310113 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック 旅

全6件 (6件中 1-6件目)

1

郷土のお店・食べ物談義

2010.01.23
XML
  冬は鍋物の季節、カキ鍋、アンコウ鍋、石狩鍋、キムチ鍋・・・美味しそうですが・・・魚介類が不得手な小生はいつも敬遠です。
そこにいくと海鮮が入らない博多モツ煮込みや山形芋煮の鍋物は好きだし、中でも大好物は秋田県大館「きりたんぽ鍋」になります。
大館は人口8万人、黒いダイヤといわれる黒鉱採掘で賑わった地域で、今は都市鉱山のリサイクル現場として注目されています。
そんなことから今回は勝手に、本場大館の比内地鶏で出汁を取った秋田郷土料理「きりたんぽ」のご紹介です。
きりたんぽ鍋01.jpg
  きりたんぽ鍋の基本的な具材は6種、たんぽ、鶏肉(あなたの街の地鶏モモ肉で十分)、風味のささがきゴボウ、キノコの王様舞茸、甘いねぎ、野の香りのセリ・・・そして小生はしらたきも加えています。味の決め手は何といっても出し汁、比内地鶏のガラをじっくり煮込んだスープになりますが、この出し汁が無いときりたんぽ鍋になりませんから、残念ながら市販品を購入するしか手がありません。
「きりたんぽ」とは、秋田杉の棒に半殺しのご飯を巻き付け炭火焼きしたのが「たんぽ」、そのたんぽを切って鍋に入れるので「切りたんぽ」になります。たんぽとは本来、稽古用の槍先に付ける綿を丸めて包んだ物になり、それに似ているところからの命名です。
マタギ(狩人の群)の料理とされ、山から帰ったとき残した弁当飯を潰して棒に撒き付け焼いて、獲物の山鳥や山菜・キノコと共に味噌味で煮て食べた・・・とされます。が、マタギはこんな贅沢は出来なかったなどの諸説があって起源は不明のようです。
きりたんぽ鍋11.jpg きりたんぽ鍋12.jpg きりたんぽ鍋12-1.jpg
我家の5~6人用の大振り鍋、老夫婦二人分だけの「きりたんぽ鍋」では、湯気があっても具材が泳ぎ寂しい光景です。
  比内鶏は鳴く声が良く、別名「声よし」鶏とも呼ばれています。ずぅ~と昔の縄文時代以前から、秋田県北東部の比内地方に存在していた日本固有の種だそうで、昭和17年に天然記念物に指定されていますから食べるわけには行きません。
そこで比内地鶏は他の品種と掛け合わせた一代限りの雑種として開発され、美味しいので薩摩軍鶏、名古屋コーチンと共に三大地鶏といわれます。だから美味さ故の産地や品種偽装が起こり易い土壌があります。肉味は当てにならない小生の食感では、濃厚な脂の旨みを持っていて、でもこってりの鴨より薄く、一般の地鶏よりも濃く、いってみれば濃くも無く薄くも無い中間的な旨さの印象です。
きりたんぽ鍋20.jpg きりたんぽ鍋21.jpg きりたんぽ鍋22.jpg
炭火で焼いた新米の「たんぽ」は香ばしく、鍋に誘われてご当地自慢の地酒がつい進んでしまいます。
  公・私用で本場を訪ね何回食べたことか、囲炉裏を切った座敷に座り、酒を酌み交わしながら鍋を突付いたのが思い出されます。
突き出し一品料理は「とんぶり」、長芋、なめこ、食用菊などと一緒に供されます。このとんぶりとは秋田特産のほうき草の実になり、実の形が似ていることから「陸のキャビヤ」とも呼ばれ、栄養も豊かで糖尿病にも効き秋田ならではの食の雰囲気が味わえます。
良く通った店はホテルも近い蕎麦屋さんだったので、仕上げはいつも残り汁に本場の蕎麦を煮込んで・・・満腹です。
忠犬ハチ公01 JR渋谷駅の忠犬ハチ公像.jpg 忠犬ハチ公02 JR大館駅前の忠犬ハチ公像.jpg 忠犬ハチ公03 晩年のハチ公.jpg 忠犬ハチ公04.jpg
左から待合わせ場所で大賑いのJR渋谷駅銅像、JR大館駅銅像、そして晩年のハチ公と人々に愛されるハチ公です。
第二次大戦の金属供出は渋谷ハチ公銅像も例外では無く、敗戦前日に溶解され機関車部品となって東海道を走ります。
  大館にはもう一つ忘れてはならない大切な逸話があります。JR渋谷駅で待ち合わせをした事のあるあなたならお気付きのように、「忠犬ハチ公」は大館出身で牡の秋田犬になります。あの大雑踏の中で、今も愛され続けるエピソードの持ち主になります。
忠犬振りの詳しい内容については、ここをクリックしていただければ専用サイトで知ることが出来、聞くも涙、語るも涙の物語です。
この逸話は世界に発信され人々の心を熱くしますが、その後、仲代達矢・八千草薫による「ハチ公物語」として映画化、また、一昨年は舞台を架空の米東海岸に場所を変え、リチャード・ギァ主演のハリウッド映画「HACHI約束の犬」としてリメークされています。
ペットブームの昨今、可愛がり過ぎで栄養過多のメタボ、虐待、飼育放棄など社会問題が起きています。ペットは玩具では無く家族の一員ですからペット権? を認め、我が子を慈しむような気持ちで飼育すれば、必ずやハチ公のような意思に通じるものと思います。
次回は空海生誕の地として知られる、四国香川県の善通寺と+讃岐うどんを予定しています






