1131161 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

さ・や・ん~sayang~

PR

X

全9件 (9件中 1-9件目)

1

PTA

March 3, 2008
XML
カテゴリ:PTA
区のPTA連合の研修常置委員会の総会には
「コーチング」に関する講演会がおまけで付いてきた。

「ティーチング」は、その子の外側にあるものを教え込むこと、
「コーチング」は、その子の中にあるものを引き出すことで
子どもとかかわる時に大切なのはコーチング。

コーチングによって子どもの内面にあるものを引き出すテクニックは100以上もあるけど
中でも、大切な三本柱は

 *話をしっかり聞く・・認めてくれていると安心する。
            話し手は頭の中を整理しながら話すので
            自分の考えがはっきりしてくる。
 *認める・・・・・・・話し手の心を満たす。
 *気付かせるための質問をする
         ・・・「どうすればいいと思う?」のような
            「ど」から始まる質問をすることで、話し手は考えて気付く。

コーチングでは、子供の持つ可能性(やる気、能力)を会話によって引き出していく。

「会話の際に主導権を持ってるのは聞く側です。」というのにはちょっとびっくりした。
聞く側の聞き方次第で、会話が上手く進むかどうか決まるって。
確かに、話し手は、相手にまったく聞く気がない時には話が出来ない。

では、どういう聞き方をしてくれた時にうれしかったかって、みんなで考えた。

笑顔、前かがみの姿勢、最後まで聞く、何もしないで顔を向けて聞く、目を見る
自分の意見を言わない、うなづく、相槌を打つ、オウム返し・・などなど。

講師の先生曰く、なかでも、「オウム返し」はとっても効果があると。
ちゃんと聞いてくれてる、という安心感を与えて、和やかにスムーズに会話が進む。

で、元テレビレポーターの講師さん、実際にやってみてくれた。

パターン1 「おはようございます。今朝は何時に起きましたか?」
      「7時に起きました。」
      「朝ごはんは何を食べましたか?」
      「パンと卵を食べました。」
      「誰と食べたんですか?」
      「子どもと食べました。」

パターン2 「おはようございます。今朝は何時に起きましたか?」
      「7時に起きました。」
      「7時に起きたんですか~。朝ごはんは何を食べましたか?」
      「パンと卵を食べました。」
      「パンと卵を食べたんですね~。誰と食べたんですか?」
      「子どもと食べました。」

パターン1では、なんとも無味乾燥なやりとり・・。
パターン2のように質問の答をオウム返しすることで
インタビューされる女性の表情も話し方も全然違ってくるのがよくわかった。


で、息子たちとの夕食の時に、オウム返しの効果の話をしたら
翌日、三男が学校から帰って言うには、「オウム返し、効かなかった。」

「○○で、○▲◇できた!」って友達が言ったから
「へぇ! ○▲◇できたんだ!!」って言ったら
「あたりまえじゃん。」だってさ。

これこれこうなって・・って、話が広がるのを期待したのに
「あたりまえじゃん。」で終わっちゃったって(^^;)

・・無敵の「オウム返しの術」もシチュエーションを考えないとダメってことか(笑)




 







Last updated  March 25, 2008 01:53:37 AM
コメント(4) | コメントを書く


February 5, 2008
カテゴリ:PTA
今6年生の三男が3年生の夏に日本に本帰国。
通い始めた小学校には、壊れた飼育小屋はあるけど生き物はいない。

「前はウサギがいたんだけど、それが死んでからは・・」という話。

今年度もPTAの本部を手伝うことになって
年度始めに本部役員で学校に伝えたいこと、聞きたいことを話し合って
その中のひとつに挙げたのが
子供たちに、学校で生き物のお世話をさせてあげたい、ということ。

この小学校は公団の子供が半数を占めていて
家で動物を飼うことができない子が多いから
小さな命に触れ合う場を学校に、と。

その時は、学校の予算で生き物を買うわけにはいかないから・・と
なんだかちょっとあいまいなお返事でおざなりに・・。

で、たまたま、NPOの「みやぎ野生動物保護センター」というところで
里親になってくれる人がいたらいいな、というウサギが3羽いるという話。
喜び勇んで学校に持ちかけてみる。

・・・が・・・
鳥インフルエンザの流行以来、市内の小学校では動物を飼わない方向らしい。

心情的には、子供達が動物と触れる場を提供したいけど
飼育小屋は壊れてるから修理しないと使えないし
マイナス面を考えると無理ですね、とのこと。

アレルギーの子が多くなったこと。
夜に外部から人が入って残酷な殺し方をしたという事件があったこと・・

確かにマイナス因子になる可能性はあるけど
そのために大きなプラスを実行できない・・・

なんだか、子供を取り巻く環境は、いろんな面で、「それ」になってる。
マイナスを引き起こさないために、プラスになることをしない。

マイナスを経験してクリアして・・ではダメなんでしょうか・・。









Last updated  February 8, 2008 12:26:49 PM
コメント(16) | コメントを書く
December 5, 2006
カテゴリ:PTA
中学校の全生徒を対象に、授業時間中に
いじめに関するアンケート調査が行われました。

