000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック 旅

全6件 (6件中 1-6件目)

1

温泉湯加減、ホッカホカ

2010.04.24
XML
  日本海に面する兵庫県城崎町(現豊岡市)は小さな温泉場、この城崎温泉を有名にしたのは志賀直哉の小説「城の崎にて」のように思います。大正2年、東京・山の手線電車に撥ねられ九死に一生を得て、重傷を癒す養生にと当地を訪れた逸話が残ります。
ここでの出来事や印象を自分の生や死に重ね合わせ、その2年後に、我が第二の故郷我孫子市に居を構え前半を書き上げます。
1,400年も昔にコウノトリが傷を癒した・・・と伝わる古い温泉地、ここでは心身を癒す風土が育まれ受け継がれて来たのでしょう。
そんなことで今回は、但馬国の「城崎温泉」地にまつわるあれこれのご紹介です。
城崎01.jpg 城崎03.JPG 城崎02.JPG
城崎周辺の海岸線は、西日本特有の年月を経た老齢期の丸みを帯び、心に穏やかな景色を醸し出しています。
 全国の日本海景観は季節・地域によって顔が変わります。青空が優しく夕陽が映える朱夏、一方、鉛空と泡波が逆巻く玄冬。
北海道風な津軽半島、荒々しく海に山迫る親不和・子不和、砂浜広がる千里浜(石川)や鳥取砂丘、柱状摂理が林立する東尋坊、命を支えた気比や唐津の松林、歴史が残る安宅や念珠の関、玄海の防塁、点在する温泉地、男鹿や能登の半島だって魅せてくれます。
城崎温泉案内図.jpg
城崎温泉は、日本海に流れ込む円山川の支流大谿川に沿った、柳が似合うこじんまりとした街になります。
城崎11.jpg 城崎12.jpg 城崎13.jpg
 JR城崎温泉駅を出た所に、湯飲み場が設けられています。手湯・足湯を見かけることがあっても、湯が飲める街とは初めてのこと。
川端沿いの柳は中国の名勝西湖から移植した?といわれ、いくつもの古い石橋が架かった両沿いには温泉場が点在、こんなことから浴衣が似合う季節は情緒の街を醸し出してくれます。シーボルトが帰国時持ち帰った名産麦わら細工を覘き、文芸館(400円)に立ち寄り、自分で炙るいろり団子を冷かし、但馬肉まんや温泉卵の摘み食い、そんな歴史ある街の散策は楽しみです。
城崎20.jpg
外湯で栄えた温泉場らしく徒歩圏内に7ヶ所もあって由緒・由来も・・・上・下の写真は美人の湯の誉れ高い「御所の湯」です。
湯の町らしく、いたるところに無料の足湯や湯飲み場が設けられ歓待してくれます。
城崎23.jpg 城崎22.jpg 城崎21.jpg
 泉質はナトリウム・カルシウム塩化物の無味無臭で高温泉、コウノトリがあやかったように筋肉痛、打ち身、神経痛、慢性消化器病や便秘に効能がある温泉です。外湯にはそれぞれが守護脇神を持ち、温泉を神の恵みとして湯浴みの旅情として親しまれたようです。
小生見栄を張り御堀河天皇の姉が入浴したと伝わる外湯「御所の湯」、一番高額(入湯料800円)な湯で旅の疲れを癒します。
城崎31.jpg 城崎32.jpg 城崎33.jpg
湯浴みの後は腹ぺこぺこ、JR城崎温泉駅観光案内所で聞き出した但馬名物の蕎麦屋に一目散です。
 平成の大合併でコウノトリ繁殖で知られる豊岡市に編入の城崎町、同じ編入された出石町には特有の蕎麦文化が花開いています。
但馬小京都の5.8万石出石藩城下町で、宝永3(1706)年の国替えで信州上田藩から蕎麦職人を連れ移り住んだ藩主仙石氏、地場の蕎麦打ち文化と融合して「出石手打ち皿蕎麦」が誕生します。石臼で丸挽きの蕎麦粉につなぎ1割の田舎蕎麦になりますが、屋号や絵が入った白地の皿に盛って供さ、一人前が5皿で家内分と合わせて15皿の注文、流儀に沿って食べ腰が強く美味い。
蕎麦打ち体験で知ったのは、昔、高級な江戸流蕎麦は喉越し好い小麦粉を使ったニ八蕎麦、一方、田舎蕎麦は高価な小麦粉を買えず丸挽きの10割蕎麦になったという歴史が。自宅で時々の蕎麦打ちは蕎麦粉を選ばないと大失敗、その点うどん打ちは楽チンです。
次回は群馬県榛名湖と榛名神社を予定しています






