000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニートどうする?

ニートどうする?

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

ニートから離脱したいなら

2006.10.23
XML
苦しい、未来のみえない状況から離脱する。
そんなとき「頑張り」は意外にも邪魔になりがちです。
無理をしたり必死になるのではなく
自分が何を望んでいるのかを感じ、
自分の望みにそって、わずかな一歩を試みるのが
よいのだと信じます。
以下は、作者であるHN・TOMOさんの許諾を得て
転載させてもらいます。
彼女も、生き惑い苦しんだ時代がありました。



 『心のままに』  by TOMO

  嬉しい時は心のままに喜べばいい。
  泣きたい時は心のままに泣けばいい。
  笑いたい時は心のままに笑えばいい。
  怒りたい時は心のままに怒ればいい。
  食べたい時は心のままに食べればいい。
  はしゃぎたい時は心のままにはしゃげばいい。
  言いたい事があれば、心のままに喋ればいい。
  心が嵐の時は、
  心のままに雨風しのげる場所に避難すればいい。
  遊びたい時は心のままに遊べばいい。
  何かをしたいと思った時は
  あなたの心のままにしたらいい。

  でも、「私の心」がわからない。
  そんな時は・・・

  我慢なんかしないで、無理なんかしないで
  今まで縛っていた心の紐を
  ゆっくりゆっくりほどいてみよう。

  何が見えるかな? 何を感じるかな? 何がしたいかな?
  私、どうなっていきたいのかな?

  ゆっくりゆっくり解いて、ゆっくりゆっくり見つめて
  ゆっくりゆっくり心を擦る。

  少しづつ心が柔らかくなってきた。
  少しづつ心が自由になってきた。

  私、これが好き。これは嫌い。
  こういう感じは好き。だけど、こういう感じは苦手。
  こんな所に行ってみたい。こんなことがしてみたい。
  こういうのちょっと苦手だけど、ちょっとやってみようかな。

  そう感じる自分を信じて
  そしてまた、心のままに。

  どこかでまた、迷ったり壁に当たったら
  ゆっくうりゆっくり
  心の紐をほどいて、見つめて、擦ってみよう。

  そうやって心のままに歩いていけばいい。
  私の人生自分の心のままに歩んでいけばいい。

  そしていつの日か、
  自分の中の本質の部分である何か(本音)が見えたり
  感じたりする時があるのだろう。


       ハートピット






Last updated  2006.10.23 08:23:07


2006.09.27

親も大人も「世間の常識わきまえた面々」は、
まずはいずれにしたって異口同音にいうでしょう。
「とにかく働け。バイトでもなんでもいいから、
働け。働かざる者食うべからずだ」

こいつが辛い。浮世の常識に照らせばそうだと分かっていても、
それができなくて行き詰まっている身にしてみれば、
辛いし苦しいし、悔しくてならないだけに腹も立つ。
ムカつきイラ立ち腹立ちが募ってやりきれなくなって、
ついには破壊衝動に駆られちまうことだってある。
じゃ、どうしたらいいんだ。

みんな迷っている。
「ボクは働かない。それでダメなら死ぬからいい」とか
「どうしようもなくなったらホームレスになる」
などと開き直ったつもりのセリフを口にする人だって、
本当はどうにかなりたい、このままではマズいと考えている。
考えてはいても考えるばかりでなかなか踏み出せずに、
堂々めぐりの逡巡地獄にさまよっている。
働かなくちゃ、金稼がなくちゃ、
せめて学ばなくちゃ、一人前に生きる道を模索しなくちゃ。

ボクはね、大人たちの常識枠にとらわれて
そんなふうに考えてしまうのがいけないのだと思っている。

最初にしたほうがよいのは、働くことじゃない。
最初にしたほうがよいのは、遊ぶこと。
自分の心身を遊ばせること。
心地よい遊び体験に自分を導いてやること。
働かなくても学ばなくてもいいから、
ちゃんと遊ぶことさえできれば
いい具合に生きられる道は必ず開くのだと信じるのだけど、
このあたりの道理ばかりはなかなか分かってもらえない。

だけどさ、ニートのさ中にいる君よ、
遊びってのは「ゲーム」のことじゃないよ。
ここげいう「ゲーム」は、いわゆるビデオゲーム。
コンピュータが作りあげるバーチャルゲーム。

バラしちゃえば、ボクもずいぶんやったのさ。
仕事がなくってヒマこいてるときに、
一日10時間以上コントローラーを手にし続けた時期があったもの。
だけど、あれは本物の遊びじゃないよ。
本物の遊びをするなら、もっと満足できるのさ。
体も心も、すっかり疲れ果てて、深く気持ちよく満足するから、
後にイラ立ちなんか残らない。本当の遊びを満喫すると、
人間ってのはとっても満足するものなんだ。

たとえば無目的にさまよう旅。
それってのは「本物の遊び」の一つだろうな。
たっぷりゆったり散歩する。
それも「本物の遊び」だよな。

ニートしてるのが嫌なら、イラ立つなら、苦しいなら、
ちょっとでいいから「本当の遊び」を試みてみたらいい。
たった15分でもいいから散歩するのさ。
半日でもいいから、知らぬどこかをさまよい旅してみるのさ。

昔ね、ある作家がいったよ。
「書を捨てよ。街に出よ」
頭ばっかり使ってないで、考えてばかりいないで、
足と手を楽しませてやれよ、ってことなんだよね。

ニートにはまりがちなのは、実は頭のいい若者。
頭がいいのは、便利な才能ではあるけれど、
頭に支配されているのはずいぶん損なこと。大損なこと。
ニートしてるのが嫌だったら、
窓あけて、いい空気吸ってみようよ。
とりあえず、それだけでもやれたら、満点だぜ。

from ハートピット






Last updated  2006.09.28 01:32:10

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.