-----------

Q1.周りから言われたりされたりして困った事はあるか。

    「ある」と答えたのが 1年 27%
               2年 23%
               3年  8%

Q2.Q1で「ある」と答えた人は、どんなことをされるのか。

     陰口        1年 67%
               2年 65%
               3年 47%

     無視     全学年とも 20%
 
     仲間はずれ     1年 10%
               2年 25%
               3年 16%

     たたく・蹴る    1年 35%
               2年 44%
               3年 11%

     持ち物を隠される  1年 16%
               2年 20%
               3年 32%

     持ち物を壊される  1年 32%
               2年 83%
               3年  5%

     いやな事を命令される1年  3%
               2年 15%
               3年 11%

     そのほかには?
       プロレス技、首を絞められる、「死ね」と言われる・・など

Q3.誰に相談するか

     友達        1年 71%
               2年 42%
               3年 84%

     先生        1年 13%
               2年 19%
               3年  0%

     家の人       1年 56%
               2年 33%
               3年 39%

     誰にも言いたくない  全学年とも60%

Q4.誰かに相談する以外にどうするか

     気にしない
     泣く
     自力で何とかする
     寝る

-------------

幸いに、今のところ深刻ないじめはないようですが 
いじめられたと感じても「誰にも言いたくない」子が半数以上・・。
もっと切ないのは
先生に相談しようと思う子のパーセンテージ。

学校側も、犯罪や暴力に関することは
先生が間に入るのではなく最初から警察に預ける方針、とのこと。
暴力を受けて怪我をした場合は、証拠にするために
病院に行って診断書をもらっておいてください、と。

人同士の心の通ったやり取りは
こんな場面でも失われてきてる・・。
今を生きる子供達はどんな大人になるんでしょうか・・・。
             






Last updated  December 5, 2006 12:17:01 PM
コメント(13) | コメントを書く
November 24, 2006
カテゴリ:PTA
昨年度から青少年健全育成事業の一環として
区の「まちづくり推進協議会」と「社会を明るくする運動実施委員会」の主催で
「地球のステージ」の公演会が行われています。

今回はめでたく、私たちの中学校で公演会ができることになって
PTA行事として準備を進め、今日本番を迎えました。

ステージの出演者は山形の精神科医である桑山紀彦さん。
これまでに、旅行者として、また、難民医療ボランティアとして
53カ国を歩かれたそうです。

大スクリーンに写真スライドを映しながら
そこで出会った人たちやエピソードを語り
人間のすばらしさ、生きる事のすばらしさを歌にして
ビデオ映像に重ねて朗々と歌い上げる・・
映像と音楽が一体となって心に焼きつく、本当に素敵なステージでした。

以前から
紛争のある国、貧しいと言われている国の子供達の笑顔が大好きでした。
懸命に「生きる」ために生き、家族を愛し
感謝の心をたくさん持っているからこその天使のような笑顔。

今日の「地球のステージ パート1」でも
フィリピン、ソマリア、東チモール、旧ユーゴスラビアなどの
生きる力に支えられた、本当に素敵な子供達の笑顔が見れました。

東チモールの、マラリアにかかった12歳の少年の話が印象的でした。
東チモールの診療所では、入院となると1時間もたたないうちに
枕や毛布や食べ物を持って家族が続々とやってくるのが普通。
でも、この子には1日たっても誰もお見舞いにやってこない・・。
この子の家族は、この子だけを残して紛争のためにみんな死んでしまったのでした。
同じように家族を亡くした少年たちと一緒に
ごみ拾いの仕事をして生活してる・・。
「家族はみんな死んだ。
 でも、僕は大丈夫だ。すばらしい仲間がいるから。
 仲間たちはみんな本当にイイやつ。
 でも、みんな忙しいから、僕が病気になったって
 お見舞いに来ることはできないんだ。」
そう言って、たった一人で高熱と戦って5日後には退院したそうです。

東チモールで診療所を開いているアメリカ人医師も、すばらしい方。
アメリカで医者をやったら儲かるのに、どうしてここで?と、桑山さんが尋ねたら

「人間には、自分ではどうしても止める事ができない事が3つある。
 ひとつは、生まれてしまう、ということ
 ひとつは、年を取るということ
 もうひとつは、誰かを好きになるということ。
 この診療所にくる患者たちが愛しくてたまらない。
 ここにいる理由はそれだけで十分。」と。

