087785 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

NO DAY BUT TODAY

全185件 (185件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

2019.12.01
XML
テーマ:ゴスペル(3240)
カテゴリ:イベント


こんにちは!ふみです♪
この年になって、まめに大学に通うとは想像もしていませんでしたが、今秋、仕事を何とかやりくりしながら、青山学院大学に足を運んでおりました。

その理由は・・・ぽっ

NOBU先生のゴスペルワークショップに参加し、先日本番だったのです手書きハート
かれこれ10年以上ゴスペルを歌っておりますが・・・私はノンクリスチャン。
NOBU先生はNHKラジオでも「​ゴスペルソングの歴史​」という講座を担当されていらっしゃり、歴史から歌に込められた神様への想いまで、私たちに丁寧に熱くどきどきハート関西弁で熱く炎
教えてくださいました。

神様っている・・・かもしれないぽっ・・・いたらええなあ~。そんな気持ちで歌っていては、本来のゴスペルから離れてしまう。神様は確実にいて、いつでも私たちと共に在る。どこかに行ったり、何かに向かってあがめる必要はなく、ただ自分の心で祈ればいい。

1つ1つの歌詞を掘り下げて、時には聖書の一説を引用しながら、歌詞に込められた意味を聞いていると、毎回、仕事であった嫌なことはどうでもよくなって、心から歌えました。
NOBU先生のお話の前と後では、クワイヤの歌がググっと変わるのです。寄せ集めのクワイヤが1つになる瞬間にゾクゾクしました。

そんな熱い指導が垣間見れるのこちらの動画↓
「魂の歌に触れよ!(AGCゴスペル・ゴスペルチャリティコンサート)

毎回、本番前は仕事やら体調不良やらこれでもかーっ荒波て波が来て大変なのですが、今回は咳喘息になってしまい、歌いたいけれど歌えない、歌ってみるけれど声が割れる…が直前まで続き、どうしようか号泣と思っていましたが、かよちゃんの「ふみちゃん、声で歌わないで、心で歌ってね手書きハート」という言葉で、はっとしましたびっくり・・・まさにNOBU先生のおっしゃっていることもこういうことだなあって。

そして迎えたチャリティコンサート当日は黄色いイチョウが青空に映える晴天(晴れ女大笑い)。
立派で本格的なチャペルで歌うのは初めての経験。
当日は薬も効いて、本当に楽しく、まさに心から歌えました。

私たちは神と共に在る。どんな時も。どこにいても。

そう思っていたら、孤独ではないし、困難も乗り越えていける。

お着物で駆けつけてくれたティッピちゃん、ステージからでもよく見えた。
250名という大所帯のクワイアで私のこと見えたかな?って思っていたら

「ふみちゃん、めっちゃ笑顔だったね!」って。

うん、本当に素晴らしい時間だったものハート
人生はギフトに彩られている。感謝。







Last updated  2019.12.01 23:39:46
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​かよデススマイル

2019年11月23日(土)
かよ&Ziフレンズでライブデビュー。
いつもセッションでお世話になっている西荻窪Zizi Annabelleのなほこママに
「かよちゃん!ライブやろ。ソロで。バンドで!」ってお話もらったところから
ゴゴゴゴーーっとコトが動きだした。

去年のLive Prismが終わったくらいから、
来年はソロでなんかやりたいなーと漠然とは思っていたのだけど。
ここに来てぐぐぐーんと、ソロ活を後押しされる流れがやってきて
10月13日はピアニストの長谷川直美さん(はせぴぃ)と2人で
Zizi Annabelleの20ミニッツライブに出演しウィンク
次にはバンドだ、と!?

【受け身な割に、図々しい】

というのは、NDBTの特長なんですけどクールそれは、私も同じ。

最初、私でいいんですか・・・?

からの、やがて、あ!じゃあコレやりますか!!!こうしますか!?

で、ちゃっかりフライヤも作った大笑い



バンドのZiフレンズは、Zizi Annabelleつながりで、出会ったメンバー。
みんな忙しいのに、、よくぞ集ってくれました。
あんまりちゃんとメンバー紹介できなかったから、、というわけではないけど
改めましてここでご紹介。

ギター:げんき ほんとに元気な好青年で、、えぇ子~目 選曲から一緒に好きな曲出し合って楽しかったな。げんき君の音楽好き!バンドやりたい!エネルギーが、だいぶこの企画の推進力になったと思う。愉快な友達たちがたくさんライブ見に来てくれて、盛り上げてくれた。ありがとう~!

