139528 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おしっぽくるくる犬☆ラーラの日記

肝臓について

2017.11月 かねてより悪かった肝臓の数値がここにきてさらに悪くなり
そのことについて書きとめておこうと思います。

10月血液検査。スパカール服薬開始
11月血液検査。思いのほか数値が良くならない。
11/28針生検(エコーを見ながら肝臓に針を刺し、組織の一部を取り出し検査する。麻酔なし)
帰宅後食事するも嘔吐。次の日は朝から食欲もなく嘔吐があるため受診。
数値がさらに上がっているため、点滴入院となる。(~12/3)
GOT:159(正常参考値26~43)
GPT:463(17~70)
GGT:16(1.2~6.4)
ALP:3153(20~156)点滴前は3915まで上がる

CTを薦められ、12/4 農工大動物医療センターを紹介してもらい受診。
全身麻酔にてCT検査。
肝臓に2か所、影が見られる。胆のうに胆泥が溜まっていることによる炎症か、腫瘍の疑い。
開腹しないとどちらかはっきりしないとのこと。
いずれにせよ泥も取り除かないと数値も下がらない。
ウルソやスパカール服薬、点滴をしても下がらないので、開腹するしかないよう。
精神的につらくてかわいそうに思えるけれど、このままでも嘔吐や食欲不振といった症状があるのなら、手術をしてこれから少しでも穏やかに過ごせたら思い、手術をお願いする。
12/4時点での服薬
・コンセーブ(けいれん止め)
・甲状腺
・ウルソ
・エースワーカー(心臓)
以上、通常飲んでいるもの
下記、追加されたもの
・スパカール
・抗生剤
・吐き気止め
・強肝剤

12/11入院
12/12術前説明
胆のうの詰まり、肝臓の影2か所(方形葉と外側左葉)

影が腫瘍の場合は胆のう洗浄と腫瘍摘出
方形葉はとりやすく、外側左葉は血管があるためとりにくいとのこと。

非腫瘍なら胆のう摘出のみ。

12/13手術(所要時間1時間ちょっと)
胆のう:摘出。
肝臓:方形葉部分が腫瘍の疑いのため摘出→病理検査へ
外側左葉にはポチポチが見られた。肝臓の他の部分にもポチポチ
取りきれないのでそのままとなる。
傷は縦一直線のみ。
出血10㏄(少ないそうだが輸血をした)

12/19退院

病理検査結果
肝細胞ガン 悪性:高分化型(低悪性度)

12/26抜糸

服薬(H30.6/18現在)
<肝臓>
・ペパテクトプレミアム(1日2錠)
・ウルソ100(1回 1/2錠 1日2回)
・スパカール40(1回 1/2錠 1日2回)
(H30.8.20下記2種追加)
・タチオン50mg(1回1錠 1日2回)
・グリチロン(1回1錠 1日2回)

<心臓>
・エースワーカー(1回1錠 1日1回)

<抗けいれん>
・コンセーブ(1回3/4錠 1日2回)

<甲状腺>
・チラージン(1回 1/2錠 1日2回)

全6種


H30.2.26
エコーの結果、ガンと思われる影が
1か月前よりひとまわりほど大きくなっている。
治療方法としては抗がん剤があるそう。

血液検査の結果、数値は安定している。
(カルテ、チラ見したところALPがやっと2000を切っていました。)

咳(手術前からあり)
夜中など寝ている時に急にせき込むことがあり気になる。
転移の心配もあるということでレントゲン、
転移は見られず、様子見。

抗がん剤の効果について
よくなったという症例がほとんどないガンのタイプだそう。

ここで即決!!
数値も安定していて何よりいま元気。
抗がん剤はお断りして、具合が悪くなったときに薬を増やしたり入院点滴などで
対処していく方法を選びました。

2か月に1回の定期通院になる

大学病院と近くの動物病院を1か月ごと受診するようにする。

ガンバレラーラ

2020年1月11日夜中(1/12に日付が変わったころ) 容態急変
エコーの結果、肝臓の腫瘍が急激に大きくなり、その腫瘍から出血しているため
貧血が進んでいるとのこと。
肝臓・膵臓の数値が測れないほど上昇している。
1月14日大学病院にて余命1週間と宣告される

首に痛み止めの「フェンタニルパッチ」貼ってから
痛みはなさそう。穏やかに眠れている。
穏やかに眠るように逝かせてあげることが最善と考える。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.