このステージを見た子供達の心にも、素敵な変化が起きます。

旧ユーゴスラビアのエピソードの中に
紛争を逃れるために500キロを歩いた少年の話がありました。
その少年の靴はざっくりと破けて、もう靴とは呼べない・・。
でも、替えの靴がない・・。
そのぼろぼろになった靴が大スクリーンに映し出される・・。

このステージを見た小学校5年生の男の子が
後日、手紙をくれたそうです。

「僕は、あのぼろぼろの靴が忘れられません。
 僕は替えの靴があるから、僕の靴をあげてもいいです。」

知らなかった世界を始めて知って
自分にできる事はないか、
それをするためにはどうしたらいいのか、と考える。
みんながそういう心を育てられたら・・と願わずにはいられません。

桑山さんの「ボランティアは、プレゼントの交換」という言葉も
胸に深く残りました。

地球のステージはパート1~4まであるそうです。
後の3つのステージも是非、息子たちと一緒に見たい!と思っています。










Last updated  November 24, 2006 11:46:17 PM
コメント(4) | コメントを書く
October 14, 2006
カテゴリ:PTA
「中学生のピンポンダッシュで困っている」
という苦情の電話が学校にあったそうです。

1日に20回くらいピンポンダッシュをされるので
何とかしてほしい、と。

たくさんの中学生が通学路にしている
俗に「まむし階段」と呼ばれているあたり。

登下校時には中学生がたくさん通るけど
それ以外にはあまり人通りもなく、人目にはつきにくい場所。

中学生にもなってピンポンダッシュ、というのも
ちょっと信じがたい・・。
単なる無邪気ないたずら? それとも・・・?

その苦情の電話を受けてすぐに
校長先生が「私が行ってくる!」と

ピンポ~ン・・・
(私はダッシュはしませんでしたよ、ってお茶目な校長先生)

苦情のあったお宅のご近所を1件1件聞いて回ったところ
何件かのお宅で、やっぱり、日に何度もピンポンダッシュが・・。

全校に指導をと先生方はお考えになったそうなのですが
当事者の地域の方は
「何かの話のついでに、小さく取り上げてください。」と・・。

仕返しが怖い、ということらしいのですが・・・。
地域が一体となって地域の小中学生の健全育成を、
と謳っている割には
自分が当事者になった時の大人の対応は
どうしたものでしょう・・・。

結局、交番と警察署にパトロールをお願いすることに。

よその子供に「こらーっ!!」と言えない時代なんでしょうか・・。











Last updated  October 14, 2006 11:04:22 PM
コメント(4) | コメントを書く
October 13, 2006
カテゴリ:PTA
中学校のPTAでは、地区ごとに小さく別れた組織があって
地区委員さんの企画・運営で年に1回「地区懇談会」が開かれます。

学校と保護者、地区の保護者同士が
コミュニケーションを図れる数少ない機会の一つ。

今年の地区懇談会のテーマは「食育」。
事前に、子供の食事に関するアンケートを保護者から取って
その結果も踏まえて、生徒指導の先生からお話がありました。

世間一般で、朝食を摂らない、子供が一人で食事をするなど
「食育」以前のごく基本的なことが問題になってきています。

宮城では県の教育委員会を上げて、学力向上のためにと
「はやね・はやおき・あさごはん推奨運動」までやっている始末です・・。

飲酒運転撲滅キャンペーンにしてもそうですが
ものすごく当たり前のことが
大げさにキャッチコピーとして取り上げられている現状に
寒いくらいの危機感を感じてしまいます・・。

当たり前・・という意識も変わってきてはいるのでしょうけれど
まずは学校・保護者間のコミュニケーションをとりつつ
当たり前のことが当たり前と思える心豊かな子供たちを
育てていきたいなぁ、と改めて強く感じたのでした。









Last updated  October 14, 2006 07:22:50 PM
コメント(4) | コメントを書く
September 25, 2006
カテゴリ:PTA
私が役員をしている息子の中学校のこと。

私自身は2年前に越してきたので、それ以前のことはよくわからないのですが
数年前までは、田舎の学校にふさわしく(?)無邪気で素直な子どもが多くて
先生方のチームワークの良さと、文武両道の落ち着いた校風で
わりあい評判がよかったようです。

それが・・・

この夏休み前から、正面玄関、昇降口、保健室の窓・・と
投石による窓ガラス損壊が立て続けに起こりました。

登校して来た子ども達が「またガラス割れてる!」と動揺するのを見るにつけ
止めることができない学校への不信感の芽生えを危惧する声も上がってきて
「悪い事をしたら、自分に返ってくる」ことを、きちんと生徒達に伝えたいと
校長先生はじめ先生方が立ち上がってくださったのでした。