Key:川上美菜子(ミミさん) やさしくバンドをまとめてくれるミミさん。譜面のこととか私の手が回らんところをフォローしてくれてありがとうです。いつもピアノなのに、今回はエレピブリブリでかっこよかったーグッドグッドグッド


ベース:佐藤礼朋 さとさんは普段はダイジョブOKイキフンで~みたいなノリなんだけど、さすがバンマス。結局本番はびしっと仕切ってくれて、、安心感ハンパなかった。さとさんが、せっかくだからバンドっぽい曲やろうぜ!!ってハードル上げてくれたから、がんばれた泣き笑い

ドラム:工藤健介 工藤さん、ほんと、、神だった。まず引き受けてくれたのもだし、演奏の対応力もすごいし。なにせチョーーーー歌いやすかった目がハート何がって言われると、うまく表現できないんですけど。
工藤さんは​村上成作所​ というめっちゃカッコイイファンクバンドのドラマーさんなんす。こちらのライブ必見。


そんなこんなのすてきな!!メンバーで、はあぁ、ほんとに私ってば果報者。
みなさん、ほんとうにありがとう。


カンパーイウィンク



私の歌については、これはもう誰かに何かを言われるとかじゃなく、自分の中でいろんな葛藤があり。
練習もたくさんしたんだけど、その中でお!出来るようになった!と思ったこともあれば、
あらたに課題が見つかるし、これは越えられない壁か、、と思っても数日後に越えられたり、
もう毎日ほんとに面白かったの。


NDBTで歌うときとは、また違う種類の筋肉とパワーを鍛えられる感じがあったな。
まだまだまだまだだなーーー。でも伸びしろあるな(自分で言うの、それ)
先月のはせぴぃとの20ミニッツ、昨日の東京オトナShowと2カ月連続のソロ活やってよかった。うん。 次はNDBTに戻って歌うぞ。







どんなに忙しくても結局駆けつけてくれちゃうNDBTメンバー。顔がほっとしてる。ありがとね。


~セットリスト~
1)Talkin' Loud
2)What'cha gonna do for me
3)Don't you worry bout a thing
4)Listen
5)情熱
6)Chain of fools






​​​​​​​​
​​​​​​​​​​​​






Last updated  2019.11.29 01:25:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.30
カテゴリ:ライブ

アケです♪

7月27日は、西荻窪Zizi Annabelleの「東京オトナSHOW」に出演しました!

台風が来る?!と天気を心配しながらも、Ziziの中は音楽を愛する仲間で盛り上がりましたウィンク

 

前回は昨年12月22日に出演させていただき、トナカイ角のカチューシャやサンタ帽を付け、クリスマスソングをアカペラで歌ったな~と思い出し、ワクワクダブルハート

今回もアカペラで歌わせていただきました!

 

「東京オトナSHOW」はバンドの合間に回文が入るんです。その回文がすごい!!

時事ネタから大人の♡ネタまで幅広いし面白いグッド

 
佐藤さん、赤川さんの絶妙な掛け合いが最高でした。

毎月お客さんからお題を出してもらい、回文をその場で作ってしまうから驚きびっくり

 

続いて 井形大作さん。前回もご一緒させていただきました。

優しい音で聴いていて気持ちよくて、心に沁みましたきらきら

 





えくれ庵さん。ドラムのふみさんのかわいさに♡♡

でも、演奏が始まると、3人のエネルギッシュな歌と演奏に思わず体が動きだす音符

サイコー!!

 

Breezeさん。女性3人のボーカルグループで、オリジナルの曲を聞かせてくれました。

私たちも作詞・作曲しちゃう?!なんて話も出ましたが、楽器ができない&コードもよくわからな私たちにはハードルが高いわ。

ピアノでサポートの♪ドレミカンヌ♪さんの演奏、ステキでした!

 




いよいよ私たち
NO DAY BUT TODAY

【今回のセットリスト】

1)Man in the mirror

2)A Nightingale Sang in Berkeley Square

3)ROAR

4)The Way You Look Tonight

5)ROSE

6)CAN’T STOP THE FEELING!