最終更新日  2010.01.23 06:51:29
コメント(0) | コメントを書く


2009.01.24
テーマ:愛しき人へ(865)
 寒い寒い季節、しかも大寒ともなれば温かい食べ物で身体を熱くしたいもので、そのな時に思い描くのは『おでん』、あれって結構出汁で煮しまっていると酒も進むし身体も熱くなりますよね。
そんなことから今回は仙台で創業60年『おでん三吉』のご案内、小生40年も付合っています。
お店玄関前で 亭主の店切り盛りと修行中の三代目 店内カウンター席のお客様
  仙台ケヤキ並木で知られるあの定禅寺通りから、稲荷小路に一寸だけ入った所にあります。戦後間もない時の秋田出身者の創業、いまでは二代目が店の切り盛りをしながら三代目が修業している状況です。小生、いつもは15席程度の1階カウンターに席を確保しますが、3階までの座敷席を含め150名は収容出来る大きな店になります。初代がそうだつたように二代目も鉢巻姿でカウンター席前で陣頭指揮、もうお神酒が入っているのか? 赤ら顔で言葉も流暢です。
熱々おでんが煮えてます 熱々おでんが煮えてます
  29種もの豊富な具、コトコト熱く煮込まれています。青森県陸奥湾のイワシ焼き下しと昆布だけの出汁だそうで薄味、これがどのような細工なのかすり身や薩摩揚げなどと一緒に豆腐やがんもなどと煮込んでも、味・臭いが移っていないから大歓迎です。東京新橋や鹿児島の店で味・臭いが移った具に閉口した経験が、注意していると注文が多いために具が次々と捌け、出汁も大量に補充しているのがポイント、閉店時に具や出汁を容器から出して後片付けもしていました。
熱々おでん(豆腐、シューマイ、薩摩揚げ) 熱々おでん(ふくろ、さんまのすり身) 熱々おでん(串だんご、がんも、はんぺん)
熱々おでん(ニラ玉、シュウマイ) 熱々おでん(いい蛸、はんぺん、串だんご) 熱々おでん(豆腐、卵、がんも)
  120円のもやし、ちくわ、たまご、はんぺん、さといも・・・、170円の大根、豆腐、がんも、こんにゃく・・・、220円のごぼう巻、串だんご、薩摩揚げ、シュウマイ・・・、270円のすり身、にら玉、イカ、ほたて貝・・・、330円のキャベツ巻、ふくろ、ほっき貝など、2~3種類の注文毎に器に取り寄せてくれ、リーズナブルな価格です。店の名物は、威勢良くはんぺんに乗る鉢巻姿のいい蛸。
当然、刺身、焼き・揚げ物、酢の物もあり、冬場は秋田名物『きりたんぽ鍋』も準備されます。
楽しいお食事で会話が弾みます 楽しいお食事で会話が弾みます
  お酒が入りお腹が満たされてくると、皆さん等しく楽しく愉快になって店は賑やかになります。
亭主大ひいきのご当地プロ野球球団『楽天イーグルス』、プロサッカーJ2『ベガルタ仙台』、来シーズンは楽天の優勝か? 昨年J1昇格を逃したベガルタ仙台の活躍で昇格達成か? そんな話題で酒席の会話は弾み、小生の出身地だけについつい身びいき応援になってしまいます。
でも一寸だけ苦情・・・秋田出身なのだから美味しいお酒を揃え飲ませて欲しいものだなや。
余話でベガルタとは、天の川を挟むベガとアルタイル星座の合成語、仙台七夕にちなみます。
昨年7月に移転し新規オープンになった仙台天文台、その大プラネタリウムで教わりました。
名物 はんぺんに乗る鉢巻姿のいい蛸 三吉の亭主イラスト格安明朗会計
  たっぷり食べて飲んでも、二人で片手一寸ポッキリの明朗会計。以前は、ANAカード提示で
10%引きだったこともあり、懐に優しく身体はホッカホカです。一昨年末に訪問した時、二代目亭主の似顔絵入り手ぬぐいをいただき重宝、やっぱり足を伸ばすのは寒い季節になってからです。
次回は全国区のお祭りになった、札幌大通り公園の『雪祭り』を予定しています






