1153288 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫だまり2

PR

日記/記事の投稿

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(23)

猫メモ ~猫紹介

(25)

きのぴた家 里親募集中のにゃんこ

(2)

動物愛護

(381)

にゃん話

(177)

二階猫

(519)

マカちゃん日記

(140)

ふわふわ、ふわ子さん

(48)

二軍パンダ

(98)

パンダ軍団 (一階猫)

(91)

母屋猫&外猫

(185)

ほか猫

(13)

しんのすけ君&くろまる  ~里子猫

(84)

いたちとにゃんこさん

(30)

手乗り~ず から里子に行ったよ♪

(126)

ねゆ君 ~病院からの里子猫♪

(96)

育君の乳母日記☆

(127)

夢ちゃんの幸せ探し

(75)

ちビッケ ~里子猫

(30)

るみちゃん ~里子猫

(27)

去勢済み迷子のサンちゃん

(42)

パンダ君 ~里親募集中

(5)

小姫様 ~里親募集中

(20)

ふわふわ中ちゃん ~(募集停止中)

(6)

新八君の里親募集

(4)

小毬ちゃんの里親募集

(6)

骨折にゃんこ 里珈しゃん

(6)

ソウル君&花梨ちゃんの成長日記

(170)

ハンディにゃんこ ゼフ

(72)

保護猫 メメちゃんです

(115)

サビ猫さつきちゃん

(14)

黒丸 ~里子猫(くろまるに移動します♪)

(22)

凛々ちゃん ~里子猫

(30)

白黒ぼたんの里親募集(休止中)

(9)

ちびスリーの里親募集(休止中)

(7)

里親募集 ~奈良の70匹猫

(846)

ミニラスリー ~里親募集(休止中)

(34)

黒黒スリーの里親募集

(8)

サビっ子ジュンちゃんの里親募集

(3)

ベルさん ~里子猫(黒黒スリー)

(9)

ヒナタの里親募集

(3)

フリーページ

お気に入りブログ

るみちゃん、台風で… きのぴた3号さん

☆台風なんかにまけに… ☆赤う頭さ巾ぎ☆さん

いたちとにゃんこ いたちとにゃんこさん

コメント新着

 うさぎ♪@ Re:毎日が楽しい嫁様です♪(10/07) きのぴたさん、こんばんは。 水害が酷いで…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

楽天カード

購入履歴

2017年04月11日
XML
カテゴリ:動物愛護
170409-karugamo1.jpg

足跡先に、あんのお見合いの帰りにてゲットの拾い物のお話
(最近すぐ忘れちゃうので~苦笑)

固まってたあんに頑張れ頑張れ云いながら、二車線道路を走ってたらば、
前方路肩に塊が見え。

近づくうちに、ありゃ鳥だわー、ぶつかって昇天しちゃったかなー、
埋めてやれんが成仏しろよ~、と通り過ぎようとしたらば。

少し羽ばたき顔上げおった!

げっ、生きてた!轢かれるじゃん!
とは思いつつも、後続車いるから止まれず。

あー、どーしよう、戻って捕まえるか?
飛べない子だったら大変だしなぁ、と逡巡しながら運転続け…。

助手席の空のキャリーが目に入り、ああもう、しゃあない!
と、ぐるっとターン。

戻る間に轢かれてたら、そこはもう、仕方ないと思って。

このへんだったっけ?とゆっくり走ってたら、
路肩から車線の方へとはみ出してきてる鳥を見つけ。
ハザード出して、スピード落としながら、鳥の後ろに停車。

キャリーの中に敷いてた毛布取り出して広げ、
車線側から路肩の方へ向けながら、覆って捕獲!
(鳥でも猫でも、素手で捕獲は危険ですー)

つつかれるかと思いましたが、案外大人しく。
毛布で包んだままキャリーへ入れ、ひとまず自宅方面へ移動。

自宅から近いコンビニで止まり、いきつけの動物病院へ電話しましたが…。

え゛、今は指定病院じゃないと野鳥は診れない、ですとー?!!Σ( ̄□ ̄ ;
とりあえず、市内の指定病院の電話番号を教わりましたん。
※(県の獣医師会の動物病院一覧に、「傷病野生鳥獣指定獣医師」と付いてるのが指定病院。
ただし千葉県のはデータが古いっ!指定外れた病院にもまだ付いてる~!)


その前にガラケーでちょい調べてみると…。

野生鳥獣保護窓口 (http://www.vets.ne.jp/wild/pc/)で県別に調べるらしい。

千葉県はと云うと…「千葉県環境生活部自然保護課」が担当で、

傷病野生鳥獣救護ボランティア
(http://www.pref.chiba.lg.jp/shizen/choujuu/cyoujyukyuugoboranntia.html)さんなるものが居るとな??

