314171 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

NATURE'S GIFT

PR

全144件 (144件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

旅行やお出かけの話

2016.10.01
XML
香港・バリ島旅行記、8月9日の日記です。

帰りの便も香港で乗り継ぎ。
約4時間の待ち合わせがありました。

空港ですごす時間の楽しみは食べ物だけ。
食べたのはラーメン、中華粥、焼きビーフン、
飲み物はレモンティー、豆乳(甘い味)。



それからロビーの椅子で休んでいたのですが、
冷房が効きすぎで
みんな体調を悪化。

香港の空港が冷えることは
予想して軽く羽織るものは
みんな持っていたけど
予想を超える寒さでした。
薄手のカーディガンでは
寒くて寒くて
震え上がっていました。

長女は日本に帰国して
家に帰るまでの道中で
熱が上がってきてましたし、
夫も次女もおなかを下したし、
強行日程の面もあったから
疲れがたまってしまったのかも。

でもみんな無事に帰ってこれてよかった。






最終更新日  2017.01.09 23:09:23
コメント(0) | コメントを書く


香港・バリ島旅行記、8月9日の日記です。

バリ島の空港では、最後の最後で散々な目にあいました。

ハンバーガーやピザのお店に並んだのですが
セルフサービス形式なのに肝心のハンバーガーや
ピザは注文を受けてから作り出すらしく、
要領が悪くてオーダーが溜まっていて
数十分たっても私たちの品が出来てこない。
もう搭乗手続きまで時間がないから
急遽テイクアウトにしてもらいました。

しかも値段が
全部で904,998ルピア
日本円で約8000円!?
目が飛び出るほど高かった(><)

なぜ夫が値段を確認せずに
買ったのか不思議ですが、
バリ島ではずっと100,000ルピアみたいな
0がずらっと並んだ金額ばかりを目にしていて
感覚が麻痺していたのかもしれません。

今回の旅行で一番高いお店が
空港のファストフード店だなんて…。
しかもかなり不味くて、
最悪のバリ島最後の食事になってしまいました。
(飛行機に乗ったらすぐ食事が出たから、本当に無駄な出費)

不幸はさらに続いて、
搭乗直前、最後のセキュリティチェックポイント。
カバンの中を確認していた若い女の係官が
三女のカバンのなかから
市場で買ったゴムパチンコを取り出して隣にいた
上官に見せると、上官が首を横に振りました。

そして
女の係官は「危険だから」と一言、
没収しまったのです。

はあ!?
こんなの子どものおもちゃでしょ!?

と私は食い下がったものの

こういう場でゴネても
相手にされず時間の無駄、ということは
今までの経験で嫌というほど
わかっています。
引き下がるしかありませんでした。

三女は真っ青になってうつむき、
座席につくとポロポロと涙をこぼしていました。



最初と二回目のチェックポイントのときは
何も言われなかったので、
私は三女がパチンコを肩掛けカバンに
入れていたことを知りませんでした。

三女は没収されたパチンコの前に
別のパチンコを買っていましたが、
本体がバキッと折れて壊れてしまったから
帰国前日に買いなおしたのです。

だから新しいパチンコを
大事にカバンにしまっていたのでしょう。
スーツケースを預ける前に指摘されていれば
スーツケースにしまっておけたのに、
搭乗直前の最後になって没収なんて酷すぎる!

小さい男の子でもあるまいし、
小学3年生の女の子が
飛行機の中でパチンコで物を誰かにぶつけるか?

あの場でゴムを引きちぎって
「これなら使えないでしょうよ!」と
啖呵を切ればよかった、と後から思いました。
(ゴムは日本で直せばいいから)

後味の悪い最後となってしまいましたが、
飛行機が離陸するとすぐに
バリ島の霊峰アグン山が眼下に見えてきました。



さよならバリ島。またいつか来られるかな。












最終更新日  2016.12.15 21:08:26
コメント(0) | コメントを書く

香港・バリ島旅行記、8月9日の日記です。

田んぼ越しに見えるヴィラ 


とうとうバリ島最終日の朝…。
やっとバリ島に慣れてきたのに
まだまだ帰りたくない~(><)

朝食は軽めにしようと思って中華粥。
でも付け合せまであってけっこうなボリュームでした。




朝食を食べた後、庭のなかを散歩しながら写真を撮ったり、



下の二人を誘ってヴィラの裏手に広がる田んぼの中を散策。

ヴィラの敷地境界は小さな用水路だけで、
田んぼと田んぼの間のあぜ道を歩いていきました。







田んぼでは三人の女性たちが
田植えの準備をしているところ。
私も羽生の田んぼで毎年田植えを手伝っていたので
バリ島の稲作に興味津々。



東南アジアのお米は水田でなくても育つ
陸稲(おかぼ)という種類や、
直接タネ籾を田んぼに巻く直播法もありますが
ここではちゃんと苗床に苗が育ててあって
日本と同じでした。



さらに進んでいくと
少しずつ高くなっていく田んぼの先が見えない。
その先に何があるんだろう!?と
ワクワクしながら進んでいって、
一番高いところまで行ったら、

あれ??