最終更新日  2009.01.24 07:03:41
コメント(0) | コメントを書く
2008.09.20
テーマ:愛しき人へ(865)
  今日は旅を休んで自宅で一服・・・休養、そんな目論みの時だから誕生祝いを予定しました。
食べ物の好き嫌いが多く、しかも身勝手な味に五月蝿いために? 外食をあまり好まない小生、それに配慮して手作り家庭料理が盛沢山の誕生祝いになりました。20年来使用の10人はたっぷりと座れる大型テーブルで、今回も食欲の秋らしいお祝いの膳になりました。
乾杯   盛沢山な前菜 盛沢山な前菜
盛沢山な前菜 盛沢山な前菜 盛沢山な前菜
  まずはお祝い事ですから、シャンパン or ワインで乾杯です。
トマト+ツナ+バジル、生ハム+茹玉子+しそ、ブルーベリー+カッテージチーズ+パインのカナッペは場を盛り上げ、下拵えをして顔を見てから火を入れるから料理はいつも美味しく頂けます。
当然ながらお祝い事になりますから、息子嫁達も総出演の料理競演の振る舞いになります。
盛沢山な前菜 盛沢山な前菜 盛沢山な前菜
  素材からの料理が基本、休む暇無く手間を掛けて作っても、誰も美味しいと云ってくれない・・・男は座っているだけで料理が出てくると思ったら大間違い・・・と苦情と不満が洩れて来ますが?
ですが、各地で求めたお気に入り器に彩り良く、自己流アレンジの創作料理が並びます。
後片付けと器洗いは小生の役目・・・だがと、お祝いに争いは禁物と言葉を飲み込み食します。
鉢植(プレゼントのレモンライム) 食事 お祝いの赤飯 プレゼント(中身は内緒)
  料理に舌鼓を打ちながらビール・芋焼酎を飲んでいると、楽しい時間は知らず更けて行きます。
お祝い事ですから仕上げは、当然、お赤飯が振舞われます。プレゼントだって待っています。
デザート 差し出す手は孫のもの お祝いケーキ 食後のカプチーノ
  上等なケーキ? に歳の数だけローソクを灯し・・・吹き消して、これからの一年間の幸福と成長を願い祝福セレモニーです。デザートを食べると満腹・大満足、こんな風にして人は繋がり楽しみ齢を重ねて、穏やかに生きて行くものですね。まずは家族に感謝をしながら大事にして、健康と若さを保つ生活を続けたいですね。忙中閑有の楽しい一日になりました。
次回は北アルプス富山県の立山室堂平と黒部ダムを、二回に亘って予定しています






