1016254 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ねじヲのブログ@凍結中

2007年09月03日
XML
カテゴリ:AMAZON関係
以前に書いた小豆沢整形外科に関しての、続きと言うか顛末と言うか。

と言っても、残念ながら・・・いや当然かな、小豆沢整形外科から反応などないですけどね。

まぁ気付いてないのだろうな・・・ってことで、TBしてみた!(爆)



というのも、その後みたら、院長先生のブログがございました。

30代開業医の院長日記

全然更新していませんが(^^;)。



ここにも書いてあるけれど、プラセンタ注射ってやはりいいみたいですね。

しかもこの病院、他にも色々凄い(?)治療や検査などもやっているとありました。

まぁ私は小豆沢整形外科のミスのせいで軽くトラウマっているので受ける気持ちになれませんが。





あとこの小豆沢整形外科と共同運営しているというブログもありました。

がんになったら真っ先に読むブログ


遺伝子治療だとか、そんなのもやってるんですねぇ。



このブログによると、「小豆沢整形外科は日本で初めてゲンディシンによる遺伝子治療を開始したクリニック」だそうですよ。

がん治療とかに関して有名だったりするのかしら?

まぁ私は注射の間違いを繰り返した挙句謝罪もしないような病院で治療を受けたいとは思いませんが。

※小豆沢整形外科での癌治療がどんなものかは知らないので否定しませんが、もし受けるなら少なくとも注射に関しては逐一確認した方がいいでっせ。





私はこの「○○医師会」ってのはよく分りませんが、こちらの先生「日本医師会認定産業医」らしいですね、どういうこっちゃか分りませんが。

それでは私が以前日本医師会にメールした際、日本医師会から連絡はしてくれたのかしら?

日本医師会へ送ったメールの反応も未だ無しですが。

板橋医師会は反応を返してくれて、「こちらの病院は会員じゃない・・・」という返答がありましたが、この「医師会」ってのは、結局なんなんでしょうね??

・・・あ、そういえばちょいと遠いけど知人に、多分同系統の医療に関わるお医者さんがいるな・・・今度何か聞いてみようかな。





しかしアマゾンにしろ小豆沢整形外科にしろうちのマンションの管理事務所にしろ。

なんでこのご時世に、情報管理もろくすっぽ出来ないのか。

社保庁か!
←タカトシ風に



おまけにアマゾン小豆沢整形外科は、それ故に取引に異常が発生したと言うのに、挽回しようとしない。

どころかアマゾンは逆切れ、小豆沢整形外科は一言の謝罪すらなし。



ちなみにマンションの駐輪場の件は、一応話はつけましたが・・・どうにもすっきりしません。

というか管理が杜撰なのがよく分りました、やはり私が連絡したバイクは違法駐輪していたようですが、結局調べてなかった模様・・・今度管理会社に報告しておこう。





ミスを起こす事自体は、しかし重大な問題とは思っていない。

人間誰しも間違いはある。

問題は、ミスを起こした時にきちんと対応するか。

自分のミスにより相手に迷惑をかけたなら、それを全力で挽回する努力をするか。

そして二度と同じ間違いを起こさないか、だ。

アマゾンは結局まともな謝罪はなく、私が与えた挽回のチャンス(私から妥協した示談案)を全て放棄し逆ギレした。

つまり「顧客一人失ったところで痛くも痒くも無い。うちのミスが許せない顧客はいらない」ってこった。

小豆沢整形外科に関しては、私は黙って反応を待っていたが、残念な事に無反応、私を失望させた。



もう一度言うが、この注射アンプルの間違い、状況が違えば医療ミスだ。

もし私が何らかの治療、それこそ癌治療のために通い注射を打ってもらっていたはずが、全然違う注射を打たれていたら・・・?

「ガン治療の場面ではそんな間違いはしない!」

とたとえ反論されたところで、

「じゃあ何で私の注射を間違えた?

健康増進のための自費注射なら間違いがあって良いとおもった?

プラセンタ注射は間違えるけど、抗癌剤は間違えないと言われ、信用できると思う?」


ってなもんだ。




小豆沢整形外科の注射ミスは、私のいないところで注射ミスに気付いていたら、或いは私がいたところで気付いても私に報せず、次回から黙って注射の内容を直され、間違って打たれた三回の注射の件は黙っていられたという可能性もある。

もしそうされていたところで、にんにく注射などものによってはすぐ分かるものもあるが、しかし初めての注射の「打たれごこち」など分るはずもなく、私は気付かなかっただろう。

ひょっとしたら、そういう風に注射ミスをされていた人、あるいは注射ミスを現在進行形でされている人もいるかもしれない。



そう考えれば、結局間違えた原因すら分からず謝罪もないとはいえ、私はミスをされていたと知り得ただけでも幸運なんだろうな。





でもってこの日の日記のコメにこんなところで今更レス (笑)★

>井江菜きこさん

こんなところで今更のレス失礼します(^^;)、コメントありがとうございます!

私も大概ヲタク・・・いや私の方がヲタクだと思うのですが(笑)、それ故こんな姿勢で娯楽の品を売って欲しくないと、怒り心頭です(--メ)。

たとえ顔の見えないネットでのやり取りでも、その先に人間がいるという、基本的なことを忘れちゃいけませんよね。

これじゃネットいじめする子供と同じだ!(怒)

10年後にはアマゾンが日本から消えていることを願ってやみません(笑)。



病院の件は、当時は本当、怒りより恐怖が先立ちました。

そして何の反応もなかったことにガッカリ。

ちゃんと注射の間違いに関しての謝罪や救済措置などがあれば、その後も通いたいと思っていただけに、それがないってことは「この程度のミス」としか思っていないんでしょうね・・・。

この病院に関しては、今も怒りというよりは、アレですよ、ただただ・・・絶望した!!(笑)






Last updated  2007年09月03日 15時48分12秒
コメント(1) | コメントを書く
[AMAZON関係] カテゴリの最新記事

PR

Profile


ねじヲ

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

Calendar

Shopping List

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.