29908232 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

暇人主婦の家庭菜園

PR

Calendar

Free Space


献立に困ったら 楽天レシピ



写真: 栽培士免許
☆美味安全野菜栽培士☆
日本園芸協会


問い合わせ先★


ご覧頂きまして、
ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
ご訪問の際には、
是非ポチっ♪と
応援をお願い致します。
毎日の更新の励みになります。




家庭菜園ランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村





初めてさん歓迎!「ベランダガーデニング」を楽しむための10のQ&A
pacoma

菜園ナビ|家庭菜園SNSの菜園ナビ























ただ今調整中~!
ご迷惑をおかけいたしております。
すみません。

QLOOKアクセス解析

Wishlist

Rakuten Card

Archives

Recent Posts

Category

お話

(110)

収穫祭(料理・一品おかず)

(349)

小さな菜園(8坪農園)

(10)

畑栽培:ホームファーマー

(66)

農園主のつぶやき

(370)

ハーブ(ルッコラ・バジル・紫蘇)

(124)

水耕栽培/スプラウト栽培

(45)

干し野菜・野菜の保存方法

(25)

勝手に食べログ

(80)

トマト(アイコ・ミニ・大玉)

(78)

とうもろこし

(51)

サツマイモ・安納芋

(46)

ブロッコリー(茎・カリフラワー)

(119)

ニンジン・ゴボウ

(66)

さといも

(41)

落花生・枝豆・ささげ

(67)

ピーマン・ししとう・トウガラシ

(70)

ハクサイ

(30)

ナス・米なす・白なす

(41)

きゅうり

(37)

キャベツ(芽・赤)・プチヴェール

(92)

オクラ・花オクラ

(36)

スイカ・メロン・ペピーノ

(44)

春菊・菜の花

(31)

ほうれん草・スイスチャード・ビーツ

(48)

かぶ・コールラビ

(65)

にら

(21)

大根(ラディッシュ・聖護院・コウシン)

(68)

じゃがいも

(57)

たまねぎ・ネギ

(95)

いちご

(55)

ツルムラサキ・オカワカメ

(13)

サヤインゲン・モロッコ・シカクマメ

(55)

ズッキーニ・そうめんカボチャ

(50)

アスパラガス

(11)

かぼちゃ・コリンキー

(49)

ゴーヤ・キワーノ

(23)

他(アシタバ・モロヘイヤ・ワカメ)

(10)

小松菜・チンゲン菜・からし菜

(59)

レタス

(66)

菜園計画・土のリサイクル・自然農薬

(20)

ソラマメ・ヒヨコ豆

(53)

サヤエンドウ・スナップエンドウ

(57)

自然薯・長芋・ヤマイモ

(26)

健康野菜

(301)

果実(ブルーベリーなど)

(89)

葉もの野菜(ミズナ・タアサイ)

(64)

イタリア野菜

(2)

ベランダ

(16)

モニター

(143)

畑の虫タチ・敵タチ

(8)

Rakuten Ranking

Freepage List

2017年03月20日
XML
おはようございます。

プランター&畑による家庭菜園を楽しんでいます♬
我が家の屋上・ベランダ菜園へようこそ!

ひよこビーツ(テーブルビーツ)ひよこ
<アカザ科/ヒユ科>

ビーツとは、地中海沿岸地方原産のアカザ科の
サトウダイコンの変種のことです。

ビーツ は赤い色をしたカブのような形で、
切ると円状に赤い輪があります。
また、ビーツにはショ糖が 多く含まれていて、
独特の甘味があります。

ロシア料理ボルシチに使われることで有名ですが、
糖分を多く含むため、甘い野菜とも言われます。

写真: ビーツ1

最近では赤い色素の「ベタシアニン」という成分に
抗酸化作用があるとされジュースの材料などにも使用されています。

フレンチやイタリアンなどではいろいろな形で使われていて~
TVや雑誌等でも話題の野菜なんです!
別名:テーブルビート、レッドビート



鉄分・ビタミン満点の健康野菜で、
日本ではまだまだ認知度が低いマイナーな野菜ビーツですが、
アメリカやヨーロッパでは 、
ヘルシー野菜として、とても人気があるんです。



その姿は赤かぶに似ていますが・・カブの仲間ではなく
ホウレンソウやスイスチャードと同じ、アカザ科(ヒユ科)の仲間で
カブ状の根部の切り口は~輪紋のような赤色に色づきます。

写真: テーブルビート12写真: ビーツ2

(*□*)ビックリ!!
でも、肉質が柔らかく甘味が強くおいしい野菜なんですよ~♪


☆~ビーツの品種を知ろう~☆


<食用ビーツ〔デトロイトダークレッド>




<食用ビーツ デトロイト・ダークレッド>
ビーツの中でも強健で作りやすい良質種
肉質はやわらかく、緻密で甘みが強く、
酢漬、ゆでてサラダ料理に利用する

写真: タキイ交配 食用ビーツ デトロイト・ダークレッド



<【バルバビエートラ】ゴルゴ>
丸型で、ゴルフボールから野球ボールくらいで収穫。
大きくし過ぎると裂球するので注意する。
個体によって年輪模様が薄い場合がある。
柔らかい土を好み、強酸性は嫌う。

写真: バルバビエートラ ゴルゴ(ビート)



<テーブルビート:デトロイト>




<テーブルビート:エギットミグリオラータ>




<ビーツ:サフランイエロー>
外皮は鮮やかな濃オレンジ色、中身は美しい黄金色のビーツです。
実は甘くおいしく、赤いビーツと同様シチューや煮込み料理に利用します。
大きな根はボイルし、薄くスライスしてサラダに。
ポタージュスープもお薦めです。 ピクルスや飾り付けにも最適です。
まき時:3~5月・9~10月




☆~タネの特徴を知ろう~☆

写真: テーブルビート4

これが・・ビーツ(テーブルビート)の種子(種球)です!

