360541 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫のおきて

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


蔦谷K

Recent Posts

Comments

馨歩@ お引越しの先輩! たつもとちまきさん、楽天からお引越しの…
たつもとちまき@ 書き込めるかな? RSSに楽天の広告が混ざる様になって、何か…
馨歩@ ご指摘を受けて ふらんさん、 >あの一行でこれだけ観…
ふらん@ えへへ あの一行でこれだけ観察なさるとは流石馨…
馨歩@ 毎度おなじみの ごましおさん、 >考察するなんて、ケ…

Calendar

Archives

2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05

Category

2007.12.04
XML
テーマ:俳句!(12)
カテゴリ:節気の猫句
11月の猫句にもたくさんの投句ありがとうございました! いただく句にも寒い季節の気配を色濃く感じるようになってきました。師走、何かと御忙しいと思いますが、忙中の閑の折にはご投句のほど、宜しくお願い致します。

●お題 <「大雪」の猫>、<冬至」の猫>

 二十四節気のうち、12月に訪れる「大雪」、「冬至」の頃の猫を詠んだ、自作の句をお送り下さい。句には「大雪」、「冬至」、「猫」の語も使わなくても結構ですが、必ず季語を入れるのをルールとさせていただきます。五七五でなく自由律でも結構です。

 「大雪」は12月7日、「冬至」は12月22日。本当の大雪が降るのは、むしろ大雪よりも後の頃が多いですね。そして冬至は昼が一番短い頃。因みに、日の入りが一番早いのは今日ということで、後は日の出が遅くなってくるわけですね。

 猫と共に過ごす短い昼、そして長い夜、様々な句題があるかと思います。人間は慌しい師走も猫たちは常と変わらずマイペース。そんな対比も句想を生むのではないでしょうか。
 そしてクリスマス、お歳暮、羽子板市…そんなこんなのイベントもいろいろな12月の句を、ぜひお送り下さいませ。

●記入先
 このエントリの末尾の「コメントを書く」をクリックしてコメント記入欄を開き、自作の俳句をお書き下さい。一人何句でもOKです。〆切は特にありません。後から思いつかれた句を、12月を過ぎて送っていただいても結構です。
 また、同じ欄で句以外のコメントも受け付けています。他の方の句への賛同、感想などのメッセージもお待ちしています。

●今後の予定
   1月の句会   「小寒」、「大寒」の猫句

 来月が最終月です。引き続きお詠み下さいませ。それでは投句よろしくお願い致します。






Last updated  2007.12.04 12:44:06
[節気の猫句] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.