最終更新日  2010.04.24 09:25:08
コメント(0) | コメントを書く


2009.10.23
  山形と宮城県に跨り奥羽山脈の分水嶺に位置する蔵王山、両県共に甲乙付けがたい景勝地ですが、小生、大規模温泉がありスキーも楽しめる山形側に出向くことが多かったようです。
温泉湯量は日量8.7千トンと豊富、だからこの地は大露天風呂で客をウキウキさせてくれます。
そんなことで今回は、秋色の山形蔵王温泉(現山形市)大露天風呂をご案内致します。
山形蔵王の紅葉模様 山形蔵王の紅葉模様
  只今、東北の山々は紅葉真っ盛り、山形蔵王温泉も変化自在の錦模様を見せてくれます。
温泉場から頂上の蔵王名物お釜に向かい、車を走らせエコーラインで標高を上げて行くと、標高を上げる毎に冬景色の様相に変化、梢には枯葉一枚も残っていない墨絵世界を見せてくれます。
山形蔵王スキー場 山形蔵王スキー場 山形蔵王スキー場
一番混雑する、広大な家族向け上野台ゲレンデ風景
  小生のスキーホームグラウンドの「蔵王スキー場」、樹氷林を縫って長男が先頭、家内、次男と続き小生がしんがり・・・家族でのシュプールが思い出されます。冬場はもう8年も行っていないので・・・勤務も一段落する次シーズンは、久し振りに出向く計画を立てています。
大露天風呂の入口 大露天風呂の入浴券売り場
  蔵王温泉大露天風呂、泉質は含硫化水素強酸性緑ばん明ばん泉、白く濁るのは温泉特有の湯の花、痒み・皮膚病・胃弱・神経痛・美容美肌・疲労回復などの効能、営業は4月中旬~11月中旬(年によって変わる)の6時~19時、維持管理協力入浴券は大人450円です。
家内が嫌がる定宿の源泉風呂場、熱く酸性が強く肌がヒリヒリ、タオルはすぐに変色します。
大露天風呂(男湯と休憩・脱衣建屋)
露天風呂というより、森林浴が楽しめる山奥の秘湯という感じです
大露天風呂(男湯)大露天風呂(男湯)大露天風呂(男湯)
  中央の受付・休憩・脱衣所の建物を挟み、上側が女性用、下側が男性用、各専用の2槽が設けられ、最大で200名の収容が可能です。くれぐれも男子諸氏は女湯を覗かない様に・・・!
大露天風呂入口のスロープ 湯船から湯は渓流に流れ出します
  蔵王温泉の発見は今から1900年程前、粗暴で親に疎んじられた悲劇の英雄「日本武尊」の東征時に従っていた吉備多賀由によるとの伝説があり、どこにでもある我田引水の類なのか・・・日本最古に属する温泉だそうです。湯船から溢れた湯は、渓流にどんどん流れ出します。
JR山形駅から蔵王温泉行きバスの終点下車、そこから徒歩10分の所に大露天風呂はありますが、途中、亡き岳父が夏季に校長をしていたテニスコートのクラブハウス横を通ります。
果樹園(りんごのサンフジ) 山形名物の生蕎麦 豪華に天麩羅注文
  西洋梨ラ・フランスやサクランボ、ぶどう、柿など果物が豊富な山形県、この時期はりんごもたわわに実っています。さしてこの季節を代表する山形の美味しい食べ物は何といっても新蕎麦、湯に浸かった後のすきっ腹には格別な味になります。実りの秋を満喫した旅です。
次回は大分県別府温泉の奥座敷、湯布院のシンボル由布岳トレッキングを予定しています






