1127394 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫だまり2

猫名簿 ~母屋&外猫

あしあと母屋にて棲息中のにゃんず


☆  シロリ♀ ピョロリ♀ ~シロ&ピー~ ☆  推定4才(’06.3月)
shiropyoro


2003年の春に、夜逃げした飼い主の処から、家へ流れてきた猫。
当時は4匹で来てたのだが、03年の夏に姉が、04年の正月に兄が居なくなった。
白一色の青瞳姉妹(兄だけオッドアイ)。シロリと姉のドロリは妊娠していて、その子も白の青瞳だったが、何も問題は無し。
(と云うか、白の青瞳が難聴とは知らなんだ。みんな里子に行きました。)
03年の冬から、寒さに耐えかね母屋で寝るように。後はもう、そのまま我が物顔に(笑)

ちなみに、ピョロリは家の猫では一番のデブで、「巨大怪獣」の名を冠する。



あしあとにて棲息中のにゃんず


☆   トラリ♂ ~とらっち~ ☆ 推定6才(’06.3月)

torari

白共と時を同じくして、03年春に流れてきた猫。
前は絶対に触らせなかったが、最近は油断してるときのみセクハラ可(笑)
面と向かっての、ご飯催促時しか鳴かない猫。
なので、鳴かずに玄関前でご飯待ちをされても気が付かなかったり…。
今だご飯を近い処に置くと、爪出しパンチが「無礼である」とばかりに飛んでくる。
去勢の時は、母屋に誘い込み閉じこめた挙げ句、キャリーへ追い込んだ。
そー云えば、こいつの保護の間もパンダ軍団と同じで苦労した。一匹だったからマシだったのだな…。
現在はカリカリ派から、ウエットも毎回食べる、超わがままブタブタ猫となった。



☆  ヒゲチー♂ ~ひげ~ ☆ 推定4才(’06.5月)

hige

パンダ軍団の一味。
が、去勢手術後家へ来たその日の夜に、ケージのドアをブチ外し脱走。二階の階段窓から飛び降りて逃げた強者。(怪我はなかった)
その後、二週間程して家の方へ戻ってきた。
これまた滅多に触らせない猫で、捕獲が大変。
玄関前で「ナ~ン」(来たよー)と鳴く偉いヤツだったのに、ストーカーが付いてからは、来ても鳴かなくなってしまった困ったちゃん。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.