000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まるの猫魂~ええかっこしいの地域猫活動~

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

ジャック・ティアーモ

2011年02月14日
XML
バレンタインデーですね。

大阪は、大雪でホワイトクリスマスならぬホワイトバレンタイン。

でも。。。足元が溶けた雪でズルズル。

ベチャ雪のせいで巻いた髪の毛もビロビロ。

全然ロマンチックではないんですよね(^^;)

それでも街は、カップルで賑わってます。

私はと言えば。。。バレンタイン前日に、私の大切な愛が一つ去っていきました。





昨夜、ジャック・ティアーモが息を引き取りました。

彼は、2年半程前に繁華街のゴミ捨て場近くで兄弟で保護した子です。

保護した時は、栄養状態が著しく悪く猫風邪をこじらせていて、目と鼻がグチュグチュ。

片目は、すでに手遅れの状態で眼球摘出となりました。

Image184_ed.jpg

愛らしく甘える片目の猫。

イタリア語で『愛』という意味のティアーモをつけて、ジャック・ティアーモと名付けました。



それからも彼は、腎臓やら肝臓やら尿道結石やら。。。

ありとあらゆる病気を克服してきました。

次から次に襲いかかる病魔と、本当によく闘ってくれたと誇りに思います。

そして彼は、ついに力尽きてしまったのです。

死因となった病名は、はっきりとはわからないのですが、獣医師いわくFIPだった可能性が高いとの事でした。

でもそれも定かではありません。

いろんな検査をしてみましたが、これと特定できるものもなく、手探りの治療のせいでジャックには負担が大きかった事でしょう。

最後は、インターフェロンで細々と命をつないでいた状態で。。。

ジャックの体は、限界まで痩せ細っていましたが、それでも寝たきりの状態ではなかったので『安楽死』は考えませんでした。

彼と過ごした2年半。

ほとんどが闘病生活でした。

一つ治ったら、また一つ。。。



彼から受けた愛情は、一生消える事はありません。

これからも沢山の猫達との出会いはあるだろうけど、彼に代わる猫との出会いはないでしょう。

023405.jpg


     Addio, Jack Ti Amo !






「誹謗中傷に負けないで!」と、沢山の励ましメールをいただきました。

皆さん、気にかけて下さって本当に、ありがとうございます(^^)

私も猫郵便さんも、嫌がらせには決して屈しませんのでご安心下さい!














にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

a_01.gif



QLOOKアクセス解析





--------------------------------

2011年度カレンダー

machineko-1.jpg

このカレンダーの売り上げの一部が、猫たちのために使われます。

購入希望の方は→ココ




20091117120409248.jpg


初島の猫達を助けて下さい!
犬猫ホットライン-小.jpg
         






最終更新日  2011年02月14日 21時31分53秒


2010年04月20日
膀胱炎に尿道結石2回。。。ジャックは、どうもそっち関係が弱い男らしい。

今まで、ロイヤルカナンやのサイエンスダイエットなんかのPHコントロールのお高めのポリポリにフリスキーや銀のスプーンなんかのお手頃のポリポリを混入して重増してあげてたけど。。。そうもしていられなくなりました。

エサ代をケチってたら、逆に病気代が高くついてしまった(泣)

これからは純粋にPHコントロールを食べさせるようにしなければ。

ちなみに今日も、病院で尿抜きしてきました。

なんだかカテーテルを通されるのに慣れ始めているジャック(苦笑)

もう少しだけ頑張ろうね。





前にコメント欄で、ある方から「あなたが与えた物しか食べられないのよ。」と、釘をさされた事がありました。

本当に、全くその通りです。

たまに勝手にパンなんかを狩って食べたりはしていますが、それ以外は100%私が与えた物しか食べてない訳ですから、健康管理をしっかりしてあげないといけませんよね。

それと多頭飼いだと、愛情の配分もストレスになるそうなので、これも注意しなければ。

うちは先住猫から順番に声をかけたり、抱っこしたりしてますが、甘えた具合には個体差があるので見極めないとダメですね。

実際に他の子に遠慮して近づいて来れない子もいますから。。。

犬も猫も人間と同じ。

感情がある動物なんだもんね。





昨日のブログで、お子さんが虫の命を思い外に逃がしてあげた。。。というお話をコメントをいただきました。

気持ちがスーーーッと洗われました。

そういう子達が大人になったら、この殺伐とした世の中も少しは良くなるはずですよね。

小学校だっけ?幼稚園だっけ?