最終更新日  2009.10.23 15:33:01
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.07
 大分県別府は『湯煙の街、特に冬場はもうもうと立ち上がる美しい湯煙を見ることが出来ます。
源泉数が約3千本(日本の約10%)で日本一、湧出量は日糧約14万リットルで米イエローストーンに次いで世界二位、しかも世界泉質11種類中の10種がここで堪能出来ます。
開湯の歴史は、8世紀の伊予や豊後国の風土記に記述があるようで、鎌倉時代の元寇の役で負傷した武士の傷を癒したとも伝わる古い湯治場、泉質は無色・無味・無臭・澄明が一般的です。
そんなことで今回は、日本の温泉地を代表する『湯煙の街』別府のご案内です。
別府温泉の湯煙
  名物湯煙の別府は・・・、東側は瀬戸内海別府湾に面し、西側は鶴見岳と内山を抱えた海に向かう傾斜地に立地、だから陽は午後の早い時間に山で遮られ日暮れの早い町になります。
湯煙を見るには、手軽に鉄輪温泉(かんなわ)が一望出来る別府湯煙展望台へ行くか、大分高速道の別府SA(380m)からも絶景で、飛騨から移築した古民家でのランチも楽しみです。
或いは、遠出してロープウェイで鶴見岳(1,375m)から豊後一円を望むのも一法です。
昔、高度成長期に熱海と共に団体・会社旅行、修学旅行などで大繁盛した温泉地になります。
別府市街地と湯煙 別府市街地と湯煙
温泉法では地中から湧水する温水、鉱水、及び、水蒸気その他のガスで、
水温25℃以上か、或いは、水素イオンなど19成分のどれか一定量を含むと温泉になります。
  別府は源泉数・湧出量・泉質が多い町、だからあちこち到る所が公衆浴場天国になります。
中でも別府湾沿いから鶴見岳麓にかけ点在する別府八湯が良く知られ客足が絶えません。
JR別府駅東(海)側に位置する『別府温泉』は別府を代表する温泉の総称、交通便が良くネオンがちらつく歓楽街に近い利点があります。『明礬温泉』は湯の花採取地でもあり、茅葺小屋が並ぶ風景は湯治場風情がたっぷり、製造技術は重要無形民族文化財指定です。
いまだに湯治の雰囲気を残す『鉄輪温泉』は、一遍上人が整備したと伝わり地獄巡りの中心地、床に石菖を敷くむし湯は香り良いのが有名です。醍醐天皇や後冷泉天皇が入浴したという由緒ある『柴石温泉』、別府最古の『浜脇温泉』などなど、町中に温泉場がやたら広がる別府です。
海辺の別府温泉に泊り宴会を早々に切り上げ、ネオン街に繰り出したのが先日のようです。
海地獄
全国各地に地獄の類は数多くありますが、当然、この街にも別府地獄がありました。
ここでは地下約250mから100℃に近い熱湯を吹き上げる源泉を指しています。
代表は『海地獄』、鶴見岳噴火で誕生し硫酸鉄による鮮やかなコバルトブルー色が特徴、
湧き出る98℃の湯で茹でた温泉卵が飛ぶように売れています。
竜巻地獄
『竜巻地獄』は間欠泉、20~40分程度の間隔で20m噴き出ます。
この程度なら小生の故郷の、宮城県鳴子温泉鬼首の方が大きいと思いました。
勿論、イエローストーンとは比べようもありませんが!
石階段席に座って待つ間に、カメラを落とし、お釈迦にしたホロ苦い思い出が!
血の池地獄
鮮血を思わせる真っ赤な池は『血の池地獄』、正体は酸化鉄による悪戯でした。
地獄巡りの整備は明治時代の油屋熊八とか、あの温泉マークの発案者でもあるようです。
海地獄 海地獄の庭園池 血の池地獄 血の池地獄
  地獄巡りの中心は鉄輪温泉付近、共同浴場への入浴も兼ね巡るのも楽しさが倍加します。
でも地獄8ヶ所巡り通し券販売がありますが、上記3ヶ所を回るだけで十分な気がします。
竹瓦温泉の玄関 竹瓦温泉の内部 竹瓦温泉の風呂場
  この街を通過する度に共同浴場入浴の時間を取ったもので、特に別府温泉の『竹瓦温泉』には5~6回も入浴しました。明治12年の創設、現在の建物は昭和13年築の唐破風入母屋造り、当初、竹屋根葺きだったので竹瓦温泉の命名です。大正イメージを醸し出し松山道後温泉風、でも休憩室や脱衣所・浴室・浴槽がもう一歩、料金を値上げしてでも清潔第一が欲しいと思います。
最近の別府温泉の話題一番は、失業した非正規就業者を雇い入れるという善行がありました。
次回は山陰日本海に面した香住町大乗寺、円山応挙恩返しの絵画を予定しています