こんどはどんどん低くなってて
同じように田んぼがずーっと広がっていました。



川や渓谷があるかと期待していたので
ちょっとがっかりしましたが、
観光客向けではない
バリ島の普段着の風景なのでしょうね。
同じお米文化の日本人には原風景みたいで、
心がリセットされるような気がします。

でも子どもたちは途中で足に泥がついて
嫌になってきたみたい。
早く帰ろうよ~!と
促されて部屋に戻り、
チェックアウトまでの時間、
少しプールで遊びました。



バリ島、また来たいなぁ。








最終更新日  2016.12.05 21:36:58
コメント(0) | コメントを書く
香港・バリ島旅行記、8月8日の日記です。
 
ショッピング組とホテル組と分かれた夕方、
待ち合わせの時間を過ぎてもなかなか
ホテル組の夫&次女・三女が来ないので
ヤキモキしましたが、
無事に落ち合ってやっとバリ舞踊鑑賞。

蓮池のなかに浮かび上がるようにライトアップされた
サラスワティ寺院の前がステージです。
幻想的で素敵。蓮が咲いていればもっとよかった。





見たのはjoged(ジョゲッ)danceという演目でした。
後で調べたら、ジョゲッの場合は
竹のガムランなんですね。
どっちかというと真鍮のガムランの方が好きかな…。



観光客向けのグループだったみたいで
最後には観客をステージにあげて
一緒に踊ってもらう演出も。

本格的なのを見たかったから少し物足りなさもありましたが、
どこがいいのかちゃんと調べていなかったから仕方ないです。

子どもたちに雰囲気を味わって
もらえたのでよかった。

終わった時間は8時近くて、
ウブド中心街とはいっても
閉店しているお店も多くて
町全体が暗くなっていました。

まだ開いていたインド料理店に入って、
野菜カレー、豆のカレー、マサラドーサ、ヴェジサモサなど、
気付いたらヴェジタリアンメニューばかり頼んでいました。
無意識に野菜が食べたくなっていたかな。

















最終更新日  2016.12.05 20:03:40
コメント(0) | コメントを書く
香港・バリ島旅行記、8月8日の日記です。
 
美術館のあと、体調の悪い夫と
プールで遊びたい三女はホテルへ先に帰りました。

自分のお金(お小遣いをルピアに両替していた)で
買い物をしてみたい、という次女は残って、
私と長女とショッピング。

旅行前からガイドブックを
念入りに読んでいたらしくて
欲しい雑貨を決めていたんです。

親と違って、何この計画性は!?

小さなアタ製のカゴが欲しいというので
いろいろなカゴを売っていたローカルなお店で
私ができるだけ値切って買ったら、
お店を出た後、

「こんな安いものじゃなくてもよかったのに…」

と次女が顔を曇らせていました。

女子向けガイドブックに載ってた値段は
高めの雑貨屋の価格だから!
まさか値切ってガッカリされるとは。

ちょうどこれと同じ商品↓

アタで編まれた持ち手が付いたボールみたいなデコレーションケース【メール便NG】アジアン,エスニック,バリ,バリ島,小物入れ,sarara

とりあえずショッピングを味わえて満足した次女は、
ホテルに帰ってプールで遊びたい、と言いました。
時計を見たらちょうどホテルのシャトルバスが来る時刻。

ホテル直行のバスなので
思い切って「一人で帰る?」と聞いてみたら

「うん大丈夫!」

これが長女なら絶対できないだろうな。

シャトルバスの運転手は何度か見かけた若い人でした。
他には乗客がいません。
「この子一人で乗って帰るから、くれぐれもよろしく頼みます!」と
念入りに言って見送りましたが、

あぁ~、やっぱりとっても不安でした。
どこかに拉致されたらどうしよう?
ちゃんとホテルに着いたかな?
事故にあったらどうしよう?
ホテルの中で迷子になったらどうしよう?