教わった歌で。。。

♪みみずだって~おけらだって~あめんぼだって~みんなみんな生きているんだ友達なんだ~♪

ってのが、ありました。

(歌詞はアンパンマンの作者やなせたかしさんなんですよ。)

友達になれるかどうかは別として、彼らも生きているんですよね。

ですが、彼らの生活圏は私たち人間のせいで確実に狭まっています。

山を切り開いて新興住宅地がバンバン出来ちゃって。。。

動物達の住処はおろか、小さな虫達の居住空間さえ奪っているんです。

人間は、もっともっと謙虚な気持ちで生きなければ。

いろんな生き物との共生を考え模索しながら生きていかなければダメなんです。

なぜなら。。。人間が地球を支配しているから。

良くも悪くも、人間が一番知能が高い生物であるからです。

強く賢いものが弱い者を配慮して、守ってあげるのが正しい行いです。

。。。ましてや弱い者を『駆除』する事で、優越感にひたっているようではねぇ。

あかん、あかん。。。┐(*´д`)┌






















にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村






--------------------------------

いつも猫関係でお世話になっている@naokoさんが、猫カレンダーを発売されています。

2010年のカレンダーをお探しの方!  
20091010210148-1.gif


うちのイケメン王子マッキー☆里親募集始めました。
20091126-230917-59603800-1.gif


052c5ae6fa50d70f0f814b83fc721c36.jpg
ブロ友『みおめろんママさん』が、とっても可愛い女の子を保護されました。生涯大事にして下さる里親さん大募集です!詳細は、クリックお願いします♪



初島の猫達を助けて下さい!
犬猫ホットライン-小.jpg


bnr_kasenjiki.gif






最終更新日  2010年04月21日 20時54分20秒
2010年04月19日
うちのジャック・ティアーモが尿道結石になってしまいました。

どうも結石が出来やすい体質みたいで、2度目です。(ーー;)

なので、またまた病院通い。

病院では、完全に尿道が塞がっていると診断されました。

尿道に、管を通して尿を出してもらいました。

痛がるので、鎮痛剤をうってから管を入れたのですが。。。

それでも妙な違和感があるんでしょうね。

「ウォーンウォーン」と犬のように鳴いていました。

ごめんね~(^^;)



しかもジャックの場合、膀胱の感覚が鈍くなっているため、自力で排尿するのが難しい状態らしい。

膀胱を手で絞って、排尿を促さないといけないんですが。。。

ぶっちゃけ自信がないので、病院に毎日通う事になりそうだな。



尿道結石は、病状が軽ければ投薬でも簡単に治るそうです。

ジャックも、前回は投薬のみで治りました。

ですが病状が重くなり、排尿が出来なくなってしまうと尿毒症になり命を落としかねない恐ろしい病気です。

うちのような多頭飼いの家庭は、特に気をつけていなければ見落としてしまいがちなので注意しなければいけませんね。



多くは、3~5歳くらいのオス猫がかかる事が多いようです。

予防法としては。。。

新鮮な水をいつでも飲めるように用意する。

トイレを清潔にし、数を増やす。

適度な運動をさせ、肥満にならないようにする。

その猫にあった食餌(FUS・尿路疾患対応のフードなど)を与える。

人間の食べ物を与えない。(煮干やペット用おやつにも、マグネシウムは含まれているので注意が必要。)