最終更新日  2009.02.07 07:10:23
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.01
  城と温泉と俳句の街、愛媛県松山市。正岡子規、高浜虚子などお馴染みの俳人を輩出、夏目漱石など文人にも愛された文化薫る町、そんな松山市に今回ご案内の道後温泉があります。
神代の昔、大国主命(日本の神のスーパースター、大黒様)と少彦名命(一寸法師のルーツ、えびす様)は友達コンビ、国造りで伊予の国に来た時に少彦名命が重病に倒れ、これを見た大国主命は掌の平に少彦名命を乗せ湧き湯に浸すと、たちまち回復したという伝説が残る道後温泉。
でも一方では、3000年も遡る白鷺伝説も残っている不思議な温泉地でもあります。
坊ちゃん列車 道後温泉駅 坊ちゃんとマドンナ
  松山市街地から道後温泉までは、予約をしてでも『坊ちゃん列車』に乗りたいものですね。
明治から昭和の戦後まで伊予鉄道が小型蒸気機関車で走らせていましたが廃止、平成になってディーゼルを動力とした2両連結で復活しました。木製の車内など当時の雰囲気を残す列車で、本物は子規堂にちゃんと保存されています。(俳人正岡子規は野球の造語者です)
道後温泉駅前の足湯 道後温泉駅前の足湯 道後温泉駅前の足湯
  道後温泉駅の近くにはからくり時計が、その真下に道後温泉本館で使われていた湯釜を囲むように足湯が設けられています。道後温泉を一躍有名にしたのは夏目漱石の『坊ちゃん』に紹介されてから、だからからくり時計には坊ちゃんを始め主だった小説登場人物が現れます。
足湯だって源泉、アルカリ性単純泉で神経・筋肉・関節痛に利く湯として親しまれています。
西側からの道後温泉本館
 道後温泉のシンボルはお馴染み道後温泉本館、駅からL字形に商店街を覘きながらぶらぶらと7~8分歩くと到着。明治27年に城郭式の三層楼木造建築として建造され、神の湯搭屋部分には振鷺閣(太鼓楼)を造り、その屋上に由来の白鷺が掲げられています。そして本館発足当初から一日3回太鼓で時を告げ(正午と午前・午後の6時)、温泉独特の情緒を醸し出しています。
正面の道後温泉の額は、S25年の映画ロケで道後温泉と分かるものが必要と作られました。
道後温泉本館入場券売り場 道後温泉本館1階通路 道後温泉本館2階広間
  道後温泉は公衆浴場、温泉に入るだけなら地元民も利用の神の湯階下400円券で十分。
一寸贅沢したい方、神の湯2階席800円券(浴衣、お茶・煎餅付き)を購入し下足を預け、1階通路の坊ちゃん映画・テレビロケ写真を見ながら階段を登り、席取り自由な大広間へ向います。
広間から家並みを眼下に貸し浴衣に着替え(女子は別の場所)、脱いだ衣装や荷物は行李に置き、400円券と同じ階下風呂へ向います。制限時間が1時間ですから気が急かされます。
道後温泉本館1階脱衣所 道後温泉本館浴室内 道後温泉本館浴室内 夏目漱石ゆかりの木札 道後温泉本館浴室内
  脱衣所はどこにでもある銭湯風景、一寸違うのは湯上りに自分でお茶を入れ飲めることだけ。
浴室は男東西の2ヶ所と女1ヶ所になり、源泉かけ流しの贅沢な温泉になります。一寸熱めですが無色透明無臭で綺麗なお湯、これなら安心して浸ることが出来ます。無断撮影を失礼。
正面壁に中国画の陶板が貼られ、浴槽には湯釜が置かれ大国主命や少彦名命の像と、山部赤人の句が刻まれています。残念ながら夏目漱石のゆかりの木札は男湯にしかありません。
道後温泉本館2階広間 道後温泉本館2階広間 坊ちゃん団子と抹茶注文 道後温泉本館2階広間
  熱くなった身体で2階へ、こんな湯上りはビールをキューと・・・が酒類は出していません。
変わりに冷たい牛乳を一気飲みする人がいますが、私の体質は下痢をするので飲めません。
定番の抹茶と坊ちゃん団子を注文して、外からの冷たい風を受けながら甘い菓子で満足です。
余話。夏目漱石の漱石とは中国の故事、こんな我が侭で我を張る人間にはなりたくないですね。
入浴券 振鷺閣も見える本館北側
  現在の建物は神の湯本館が先述したように明治27年、又新殿(皇室用)と霊の湯棟(個室、又新殿見学、余分に石鹸・タオル付き)が明治32年、南棟と玄関棟が大正13年の建築で、一括して『道後温泉本館』として平成6年に重要文化財に指定されています。
聖徳太子も湯治に訪れていますが、皇族入浴は過去10人、最近50年は実績ゼロのようです。
道後温泉 からくり時計 からくり時計の坊ちゃんとお清 からくり時計のマドンナ からくり時計の山嵐と生徒
  最後になりましたが坊ちゃんのからくり時計、時刻に合せ小説登場人物は期待通り現れます。
余談ですが現代版『坊ちゃん』として、仙台が舞台の井上ひさし作『青葉繁れる』があります。
一躍時の人の防衛省元次官守屋武昌氏も卒業した進学校仙台一高(菅原文太、井上ひさし)と、目と鼻の先の宮城第二女子高(マドンナ若尾文子)を舞台に、疎開時の実録青春小説です。
湯上り気分で道後温泉を後に、再び商店街をぶらぶら・・・お気に入り甘味処を発見し暖簾を!
次回は北関東4県にまたがる渡良瀬遊水地の風物詩『ヨシ原の野焼き』を予定しています