2曲目の「A Nightingale Sang in Berkeley Square」は、12月のオトナSHOWの時に「マンハッタン・トランスファー歌ってみたら?」と勧められ、挑戦!

今回チャレンジしましたが、心地よいハーモニーをお届けできたでしょうか!



 

最近アカペラでライブに出ることが増えた私たちですが、リズムやピッチ、呼吸を合わせ、4人が曲の世界観を寄せ合っていくこと、オケに頼らないで歌うことetc..毎回学ぶことがあって、難しさの中にも楽しさを感じています

 

最後は「村上成作所」さん。パワフルな演奏と歌。
水代わりにビールビール
飲んでもあんなに声が出て歌えて面白くて。最高ですウィンク

 

ライブ後の時間。

ドレミカンヌさんと村上成作所のキーボードのリカコちゃんが連弾セッション!

かっこよすぎるきらきらきらきら

 

出演者みんなでウィンク


 

日々の進みは小さいけれど、歌が好きっていう気持ちで歩みを続けてきた私たち。

「東京オトナSHOW」で歌えたことに喜びを感じ、また歌いたい!!思いを強くした夜でした。

 

そんな私たち。また来週から地道に練習を開始しますマイク

まだ夏ですが、クリスマスソングの練習にも取り掛かる予定!

またライブで会いましょう音符









Last updated  2019.07.30 00:47:56
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.14
カテゴリ:ライブ

【アルカフェスタ☆アルカペラ★Summer Vacation】



お陰さまで無事に終了致しました!

こんばんは!ティッピです!

御来場の皆様、店主のだんさん、そして出演者の皆様
温かいご声援と拍手、そして沢山の笑顔!本当にありがとうございました☆

活動年数に比べるとライブ本数が本当に少ない私達ですが、
少しずつライブというものに慣れて?きたよね?
ハラハラドキドキの緊張しかなかった時代から
ワクワクしながらも落ち着いて当日を迎え、ステージに立つ。
これも日々の練習と、経験と言う薄皮が積み重なった証でしょうか。


今年初のライブと言う事で、衣装も揃えましたよ!
今回のテーマは夏らしく、
「トリコロール」で!


毎回テーマに沿った素敵なネイルのふみちゃん
今回も感動のデザイン❤





トップバッターは
「Chameleon Soup」さん
結成間もないとのことで、この日がはじめてのライブと言う事でしたが
なんとクオリティーの高いハーモニー❤
Skipped Beat最高でした!



続きまして
「じゅま」さん
店主だんさんの低音ボイスから広がる大人のハーモニー
途中お客様入店対応もはいり、だんさんが対応する間の
絶妙なMCつなぎ!!
勉強になりました!
(なんせ私達みんなで一斉に水を飲みフロアーがしーーーーーーーんと静まり返る場面が)





そしてトリで
登場するは
「NO DAY BUT TODAY」

【セットリスト】

1)A Nightingale Sang In Berkeley Square
2)Can't Stop The Feeling
3)The Way You Look Tonight
4)Roar
5)Rose
6)Man In The Mirror


4曲目で歌った
Katy Perry/Roar
と言う曲。
ケイティがジャングルで吠えている場面が
印象的なMVです。

この曲は、今まで自分の人生を人任せに生きてきた女性が
人生と言うジャングルを彷徨ううちに
自分も虎と戦えるんだ!
私は初めから戦う術を持っていた!
と言う事に気づき
このジャングルで私がチャンピオンよ!
この人生で私が主役よ!
と立ちあがり高らかに吠え、勝利を宣言する曲です。



こうして笑顔で歌っている私達ですが、
半世紀近く生きてますと、
色々ありました。泣き笑い
ある時は底なし沼にハマり、ある時は傍若無人な敵に出くわし
水面下はバッタバタ。ほえー
母であり妻であり、社会に出れば皆様々な立場で生きておりますと、
一体誰の何の為に生きているのか、誰の人生なのか時には見失ってしまいそうにも、、

でも、このジャングルで私がチャンピオンなの!私が主役なの!と
そういう意思を持って生きると、

こんな素敵な、(素敵な?)
おもろいメンバーと、
12年も歌い続ける事が出来て、
皆さんの前で歌えるという
素晴らしいひと時を
過ごす事が出来るんだと実感しています。