警察署にも応援をお願いして、学校に泊まっての張り込み開始、です。

正面玄関付近に警官2名、保健室に警官2名、2回の廊下に先生3名が
毎晩交替で見張りに立って下さいましたが
不思議なことに、見張っていると、投石犯は現れず・・。

眠気と戦いながら、うとうとしては手に持ったトランシーバーを取り落として
大きな音で目を覚ます・・みたいな、大変な夜だったようです。

そして10日目の夜に 「ガシャーーン!!」
遂に再び、連続6回投石犯が現れて、無事、お縄となりました。

捕らえてみれば、3人のうち2人はこの中学の卒業生でした・・・。

特に学校に恨みがあったわけではなくて
むしゃくしゃするから、憂さ晴らしにやった、という・・
やりきれなさの残る顛末となりました。

これを機会に、防犯カメラを設置し(費用はPTA負担で・・笑)
今時珍しく、正門に門扉のないオープンな学校でしたが
校長先生が教育委員会に掛け合ってくださって
そりゃもう立派なまっ黒な門扉もできて
(出入りは不便になりましたが)防犯対策は万全になりました。

本当は・・・
防犯対策の必要の無い国、地域、学校・・・でいられればいいのですけれど・・・。












Last updated  September 25, 2006 08:50:48 PM
コメント(5) | コメントを書く
September 7, 2006
カテゴリ:PTA
前回の役員会の時、職員室前の廊下を通った時の事
中にいらした教頭先生と目が合って、会釈を交わしました。

通り過ぎたあとで、後ろから
「**さん、**さん」と呼びとめられて

振り返ると、やけに神妙なお顔つきの教頭先生が・・・。

内緒声でおっしゃるには

  「会議室に行きますね・・・」  「・・・はい・・・」

  「会議室に行かれましたら、ですね・・・」  「はい・・」

  「前に掛け時計がありますね」  「はい」

  「踏み台を持って行ってですね・・・」 「はい・・?」

  「そうっと時計を外して、裏を見てください。」「・・・え?」

  「裏を見て、ご入用でしたら びっと剥がしてお持ちください。
   謎めいていますが・・(不敵な笑顔)・・必ず見て下さい。」

「??」のまま、言われた通りに時計の裏を見てみましたが
何にも見つからない。
お小遣いくれるんじゃなかったのか~(そりゃ、当たり前)
そういえば、この時計遅れがち・・・電池を入れ替えてほしいってことかな?
ジョークがお得意なんだから~~


・・・・


それで、今日お会いした時に

「**さん、時計の裏はご覧になりましたか? どうでした?」

っておっしゃるので、「あ、電池替えときました」って答えたら

「電池? え? 何にもありませんでしたか?」って。

おととし卒業した長男の写真が見つかったので
時計の裏に貼っておいてくださったということでした。
おしゃれで風流な教頭先生でした(*^-^*)

にしても、誰か持って行っちゃったのかしら・・ふ・し・ぎ・・







Last updated  September 8, 2006 08:26:04 PM
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:PTA
中学校区の地域ぐるみ健全育成協議会、というのがあって
中学校を中心に
その校区内の3つの小学校と、地域の町内会の代表で運営しています。

夏休みに、健全育成標語を公募して、今日は、その選考会。

俳句もそうですが
標語というのは、限られた短いセンテンスの中に思いを込めるわけで
その思いが同じだったら、オリジナリティを出すのはむつかしい。
語呂が良くて頭にす~っと入りこむので、どこか片隅にしみ込んでいて
自作のつもりでも、前にどこかにあったものだったり・・。

ということもあって、応募いただいた中にはやっぱり似通ったものが多くて
選考とは言っても、本当に僅差で最優秀作品が決まります。

ちなみに、今年度の最優秀標語は

 小学校低学年の部:「つなげよう みんなの手と手 おもいやり」
 小学校高学年の部:「いい心 体といっしょに すくすくと」
 中学校の部:「感謝する 気持ち素直に 表せば 相手も笑顔 心輝く」
 地域一般の部    :「いけないと 言える勇気と 言える街」
 
さわやかです~
みんなの願いは同じ所にあることを再確認できた選考会でした。

いつも心の中にあることであっても
こうやって言葉にする事で、心新たに意識を高めることが大切なんですね(*^-^*)


・・・にしても、公私ともどもあって、私には忙しすぎる日でありました。

夕方、義母の病院からの帰り道、単調なバイパスを走りながら、くくく~と居眠りが・・
あぶないよぉ~~ ( ̄0 ̄;)






Last updated  September 8, 2006 09:58:51 AM
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.