日本でさえ一人で出歩くことなんて
ほとんどさせないのに、
言葉の通じない外国で
見知らぬ人の車に乗せるなんて、
夫にすごい怒られるかも…

長女とショッピングしながらも気が気じゃなかったです。
といいながら、
他にも次女に頼まれたガムランボールを買ったり、

【送料無料】ガムランボール バリ島★バスケット型カラーボール★グリーン【RCP】02P23Apr16

自分用とお土産用の石鹸なども買いました。
同じ物が楽天でも売ってるとはびっくり。

石けん KOUキャンディ 3個セット アソート 送料無料 1000円ポッキリ KOU コウ 20g キャンディタイプ ソープ オーガニック 石けん 石鹸 せっけん アロマ バス お風呂 バリ

この日は最後の夜だったので、
夜、私の希望でバリ舞踊を見る予定でした。

次女が無事にホテルに着いていれば
夫と下二人、3人で
夕方のシャトルバスに乗って
ウブド王宮隣の集会場に来るはず。

でも時間がどんどん過ぎて
開演の時間がせまるし、
不安でたまらない。

3人の姿が見えたときは
心底ホッとしました。

夫も怒るよりも次女の行動力に
ビックリしたみたい。
「チーちゃんすごいんだよ!」と
教えてくれました。

独立したヴィラタイプの部屋なので
門に鍵がかかっていたのだけど
土壁と門の隙間から入り込み、
その先の扉も鍵がかかっていたから
運よく空いていた窓によじ登って
侵入したんだそうです。

ヴィラの入り口の門


門を入ったところ。
エントランスルームの扉の鍵はかかっていて、
左側の緑色の窓から侵入


塀から入れてしまうセキュリティの低さは
どうなの?と思うけど、
隙間があってよかった~。

次女にとっては大冒険ができて
楽しい思い出になったようです。









最終更新日  2016.12.01 12:34:35
コメント(0) | コメントを書く
香港・バリ島旅行記、8月8日の日記です。

ショッピングを楽しんだ私と長女組と、
後からホテルを出た
夫と下の二人の組とで
11時30分ごろ合流して
お昼ごはんを食べました。

体調の悪い夫の好みに合わせて
ベトナムやタイや中国など
アジア多国籍料理のお店に
入ることにしました。

上はヤムウンセン(タイの春雨のサラダ)
下はフォーボー(ベトナムの牛肉スープ米麺+ご飯)


割と美味しかったです。

でも一番美味しかったのは
フレッシュライムジュースかも?


みんなで回し飲みしたほど。
さっぱりしていてほどよい甘さ、
酸っぱい味が体に元気を与えてくれました。

すぐ隣の土産物屋の店先には
ドクターフィッシュの水槽がありました。

そこで夫と下の二人が体験。
次女の足にばかりたかるのはなぜだろう?!


垢が多いから、とからかわれて
憤慨していました。

それからお土産を見ながら西に向かって進んで
アントニオ・ブランコ美術館に行きました。
http://www.blancomuseum.com/


ウェルカムドリンクやお菓子のサービスをレストランのテラス席でいただきます。
高台にあるのでとても眺めが良いです。



ガムランなどの演奏会も行われるらしく
大人っぽい雰囲気のお店&美術館でした。

入り口前の広場では、手乗りオウムがお出迎え。


この美術館は、バリのダリ、と呼ばれた
鬼才アーティスト、スペイン出身の
アントニオ・ブランコの作品や
アトリエを展示しています。
美術館の入り口↓



コラージュを用いた絵や
バリ舞踊の踊り子の絵など
(館内は写真NG)

子どもたちには絵よりも
手乗りオウムが面白かったみたいです(笑)

美術館のあと、すぐ近くにあった
ルシ・マルカンデヤ寺院にも寄りました。
ルシは、サンスクリット語のリシ(聖仙)と同じ言葉で
昔、ジャワの高僧マルカンデヤがバリ島の
聖峰アグン山に参拝する途中、ウブドの
この地に立ち寄ったことがきっかけで
ウブドが拓けたそうなので、
ウブド発祥の地とも言われています。



でもやはり普段は門が閉まっていて
観光客は入れないようになっていました。
観光客もほとんど訪れない、
ひっそりとした場所でした。

インドの聖典に出てくる
マールカンデーヤ仙の神話が
好きなので、参拝したかったな…。











最終更新日  2016.11.29 20:10:06
コメント(0) | コメントを書く
香港・バリ島旅行記、8月8日の日記です。

ウブド3日目になりホテルにも慣れてきました。
サプ・リディ・リゾート
https://www.agoda.com/ja-jp/sapu-lidi-resort-spa-gallery/hotel/bali-id.html