最終更新日  2008.03.01 08:25:54
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.14
  指宿・・・これも難解な地名ですが『いぶすき』、環境温泉保養都市宣言をしています。
鹿児島県薩摩半島の南端に位置する指宿、オクラやソラマメ、焼酎原料のサツマイモなど農産物が豊富なところで、鹿児島市から南へ、車でもJRでも1時間程で到着します。
思い起こせば45年前に訪れたのが最初、そして名物の砂むし風呂に浸って、その後山川港から船で対岸の大隈半島根占に渡り、九州最南端の佐多岬を目指したことが思い出されます。
好奇心旺盛な私には、ソテツやフェニックスが珍しく新鮮に映った記憶があります。
砂むし会館 1 砂むし会館 2 砂むし会館 3 砂むし会館 入浴券
  指宿は霧島と並び鹿児島を代表する温泉地、湯量が豊富なことから昔は湯豊宿(ゆぶしゅく)と呼ばれていたようで、人気の秘密は何と言っても『砂むし風呂』にあります。
今から約300年前の元禄時代から湯治場として利用され、現在では市営砂むし会館『砂楽』が摺ヶ浜に造られ、広く砂むし風呂が楽しめるようになりました。入浴料は浴衣込み900円です。
髪が濡れるのを嫌う家内を、無理矢理誘い並んで入浴、そして頑張らなくても良いのに25分(通常は15分)も熱さに耐えたという、思いでの旅もありました。
『白波乃 下に熱砂の隠さるる 不思議に逢えり 指宿に来て』と与謝野晶子は詠んでいます。
砂むし会館 入浴4 砂むし会館 入浴3 砂むし会館 入浴5 海岸風景
  世界で例を見ないこの天然砂むし温泉、砂地の海岸に浴衣を着たまま横たわり、首まで砂で埋め、自然湧出する温熱で身体を温め汗をかく入浴です。長寿社会の到来から健康志向になり、この入浴法や弱塩素泉質の効能は温泉療養に叶っていると、今日では年間300万人もの方が訪れているようです。特に関節・関節系に効果バツグンだそうです。
この砂むし風呂は、温泉地下水脈が山側から海岸に流れ、90℃にも及ぶ高熱が砂地を温めているのを巧みに利用しおり、錦港湾を目の前にしての入浴は格別です。
砂むし風呂への入浴は、いつもは海岸に造っている建屋の中で行うことが出来ます。写真のように波打ちぎわで行うのは、潮位が大きい大潮の干潮時の日中に限られ、しかも真夏の日中とか、寒さが厳しい冬場は除かれますから、入浴条件は自然に左右されてしまいます。
潮が引いた後の砂浜からは、湯煙が立ち上がり幻想的な光景を見せてくれますが、温泉の水路が出来ているために、素足では火傷の恐れがありますからご用心です。
白水館 元禄風呂 白水館 砂むし風呂
  一寸豪華にお風呂に入りたい時(入浴料3,500円)や、お泊りの場合は白水館が推奨。
土地柄、砂むし風呂は当然として、日本のお風呂の歴史を再現した元禄風呂が楽しみです。
泡泉、施浴、腰湯、樽風呂、浮世風呂、釜風呂などなど温泉三昧、壁画にも興味がそそら、ついつい長湯をしてのぼせてしまったこともありました。が、後のビールが美味しかったですよ。
次回は成田国際空港の免税店を予定しています