最終更新日  2008.09.20 07:07:51
コメント(1) | コメントを書く
2007.05.18
  今日は風薫る5月18日、大安であり、国際善意デー、日本中どこでも快晴です・・・!
Cheers・・・喝采、歓喜、歓呼・・・人生の歓びや記念日というものは、いつでも、どこでも、幾つになっても、嬉しくてウキウキワクワクするものです。
ペラルゴニューム 乾杯 シクラメン
  縁あってこの世に命が萌え燃焼し尽くすまでの長~い人生折々の歓び、そして年間を通じ節目節目毎の想い出や記念日のお祝いごと、愉しいことばかりが目白押しに続きます。
そんなこんなでお祝いごとに相応しいお店、レストラン?居酒屋?バー?甘味処?なのかハッキリしませんが雰囲気満点のお店、しかも庶民的で気さくで肩の凝らないお店、福岡大名にある月厨『銀の桃』で皆さんと今日は乾杯です。
玄関口 中庭 中庭
  『銀の桃』は、福岡天神駅から徒歩5分ほどのところにあります。
築90年の民家をリメークしたとのことで、亡き父が存命ならば同じ年齢の大正建築物、戦災に遭っていなかったのですね。初めて入ったときの印象は町医者の建物と?、玄関を入るとすぐ受付と広い診療室、中庭を挟んだ奥には二階建ての住居という感じ、トイレも古風で気に入りました。
中庭にもみじや松が植えられ、小川のせせらぎが心地よく、和の空間を醸し見せてくれます。
既存住宅の持ち味や風会いを活かした改修から、第17回都市景観賞を受賞したそうです。
このような賞をいただいた歴史あるところですから、乾杯には持って来いのお店になります。
1F入り口レストラン 奥1Fレストラン 奥2Fカウンター席
  人気店を嗅ぎ分ける秘訣は、一寸覗いて熟年女性?が多く集まっているかどうかがポイント。
味、価格、雰囲気に敏感でシュビアな熟年女性ならではの業、バロメータになっています。
玄関入口の1Fホール席は若いペア向き、深夜にはBarに早変わりです。奥の1Fテーブル席はファミリー向きかランチ向き、その2Fは中庭を眺めながらの熟年二人連れ向きカウンター席と、
仕事仲間・友達同士向き座りテーブル席。周囲に邪魔されたくない向きには個室もあります。
それぞれ場所により持ち味があり、私は上述の思い込みからTPOに合わせ利用しています。
また、突然だと席が確保できませんから、ランチでもディナーでも予約が賢明かと思います。
料理1 カリッと焼いた緑黄野菜 牛カルビーのねぎ油しゃぶ 料理2
  この店のメニューは、ランチでもディナーでも一寸変わった創作趣向で提供してくれ、だから最初の内は店員に内容を確認、運ばれて来るまで興味深々で待ったものです。
どの料理をオーダしても期待を裏切ることはなく、乾杯用お酒も豊富な品揃えで応えてくれます。
シーザーサラダ、ざる豆腐、チキン南蛮、豚の生姜焼き、牛の一振り塩焼き、どれも一品です。
私が使用する焼酎湯割用の器、この店と同じ色合い、形、大きさの陶器製品を求め愛用中です。
大正ロマン 大正ロマン 大正ロマン 大正ロマン
  ある訪問のときには、中庭で大正時代の9~10曲を男女三人で歌ってくれました。
建物に相応しい趣向の大正ロマン、カチューシャの歌や宵待ち草、一杯のコーヒーからなどで、本格的な演出に座が盛り上がりました。思いがけない出来事は、嬉しいばかりです。
プレゼント・子犬のヘアーピン お祝いデザートケーキ プレゼント・マグカップ
  この店では二回もお祝ごとを経験。もらって嬉しいプレゼント、相手の心が伝わって来ます。
デザートタイムに、持ち込みケーキを嫌な顔せず皿盛付けしてくれたのには、心憎い博多商人道が生きていて感心。これがリピート客が多い秘訣なのかも・・・・乾杯のネタになります。
ピアノ演奏会 キヤナルシティ 中洲 福岡大丸四川飯店
  博多といえば豚骨の長浜ラーメン。ですが、私は福岡大丸地下の四川飯店の坦々麺がひいきです。全国いたる所で食べてみましたが、ここの坦々麺を上回る店はありません。
天神喫茶でのピアノ演奏会、演目はモーツァルト幻想曲ニ短調k397、短調で一寸寂しげで難しい曲ですが、乾杯に花を添えてくれます。
どんたくや祇園山笠、博多座、大濠公園や城址、屋台、キャナルシティ、繁華街中州などは全国区、昼も夜も、昔も今も、いつも福岡・博多は楽しめる処、気に入ってます。今日に乾杯・乾杯!
次回は高知の四万十川を予定しています






