1023600 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ねこねこ日記

全117件 (117件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

海外旅行

2019.11.15
XML
カテゴリ:海外旅行
メルボルン旅行8日目のグランピアンズ国立公園での
宿泊先はホールズギャップにある「Marwood Villas」。

メインストリートから離れたところにあるコテージ式のホテルだ。


カップル限定の離れ式コテージ


中庭にはカンガルー達が夕飯中
カンガルー達は朝もコテージ裏庭に出てきた。


広くて清潔、雰囲気も良い、設備も充実


バスルーム

ジャグジーもあり、スパークリングワインも付いている。
朝食として、シリアルやパン付き。

暖炉もあったが、使ったことが無いので使わなかった。
チェックアウト時は、食洗器で皿を洗い、ゴミを片付けるなどする必要があるが、
日本人的には特に面倒ではない。


晩御飯はホールズギャップの中心部のホテル敷地内にある石焼料理のお店
「Darcy's」で食べた。

熱々の石の上でお肉を焼く。
付け合わせは写真の蒸し野菜とベークドポテトor
サラダとフレンチフライから選べる。
私はサラダの方にしたがそっちの方が良かったと思う。

この翌日は、追加で観光後、メルボルンに移動したが、
なんとメルボルンの夜になって、Marwood Villasに携帯を忘れたのに気付いた!びっくり
私の携帯がガラケーなので、旅行中ほとんど見てなかったから、
気付くのが遅れたのである。

目覚まし時計と時刻チェックするため枕の横に置いて寝て、
起きた時に、ベッドの上で旦那が荷造りをするために即行でカバーをかけたため
忘れているのに気づかず発ってしまったのだ。

オーナーと連絡を取り、日本に送ってもらい帰国後10日位で
無事着いた。
長旅で帰ってきたガラケーなので、ますます愛着が湧きスマホへ買い替えられない!ウィンク






Last updated  2019.11.15 18:01:25


2019.11.14
カテゴリ:海外旅行
メルボルン旅行8日目はグレートオーシャンロードを後にして
グランピアンズ国立公園に向かった。

途中はのどかな牧草地で2時間半くらいで着いた。

グランピアンズ国立公園観光拠点の町ホールズギャップ(Halls Gap)にある
ビジターセンターに行って、地図を買い、マッケンジー滝(Machenzie Falls)に向かった。
駐車場から歩くと、まず展望台があった。

展望台からのナイスビュー

滝はかなり下にありそうで、天気も心配ながら階段を延々と下っていった。
やっとこさ滝に到着。


思った以上に迫力のある立派な滝だった



滝を正面から

周辺の岩も迫力あり、行った甲斐があった。

帰りに階段をまた延々と上がらなくてはならなかったが、意外とOKだった。
駐車場に着くと、雨が降り出した。

夕方のホールズギャップの町には、車で走っていたらカンガルーの集団が普通にぴょんぴょん現れ
草地で晩御飯にいそしんでいた。
糞もそこらじゅうにあるので写真を撮るため草地を歩くのはやばいため見るだけにしといた。






Last updated  2019.11.14 18:13:29
2019.11.13
カテゴリ:海外旅行
グレートオーシャンロード3日目はポートキャンベルから西に向かって
しばらく走ると「bay of Martyrs」というポイントあった。


雄大な海岸線

次に「Bay of islands」の展望台があった。
とても景色が良い!


色んな小島がある


ここも雄大でワイド過ぎてカメラに収まらない


鳥たちの楽園の小島かな


グレートオーシャンロードの見納め

この辺まではツアー客も来ないので穴場スポットだと思う。
超ワイドなので目で見ないと絶景ぶりはわからない。

この後は、内陸に進んでグランピアンズ国立公園を目指した。






Last updated  2019.11.13 01:25:04
2019.11.11
カテゴリ:海外旅行
グレートオーシャンロード2日目(メルボルン旅行8泊目)の宿泊先は
ポートキャンベル(Port Cambell)の中心部にあるモーテル
「Loch Ard Motor Inn」だった。

道を隔てた向かいに地元スーパーもあり便利なロケーションだ。

部屋は広めのタイプにしたから、海は少ししか見えなかった。
2階でエレベーターもなかったが、受付のお兄さんが
着いた時はスーツケース2個を運んでくれた。


電気毛布付きベッドのツインタイプ
清潔でスーツケース2個を広げるのも余裕ある広さ。


シャワールームは扉付きで浴びやすい
洗面台は小さめ

晩御飯は、小さな町を歩いて、限られた開いてる店から適当に入った。
ポートキャンベルホテルの中にあった「Craypot Bistro」だと思う。


魚のグリルとムール貝のワイン蒸し&おすすめビール
美味しかった!






Last updated  2019.11.11 15:57:54
2019.11.09
カテゴリ:海外旅行
シップレックコースト続き。

ポートキャンベルの町を過ぎて、登り道を上がると街を見下ろす展望台があった。

ポートキャンベル湾と街


The Arch


London Bridge
かつては左側にもアーチがあってつながっていたが、崩落してしまったらしい。


The Grotto
階段を下ると..