最終更新日  2007.04.14 06:59:07
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.03
 皆さ~ん、酸ヶ湯温泉はどこにありますか・・・?、何と読みますか・・・?難しいですね。
日本には難解な読み名が沢山あますが、正解は青森市郊外に位置し、『すかゆ』と読みます。
青森市内から十和田湖方面に向かって車で約45分、八甲田山中の一軒温泉宿です。
十和田八幡平国立公園の北部、八甲田の主峰大岳の西麓に位置し、山道を右に左に曲り登って標高900mで到着。過去、観測史上真夏日の30°Cを超えた日が無い地域です。
酸ヶ湯温泉玄関と湯治宿風景
 今日は桃の節句、ですが津軽海峡は風と雪の通り道で例年なら4~5mも積雪が残る温泉場。
でも温暖な今年は青森雪まつりが中止になる程の小雪、難儀せず湯治場へ行けたようです。
昭和29年に国民保養温泉第一号(指定には温泉資源と自然環境に恵まれていることが必須で、現在86ヶ所が指定)に指定された、昔ながらの純朴さが残るあったか温泉湯治場です。
ここは出張で青森-八戸間を移動する途中(八甲田山越えになり冬季間は閉鎖)、雰囲気に引かれ何度も利用した温泉場。
イワツバメが飛来するシーズン、屋根裏でブンブン羽音が飛び交うのが風物詩になっています。
広々としたひば千人風呂
 300年もの昔から続くひなびた温泉、酸ヶ湯を語るには総ヒバ造り千人風呂が欠かせません。
千人も入れる大きな風呂という意なのでしょうが、実は80坪の浴場内には浴槽の底から源泉が湧く『熱湯』、それを少し水加減した『四分六分の湯』、滝湯(打たせ湯)、冷え湯など5つの風呂が用意されています。そしてここは脱衣所は別々でも、いまどき珍しく混浴が呼び物。
冬場は湯気で1m先も見えませんが、春ともなると浴場全体が見えるようになり、当然、若い娘や外国婦人でも入っていようものなら、不心得者が必ず出現するのが世の常、頭痛の種でした。
現在では常連客を中心にして、日本混浴を守る会なるものが'04年に発足、入浴3ヶ条を作ってマナーの向上に努めているそうです。
  凡例:初代の男子代表はスキーヤーの故三浦敬三氏、二代目は写真家浅井慎平氏です。
 泉質は舐めると酸っぱい酸性硫黄泉、神経痛・リューマチ・神経炎など幅広く万病に効果があります。自炊湯治が本来の温泉ですから、病気持ちの方は10日以上の滞在をしたいですね。
四分六分の湯をコップ半分飲み、頭からビニール袋を被っての滝湯も楽しいものです。
新緑の八甲田 東北大学高山植物研究所付近の紅葉 八甲田ロープウェイ
 ブナ帯とアオモリトドマツ帯の境界線付近に位置している酸ヶ湯温泉、だから風光と四季は変化に富み高山植物も多く、清涼な高地は学術上高く評価されているようです。
冬場はロープウェイで樹氷観光も良いのですが、出来れば山岳スキーツァーに参加してもらいたいもの。ガイドが付いて体力・技術に合わせたコースで楽しむことが出来ます。(このツァーメンバーが2月14日雪崩に遭遇、2名死亡8名重軽傷とのこと、自然は厳しく侮れないものです)
また、この場所を何度も往来して感じることは、新緑や紅葉シーズンは間違いなくベストです。
しかしながら車往来が少なくなる晩秋、しかも黄昏時、落葉が道路一杯に敷き詰められた光景が気に入っています。これも加齢からなのでしょうか・・・?
酸ヶ湯温泉(絵画)
 明治35年の日露戦争2年前、ソ連軍の進攻に備えた陸軍の雪中行軍訓練で、青森連隊193名が凍死(17名救出)するという痛ましい現場も近くにあります。(映画・テレビ化された新田次郎作『八甲田死の彷徨』を参照。『国家の品格』の数学者藤原正彦氏の父親作です)
次回は『ワクワク旅の準備について』を予定しています






最終更新日  2007.03.03 06:26:46
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.