3107606 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あくびサンの、今日も本を読もう♪

2008/01/31
XML
映画「チャーリーとチョコレート工場」原作の
「チョコレート工場の秘密」続編。

チョコレート工場の騒動の後、工場を譲ってもらう約束に
胸を踊らせつつ自宅に戻ったチャーリーと祖父・ジョウ。
工場主ワンカ氏の申し出で、そのままガラスのエレベーターで
家族丸ごと工場へと連れていかれる途中、
ご機嫌なワンカ氏はエレベーターの高度を上げ過ぎ、
とうとう宇宙に飛び出してしまった!
チャーリー達が宇宙で見たものは?
そして、一行は無事工場に戻れるのか?


続編があったとは知りませんでした。
図書館で見つけたので早速借りてみました。

・・・・・・変!!

前作「チョコレート工場」も大概不思議で変な話でしたが、
こっちはもっと突拍子もなく、訳わからん展開の連続です。
そもそも、なんでいきなり宇宙なの(@@;)

前半は工場に全く関係なく、ワンカ氏のとんでもなさ爆発!
といった調子で進みます。とにかく困った人。
調子に乗り過ぎて宇宙に行っちゃうし、
ピンチに陥ってもひたすらマイペース、
同行するチャーリーの家族がパニクっても知らん顔。

後半でようやく工場に戻れるものの、その後も・・・なんだ、この人?!
どんなピンチも乗り越えられる天才肌なんでしょうけど、
ほんと、でっかい子どもという感じ。
まともに相手してたら疲れるんだろうなぁorz
もっとも、後半はじいちゃん・ばあちゃんずの方が
トラブルの元凶なんですけど。

とにかくスラップスティックというか、ナンセンスというか、
ひとつの話にまとまってるんだかいないんだか?
子供達にワクワク・ドキドキ・ヒヤヒヤは保証できますが、
読後に「何の話だったんだろ?」と首を捻る可能性も無きにしも非ず。

あと、読みながらずっと、私の横にジョニデがいるような
きみょーな感触がまとわりついていました。
えぇ、もちろん、「チョコレート工場」のあの
不可思議な服装と表情で。
ダンナに言ったら、「あれは強烈だったもんねぇ」と
素直に納得してくれましたw

ガラスの大エレベーター 著者:作/ロアルド・ダール
絵/クェンティン・ブレイク 訳/柳瀬尚紀
小学館 2005年8月発行


ブログランキングバナー







Last updated  2008/02/06 02:06:03 PM
コメント(4) | コメントを書く

PR

Profile


あくびネコ

Calendar

Category

Favorite Blog

大都会の愛と死 (15)… New! 神風スズキさん

黒執事 GF12月号… New! らいち♪♪さん

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

御朱印(4) 寺総… New! 悠々愛々さん

創味シャンタンで担… New! ∂ネコの手∂さん

2020年を豪華なおせ… bo-sloveさん

Comments

 neko天使@ Re:週刊少年ジャンプ2019年51号感想♪(11/18) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
 katariたがり@ Re:週刊少年ジャンプ2019年51号感想♪(11/18) New! ハイキュー コミュ力も才能だよなあ ワ…
 Hiroki Nara@ Re:週刊少年ジャンプ2019年51号感想♪(11/18) New! こんにちは。 光景sight #18 Kindle版 20…
 くみ1@ 11/18 New! おはようございます。 いつもありがとうご…
 くみ1@ 11/18 New! おはようございます。 いつもありがとうご…

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.