000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

KI.・NA・RI

◎ベランダ菜園のコツ集

始めに気に入った本は、『プランター菜園コツのコツ』。
これで菜園の基本がわかりました。サンサンネットとは?
土は?など。品種を選ぶこと、遅く効く肥料、穴あけ他。

でもこの本の筆者は、屋上菜園なのです。
我が家のベランダは、高さのある手すりがある
東向き。つまり、”日当たり”と”風とおし”がよいとは
いえない!とゆうことに、3週間くらいで気づきました。
1日の日照時間は、4時間ほど。

たなかやすこさんの本は、まだ実情が近いかな。

我が家と同じような条件で奮闘している方のサイト。
「チャッピーのワンルームベランダ菜園」

だけど、メリットもなくはないのですね。こんなサイトも発見。
http://www.pixino.com/saien/berandasaien.html
<マンションベランダの特徴>
*抜粋*
屋根のあるベランダでは太陽高度の高い夏は、南向きでは
太陽が当たらず西向き東向きでは逆に強すぎる太陽光が
直接あたり日焼けをおこしがちです。

秋作は、むしろベランダを暖かく保って日照時間を
伸ばしてくれる秋野菜に適した環境になります。

◎鉢底石
力がない私は、プランター全体も軽いのが重要。
・プロトの砂利はメチャ軽い!これを、水切りネットに
いれれば、使用後に土を振るいにかける必要なし。
(100均でネットに入った土も売っている。)
・発砲スチのくだいたものも、石代わりに使えるそう。
・赤ダマ土を、鉢底につかえばそのまま分解されるとの話も。
(小さめのプランターは、軽量化の必要性が薄いのでこれにしてみた)

◎トマトのホルモン剤
その名も「トマトトーン」。本気野菜のHPによると、大玉の
トマトはコレをかけないと成らないようなことが書いてあります。
無農薬で自然で育てたい、しかし生らないのもつまらない。。。
葛藤の末、今後のモチュベーションのために、かけることに
しました!

チャッピーさんのサイトによると、
http://pepepexchapy.blog.shinobi.jp/Category/17/22/
”巷では「トマトの最初の花は必ず実をつけさせること」
という噂が流れております。なんでも、最初の花に実ができないと、
木ボケ(実がつかず、枝や葉ばっかりふさふさになること)
になるらしいのです。そのために、
去年購入した、”トマトトーン”を使用。
トマトトーンは花以外にはつけないほうが良いらしいので、
霧吹きで花にシュッシュとした後は、水の入った霧吹きで
葉っぱをシュッシュと葉に付いたトマトトーンを洗い流しました。”
とゆうことなので、メール便購入(楽天めぶき店さん)のが
つき次第、このようにかけてみるつもりです。

が、しかし、最初に咲いたやつはもうしわしわ気味。。。
遅くはないのだろうか。。。。

それから、市販のトマトはどうなっているのか、かけてるのか、
非常に気になるようになりました。


◎品種による、育て方の違い

トマトの苗はネットで育て方が見られるのです。
私が買ったのは、本気野菜シリーズと、デルモンテと、
サカタのタネの人気種”アイコ”です。
デルモンテの苗は、水を切らさないのがコツで、逆に
アイコは水をできるだけやらないのがコツとか。。。。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.