2020/03/31

週刊少年ジャンプ2020年18号 呪術廻戦第101話「渋谷事変19」感想

テーマ:呪術廻戦(50)
カテゴリ:呪術廻戦
昨日は娘とデートしてて1日遅れなので簡単に。

先週、「渋谷事変18」のはずなのに「16」だった件。
今週はしれっと「渋谷事変19」になってますねwww

では、本編。
野薔薇&新田ちゃんに伊地知は無事だと話す七海。
良かった〜!!!ずっと安否が気になってましたよ。
「彼も元々は術師を志していた」
そうだよね、伊地知だって高専の卒業生だもんね。
見た(見せた)ことは無いけれどそれなりに鍛えてたのかも。

だって、あの先輩方に囲まれてた訳だし(^^;

それにしても膝をついて目線合わせてる七海が素敵♪

七海にここで待てと言われ、「私も」と言いかける野薔薇。
けれど、それは断られました。
1級の七海でさえこの戦いでは最低レベル、
野薔薇は足手纏いだと。
これだけズバッと言い切られると反論できんな。

場面変わって、線路をやってくる着物姿の人影。
冥さん&憂憂の前に現れたのは夏油(もちろん脳みその方)。
考えを巡らせる冥さん、合ってる!その思考は合ってるよ。
メカ丸も言ってた通り、この人は本当に
“もうひとりの内通者”から除外できるんだな。

『五条くんは1人でこの国の人間全員殺せる』
冥さんも言うくらいだからこれも本当なのか・・・
おそるべし五条悟。

あと、冥さん曰く夏油は「ニヒルな笑顔もチャーミングだった」(笑)
後輩・高専時代の話とはいえ、男性にチャーミングってwww
冥さんらしい言葉のチョイスでなんか好き。

『恐らくこの夏油君は偽物だ』
うぉぉぉ、冥さん!!!素晴らしい!!!

が、特級呪霊を取り出す脳みそ。
呪霊操術が使えるのを見て冥さんは「読みがハズれた?」と。
いやいや、外れてませんって。
脳みそが体を乗っ取っただけじゃなく術式まで使えてるだけだって。

「ソイツを祓えたら私が相手をします」
余裕発言をして去っていく脳みそ。
残された冥さん(&憂憂)vs疾病呪霊「疱瘡神」。
疾病かぁ・・・新型コロナ騒ぎの最中だけになんかイヤだな。

いきなり領域展開してくる疱瘡神。
棺桶の中に閉じ込められる冥さん。
『“墓”』『3、2』
墓石がドゴッと降ってきて呪霊がカウントダウンすると
閉じ込められた人が倒される感じ?

が、中から墓を壊して出てくる冥さん。まぁ強い!!
キュンキュンキュンと嬉しそうに悶える憂憂(^^;
この子は戦わないのかな?

さて、再び場面変わって、無人の駅構内を走る虎杖。
そこに脹相が!!
脹相から見れば壊相&血塗の仇ですからね。

やってきたのが虎杖と認識するなり、
攻撃を仕掛ける脹相。
ひとコマ京都校の加茂くんが出てるけど、
その技は彼と同じ赤血操術。
同じ術式でもこれは脹相の方が強そう?

vs五条悟ではあんなにやる気無さそうだった兄様も、
相手が弟の仇とあっては随分アクティブ(笑)
でもちょっと袖が邪魔そう。

けど、突然
「弟は最期に何か言い遺したか?」
って質問しても、“弟”が誰のことか虎杖わかんないのでは?

次回、「は?弟?誰それ???」ってなって
さらに脹相を怒らせる虎杖から始まるんじゃないかと
ちょっと心配(^^;
またまたセンターカラーだそうで(最近多いですね。
嬉しいけど芥見先生大丈夫かな?)、
誰が描かれるのかも気になります。

ジャンプ本誌感想は別日記にて。

トラックバックはFC2の方へお願い致します。
あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪
今日のトラックバック http://necroakubi.blog94.fc2.com/tb.php/6980-87c32d6e

週刊少年ジャンプ20年18号 集英社 2020年3月30日発売





TWITTER

Last updated  2020/03/31 01:09:20 PM
コメント(0) | コメントを書く