361617 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫のおきて

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


蔦谷K

Recent Posts

Comments

馨歩@ お引越しの先輩! たつもとちまきさん、楽天からお引越しの…
たつもとちまき@ 書き込めるかな? RSSに楽天の広告が混ざる様になって、何か…
馨歩@ ご指摘を受けて ふらんさん、 >あの一行でこれだけ観…
ふらん@ えへへ あの一行でこれだけ観察なさるとは流石馨…
馨歩@ 毎度おなじみの ごましおさん、 >考察するなんて、ケ…

Calendar

Archives

2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06

Category

2007.07.30
XML
テーマ:俳句!(12)
カテゴリ:節気の猫句
 7月の猫句にたくさんの投句ありがとうございました! 夏の猫たちの姿が、様々に詠みこまれたすばらしい句、楽しく鑑賞させていただきました。
 益々暑くなりますが、猫と一緒に伸びつつ、或いは、猫はそ知らぬ顔でも人のほうは汗と頭を絞って、今月もぜひご投句をお願いいたします。

●お題 <「立秋」の猫>、<「処暑」の猫>

 二十四節気のうち、8月に訪れる「立秋」、「処暑」の頃の猫を詠んだ、自作の句をお送りください。句には「立秋」、「処暑」、「猫」の語も使わなくても結構ですが、必ず季語を入れるのをルールとさせていただきます。五七五でなく自由律でも結構です。

 「立秋」は8月8日、「処暑」は8月23日。「立秋」は秋の気配が立ち始め、「処暑」は、暑さがとどまる頃(「処」は「とどまる」の意)という意味の節気名で、歳時記ではもう秋に入りますが、現実にはまだまだ夏が過ぎたとは感じられない暑さ。実際の季節感と節気のずれを感じ、句作に苦労する時候です。
「秋の季語にどうも実感がわかないし」ということもあるかと思いますが、そのあたり、季語というものは結構うまくできていて、「台風」「枝豆」なんかは実は秋の季語。8月に詠み込んでも生活実感とかけ離れません。

 それやこれやも、歳時記・季寄せからわかります。面白いし役立つと思うので、何か一冊、ぜひ一度目を通すことをお勧めしたいのですが、書店や図書館に行くお時間のない方は「わたしの俳句歳時記」を。その季節にどんな季語があるかを探すこともできますし、ある言葉がどの季節の季語かを調べることもできる、とても頼りになるサイトです。例句も豊富で、面白いし勉強になりますよ~。

●記入先
 このエントリの末尾の「コメントを書く」をクリックしてコメント記入欄を開き、自作の俳句をお書きください。一人何句でもOKです。〆切は特にありません。
 また、同じ欄で句以外のコメントも受け付けています。他の方の句への賛同、感想などのメッセージもぜひどうぞ。

●今後の予定
 以下毎月開催しますので、思いついたときお詠み下さい。

   9月の句会  「白露」、「秋分」
   10月の句会  「寒露」、「霜降」
   11月の句会  「立冬」、「小雪」

●予告 「猫楽句会」
 この10月の猫的グループ展「猫楽百貨」の会期中、会場で句会を開催。会場は東京渋谷の神宮前。日時、兼題など詳細は追って告知いたしますので、ぜひ皆様ふるってご参加を。

 そんなイヴェントもありますので、ぜひ皆様、引き続き投句お願いいたします!






Last updated  2007.07.31 01:41:17
[節気の猫句] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.