Grotto正面へ行ける。
時折沖から波がさぶ~んと入ってきていた。






Last updated  2019.11.09 16:23:58
2019.11.08
カテゴリ:海外旅行
ロック・アード・ゴージ周辺には長い遊歩道があって、
天気は降ったりやんだりの不安定であったが、頑張って歩いてみた。


The Wreck


Loch Ard Gorgeを反対側から


The Razorback


Thunder cave
ケーブに波が打ち寄せた時は雷鳴のようだった。


Muttonbird Island

シップレックコーストはまだ続く。






Last updated  2019.11.08 15:49:51
2019.11.05
カテゴリ:海外旅行
グレートオーシャンロードの2日目はシップレック・コースト。
まず、一番の見どころ「十二使徒」(Twelve Apostles)へ行った。

グレートオーシャンロードといえばここ!という代表的なスポットなので
駐車場も広く、ビジターセンターあり遊歩道も整備されている。


十二使徒遠景



波に侵食された奇岩が特徴


反対側

冬なので波が迫力あり荒々しい。
夏なら青い海なんだろうなー。
CMとかにも使われる絶景スポットだ。

次は、ここもグレートオーシャンロードではメジャーな見どころである
「ロック・アード・ゴージ」(Rock Ard Gorge)へ。
ロックアード号という船が難破したことからこの名が付いたとのこと。


波が荒々しい入り江になっている。


階段を下りて下の砂浜へ。
ここも波がサブ~ンとすごい勢いで打ち寄せていて迫力あった。

さらに遊歩道を行くとロックアード号の難破で亡くなった人たちの墓地もあった。
絶景ながら悲しい記憶が刻まれた場所でもある。






Last updated  2019.11.08 15:52:29
2019.10.30
カテゴリ:海外旅行
グレートオーシャンロードの旅1日目の最後はパットン岬からオトウェイ岬へ。


パットン岬(Cape Patton)からの眺め


レンタカーのアウディQ5
ディーゼルで燃費はとっても良かった。乗り心地も良し。
ただし、トランクが思ったより小さく、スーツケース1個しか入らず、
もう一つのスーツケースは後部座席足元に立てて積むしかなかった。
4WDにアップグレードしてくれたためトランク狭かったのか??

オトウェイ岬(Cape Otway)はこの日の宿泊地アポロベイを通り過ぎて
1時間は走っただろうか、結構遠かった。
着くと、雨が強く降っていて、しばらく車中で待機。
小雨になってから、入場料払って公園内に入った。

風がとても強くて、旦那は修理したばかりのお気に入りの傘を早速壊し、
ふてくされていた。

天気は変わりやすく、今度は晴れてきた。

かわいい灯台

灯台に上ると、中でおばさんが皆を集めて説明してくれたが、
英語が難しすぎてあまりわからなかった。

灯台の外に出るとすごい強風。

荒々しい絶景だったが、吹き飛ばされそう!

オトウェイ岬にも野生のコアラがいるらしいが、荒天のため見当たらなかった。

この後は、アポロベイの町に引き返し、お宿「Apollo Bay Waterfront Motor Inn」へ。


ごく普通のモーテルだが清潔
部屋の前に車を停められて荷物を運びやすい。


バスルーム

晩御飯は薄暗~いイタリアンレストランで食べた。
ウェイトレスのお姉さんの愛想も良く、美味しかった。






Last updated  2019.10.30 16:40:06
2019.10.25
カテゴリ:海外旅行
グレートオーシャンロード途中のケネット・リバー(kennett River)では
野生のコアラを見ることができる。

日本の動物園でも大人気のコアラで貴重だが、
野生ということで有難みが一層のことだ。

ユーカリ林の入口付近に中国人団体が集まっていたので、
行ったらいきなりコアラが樹上で爆睡中だった。


いくら人間が下で騒いでもびくともしない爆睡中

歩道を奥に歩いて行ってコアラ探しをしてみた。
簡単に見つかるもんじゃないが、たまたま、ラッキーに木から木に移動中の
コアラを発見!

コアラは夜行性だから昼間は樹上で爆睡していることが多く、
動いているコアラは珍しい!!

ユーカリの木の間を動くコアラは遠いし、ピント合わせが大変だった。
重い70~200ミリの望遠ズームを200ミリ側にして手持ちで追う。


こっち見てくれた!可愛い!!

ここにはカラフルなインコたちもいた。
観光客が餌付けするから寄ってくるみたいだ。


情熱的な赤い鳥


黄色の寝ぐせみたいな頭飾りが可愛い

グレートオーシャンロード走ったら、是非ここに立ち寄ってみるのがおすすめ。






Last updated  2019.10.25 17:06:18
2019.10.22
カテゴリ:海外旅行
グレートオーシャンロードはメルボルンから近い絶景ドライブルートだ。
世界でも最も美しいと言われる海岸線の一つで、CMなどにも良く使われる。

この日は悪天候が当たり前の冬のメルボルンながら、青空も見えて嬉しかった。

トーキーの町を出て、しばらくは内陸を走るので、道間違った?と不安になった。
そのうち遠くに海が見えてきて安心した。
いよいよグレートオーシャンロードのサーフコーストだ!


ポイント・アディス(Point Addis)
ボードウォークが設置されていていい感じ。

次はスプリット・ポイント(Split Point)。
駐車場から歩いて行くと可愛い灯台が見えてきた。




イーグルロックに打ち寄せる荒波


サーフコーストだけあってサーファー垂涎の波だ

その先も荒々しい絶景が続く。


冬だから風強く波がすごくて煙が立っていてダイナミックな景色だ

次は野生のコアラ編へ。






Last updated  2019.10.22 16:47:39

全117件 (117件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.