そして
昨夜はもうひとつ素敵でHappyな出来事がどきどきハート

中学生の息子の
歌いたい曲に合わせて
伴奏とコーラスのセンションが涙




音楽を愛する大人の皆さまと
音楽という大海原に
これまた小さなゴムボートで漕ぎだした
中学生のセッションです!
なっなんて素敵な素晴らしいひと時泣き笑い


悩み多き中学生なので、
自分のやりたい事を受け入れて貰えた事。
即興で伴奏とコーラスで支えてくれる
皆さんの凄い技術と才能に
息子も感極まってウルウル。
アケちゃんも涙。
そこにいたみんながそれぞれ胸を熱くする出来事。
忘れられない素晴らしい夜。

もう一度吠えていい?
これからも沢山しんどい事あると思う。
夕飯を食べながら泣く事もあると思う。
でもあなたはあなたのままで大丈夫。
既にここで生き抜く術を持っているから。
自信を持ってこのジャングルを突き進め!




                             LOVE










Last updated  2019.07.15 19:51:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
超お久しぶりの更新です!

新年を迎え、節分も終わり、気がつけばバレンタインも終わっていた💦
ご無沙汰しております。ティッピです。
今年も相変わらず毎週地味練続けてまっす。
そんな地味な日々の中、
キラキラと輝くひと時が✨

久しぶりに開催された
メイ先生 の愛と笑いの渦に包まれるsister★sisterのレッスンへ行ってきましたー!✨
http://mamagospel.wixsite.com/sister-sister

100分と言う短い時間で、
you raise me upを
上ちゃん真ん中ちゃん下ちゃんと(この言い方懐かしー!)
3声に分かれ
また聞いたことない英語と日本語織り交ぜ
初めてバージョンで
なんと仕上げましたよ!1曲!(メイ先生凄い!)
コーラスが分かれたところから、
綺麗にハモッちゃうもんだから、
(久ぶりなのに)
泣きそうになりながら歌いました😭

いやー本当色々あったよねぇ。(しみじみ)

私、今の自分好きだよ。

そんな風に思えるようになったのも、sister★sisterに巡り会えたからかなって思います。

主催&カメラマンのヨシコさんが素敵な写真を撮ってくださったので、この一枚を💐
(ありがとうございます!)

みんなの笑顔見て見て!最高の笑顔じゃない?
みんな、また会おうね!また歌おう!



                                                                                                        LOVE


                                                                                                     photo:yoshiko takahashi







Last updated  2019.02.18 23:46:03
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.23
テーマ:アカペラ♪(326)
カテゴリ:ライブ
​​​​​

ふみです♪
12月22日は​Zizi Annabelle​@西荻窪の「東京オトナSHOW」で今年最後のLIVEでした。
いつもは夏に帰国するちいちゃんが、今年は年末年始を日本で過ごすということで、LIVEに駆けつけてくれました。
2006年、結成のきっかけになったゴスペルクワイアのクリスマス会用にちいちゃんが持ってきてくれた曲がミュージカル「RENT」の「SEASONS OF LOVE」。
その時、「グループ名も必要だよね!どうしようっかぽっ?」ってなって、私が「RENT」の歌詞から「NO DAY BUT TODAYってどう?みんなの気持ちにぴったりじゃないウィンク」って提案して決まったんだよね。(もうメンバーそのあたりの記憶があやふやみたいだけど、笑)
「RENT」の歌詞からどうしても選びたくて、RENT全曲を読みこんで探した言葉。

NO DAY BUT TODAY

それがこんなにも自分たちを励ましてくれる言葉になるとは、その時思いもしなかった。
当時のmixi(なんと今でもメンバー連絡用に現役で使っています!)を読み返すと、その後の荒波なんて予想もしていない無邪気なやりとりが延々続いています。
mixiのグループ紹介にかよちゃんが書いてくれた文章が秀逸で今でも時々読み返してはニヤニヤしてる。

ちいさなゴムボートで 
音楽という大海に漕ぎ出した女子5人の物語です。 
溺れても笑ってるかも。 
溺れてるって、気づかないかも。 
ちょっと頭おかしいかも。 
でも、そんな人生もいいのかも。