朝食を食べるレストランまで歩いて数分かかりますが
手入れされた遊歩道からは池が眺められるし
青々した田んぼの緑がとてもすがすがしい。
(途中でオレンジ色のウニョウニョに出くわすので心臓に悪いけど)

朝食を食べてヴィラに戻ると、
庭でよく見かけた初老の男性スタッフが
ヴィラの庭の中にいて一瞬びっくりしました。

ヴィラのなかにある田んぼに
電動のポンプを使って水を入れる
作業をしていたようです。

写真だけ見たら↓羽生で撮ったと言っても違いが分からない(笑)


おじさんに聞いたら、
バリ島のお米は三期作だそうです。
年に三回もお米を収穫できる!
だから常に田んぼに稲が生えている
景色が保てるんですね。

ホテルの中に田んぼがあるなんて
初めてだったので興味津々で作業を
眺めていました。

一休みしてからどこに出かけようかと相談すると、
下の二人はプールで遊びたいし
夫は体調が悪いし、
私と長女二人でウブド中心街へ
ショッピングしに出かけました。

長女は中学生になったら背が伸びて
対等に意見を言ってくるので
いっぱしのことを言うようになったのねぇ…
なんて、感慨深くも不思議な感じがします。
でも女同士でいろいろ話せて楽しいです♪

ショッピングの前に、
「プリ・サラスワティ・バンガローズ」や
「ロータスカフェ」の隣にある蓮池に寄りました。


池の奥にはサラスワティ(=弁才天)の寺院があるので
参拝したかったのですが、
参拝用の礼装をしていなければ入れないし
そもそも鍵がかかっている門のところには
誰も人がいなかったので、どうやって
入れるのかも分からず、諦めました。


私はインドのヒンドゥー教のことを研究しているので
それが伝播してバリ島独特の姿に変化した
バリヒンドゥーのことも知りたいと思っていました。
こんなとき、ガイドさんがいると助かるんですよねぇ。
あとから、観光案内所に聞いてみればよかったと
思ったけど、あまり時間もなかったので
また次回に持ち越しです。

サラスワティ寺院の入り口の前にあった注意書き↓
正装をしてください、ということや
生理中の女性は入れません、などの
注意事項が書いてあります。


そして最後の一行に
「Om santhi santhi santhi Om」と書いてありました。
サンスクリット語による平安を祈るマントラ。
デーヴァナーガリー文字で書けば
ॐ शान्तिः शान्तिः शान्तिः ॐ

私を参拝させないなんて
サラスヴァティー女神もつれない。

サラスワティ(サラスヴァティー、弁才天)は
もともと水と関係が深く、また学問と芸事の女神。
七福神のなかで唯一の女神ですし、
弁才天の才が財に転じて
「銭洗い弁財天」のようなご利益が
信じられたりして日本でも人気です。

気を取り直して、バザールでショッピング。
バリ島に来たら買おうと思っていた
アタ製のカゴや入れ物を探しました。
小さなお店がびっしり並んでいて、
似たような品揃えなので、ますますどこで
買おうか迷ってしまいます。

いくつかのお店を覗いて値段交渉をしてみて、
手ごたえを感じたお店で購入しました。
最初の言い値の半額でまず値切ったけどダメで、
でも4点くらい買ったのでお店のおばさんも
折れてくれて、最初の金額の3分の2くらいで買えました。

お金を渡したら、おばさんが
そのお札でお店の商品を
パタパタと叩いていました。
「どういう意味があるの?」と聞いたら
「今日最初に売れたお客さんだから、
どんどん売れるように、っていう願掛け」
と言っていました。
世界中、どこでもそういうおまじないがあるって面白いですね。

↓私が買ったのはまさにこれと同じ!?
でも値段は○分の1でした。

アタで編まれたかごバッグ[Bタイプレッド色][2912]【かごバッグ おしゃれ トートバッグ レディース かわいい カゴバッグ 夏 アジアンバッグ 春 カバン 秋 鞄 ナチュラル かばん ばっぐ ショルダー バスケット 巾着付き きれいめ エスニック バリ 雑貨 アジアン雑貨】