寒い時期や気温の寒暖差が激しいと、ストレスで結石を発症しやすいので、特に注意が必要。

。。。だそうです。



確かに、ジャックは他の子に比べて人間の食べ物が大好き。

水を飲んでる姿も、あんまり見かけた事無いかも。。。

今後は、PHコントロールのみの食事に徹底しないといけません。



初期症状としては。。。

排尿回数または排尿動作が多くなった。

排尿動作をしてもなかなか尿が出ない。

性器をよく舐める。

少量の尿を少しずつ、頻繁にする。

いつもと違った場所で排尿する。(シンクやタイルの上などでする子が多いそうです。)

トイレにいる時間が長い。

排尿の間中いきんだり、痛がっている。(鳴き声など)

尿がポタポタと落ちる。

いつもより尿が臭い

排尿動作をするが尿がでない。(便秘と間違えるので注意)

尿に結石が出る。(キラキラ光るものがある)

尿に血が混じる。(膀胱炎が疑われ、早めに対処)

全く尿が出ない(尿路閉塞が疑われ、早く排尿させないと危険です。最悪の場合は死に至ります。)

元気・食欲低下、嘔吐や脱水などがみられる。(尿毒症が疑われ、すぐに対処しないと危険)



家猫さんなら、こうしてすぐに病気も発見出来るけど、外猫さん達の異変を発見するのは至難の業ですよね。

うちのエサ場でも、できるかぎりしっかりと気にかけてあげたいと思います。













にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村






--------------------------------

いつも猫関係でお世話になっている@naokoさんが、猫カレンダーを発売されています。

2010年のカレンダーをお探しの方!  
20091010210148-1.gif


うちのイケメン王子マッキー☆里親募集始めました。
20091126-230917-59603800-1.gif


052c5ae6fa50d70f0f814b83fc721c36.jpg
ブロ友『みおめろんママさん』が、とっても可愛い女の子を保護されました。生涯大事にして下さる里親さん大募集です!詳細は、クリックお願いします♪



初島の猫達を助けて下さい!
犬猫ホットライン-小.jpg


bnr_kasenjiki.gif






最終更新日  2010年04月20日 20時17分47秒
2009年07月10日
我が家の片目の王子様、ジャック・ティアーモ君が病みましたどくろ

090710_041333.jpg

病名は、膀胱炎です。

オス猫さんに多い病気とはいえ、お風呂場で血尿を見つけた時は「まさかうちの子に限って!」状態でうろたえてしまいました。

(膀胱炎になった子は、お風呂場やシンクなどの冷たくて平たい場所で排泄する事があるそうです。)

仕事で病院に連れて行けない私の代わりに相方の手によって病院送りにしたのですが、チビの頃に散々病院で点滴やら注射やら、揚げ句の果てに片目摘出までされてしまったジャックにとって病院は何よりも恐ろしい場所ショック

病院についてからも激しく抵抗したらしいのですが。。。

「にゃお゛ーーーっ!」

と言い残して、イケメン獣医師に処置室に強制連行されたそうです。

尿道からカテーテルを入れられて、抗生物質やらなんやらの点滴をされて、処置室から帰還したジャックは放心状態でグッタリしてたとか雫

症状は軽いとはいえ、尿道結石や尿毒症なんかにもなりかねない病気なので、暫くの間は点滴と薬とでW療法になりました。

しかもイケメン獣医師に、お腹の肉をワシづかみにされて「メタボ気味ですよ~」と注意されたそうなんで、ダイエットも兼ねた療養食に切り換えです。

ポリポリもシ-バやフリスキ-は当分お預けで、サイエンスダイエットとロイヤルカナンで我慢です。(でもこっちの方がお高いんですよね失敗

※サイエンスダイエットとロイヤルカナンは、リンとカルシウムの含有量が低めなので、膀胱炎や尿道結石対策に良いらしいです。

必然的にジャック以外の猫さん達もお付き合いしていただきます。

これを機に療養食で、みんな健康になろうじゃないかo(^-^)o






にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村






最終更新日  2009年07月15日 18時19分32秒
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.