それでも要約は…

◎野生動物・野鳥は、役所に届出の上、保護した方が指定病院にて治療をし、
 元気になるまで世話をした後、自然へ返してください。
 自然界へ戻せない状態のときは、死ぬまできちんと世話をみてください。
※届出の際には、保護ボランティアとして登録となります。


つまりは保護した人の全くの自己責任、って事ですか?
…これじゃ、猫の保護と変わらんやんけ!

前にカラスのポーを保護した時は、カラスは害鳥だから保護した人の責任で、
野鳥だったら病院か保護センターで世話してくれる、と聞いていたのだが~。

千葉県の届出の番号に一応かけてみたが、役所だけに日曜は出ない~!
次に一番近い指定病院にかけてみたが、日曜午後は休診の上、
診る資格のある院長は、明日の夕方からなら居ると思いますが、
聞いてみないと診察するかは分からない、と。

次にかけたところも、日曜午後は休診ですが、明日ならいつ来ても大丈夫だと。
そして治療はするけど預かれませんから、と云われ…。

おおぅ、どうやっても猫の巣窟へ連行ですよ、鴨さんよー。(鴨だべな?笑)

ってな訳で自宅へ連れ帰り、猫が唯一入らない離れのお風呂場へ。
出してみたら、ばっさばっさと羽ばたくも、立てない様子。
どうも左足の水かき部分が、きちんと開かないから立てないようで。

ガラケーで調べるのは限界あるんで、
まずはバリケンにシーツと新聞紙切り裂いて敷き、
鳥だけに暗くしたら静かになるかと、覆いをして。
鳥ならパンなのか?、と少しだけ置いてみた。

…が、猫の世話後にパソコンで調べたら、水鳥にパンはアカンのだそうだ!
猫に牛乳がダメなのと同じく、イメージだけであげると下痢するらしい…(T△T)

ひよこ参照:ケガをした鳥をみつけたら』(日本野鳥の会) http://www.birdfan.net/about/faq/kega.html


食べてなかったけど取り上げて、鴨の餌(アヒルの餌ですが、参考になります)は
葉物が良いらしいので、レタスを置いてみたー。

食べなかったけど…(>_<)

そして鳥の種類は、カルガモらしいと分かり。
でも保護したときの手順とかは、ガラケーで見たのとあまり変わらず。
カルガモについての詳しい保護の仕方とかは、やはり出てこない。

それでも、登録した保護ボランティアさんが、預かりを引き受ける事もあり、とある。
…カルガモじゃ大きいから、保護センターや動物園とかじゃないと難しそうだけどな…。

夜の間、レタスは食べてなかったカルガモ。
糞はどうかと、出して調べようとしたら、
抱き上げられてビックリしたらしく、ダーッとお漏らしされました。
ああうん、出ないよりは良いやね…。
しっかりズボンの上だけどね…(T▽T)

翌日の月曜、いつ病院に連れて行くかと思いつつ、
とにかく役所の方へ聞いてみようと、そちらに電話。

したらば、調べたのとほぼ同じ答えが。
駄菓子菓子、鳥インフルエンザのせいで、診てくれる病院は少ないと云われ!ほえー
同じ理由で、保護センターや動物園系も受け入れないだろうと!ショック

うう、治療には連れて行けるが、きのぴた鳥介護のスキルはないので、
強制給餌で怪我させそうなんですが~。(なんせ基本破壊魔)

何より、いくら隔離してても、猫の気配も感じてるのか、
覗き見るだけで過呼吸になるんだよなぁ…(T_T)

立てないのに水辺に放しても鴉の餌食になるだろうし、
ただ衰弱させるなら、まだ安楽死させた方がちょっとだけマシ、
…になってしまうのだが~。

すると職員の方が、一応保護ボランティアさん達に当たってみてくれると!
もっとも、水鳥だし、やはり鳥インフル警戒して預かり先は見つからないかも、
とは云われましたが。

いや、とりあえず当たってくださるだけでも有難いです!m(_ _)m

なのでこちらも、まずは怪我の状態を把握し治療すべく、指定病院に向かわねば!
ご飯食べないからどんどん弱るだろうし。

って事で、急遽午前中休みを取り、同じ市のでも対角線反対方向まで走り。
その際は、鳥はダンボールに入れた方が良いと書いてあったので、
入れ替えて移動。

170410-karugamo1.jpg

怖いのか、時々ばさばさし、でも覗くと過呼吸になるんで、
頑張れ頑張れとだけ声かけて。

迷いつつ、なんとか病院に到着し、診て貰いましたらカルガモで間違いないと。
そしてやっぱり、左足の水かきが開かないのがアカンそう。

でも骨折ではなく、打撲か捻挫だから、水に浮かべてやって足の負担をなくして、
動くようになるのを待つしかない、ですとー!!Σ(T▽T)

池に浮かべてあげたら?、と云われましたが近くに池ないし。
そもそも、陸地に落ちたら元の木阿弥じゃね?( ̄△ ̄;)
鳥にだって縄張りはあるだろうしなぁ…。

もしかしたらと、行徳にある鳥保護センターに聞いてみてくれましたが、
鴨はもう受け付けてないと…( ̄_ ̄|||) どよ~ん
(おのれ鳥インフルめぇぇ~!)

