101328 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

元野良猫モッセとツッセ,ちび猫ラッテ 老猫介護season2~先代は“腎不全”現在は“心筋症”~

2017.11.16
XML

ここのところモッセの不整脈が強めにでていて、バランバランな鼓動を聴いていますが、昨日あたりからまた少しづつ治まりつつあります。(と言ってもゼロではないのですが)

モッセが寄りかかっているのは、久しぶりに稼働!なぬいぐるみ
「心音くん」(モッセママ命名)

このぬいぐるみにはお腹の中にカイロと電池式ハートビートが入れられる物で本来の使い方としては、子犬や子猫のお留守番や、通院等の移動ストレス軽減のため疑似ママ的に使いリラックスさせる目的なグッズなのですが、母子やカップルの心拍は互いに近づくという話を聞いたことがあり、モッセに応用(?)してみようと用意しておいたものです。
酸素室(自家製)の中に居る時に、と思っていたのですが、幸い肺水腫から回復し、その後再発をみていないため必要ながらも頻回に酸素を使う程でない暮らしを半年維持できていますから、心音くんの出番も以前より少ないのです。

あまり警戒せずクッションのように寄りかかってくれます。ドクンドクンとリズミカルに振動するお腹を枕に、たまに来るツッセは寝てしまうほど。

ツッセやラッテと寄り添うのが一番ですが、ひとりで休むときには、このリズミカルな心拍との同調、結構期待しています。勿論心筋症に良いとされているサプリも使っていますし、偶然かも知れませんが以前にも、15秒測って5~6回「抜けたり」「走ったり」するリズムが、調子良い時には60秒に3回ほど、もう少し減らせたときもありました。

今回も一昨日よりは昨日、昨日よりは今日、と少しづつリズムが整ってきています。「心拍くん」のおかげだけとは思いませんがリラックスできそうならば、ぬいぐるみにも頑張って欲しいです。

今は日本で扱う販売店がほぼなくなっていて、今のうちに買い足すか迷います。
壊れないことを願います(笑)






最終更新日  2017.11.18 17:24:02
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.