最終更新日  2007.05.18 06:19:42
コメント(2) | コメントを書く
2007.03.24
 餃子、美味しいですね。ニンニク臭があっても、皆様はきっと好きな一品だと思います。
ですが私が何時頃から食べ始めたのか思い出せません。焼きソバやお好み焼き、ラーメン、うどん、蕎麦、カレーライス等など、庶民定番の食べ物は記憶にあるのですが、この餃子だけは思い出せないのです。それはきっと、戦後中国から伝わって来た食べ物と無縁ではなさそうです?
本場中国(華北)では旧暦の大晦日(除夕)や正月(春節)、日本で言う年越しそばやおせち料理として、家族揃って食べるおめでたい料理です。また、土地により一般的家庭料理になっているため、皮が厚い水餃子が中心になるようです。餃子の発音は子を授かる交子と同じだそうで、交には続くとか末永いとかの意味があり、縁起がいい食べ物にもなっています。
肉の臭み取りのニンニクは、入れないのが一般的だそうです。
宇都宮みんみん本店 開店遅しと覗き見る客 開店直後の店内風景
 写真は餃子の本場宇都宮、『宇都宮みんみん(旧餃子専門店みんみん)』本店前です。
綺麗・広いとは決して言えない店構え、でもいつも長蛇の列で、この日も平日だと言うのに開店午前11:30前には、満席になる30名程が開店遅しと待っていました。
創業者が戦後中国から引揚げて来ての開業、当初は馴染みの無い食べ物から満州引揚者達で賑わったそうです。北京の家庭人から教わった料理で、立派に日本で開花させたわけです。
宇都宮(満州経由)には餃子店が約200店もあり、本場と言われる所以ですが、市内に店舗が点在しているため、お客の不満の種になっているようです。
また、隠れ餃子の街静岡(朝鮮経由)とは、熾烈に消費量日本一の覇権競をしています。
開店直後に満席 開店直後に満席 開店直後の店内風景
 餃子には肉餃子と野菜餃子があり、それぞれに焼き、水、揚げ、スープのバリエーションがあります。日本は焼き餃子中心で焼いたとき、肉(豚)が多いとパサつき感、野菜(白菜)が多いと水っぽい感じになり、パリッとした焼き上げには肉3:野菜7の比率が美味しいといわれています。
香味野菜のニンニクや生姜、ニラをお好みで量と比率を加減すると、一段と味は引き立ちます。
餃子は美味しい1 餃子は美味しい2 餃子は美味しい3
 宇都宮みんみんの人気は、何と言っても美味い安いが命です。メニューは一皿220円の焼き、水、揚げ餃子とライスだけ。どんなに贅沢に食べても、命を持っていかれる心配は無用です。
焼くコツは、玉子焼きを作る程度に油を引き(サラダ油はさっぱり味、ゴマ油ならコクの味)、フライパンに並べ、お湯を差し、強火にして、焼きむら防止にフライパンを回しながら焼きます。
お好みで醤油、酢、ラー油を合わせて食べて下さい。(中国はラー油は使いません)
長崎思案橋付近、お好み風に自前で鉄板上で焼き食べた一口餃子、これも忘れられません。
今日の我家の夕食は久し振りに手作り餃子、数日分を作るのでたっぷり食べられそうですが、いつも言葉ほど上手に出来ないのが悩みです。
次回は岩国を予定しています