もう”女子”ではなく、東京オトナSHOWにも呼んでいただけるような”オトナ”だけど
右も左もわからずに、育児と家事と仕事を抱えながら、なぜか歌い始めてしまった私達は
地図も持たず、船の操り方も行先もわからず、音楽という大海に漕ぎ出して、何度も溺れそうになりながらも何故か12年歌い続けている。

このこと自体が「奇跡みたいなことなんだ。」って、たまに言っていただけるっことがあって
「はあ、そういうものですか~ぽっ。。。」とあいまいに相槌を打ってきたけれど、
「そうかもしれない。続けてこれたこと、それだけでも十分ギフトなんだ手書きハート」って、最近しみじみ思っています。一人じゃ高波にさらわれて、とうに歌をやめていたかもしれない。
今年だけでもココに書ききれないくらい荒波がいくつもあったけれど、みんながいたから、歌があったから、いろいろな人生の荒波を超えてこれたんだなって思います。



今回はアカペラで5曲歌いました。
最初始めたときは、アカペラなんて思いつきもしなかった。
5年前でも、それだけでLIVEに出るなんて思いもしなかった。
練習しても練習してもなかなかうまくなれないなあって思うことが本当にたくさんあるけれど、
NO DAY BUT TODAY、NO DAY BUT TODAY、NO DAY BUT TODAY
そうやって毎日、生きていると、歌っていると、それでも進歩はしてるのかなって。
少し自信をもって言えるようになってきました。


rblog-20181224092333-00.jpg

「東京オトナSHOW」は、出演者の方のパフォーマンスが素晴らしくて、面白くて、観客としても存分に楽しみましたー!!

「こんな面白い世界を覗けただけでも、歌ってきた甲斐があるねー!」
そんな話をしながら、一夜明けた本日は、待ちに待った忘年会ハート


色々ワケあってお茶からスタートした今年度の忘年会。



夕方、また乾杯から始まってフルコース堪能星
家庭ではできないシゴトがしてあるお料理食べられるとテンション上がるわーぺろり
ワインも進んじゃうねー大笑い
ちいちゃんも含めて5人揃って本当に嬉しかったな手書きハート手書きハート手書きハート


​​​​​今年もNDBT応援してくれたみなさまどうもありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
少し早めですが、良いお年をお迎えください。






Last updated  2018.12.24 10:33:15
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
では2nd行ってみよー! 

アカペラコーナー
The way you look tonight


Can't stop the feeling
…の前に、音とり中に水を飲むティッピ。オイッ!!


Roar 
…の前にメンバートーク。
「最近できるようになったコト」
イイ話(?)が飛び出しました。



ソロコーナー
アケ
friend like me



アケ&フミ デュオ
Take me home coutry road



(ホッとする二人)


ソロコーナー
ふみ
If we hold on together





This is me
Alt speakerスタッフ赤井さん、照明きめ細かく変化をつけてくれているのが、よく分かります!ありがとうございます!もちろん音響も細かく調整していただいて感謝!!



Lean on me
満員のお客様。ありがとうございます!

(この画面にすら入らない壁際から、、そっと見守るのが遠藤フビト。今回もがっつりサポートしていただきました。。いつもいつもありがとうございます!)



アンコール
Sir duke


♪シュビデュビデュバデュバ♪


photo by ​小川愛晃






Last updated  2018.11.09 23:31:30
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
今回の撮影は​ライブカメラマン小川愛晃さん​ 
素敵な写真がいっぱいで、選ぶのが楽し!ありがとうございます。

では写真編 いってみよー!

1st ステージ
ゴスペル wanna be happy?




ティッピ・ふみ・かよ・アケ




うぅれしいな。ステージに立ってるよ!私たち。



Don't you worry bout the thing


piano まめ妓

曲ごとにがらっと雰囲気を変えて、まさにprismなピアノを奏でる
まめ妓さん
見た目ふんわかな感じなのに、打ち上げのトークが壮絶な面白さでもう、、そのギャップ!!!
おなかと顔が捩れて捩れて大変なことになりました大笑い


パーカッション 石川 武

ステージを何度も拝見したことがあるので、素晴らしいパーカッショニストで
すさまじの超絶技巧なことは存じ上げてたのですが、、
いざ同じステージに立ってみますと、そんな言葉では何も表現できなかった。
圧倒的な情熱!パッションが私たちの後ろから、ぐわんとやってくる感じ。


パーカッション 香田享樹

師匠とともに、prismを支えてくれました!!!ありがとうございます。
なっがい譜面を1枚にするテクも持っているの、、びっくりすごい。
最年少ゆえに打ち上げでやたらに食べさせられるという目にあっていましたが
ニコニコと平らげてくれたのもgood job!!