アタ・ティッシュケース♪(ティッシュボックス・ティシュケース・ティッシュカバー)【送料590円・8,000円以上お買上げで送料無料!沖縄・離島は別途御見積】(key:【2016春夏】)


アタのテーブルマット(ランチョンマット)♪楕円形01【送料590円・8,000円以上お買上げで送料無料!沖縄・離島は別途御見積】(key:【2016春夏】)


アタ製マジックポット[BタイプLサイズ][2114]【小物入れ ふた付き おしゃれ 収納バスケット 籠 カゴ ふた付き フタ付き 蓋付き かわいい 鍵 アジア雑貨 アジアン雑貨 エスニック 収納カゴ 収納かご ナチュラル バリ雑貨 インテリア リゾート バリ島 アタ製品】 02P05Nov16









最終更新日  2016.11.28 09:53:45
コメント(0) | コメントを書く

香港・バリ島旅行記、8月7日の日記です。

日本を出発してから5日目、
バリ島に来てから4日目、
ウブドに着いてから2日目、

そろそろ旅の疲れてが出てくる頃、
夫は調子が悪いみたい。
ベトナムかタイ料理を食べたい、というので
ウブドのバザールから近い
タイ料理のお店に入りました。

狭い店内は欧米人で満員でした。

ココナッツジュース


写真は↓お店を出て路地に入ったところにあるトイレ。
怪しい雰囲気がイイ味を出してます。


グリーンカレー


ヤムウンセン(春雨のサラダ)


ガパオライス


パッタイ(米麺を使った焼きそば)、
食べ切れなかったのでテイクアウトにしてもらいました。


どれも美味しかった!

旅行に来ると、つい食べ過ぎてしまいます。
おかないっぱい。










最終更新日  2016.11.26 19:36:38
コメント(0) | コメントを書く
香港・バリ島旅行記、8月7日の日記です。

モンキーフォレストの後、休憩も兼ねて
フランス人オーナーシェフのクレープ店へ寄りました。

ル・ムーラン
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g297701-d8352916-Reviews-Le_Moulin-Ubud_Bali.html

店内がおしゃれ!
シェフがまたカッコよくて絵になります。



ここのフレッシュフルーツのジュースは
バリ島で飲んだジュースのなかで
一番美味しかった!
特にライムジュースと
リンゴジュースが美味しかったです。


搾りたてのフルーツの新鮮な味と
甘さ控えめでほどよい酸味が、
歩きつかれた体をいっきにリフレッシュ。

次にクレープが出てきて、
私が食べた
モッツァレラ、トマト、バジルのガレット
美味しかった~。


夫が食べたモッツァレラとハムの
ガレットも美味しかった。


下の二人は甘い味のクレープを頼みました。




日本のクレープ屋さんとは違って
トッピングを選べなかったのが
子どもたちには少し不満だったのと、
チョコソースがかなり甘すぎたみたいで
塩味のクレープにすればよかった、と
言っていました。

値段はやや高め(観光客価格)ですが、
雰囲気も味も私はかなり満足でした。

でも店の裏に隣接した空き地にゴミが散乱していたのは
見なかったことにしよう(^^;)
(このお店のゴミではないと思う)

香港やインドのような場所なら
ゴミなんてあって当たり前、って思えるのに(偏見?)
バリ島だとなぜかゴミだらけの光景を見ると
残念に思ってしまいます。










最終更新日  2016.11.25 23:15:16
コメント(0) | コメントを書く

香港・バリ島旅行記、8月7日の日記です。

私たちが泊まっていたデラックススイート。
(でも値段は激安)
サプ・リディ・リゾート
https://www.agoda.com/ja-jp/sapu-lidi-resort-spa-gallery/hotel/bali-id.html





こんな感じで、敷地内に田んぼがありました。
三期作で常に田んぼに稲が生えているから
一年中景観に活かせるんでしょうね。

ホテルで朝食を食べ、プールでひと泳ぎしてから
白タクでモンキーフォレストへ行きました。

モンキーフォレストはウブドの有名な観光地のひとつ。
名前の通り、猿たちが自由気ままに暮らしている
猿の森です。



赤ちゃん猿とお母さん


奥に進むと深い谷になっています。


人に慣れていて、食べ物を持っていると
奪われてしまいます。


バリ島はヒンドゥー教が多いところで、
猿の神様ハヌマーンが信仰されているせいか
猿をとても大切にしているそうです。
ここでは猿が主人公ですね。










最終更新日  2016.11.25 23:14:33
コメント(0) | コメントを書く

全144件 (144件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.