んでしまい
中学生活を楽しむどころではありませんでしたから
その期間を振り返るというのは彼にとって恐怖以外の何物でもないようです。

でも、このところ、一時期に比べると少し何かをやってみようという気持ちが出てきていて
時々とーっても前向きな発言をして母を喜ばせてくれます。

今日は、お昼に何食べるー?と言っていたら

「そうだ!チャーハン作ろう!」

と、うきうきと支度を始めてくれました。

そばで見ていると「そうじゃないよー。」とか「こうしたほうがいいよ。」とか
やる気をそぐようなことを言ってしまうので
「大丈夫ね?じゃ、まかせたよ!」と、母は自分の仕事をしていました。

さすがに、仕上がり直前に「あ、そうだ。肉も入れよう。」と言った時には
「それはもう手遅れー。」と言ってしまいましたけど。

卵とニラととろけるチーズ入りの特製チャーハンができました。

本人いわく「うん。けっこううまい。でも、ちょっと油がきついね。」

確かに油はきつかった
(後で見ると、オリーブオイルのボトルの3分の1が消えてた・・・。ちょっとぉ・・・。
”適度”というのが彼の苦手中の苦手ではあるのですが。)
けど、お母さんにはとーーってもおいしかったよ!

「明日も学校休んで作ってね!」と言うと

「いや・・・。明日はちょっと・・。木曜日は学校に行くんだ。」って。

前に進んでいこうとしている息子に乾杯!!






Last updated  September 11, 2006 09:59:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 4, 2006
カテゴリ:長男
----- 別の日記からの転載です m(_ _)m -----

ここ1ヶ月以上学校に行けなかった長男。
本当は人が大好きで学校に行きたいのに
朝になると食欲もなくなりお腹が痛くなって行けなくなってしまう。

先週の「金八先生」を見て
来週から学校行こうかなぁ、友達が呼びに来てくれたらなぁ、と言っていました。
他力本願で情けないようですが
今の彼には、同年齢の友達から認められ愛されることが必要なようです。
見てほしい、好きになってほしい、という幼い子供のような純粋な気持ち・・。

結局、今日も休んでしまったのですが
午後からの担任の先生との3者面談には、遅れずに行くことができました。
先生が
クラスのお友だちが心配してくれていること
息子がが学校に来たら助けてあげたいと思ってくれているお友達がいることをお話しして下さり
明るい顔になりました。
久しぶりに顔をあわせた同級生達はみんな笑顔で接してくれて
「明日は来る?」と聞かれた時「うん。たぶんね。」と元気よく。

帰り道、

「前向きにならなくちゃね。明日から蘇生しようかなぁ。」って。

いいぞ、いいぞ。下を向いて立ち止まっていないで、前をしっかり向いて歩いて行こうね。















Last updated  September 11, 2006 09:50:23 PM
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.