000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まるの猫魂~ええかっこしいの地域猫活動~

PR

X

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

大阪で行き場をなくした猫達の保護活動をしています。
主に、保健所引き出しやブリーダーや多頭飼育崩壊の現場から保護して来た子達ばかりです。

毎月一度の譲渡会も開催しています♪




ご支援のお願いです。

wellcatシェルターでは、多頭崩壊やセンター引き出し、ブリーダーリタイアの保護猫達が、新しいご家族を待っています。特に優先して、シニア猫やキャリア猫、負傷猫を引き取っている為、医療費が膨大にかかってしまいます。

保護猫にかかる医療費用について、ご支援いただけませんでしょうか。

【お振込先】

口座:ゆうちょ 14030-38269251
   wellcat(小文字です)

他銀行からの場合 ゆうちょ銀行 支店名:四◯八(ヨンゼロハチ)
口座番号: 3826925


        


保護猫80匹の大所帯になり、備品などが常時不足しています。
もし、お宅で眠っている中古品があればお譲りいただけませんでしょうか。
使いかけのフードなども大歓迎です。
よろしくお願いいたします。

現在必要なもの(必要な物順)

●猫缶、ドライフード(種類問いません)
※子猫・シニアフードも大歓迎です。

●猫のトイレ砂
●ペットシート
●爪とぎ
●消毒薬
●ペットゲージ


【物資送り先】

wellcat
大阪市北区本庄西1-12-25-202
06-6373-1050

※個人事務所となっている為、電話でのお問い合わせはご遠慮下さい。



wellcatオリジナルTNR Tシャツ&トートバック販売中♪

https://clubt.jp/product/350072.html

お気に入りブログ

くぅちゃんのこと ぷくぷく7123さん

クリスマスローズの… ひまわり5684さん

我が家の1+2にゃ… ミルミルのパパさん
種差別・動物の権利(… 南茶手 美井雁さん
にゃんだの徒然日記 にゃんだこらーださん
       虹の… どんなまどんなさん
ファービーと母とプ… ふうむふむさん
気まぐれ Kiyo の et… KIYOさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年07月08日
XML
カテゴリ:おじいちゃん
私がお世話している外猫40数匹の中に、ヨボヨボのおじいちゃん猫がいます。

あまりにもヨボヨボなので、手術を乗り越える体力も無いだろうと判断して去勢手術も受けさせていません。

1年程前に私のエサ場に迷い込んできました。

初めて見たおじいちゃんは、全身傷だらけで所々ハゲが出来ていて見つけた瞬間、思わず「えぇ~~~?ヨレヨレやん!」と言ってしまったほどでした。

よく老人をつかまえてヨボヨボとかって、失礼な言い回しをする人がいますが。。。

この老猫は、本当になんてゆーか。。。ヨボヨボのヨレヨレ(泣)

それからおじいちゃんは、ほぼ毎日エサ場に現れるようになり、現在に至っています。

毎日の私のエサ場のメニュ-は、ボイルササミ・ブタ肉・牛肉・シラス・マグロの刺身・猫缶・ポリポリです。

季節によっては、鰻の白焼きやカマスゴ・サーモン・鯛・カンパチの刺身もうお座

自分で言うのもなんですが、贅沢させてます。

友達には、「お金かけ過ぎや」って言われますが、ええかっこしいの私は、少しでも猫さん達にええかっこしたいんです。

それに野良猫の寿命は、短いんだから食べる物くらい贅沢してもいいんだって思います。

(考えが偏ってますよね~わからん

これを40数匹に分け与えているのですが、アッと言う間に完食!

うちのエサ場の野良猫さん(地域猫でもあります)は、みんなプリプリして健康そうです。

どこのお医者さんに行っても褒められるんですよ(自慢ですうっしっし

で、気になるおじいちゃんですが、高齢猫用の猫缶や小さくちぎった肉、マグロの刺身を用意して行ってますが、この3日程食べません。

昨日、初めておじいちゃんが足元にスリスリして来たので、思い切って抱き上げて見ました。

骨と皮。

おじいちゃんの体は、骨と皮だけでした。

私は、おじいちゃんを膝の上に抱えたまま涙が止まらなくなり、なぜか「ごめんな」と言いながらおじいちゃんの体を撫で続けました。

おじいちゃんは、濁音の混じった音でゴロゴロと。。。

私に、何が出来るでしょうか?

おじいちゃんの為に、何をすればいいでしょうか?

せめて最期は、空き地や下水溝の中ではなく、清潔な布の上で安らかに眠って欲しい。。。

そう節に願いますが、我が家にはすでに沢山の猫達が居て、おじいちゃんを迎えたとしてもゲ-ジの中で過ごしてもらう事になります。

野良のまま自由に過ごし、ひっそりとこの世から消える方がいいのか。。。自由はなくなるけど、人の手で保護してあげるのがいいのか。。。

客観的にみて、おじいちゃんに残された時間はわずかです。

具合が悪くなり立つ力も無くなれば、エサ場にも現れなくなり保護できなくなってしまう。。。

気持ちだけが焦ります。





にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村






最終更新日  2009年07月15日 18時21分10秒
[おじいちゃん] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.