<種まき前のポイント>
ビーツ(テーブルビート)は酸性土を嫌うので、
植え付けする前には石灰を多めに施すようにします。

*テーブルビーツの種の皮は固く発芽しにくいので1昼夜水につけておきます。
濡らしたキッチンペーパーに種を並べて2つ折りにし
「芽出し」をしてから植えるようにすると発芽が揃います。

写真: ビーツの種3

<豆知識?>
じつは、ビーツの種子として販売されているものは、正しくは「果実」です。
*(植物学上)
1つの種子から~「2~3個」の種が中に入っているので、
水を含むと果皮のふたが取れて中から2~3本の芽がでてきます。


写真: テーブルビート2

<種まきのポイント>
まき溝を1列、または2列に種まきをします。
列と列の間は、10~15センチほど開け、
深さ1センチ、2センチ間隔で1粒ずつまきます。
*種まき後は、土を寄せて手のひらで軽く土を押さえた後
たっぴり水やりをします。発芽するまでは水を切らさないように注意。

<1回目の間引き>
発芽が揃い、双葉から本葉1~2枚の頃、1回目の間引きを行います。
株間の間隔は、3センチにし、
生育の良い芽を残して残りはハサミで切り落とします。
その後、株元へ軽く土寄せをします。

<2回目の間引き・1回目の追肥・土寄せ>
本葉が3~4枚に成長した時に2回目の間引きを行います。
株間の間隔は、5~6センチにし、
育ちの良いものを残し株ごと引き抜きます。
間引き後、追肥(10g)の化成肥料をし、株元へ軽く土寄せします。

写真: テーブルビート2

<3回目の間引き・2回目の追肥・土寄せ>
本葉が6~7枚の頃、3回目の間引きをします。
株間の間隔は10~12センチで、
同じく生育の良いものを残しながら引き抜きます。
間引き後、追肥をし土寄せします。

写真: ビーツ3

<3回目以降の追肥>
最終の間引きから、約2週間に1回の割合で追肥をスタートさせます。
*根が勢いよく肥大する頃(収穫前の10日~14日)には、
最も肥料を必要とする時期なので忘れずに追肥をしましょう。

写真: テーブルビート7

<収穫のタイミング>
種まきから約70日~80日後、用土から出ている部分の直径が、
5~6センチ位になった頃が目安です。
収穫する時は、葉の根元を持って引き抜くように行いましょう

写真: テーブルビート8

ゴルフボールから野球ボールくらいで収穫のコツです。
あまり大きくしすぎると裂球するので注意しましょう。


ちなみに・・市販のビーツのサイズには
●Sサイズ:( 3~5センチ)
●Mサイズ:(5~8センチ)
●Lサイズ:( 8~12センチ)
とあるようですが、1番好まれるのは~Mサイズのようです。
ショップによっては~LLサイズ、3Lサイズなどもあり。


☆~生ビーツを調理してみよう~☆



日本では缶詰のビーツから調理されることが多いですが・・
生のビーツから調理することで香りや食感が断然違いますよ♪
また下処理をしておくと~料理の幅も広がりますよ。

写真: ビーツ下処理3

<下処理方法>
収穫したビーツは、綺麗に洗い~
美しい赤色が損なわれてしまわないよう、
茹でるときは必ず外皮を剥かずに皮付きのままで!

四つ葉赤ビーツ☆食べる輸血スープ四つ葉
赤ビーツ☆食べる輸血スープ
食事詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…














写真: キオッジャビーツサラダ

うずまき模様の生ビーツを薄くスライスしてサラダに♪
ショ糖を多く含むため、独特の甘みがあり、煮込み料理の他、
ピクルス(酢漬け)やサラダにもピッタリ。



皮をむかずに茹でるか、
アルミホイルで包みオーブンで蒸し焼きにしたりするのも良いです。
ジャムやピューレなんかも・・素敵かも?

写真: ビーツレシピ13

また、注目の「脱塩効果」があるので、
毎日のジュースとして、是非どうぞ!
ぺろりバイバイ




「頑張って、野菜つくれよっ!」と応援していただける皆様、
ランキングに参加しています。
ポチっダブルハートとクリックをおねがいします。

いつも皆様の応援に感謝しております。
そして
毎日の励みとなっています


<カテゴリー変更いたしました!>


家庭菜園ランキング


にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村



レシピブログのランキングに参加中♪ 
よろしければクリックしてくださいね♪



花   花   花   花   花

ビーツに白い品種があった~?
Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!


オランダの古いエアルームビーツ!

オランダの古いエアルーム品種ですが、
現在でも今だに人気があるビーツです。
早生で平らなハート型で風味も良いです。
薹(とう)が立つのが遅く、ミニ・ベジタブルとして利用出来ます。
甘く繊細な風味が特徴です









Last updated  2017年03月20日 10時00分05秒
コメント(21) | コメントを書く
[ほうれん草・スイスチャード・ビーツ] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.