ソロコーナー1番手
ティッピ

We are in love
On my own



2番手
かよ
just the way you are
Ain't no way




Text me merry X'mas





Seasons of love



1stステージ終わり!

2ndステージは明日に続きます♪






Last updated  2018.11.09 06:29:11
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
かよデス

NO DAY BUT TODAY  live “prism” 
11月4日ライブの当日朝に アメリカにいるちいちゃんから
「You deserve it.」

というメッセージが届いた。
(あなたはそれに値するよ)


毎度のことながら、倒れそうになりながら、ライブ当日というゴールに転がりこむ私たち。
当日の朝になってもなお、できることは全部やったのか?もっとできたことがあるんじゃないか??
という思いに押しつぶされそうになるけれど、
You deserve it.​(あなたはそれに値するよ)

という短いメッセージに、救われた。


ライブはメイクして、衣装をまとい、照明を浴びて、素晴らしい演奏とともに
ステージに立つ、その瞬間が本番なのだけど。
でも実は私たちにはここまでのライブに向けた日々こそが本番で、
ライブのステージ自体は、ここまでの日々に対する「ご褒美」というか。ギフトなの。


私たちが今年大切に歌ってきた
「This is me」/ 映画Greatest Showman
の、ちょうど私が歌うソロの部分に
​​
And I know that I deserve your love
​​それに私は愛されるに値する​​
There's nothing I'm not worthy of
私が値しないものなんて何一つないわ

と高らかに叫ぶパートがある。
映画の中で、主人公は大いに傷つけられ、人としての尊厳を失ったところから
生きる道を見つけ、仲間を認め、自分を認め、「This is me(これが私よ)」と歌い上げる。
deserve(値する)

日本語でぴったりのニュアンスで表現するのが難しいのですが、
ちいちゃんのメッセージを受け取って、あぁ…This is meのあの歌詞もdeserveだったなぁ、
とNO DAY BUT TODAYの今と呼応するものを感じて、余計ジーンとした。

​私は今日、このステージに立つに値する。

​たくさんの人に支えられて、仲間に支えられて
結成から12年目のNO DAY BUT TODAY
また素晴らしいギフトを受け取りました!
ありがとう!!







Last updated  2018.11.08 22:04:23
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.06
カテゴリ:ライブ

【2018LIVEお知らせ】


お待たせしました♪
これをしないと1年が終わらない!
今年は違うアプローチで音楽と向き合い、ソロ曲にも挑戦!年を重ね色んなところがガタガタきてるけど(笑)...
まだまだまだまだ!!自分達の可能性を広げたい!

新たなNDBTを皆さん見に来てくださいね☆

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
【2018.11.4(Sun.)LIVE 〜prism〜】
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+


結成からまるっと12年!
じわじわっと進化し続ける女性ボーカルグループ・NO DAY BUT TODAYがピアノ&パーカッションとともに歌います。

ゴスペル、R&B、POPS、JAZZ…

4人のハーモニーに加え、今回はソロ曲も。prism(プリズム)が放つ光はどんな輝きを見せてくれるのかNDBTの歌の世界をお楽しみください。
▼日時
2018年11月4日(日)
▼OPEN / CLOSE
12:30 ~16:00
▼PLAY TIME
13:00 ~15:20
▼CHARGE
2300yen+DRINK(税込)
小学生以下CHARGE FREE
▼場所(アクセス)
ALT_SPEAKER
JR東中野駅東口から、南階段を下りて徒歩4分
東京都中野区東中野1-25-10 大和ビル第1-1F
▼TEL
03-6908-8806
▼ACT
女性ボーカルグループ NO DAY BUT TODAY
2006年ゴスペルサークルで出会ったメンバーで結成。
かよ、アケ、ティッピ、ふみの4人で活動中。















Last updated  2018.10.06 15:55:51
コメント(0) | コメントを書く

全185件 (185件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.