最終更新日  2007.03.24 07:02:46
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.09
 讃岐といえば金毘羅さんと共に、うどんの雄と評される讃岐うどんがつとに有名です。
真直ぐ太麺でツルツルとした口触り、シコシコの腰の強さ、噛んで食べるのが特徴のうどんです。
では何でこんなに美味しいうどんが讃岐なのか、それにはちゃんとした訳がありました。
香川には讃岐三白(さぬきさんぱく)といわれた特産品がありました。塩や砂糖(和三盆)そして綿ですが、何故かうどん原料の讃岐小麦粉?が入っていません。
が、塩は勿論のこと四白目?になる瀬戸内産小麦粉や沿岸からのイリコ、小豆島の醤油等など、うどんの材料が身近から調達し易かったことがあります。
背景に弘法大師がうどんの原形を中国(唐)から持ち帰ったこともあるようです。
そんなことから香川は佐賀に次いで小さな県ですが、うどん生産量は日本一になっています。
山田家の庭園 山田家の店内風景一部 山田家のおでん 山田家室内から見る庭園
 讃岐に出向いた折、牟礼町(現高松市)の第85番札所五剣山八栗寺の麓にある山田家をよく利用します。私のブログお薦め逸品の欄でご紹介している一般店ですが、歴史や雰囲気、客の遇し方、味、メニューの豊富さ等などでお気に入りです。
うどんには製法や断面寸法(丸麺なら直径1.7mm以上)などJAS規格で定められ、生地を延ばして切ることが基本的で、素麺や冷麦製法と区別しています。
 讃岐うどんにも定義があり、香川県内で製造、手打ち・手打ち式(風)、加水量は小麦粉重量の40%以上、食塩3%以上、熟成時間2h以上、茹でる時間は約15分で十分アルファー化されていることなどで、伝統が守られこそ美味しく食べることが出来ます。最近では讃岐風うどんチェーン店が全国に広がっているますが、味の品格だけは落とさないで欲しいものです。
すうどん あげうどん かまたまうどん
ぶっかけうどん 生醤油うどん おでん
 うどんはヘルシーで、胃にも身体にも優しい食べ物です。だからでしょうか讃岐の人達は、安くて美味しいうどん(かけうどん150円前後)は別腹、おやつ代わりの県民食になっています。
県内には約800店もうどん店があるといわれ、、その数だけ個性がありJR四国ではうどんツァーまで企画、だから県内が『うどんのテーマパーク』といわれる所以になっています。
 讃岐うどんの食べ方の基本はかけ、麺自体の美味しさが確認出来ます。それ以外ではざる、釜揚げ、湯だめ、ぶっかけ、生醤油、釜玉、しっぽく、うち込み等などで喜ばせてくれます。
おでんや稲荷・ちらし寿司、おにぎりなども併売していますから不思議な世界です。
熱熱(あつあつ)・熱冷・冷熱・冷冷の注文や、大は3玉、中2玉、小1玉も覚えておきましょう。
山越うどんの看板 山越うどんの昼食時行列 山越うどん調理場1 山越うどん調理場2
 ここは讃岐うどんでもベスト3に入る製麺所併設セルフ店の山越、釜玉(かまたま、茹で上げ麺に卵をからませる)の発祥地です。昼時はご覧のように長蛇の列になります。
讃岐うどん店の経営形態には次の3通り、お好み次第で店を選ぶことが出来ます。
1.セルフ店・・・昼食時の廉価と手軽さと、お客が何らかの自足作業が求められるのが店の特徴
  です。自足作業とは自前で運び返却は勿論のこと、うどん玉を鉄砲ざるで湯通しや、
  具や薬味を棚から好きなものを取り出し、蛇口付タンクからダシ汁をかけるなどがあります。
  店によってはネギを刻んだり大根を下ろしたりの、労働奉仕が要求されます。
2.製麺所併設セルフ店・・・製麺所がセルフサービスの店を併設したタイプで、打ち立ての麺が
  食べられるため、トップクラスの評価を得ている店が多いといわれています。
3.一般店・・・レストラン方式と同じ形態で多彩にうどんが供され、薬味の加減なども可能です。

 具材にはエビ・ちくわ・イカゲソ・たこの天麩羅・かき揚げ・揚げ餅・じゃこ天・コロッケ・生卵・甘辛く煮た油揚げや牛肉など種類も豊富、薬味には青ネギ・生姜・胡麻・七味唐辛子・カツオ節などが準備されています。
山越うどんの野外食事風景1 山越うどんの野外食事風景2 山越うどんの野外食事風景3
 うどんの製造工程はいたって簡単、手打ちを家族や来客のために腕を振るい提供するのも一興で、讃岐うどんは請合いです。蕎麦のようにつなぎで失敗すること無く、中力粉(薄力と強力粉の混合)を微温湯と粗塩を混ぜてこね、寝かしてはこね、延ばし広げて切って、茹でて食べるだけですから。ゆず胡椒を薬味にすれば、一段と味は引き締まり注目度一番、是非、お試し下さい。
ですから今日はこれから讃岐へ出発、美味しいうどん店廻りでたらふく食べて来る心算です。
次回は長崎のランタンフェスティバルを予定しています






最終更新日  2007.02.09 06:58:27
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.