治療はしてないから無料でよいよ、とさっさと帰され。
(ご飯食べてないって云ったのにー。お金とって良いから補液して欲しかった)

まあ、まずはともかく水に浮かべてみなければ!
いきなり浴槽は怖いから、小さいので。
ベビーバスはないが、猫用バスならある!

帰りはなんとか、迷わず家に着き。
早速、猫風呂に水を張って入れると、ちゃんと浮いた~!\(≧∇≦)/

170410-karugamo2.jpg 170410-karugamo3.jpg

けれど左足のせいか、バランスとるのがやっとで、右足で掻いて移動とか出来ず。
ぷかぷか浮かんでるだけでんがな…。
これじゃ放置は出来んよなー。

お水もガブガブ飲んでたんで、葉っぱ浮かべたら食べるかなと、
千切って浮かべてみたが、シカト…。
うう、食わないとアカンだろう~。
きのぴたではこれ以上は、まともな世話がしてやれない。
やはり鳥スキルのある方でないと。

そこで、怪我の様子を知らせるのと、預かりボラさんが居るかの確認に、
また役所に電話をして。

獣医さんの見解を伝えて聞いてたら、なんと!
預かっても良いと云ってくださった方が居るそうな~!
月曜午後は出かけるので、火曜日なら良いそうです、とな。
連絡先を伝えても良いとお聞きしてるので、お教えしますからすぐ電話してみてくださいと。

うおーん、ありがとうございます!(T人T)
すぐさま電話して、怪我の様子やご住所をお聞きして。
もちろんこちらからお届けに行きますがな!

もう一晩だけ我慢してや、カルガモ氏~!(オスメス聞いてないが)

でも猫バスだと高さ足りないんで、深めの衣装ケースを買ってきて入れたら、
前よりしっかり浮いててグッド~(≧ω≦)b
飛ばないように空気穴の隙間を作ってカバーを置いて、上に猫バスで重しした(笑)

が、やっぱり何も食わないし、カバーも羽ばたきでどついて飛ばし、
床に落ちたりするんで、ずっと水の中も寒いだろうと、
夜はまたダンボールに入れましたん。

家はもう田んぼやってないし、近所にもないし、
水菜ならどうかと八百屋行ったけどなかった…。
せめて小松菜を買っていったが、これまた食わず。
預かりボラさんも、鳥が食べないのはダメなのよー、と云ってたのに~(;_;)

火曜ももち休みを取って、午前中にゴー!(←悪徳社員)
行きは高速使って時間短縮も、やっぱし迷っちったけど…(T▽T)ゞ

預かりボラさんはベテランのようで、先客の鳩さんも居て。
ちゃんとダンボールに入ってて良かった、ともおっしゃられて。
(バリケンにしなくて良かった!笑)

保護ボラは無料が基本だからと、餌代も受け取られず。
うう、本当にありがとうございます!m(_ _)m

放鳥の時は一緒に見送りますか?、と聞いて頂けましたが、
いかんせん猫の世話だけでも大変なので、連絡だけしてもらう事にしました。

良かったな、カルガモ氏。
これでちゃんとご飯食べられるぞー!
左足治して、元気に旅立てるようになるんだぞ~!

と云う訳で、保護ボランティアさんのおかげで、
カルガモ氏もきのぴたも助かりましたが。

責任持てないのならむやみに拾うでない、と云う教訓通りな出来事。

だからと云って全部見過ごせるか、と云うと、
そこはやっぱり個人の意識の問題になってしまうしね…(T_T)

前に「ボランティアは感情で動くべきじゃない」と書かれた人が居たんですが、
うーん、感情でなかったら、
自分が同じ立場だったらと
思いやれないなら、逆にもっと関わるべきじゃない、
とか、きのぴたは思っちゃうんですけどね…。

でも責任はやっぱり大事
今回は、本当~に運が良かっただけなので、
…頼むから、次はきのぴたの前で事故らないで下され(苦笑)


★鴨を保護された方の参考に…ならんかな?(笑) にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村







最終更新日  2017年04月14日 14時22分45秒
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.